KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 収入
  • 村民
  • 住民
  • 経済発展
  • 農業
  • 増加
  • 魅力
  • 構築

「ムラウチ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
140
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
140
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1950年07月14日
    対馬調査団

    対馬・豆酸村内院の古墳を調べる対馬調査団=1950(昭和25)年7月14日出稿 (25年内地3163)

    商品コード: 2013121900579

  • 1959年02月01日
    14人の越冬隊員 第3次南極観測隊

    昭和基地で写真に納まる14人の越冬隊員。左手前から吉田、高室、小口、村内、武藤、川口、村山越冬隊長、北村、平山、若井、中村、清野、芳野、荒金の各隊員=1959年2月

    商品コード: 2021031505454

  • 1964年09月30日
    カメラ見る選手 選手村あれこれ

    選手村内で日本製のカメラを見る英国人選手=1964(昭和39)年9月、東京・代々木

    商品コード: 2013090200121

  • 1964年10月31日
    女子選手村 選手村あれこれ

    女子選手村内で琴の演奏会を熱心に聞く外国人選手=1964(昭和39)年、10月、東京・代々木

    商品コード: 2013090300317

  • 1993年11月12日
    かずら橋の架け替え師 入札で村全体が支えに

    「祖谷のかずら橋」の上でかずらの切れ目を指す中岸定さん。村内有数の架け替え師だ=徳島県・西祖谷山村

    商品コード: 1993111200038

  • 1994年04月15日
    ミレー「種をまく人」 オークションで競り落とす

    (3)ミレーが2点描いた「種をまく人」をめぐるなぞについて話す井出洋一郎さん=東京・八王子の村内美術館

    商品コード: 1994041500035

  • 1994年06月24日
    コローの「ビル・ダブレイのカバシュ邸」 緑が織りなす明暗の魔術

    (2)バルビゾン派の絵が好きだという村内道昌さん。家具ショールーム館には美術館のほか、インテリア用の絵を販売するギャラリーもある=東京・八王子の村内ファニチャーアクセス(村内美術館館長)

    商品コード: 1994062400036

  • 1997年12月20日
    村内共通の商品券

    )、企画392S、22日付朝刊以降使用  岩手県九戸村の九戸商業協同組合で取り扱いを始めた商品券

    商品コード: 1997122000034

  • 1999年04月23日
    「よか衆ぁよか帯」 歌は湖底に沈めない

    )、企画91S、5月1日付朝刊以降使用  毎年1月5日は五木村の成人式。今年も思い思いに着飾った21人の若者が集まった。「♪あんひとたちゃよか衆(し) よか衆ぁよか帯よか着物(きもん)」と、せん望と恨みを込めた「子守歌」の世界は今は遠い。しかし村内で就職した新成人はわずかに4人だけだ=熊本県五木村の阿蘇神社(撮影・菅谷洋司)

    商品コード: 1999042300097

  • 2000年09月07日
    五輪選手村 「部屋が狭い」と不評

    広大な敷地のシドニー五輪選手村で、村内循環バスを降りる各国選手たち=7日(共同)(データ:シドニー五輪127・CD)

    商品コード: 2000090700132

  • 2002年01月30日
    村内散歩する岡崎朋美選手 日本スケート陣が入村

    29日、五輪選手村に入り、村内を散歩するスピードスケートの岡崎朋美選手=ソルトレークシティー(共同)

    商品コード: 2002013000095

  • 2002年09月23日
    村内警備の爆発物探知犬 選手村が正式オープン

    爆発物探知犬と選手村を巡回する武装警官=23日、釜山(共同)

    商品コード: 2002092300090

  • 2006年11月30日
    選手村内でトレーニング 異文化交流でにぎわい

    自転車でトレーニングするカザフスタンの選手たち=29日、ドーハ市内の選手村(共同)

    商品コード: 2006113000015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    道路が寸断された南牧村 群馬・南牧村が孤立

    台風9号の大雨の影響で、村内の道路が寸断された群馬県南牧村=8日午後3時31分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2007090800211

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月20日
    飯舘村の行政区長会議 留守の村を自主パトロール

    福島県飯舘村役場で、村内パトロールについて協議する行政区長会議。手前は「見守り隊」のステッカー=20日午後

    商品コード: 2011052000463

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月30日
    古道を歩く参加者ら 「復興のきっかけに」

