KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 塔の高さ
  • 長江大橋
  • ケーブル
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 高速道路
  • 中国湖北省
  • 中鉄大橋
  • 工事現場
  • 中国中鉄

「メインスパン」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
66
( 1 66 件を表示)
  • 1
66
( 1 66 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月08日
    (9)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、建設中の開州湖特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (1)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (2)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、建設中の開州湖特大橋。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (8)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (6)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (3)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (5)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (10)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (4)甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月05日
    甕開高速道路の開州湖特大橋、メインケーブル架設開始貴州省

    5日、開州湖特大橋建設現場でメインケーブルのワイヤー架設を行う作業員。中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄広州工程局集団が建設を請け負う、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州の甕安(おうあん)県と開陽県を結ぶ甕開高速道路の開州湖特大橋で5日、メインケーブルの最初のワイヤー架設が完了し、工事は正式にメインケーブル架設の工程に入った。特大橋は全長1257メートル、主塔の高さは139メートル、メインスパンは1100メートルとなっている。(貴陽=新華社記者/劉続)=配信日:2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.84
    2020年12月14日
    「新華社」中国初の鉄道道路併用つり橋が開通江蘇省鎮江市

    中国江蘇省鎮江市で11日、中国初の鉄道道路併用つり橋、五峰山長江大橋が開通した。全長6・4キロ、メインスパン(主径間)は1092メートルで、橋の上層には8車線の高速道路が、下層には高速鉄道が通る。設計速度は高速道路が時速100キロ、高速鉄道は時速250キロとなっている。橋は江蘇省の連雲港市と鎮江市を結ぶ高速鉄道の重要な一部分。高速鉄道も同日開通し、連雲港市から上海市までの移動時間は従来の11時間から3時間に短縮された。(記者/呉新生)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    鋼製水路橋の工事現場。(資料写真、小型無人機から)中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    鋼製水路橋の工事現場。(資料写真、小型無人機から)中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    引江済淮プロジェクト・淠河総幹線用水路鋼製水路橋の通水後の完成予想図。(資料写真)中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    5日、全体が接合された鋼製水路橋。中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    5日、鋼製水路橋の工事現場。中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋、接合に成功安徽省合肥市

    5日、鋼製水路橋建設現場で行われた最後の部材設置作業。中国安徽省合肥市肥西県高店郷に建設中の淠河総幹線用水路鋼製水路橋で5日、総重量46・1トンの部材が所定の位置に設置され、メインスパンが接合された。同水路橋は、長江の水を淮河に引き入れる「引江済淮」プロジェクトで建設されているもので、完成後は世界最大スパンの通水通航鋼製水路橋となる。同水路橋は全長350メートル。左右二つに分かれ、うち鋼製部分は全長246メートル。鋼鉄の総使用量は2万1千トンに上り、総投資額は5億元(1元=約16円)近い。メインスパンは110メートルで、通水通航鋼製水路橋としては世界一。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.87
    2020年09月28日
    「新華社」鄭万高速鉄道の鍵となる難工事、神農渓双線大橋が接合に成功

    中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道湖北区間で28日、プロジェクト全体の中で最も重要かつ困難な工事とされた全長457・1メートル、メインスパン220メートルの神農渓双線(複線)大橋の接合が成功した。これにより、同区間の建設は大きく進展し、全線の順調な開通に向けた土台が築かれた。同大橋は湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州巴東(はとう)県にある。両側を険しい崖に挟まれ、建設工事スペースが狭く、地形や地質条件が複雑。全長818キロの鄭万高速鉄道全線で最大のスパンを持ち、最も難度の高い工事、最も高い安全性と環境保護や水・土壌保全措置が求められる連続鋼桁構造橋となっている。接合完了後は鋼管アーチ施工が行われ、2020年12月の完成を予定している。(記者/王賢)<映像内容>神農渓双線大橋の接合工事の様子、撮影日:2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.95
    2020年09月13日
    「新華社」京浜都市間鉄道で全線最大スパンの連続桁が接合に成功天津市

