KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • れんが
  • ドルゴン
  • 中華民国
  • 乾隆
  • 令和
  • 保存状態
  • 倉庫
  • 北部
  • 南部
  • 大黒天

「マハーカーラ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (11)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の正殿。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (1)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の抱厦(母屋につながる小さな建物)。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (12)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の正殿と方丈院。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (5)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺のれんが積みの高台。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (3)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (7)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門と正殿。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (10)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門横にある叡親王像。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (2)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の抱厦(母屋につながる小さな建物)の軒下装飾。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (6)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺のれんが積みの高台と周辺の街路。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103071

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (4)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103070

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (9)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門(裏側)。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月31日
    (8)北京市の普度寺を訪ねて

    26日、普度寺の山門(裏側)。中国北京市東城区南池子大街の東側にある普度寺は、かつて明代の皇城東苑(南城、小南城とも)内の重華宮と呼ばれる宮殿だった。宮殿は明末に破壊され、清代の順治元年(1644年)に摂政王ドルゴンの叡(えい)親王府に改修された。ドルゴンが順治7(1650)年に現在の河北省承德市にある喀喇城で死去すると、王位は追奪され、王府も国に納められた。康熙32(1693)年には規模が縮小され、南部は緞匹庫(だんひつこ、絹織物などを所蔵する倉庫)、北部は護法神の大黒天を祭るマハーカーラ廟に改修された。乾隆40(1775)年に「普度寺」の名を賜り、正殿は「慈済殿」と名付けられた。清代末期から中華民国期は軍隊やその他の機関が使用したため、山門や正殿、方丈院など一部の建物を残すのみとなっている。寺は全体が平均の高さ約3メートルのれんが積みの高台の上に建てられている。室内の装飾画の保存状態は良く、宮殿建築で極めて格式の高い装飾手法「金竜和璽(わじ)式」が用いられている。正殿の西には方丈院の北房5部屋も残されている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103080

  • 1