    地震からの復興のきっかけにしようと企画されたツアーで、村内の古道を歩く参加者ら=30日午前、長野県栄村

    商品コード: 2011103000220

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年01月29日
    あいさつする遠藤村長 「村内で通学」7分の1

    福島県川内村の保護者懇談会であいさつする遠藤雄幸村長=29日、福島県郡山市

    商品コード: 2012012900173

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月12日
    葛尾村の除染廃棄物 山里の暮らしを奪われて

    福島県葛尾村野行地区の山中にある除染廃棄物仮置き場。帰還困難区域の同地区では除染が始まっておらず、村内の他地区から運び込まれてくる=5月30日

    商品コード: 2014061200385

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年02月08日
    廃棄物が入った袋 「住民分断させない」

    村内各所に置かれている除染廃棄物などが入った黒い袋=2016年10月、福島県葛尾村

    商品コード: 2017020800587

  • 2017年03月24日
    回答書を手渡す原電社長 協定見直し要求に原電回答

    村内で開かれた「原子力所在地域首長懇談会」で、茨城県東海村の山田修村長(右)に安全協定見直しについての回答書を手渡す原電の村松衛社長=24日午後

    商品コード: 2017032400854

  • 2017年05月15日
    れんがづくりの作業場 米欧協調、利益見えず

    村内でほぼ唯一残っている日干しれんがづくりの作業場。70人いた職人は5人にまで激減した=8日、イラン北東部ザイヌディン(共同)

    商品コード: 2017051500400

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月11日
    キノコと伊藤延由 不安招くハコモノ復興

    被災者の1人、伊藤延由。原発事故直後から、村内で取れたキノコなどの放射線レベルを測り続けている=5日、福島県飯舘村

    商品コード: 2017101100316

  • 2018年05月14日
    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市

    14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」で作業する女性。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800733

  • 2018年05月14日
    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市

    14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」の生産ライン。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800651

  • 2018年05月14日
    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市

    14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」で作業する女性。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800754

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、畑で「受注生産エンバク」の種を見せる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100746

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100745

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100701

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100726

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100734

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、種まき機にエンバクの種を入れる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100663

  • 2018年05月26日
    Maria Gern pilgrimage church with alpine meadow and farm in front of Watzmann

    Maria Gern pilgrimage church with alpine meadow and farm in front of Watzmann, Berchtesgaden National Park, Berchtesgadener Land, Bavaria、クレジット:imageBROKER.com/Marc Rasmus/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112000873

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、素焼きした器物に釉薬をかける唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000838

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、釉薬を調合する唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000813

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県朝陽鎮にある高水旺さんの唐三彩工場で作業する従業員。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000848

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、粘土の原形を修整する唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000814

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県朝陽鎮にある高水旺さんの唐三彩工場で作業する従業員。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000842

  • 02:43.54
    2018年09月24日
    「新華社」秋を彩る農家の天日干し「晒秋」安徽省黄山市

    中国の秋分の日(今年は9月23日)を祝う第1回中国農民豊作節を迎え、安徽省黄山(こうざん)市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村では、収穫された穀物を農家の軒下に並べ天日干しする伝統風俗「晒秋(さいしゅう)」が、多くの観光客やアマチュア写真家を魅了している。「晒秋」は同地区の典型的な伝統風俗で、その美しい光景は巨大なカラーパレットを彷彿とさせる。地元の村民は収穫された穀物やトウモロコシ、唐辛子、柿などで村内各所にさまざまな文字や紋様を描く。これには豊作を確認する意味があるといい、農民の喜びを表している。(記者/劉美子)<映像内容>収穫された穀物を農家の軒下に並べ天日干しする伝統風俗「晒秋」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720636

  • 01:07.16
    2019年01月31日
    タンチョウ、雪上を舞う 給餌場で飛来ピーク

    北海道鶴居村の釧路湿原周辺にある「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」の給餌場で、国の特別天然記念物タンチョウの飛来がピークを迎え、雪上を華麗に舞う姿が観光客の目を楽しませている。31日朝には、羽ばたく瞬間を写真に収めようと、カメラを手にした人たちがねぐらとなっている川を訪れた。タンチョウは午前8時ごろから動きだし、甲高い声で鳴いたかと思うと次々に飛び立った。隊列を組んで優雅に舞い、近くの給餌場へ向かった。〈映像内容〉鶴居村内のねぐらとなっている川のタンチョウ、飛び立つタンチョウを撮影する観光客ら、村内の給餌場にいるタンチョウの様子、撮影日:2019(平成31)年1月31日、撮影場所:北海道鶴居村

