KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウサギ
  • レッドリスト
  • 価値
  • 原始
  • 反芻
  • 国際自然保護連合
  • 平成
  • 恐れ
  • 森林
  • 生き物

「マメジカ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年05月20日
    有蹄(ゆうてい)類マメジカ 珍種マメジカの人工繁殖へ

    マレーシアから輸入した世界最小の有蹄(ゆうてい)類マメジカ

    商品コード: 2019111303069

  • 1999年07月06日
    公開されたジャワマメジカ ジャワマメジカ一般公開

    一般公開された2頭のジャワマメジカ=6日午前、東京・上野動物園

    商品コード: 1999070600035

  • 2002年05月23日
    2種類の赤ちゃん 日本初の赤ちゃんラッシュ

    国内の動物園で初めて生まれた、コビトマングース(1)とジャワマメジカ(2)の赤ちゃん

    商品コード: 2002052300190

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401079

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019031400979

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400972

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401032

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401074

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401082

  • 2019年03月11日
    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る

    シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401078

  • 2021年08月17日
    (1)中国の科学者、3千万年以上前のげっ歯類の新種を特定

    寧夏回族自治区東部で新たに確認された「粗壮豫鼠」と同じ地層から出てきたマメジカの化石のCT画像。(資料写真)中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の倪喜軍(げい・きぐん)氏と李強(り・きょう)氏の研究チームが、寧夏回族自治区東部のオルドス盆地西端で採取した豫鼠属(Yuomys)の化石から新種「粗壮豫鼠」を特定した。研究成果はこのほど、国際科学誌「JournalofVertebratePaleontology」電子版に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081704933

  • 1