KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • かがみの孤城
  • かずひろ
  • きっかけ
  • むら
  • コブラ
  • フォト
  • ポプラ社
  • 中学生
  • 主人公
  • 交流

「ミステリー小説」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    72638

    Anna Katharine GREEN (11 November 1846 - 11 April 1935), American writer, one of the first writers of detective novels in America. Remembered as the “mother“ of the yellow / police genre, she introduced an innovative narrative style focused on the investigation, and the use of a serial character, Inspector Ebenezer Gryce. Despite the sensitivity to social issues related to the world of women, and the personal emancipation of writer outside the box, never supported the nascent feminist movement, opposing women‘s suffrage. Photographic portrait sitting with a book in hand, United States, circa 1890.、クレジット:Fototeca Gilardi/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006775

  • 1915年12月31日
    72896

    John BUCHAN (26 August 1875 - 11 February 1940) 1st baron Tweedsmuir, novelist and British politician. Transposed in his works much of the experience gained through political assignments in the African colonies and the activity of foreign correspondent during the Great War. Author of historical novels, thrillers and stories of espionage, his most famous work “The Thirty-Nine Steps“ (The Thirty-Nine Steps), published in 1915, tells of a spy plot set in the period immediately preceding the outbreak of the First World War, and sees for the first time protagonist Richard Hannay, engineer, soldier and secret agent in spite of himself, who will appear in four other subsequent novels. Portrait photography, around 1910.、クレジット:Fototeca Gilardi/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006880

  • 1998年08月14日
    プレストンさん

    生物兵器の脅威を扱ったミステリー小説「コブラの眼」の著者リチャード・プレストンさん

    商品コード: 1998081400047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年06月04日
    法坂一広さん

    司法の課題をミステリー小説に描く法坂一広(ほうさか・いっこう)さん

    商品コード: 2012060400389

  • 03:30.51
    2018年04月10日
    本屋大賞に辻村深月さん 「かがみの孤城」

    全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2018年本屋大賞」の発表会が10日、東京都内で行われ、辻村深月さん(38)の「かがみの孤城」(ポプラ社)が大賞に選ばれた。辻村さんは山梨県出身。受賞作は、同級生の言動をきっかけに、学校に通えなくなってしまった中学1年の少女が主人公。自室の鏡を通って導かれた異世界で、同じように学校に通えずにいる中学生たちと交流する。ファンタジー仕立てのミステリー小説だ。〈映像内容〉大賞の発表、表彰式、辻村さんあいさつ、書店員らとのフォトセッション、本の物撮りなど、撮影日:2018(平成30)年4月10日、撮影場所:東京都港区・明治記念館

    商品コード: 2018041100312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月29日
    田村和大さん

    社会問題をミステリー小説で描く弁護士の田村和大(たむら・かずひろ)さん

    商品コード: 2019112900293

  • 1