    商品コード: 2019020124982

  • 2019年02月15日
    村内産の野菜と田中さん 「日本一かわいい」道の駅

    村でとれた野菜を手にする一般社団法人「ちはやあかさかくらす」代表の田中力哉さん=大阪府千早赤阪村

    商品コード: 2019021503135

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月27日
    記者会見する市民団体代表 生徒自殺で元担任ら不起訴

    当時の担任と副担任、校長の不起訴処分を受けて記者会見する市民団体の村内光晴代表=27日午後、福井市

    商品コード: 2019022701962

  • 2019年09月24日
    農民画で描き出す農村振興の未来図江西省万安県

    24日、江西省万安県田北村で、観光用の長い回廊に壁画を描く村内在住の画家。中国江西省万安県はここ数年、民間芸術の伝承や発展に力を入れ、農民画文化の魅力を掘り起こしてきた。文化と観光を融合することで、農民たちの生活を豊かにし「観光による県の振興」を推進する特色ある農民画産業を重点的に構築している。同県田北村では、家屋の壁に大小さまざまな農民画が描かれ、郷土色の強い作品が都市部から訪れる観光客を引き付けている。農民画は地元を代表し、農村観光を発展に導く存在となった。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101722

  • 2019年09月24日
    農民画で描き出す農村振興の未来図江西省万安県

    24日、江西省万安県田北村で、観光用の長い回廊に壁画を描く村内在住の画家。中国江西省万安県はここ数年、民間芸術の伝承や発展に力を入れ、農民画文化の魅力を掘り起こしてきた。文化と観光を融合することで、農民たちの生活を豊かにし「観光による県の振興」を推進する特色ある農民画産業を重点的に構築している。同県田北村では、家屋の壁に大小さまざまな農民画が描かれ、郷土色の強い作品が都市部から訪れる観光客を引き付けている。農民画は地元を代表し、農村観光を発展に導く存在となった。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101680

  • 2019年09月24日
    農民画で描き出す農村振興の未来図江西省万安県

    24日、江西省万安県田北村で、学生と共に写生に取り組む村内在住の画家。中国江西省万安県はここ数年、民間芸術の伝承や発展に力を入れ、農民画文化の魅力を掘り起こしてきた。文化と観光を融合することで、農民たちの生活を豊かにし「観光による県の振興」を推進する特色ある農民画産業を重点的に構築している。同県田北村では、家屋の壁に大小さまざまな農民画が描かれ、郷土色の強い作品が都市部から訪れる観光客を引き付けている。農民画は地元を代表し、農村観光を発展に導く存在となった。(万安=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101826

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の「晒秋」風景。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700538

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の「晒秋」風景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700559

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の「晒秋」風景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700329

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の路地に広がる「晒秋」風景を堪能する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700337

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の路地に広がる「晒秋」風景を撮影する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700521

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の路地を散策する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700423

  • 2019年10月05日
    江南の古村を彩る天日干し「晒秋」浙江省建徳市

    5日、新葉古村の路地に広がる「晒秋」風景を堪能する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮新葉古村では国慶節連休(1~7日)中、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋祭」が行われている。村内各所に干された、赤色の唐辛子や黄色のトウモロコシ、だいだい色の柿、カボチャなどがさまざまな模様を織りなし、伝統的な民家の風情あふれる姿と相まって美しい景色となり、観光客を魅了している。「中国歴史文化名村」の新葉古村では、古くからの祠堂や塔、寺の他、古民家200棟以上が良好な状態で保存されている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700561

  • 00:41.08
    2019年11月11日
    「新華社」夕暮れの光に浮かぶ漁村江西省仙女湖

    中国江西省新余市仙女湖区河下鎮の江口村では11日夕方、雲の隙間から日の光が差し込み、鮮やかな夕焼けが見られ、村内の仙女湖に浮かぶ船の上では漁師が忙しく働き、初冬らしい穏やかな風景が広がった。同市はここ数年、生態環境の保護を全面的に強化し、市内の池では稚魚を放流し、昔ながらの漁を続け、湖や川にかつての美しい光景が戻りつつある。(記者/姚子雲)<映像内容>夕暮れの仙女湖の風景、撮影日:2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111801803