    中国の北京市通州区と天津市浜海新区を結ぶ京浜都市間鉄道の宝坻(ほうてい)特大橋左線で13日、灤河(らんが)の水を天津まで引く「引灤入津プロジェクト」用水路をまたぐ連続桁の接合作業が行われた。工程計画より17日前倒しで作業が完了し、同鉄道全線で最大スパンの連続桁が接合された。同特大橋の引灤入津プロジェクトの用水路をまたぐ連続桁は、全長約272メートル、メインスパン(主径間)は約128メートル。設計時速350キロの同鉄道は、北京と天津浜海新区を結ぶ2本目の都市間高速鉄道で、総延長は約172キロ。開通後は北京と天津浜海新区間がわずか57分で結ばれる。(記者/鄧浩然、方金洋)<映像内容>京浜都市間鉄道の工事、「引灤入津プロジェクト」用水路をまたぐ連続桁の接合作業の様子、撮影日:2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2020年09月05日
    「新華社」紅河をまたぐ高速道路の特大つり橋、接合に成功雲南省

    中国雲南省で建設中の紅河をまたぐ全長1366メートルの高速道路特大つり橋が5日午後、メインスパンの接合に成功した。同橋は橋面から水面まで184メートル、主塔の高さが181・29メートルで、来年3月の竣工を予定している。同橋を含む高速道路の整備が完了すると、地元紅河ハニ族イ族自治州の建水県から元陽県まで、車での移動時間が現在の2時間近くから約40分に短縮される。(記者/何春好、曽維)<映像内容>建設中の高速道路特大つり橋の空撮、撮影日:2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    五峰山長江大橋で静的載荷試験実施江蘇省

    13日、五峰山長江大橋。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の鉄道道路併用のつり橋、五峰山長江大橋でこのほど、静的載荷試験が行われ、鉄道と道路の各床版への同時載荷を実施した。同橋は連雲港市と鎮江市を結ぶ連鎮高速鉄道の、揚州・鎮江区間に長江を跨ぐ形で建設される。全長6409メートル、メインスパン1092メートルで、上層は設計時速100キロの高速道路8車線(片側4車線)、下層は設計時速250キロの高速鉄道4線となる。(南京=新華社配信/崔永興)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    五峰山長江大橋で静的載荷試験実施江蘇省

    13日、五峰山長江大橋。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の鉄道道路併用のつり橋、五峰山長江大橋でこのほど、静的載荷試験が行われ、鉄道と道路の各床版への同時載荷を実施した。同橋は連雲港市と鎮江市を結ぶ連鎮高速鉄道の、揚州・鎮江区間に長江を跨ぐ形で建設される。全長6409メートル、メインスパン1092メートルで、上層は設計時速100キロの高速道路8車線(片側4車線)、下層は設計時速250キロの高速鉄道4線となる。(南京=新華社配信/崔永興)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    「引江済淮」プロジェクトの重要水路橋で、橋脚のコンクリート打設が完了

    6日、淠河総幹線用水路鋼製水路橋の施工現場。(小型無人機から)中国鉄建大橋工程局集団が建設を請け負う大型水利プロジェクト「引江済淮(長江の水を淮河に導水する事業)」の淠河総幹線用水路鋼製水路橋の最後の橋脚のコンクリート打設が6日完了し、メインスパンの鋼製橋梁の架設・接合の基礎を固めた。同水路橋は全長350メートルで、メインスパンは110メートルに及ぶ。長江と淮河の2大水系を結ぶ同プロジェクトは、中国の流域・省をまたぐ重点戦略的水資源配置・総合利用プロジェクト。(合肥=新華社記者/曹力)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    「引江済淮」プロジェクトの重要水路橋で、橋脚のコンクリート打設が完了

    6日、淠河総幹線用水路鋼製水路橋の施工現場で、橋脚のコンクリート打設作業を行う中国鉄建大橋工程局集団の作業員。中国鉄建大橋工程局集団が建設を請け負う大型水利プロジェクト「引江済淮(長江の水を淮河に導水する事業)」の淠河総幹線用水路鋼製水路橋の最後の橋脚のコンクリート打設が6日完了し、メインスパンの鋼製橋梁の架設・接合の基礎を固めた。同水路橋は全長350メートルで、メインスパンは110メートルに及ぶ。長江と淮河の2大水系を結ぶ同プロジェクトは、中国の流域・省をまたぐ重点戦略的水資源配置・総合利用プロジェクト。(合肥=新華社記者/曹力)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.02
    2020年05月06日
    「新華社」「引江済淮」プロジェクトの重要水路橋で、橋脚のコンクリート打設が完了