  • 02:00.83
    2019年11月12日
    「新華社」歴史ある村に晩秋の訪れ安徽省宏村

    中国安徽省黄山市黟(い)県北部、黄山の南西に位置する宏村は、ユネスコの世界文化遺産に登録され、中国の全国重点文物保護単位にも指定されている。同村には明・清代の古民家137棟が現存しており、村内の地形や水路、家屋などの配置が牛の身体に見えることから「牛形村落」と呼ばれる。他に類を見ない古い人工水路の給水システム、精緻な建築芸術、美しい田園風景などが安徽省南部の歴史ある村に特徴的な景観をもたらし、「中国画の中の村」とも呼ばれている。(記者/金剣)<映像内容>安徽省宏村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302941

  • 01:16.48
    2020年02月13日
    「新華社」村民の食生活を守る「移動市場」

    新型コロナウイルス対策のため厳しい管理が行われている中国浙江省温州市洞頭区大門鎮小門村では、外出を避けて自宅で過ごす住民らの野菜など農産物への需要がますます高まっている。同村は車で食料品を買い出しに行き、村内の指定の場所まで配送する「移動市場」を開設して対応。村民の需要はおおむね満たされ、安心して自宅待機ができるようになった。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>移動市場開設、買い出しをする住民の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302976

  • 2020年02月26日
    Corona - Restricted zone Codogno

    26 February 2020, Italy, Codogno: The station seems deserted. All shops except pharmacies and supermarkets are closed in the village. The city of around 15,000 inhabitants is one of several municipalities south of Milan that are now a restricted zone. Dozens of people have contracted the coronavirus there. (on “Residents in quarantine in Italy: Lockout also has positives“) Photo: Roberto Cighetti/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030205939

  • 2020年02月26日
    Corona - Restricted zone Codogno

    26 February 2020, Italy, Codogno: Two women sitting in the sun. All shops except pharmacies and supermarkets are closed in the village. The city of around 15 000 inhabitants is one of several municipalities south of Milan that are now a restricted zone. Dozens of people have contracted the coronavirus there. (on “Residents in quarantine in Italy: Lockout also has positives“) Photo: Roberto Cighetti/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030205989

  • 00:59.04
    2020年04月03日
    「新華社」茶畑でライブ配信春茶のオンライン販売を後押し江西省銅鼓県

    中国江西省宜春市銅鼓県大塅(たいだん)鎮公益村の茶畑でこのほど、春茶のライブ配信が行われた。村に駐在する第一書記の李長春(り・ちょうしゅん)さん、茶芸師の鍾雅婷(しょう・がてい)さん、地元インフルエンサーの呉琴(ご・きん)さんらが、村内の貧困脱却産業基地で栽培されている春茶をカメラの前で売り込んだ。銅鼓茶の成長や茶摘み、製造の全過程を紹介するため、ライブ配信チームは機材や道具を山の上にある茶畑に運び、屋外での撮影を決行した。これにより視聴者は、銅鼓茶が生産される自然環境や客家の茶に関する習慣などの魅力を身近に体験できる。4時間にわたるライブ配信では、累計延べ1万人近くのネットユーザーがオンライン視聴し、50キロ以上の春茶が販売された。一部のブランド茶は、500グラム当たり1500元(1元=約15円)で取引された。(記者/閔尊濤、孫楠)<映像内容>春茶のライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901914

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にあるヤマブシタケ栽培拠点のビニールハウスで収穫作業を行う従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601903

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、乾燥ヤマブシタケを見せる模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602071

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村のヤマブシタケ栽培拠点に並ぶビニールハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602072

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にあるヤマブシタケ栽培拠点のビニールハウスで収穫作業を行う従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602087

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601909

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にあるヤマブシタケ栽培拠点のビニールハウスで収穫作業を行う従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602030

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にあるヤマブシタケ栽培拠点のビニールハウスで収穫作業を行う従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602040

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602080

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、乾燥ヤマブシタケを選別する模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602073

  • 2020年05月20日
    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    20日、模範村にあるヤマブシタケ栽培拠点のビニールハウスで収穫したばかりのヤマブシタケを見せる従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601900

  • 01:26.42
    2020年05月23日
    「新華社」「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省

    中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(記者/王建威)<映像内容>村の空撮、ヤマブシタケの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701202

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703357

  • 2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを加工設備に投入する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703474

  • 2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で稼働するわらを加工する設備。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703396

  • 2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703408

  • 2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703400

  • 2020年07月17日
    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    17日、黎明村のわら総合利用加工工場で飼料を加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703508

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、2階建ての自宅内で写真に納まる八岔村のホーチョ族住民、尤喜志(ゆう・きし)さん(右)と妻の陳淑蓮(ちん・しゅくれん)さん。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700906

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、同江市の伝習所で、ホーチョ族の口頭伝承叙事詩「イマカン」(伊瑪堪)の朗読を練習する人たち。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700907

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、父親の李俊(り・しゅん)さん(右)と共に漁網を整理する八岔村のホーチョ族住民、李延鵬(り・えんほう)さん。養殖業に従事している。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700943

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、魚皮を使った装飾品制作を指導する八岔ホーチョ族郷の魚皮貼画技術継承者、王海珠(おう・かいしゅ)さん(中央)。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701049

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、魚皮と中国結びを組み合わせた装飾品を見せる八岔ホーチョ族郷の魚皮貼画技術継承者、王海珠(おう・かいしゅ)さん。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701110

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、八岔村赫哲新区の街並み。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700647

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、海珠手工芸品農民専業合作社(協同組合)に置かれた、魚皮を使った装飾品。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700664

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、黒竜江のほとりに位置する八岔村。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、中国北部ならではの民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701024

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、上空から見た八岔村赫哲新区。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701037

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、夕日に照らされた八岔村赫哲新区。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701073

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、上空から見た八岔村赫哲新区。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700922

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、同江市の伝習所で、ホーチョ族の口頭伝承叙事詩「イマカン」(伊瑪堪)の朗読練習を終えて記念撮影する人たち。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700944

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、自宅前で孫(中央)と共に写真に納まる八岔村のホーチョ族住民、尤喜志(ゆう・きし)さん(右)、妻の陳淑蓮(ちん・しゅくれん)さん。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701055

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、魚皮を使った装飾品制作の講座受講生らと共に作品を手にする八岔ホーチョ族郷の魚皮貼画技術継承者、王海珠(おう・かいしゅ)さん(中央)。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701120

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、上空から見た八岔村赫哲新区。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700886

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、自宅前で写真に納まる八岔村のホーチョ族住民、劉永全(りゅう・えいぜん)さん(右)、妻の周洪香(しゅう・こうこう)さん。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701011

  • 2020年07月21日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    21日、同江市の伝習所で、ホーチョ族の口頭伝承叙事詩「イマカン」(伊瑪堪)の朗読を練習する人たち。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701124

  • 2020年07月22日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    22日、八岔島二道河原から漁に出る舟。(小型無人機から)中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700942

  • 00:49.50
    2020年07月22日
    「新華社」「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省

    中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(記者/王君宝)<映像内容>わらの加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701911

  • 2020年07月22日
    ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    22日、八岔島二道河原近くで魚を取る八岔村のホーチョ族住民、叢秀松(そう・しゅうしょう)さん。中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(同江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701051

  • 00:47.36
    2020年07月25日
    「新華社」ホーチョ族の村、経済発展と文化継承を実現黒竜江省

    中国黒竜江省同江市八岔ホーチョ(赫哲)族郷八岔村はここ数年、質の高い発展を目指し、民族の特色を備えた農村振興の道を力強く歩んでいる。ホーチョ族住民らが収入増を実現する道は多様化しており、村内の登録された貧困世帯14世帯は全て貧困を脱却。村民1人当たりの可処分所得は2015年~19年に1万6102元(1元=約15円)から2万2150元に増加した。同村はホーチョ族の民俗資源も大切にしており、中国北部ならではの民俗文化ブランドを構築することで、ホーチョ族の文化の魅力を高めている。(記者/王建威、姜賀軒、王鶴)<映像内容>ホーチョ族の村の空撮、歌う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905522

  • 2020年08月18日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    村内の観光イベントに参加した村民の写真を撮影する冷菊貞さん(右端)。(8月18日撮影)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306060

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504547

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504452

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504504

  • 2020年09月21日
    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市

    21日、チャムド市ゾガン県亜中村に建設されたビニールハウス。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504439

  • 1
  • 2