    中国鉄建大橋工程局集団が建設を請け負う大型水利プロジェクト「引江済淮(長江の水を淮河に導水する事業)」の淠河総幹線用水路鋼製水路橋の最後の橋脚のコンクリート打設が6日完了し、メインスパンの鋼製橋梁の架設・接合の基礎を固めた。同水路橋は全長350メートルで、メインスパンは110メートルに及ぶ。長江と淮河の2大水系を結ぶ同プロジェクトは、中国の流域・省をまたぐ重点戦略的水資源配置・総合利用プロジェクト。(記者/曹力)<映像内容>大型水利プロジェクト「引江済淮」、建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月06日
    「引江済淮」プロジェクトの重要水路橋で、橋脚のコンクリート打設が完了

    6日、施工現場で作業を行う中国鉄建大橋工程局集団の作業員。中国鉄建大橋工程局集団が建設を請け負う大型水利プロジェクト「引江済淮(長江の水を淮河に導水する事業)」の淠河総幹線用水路鋼製水路橋の最後の橋脚のコンクリート打設が6日完了し、メインスパンの鋼製橋梁の架設・接合の基礎を固めた。同水路橋は全長350メートルで、メインスパンは110メートルに及ぶ。長江と淮河の2大水系を結ぶ同プロジェクトは、中国の流域・省をまたぐ重点戦略的水資源配置・総合利用プロジェクト。(合肥=新華社記者/曹力)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.16
    2020年01月08日
    「新華社」赤壁長江公路大橋、最初の鋼梁架設に成功湖北省赤壁市

    中国湖北省咸寧(かんねい)市管轄下の赤壁市(県級市)に建設中の赤壁長江公路大橋で8日、主橋部最初の鋼梁の架設が成功した。この大橋は中鉄大橋局が建設中で、鋼梁架設の成功は上部構造の全面的な施工段階に入ったことを意味する。同大橋の主橋部は主塔2本、2面吊り方式を用いた合成斜張橋で、全長は1380メートル、メインスパンは720メートルとなっている。(記者/熊琦、李勁峰)<映像内容>建設中の赤壁長江公路大橋の様子、撮影日:2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.87
    2020年01月06日
    「新華社」伍家崗長江大橋、パイロットロープの架設作業が完了湖北省宜昌市

    メインスパンが1160メートルに達する中国湖北省宜昌(ぎしょう)市の伍家崗(ごかこう)長江大橋でこのほど、パイロットロープを対岸まで架設する作業が無事完了した。中交第二航務工程局(中交二航局)の建設作業員たちの正確な作業により、重さ10トン余りのパイロットロープが長江の上に張られ、南北両方のメインタワーが初めて結ばれた。これにより同市で9本目となる長江をまたぐ大橋の上部構造の施工が始まった。伍家崗長江大橋は同市の市街地では初となるメインスパン千メートル級の橋で、2主塔の鋼鉄箱桁式のつり橋となる。全長2813メートル、メインスパン1160メートルで、「長江をひとまたぎ」している。この橋は2017年初めに着工し、今年9月に南北両岸の主塔が完成した。大橋の建設は中交二航局と中建三局集団が共同で担当している。(記者/李勁峰)<映像内容>伍家崗長江大橋のパイロットロープの架設作業が完了、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    北京の新たなランドマークとなった新首鋼大橋。(資料写真)中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月01日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    夕日に照らされる新首鋼大橋。(資料写真)中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.82
    2019年09月30日
    「新華社」四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(記者/胡旭、劉坤)<映像内容>完成した赤水河紅軍大橋の風景、撮影日:2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、カラーランで大橋の完成を祝う建設者ら。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月30日
    四川と貴州を結ぶ赤水河紅軍大橋が完成

    9月30日、赤水河紅軍大橋。(小型無人機から)中国四川省と貴州省の境界、烏蒙(うもう)山地区にある赤水河紅軍大橋は9月30日、全面的に完成し、開通条件も備えた。大橋は全長2009メートル、メインスパン(主径間)1200メートル、主塔の高さ243・5メートルで、全国の山間部に建設された同類の鉄骨トラス懸垂橋の中で上位となる。大橋は四川省鉄投集団が投資し、四川路橋集団が建設を請け負い、2017年上半期に着工した。(成都=新華社記者/劉坤)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月29日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    29日に撮影した新首鋼大橋。中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月29日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    29日、新首鋼大橋を走行する自動車。中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月29日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    29日、新首鋼大橋を走行する自動車。中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月29日
    新首鋼大橋が開通北京の新たなランドマークに

    29日に撮影した新首鋼大橋。中国北京市交通委員会によると、長安街西側の延長道路プロジェクト、新首鋼大橋が29日に開通した。これにより、長安街西側の延長部分が全線開通し、長安街の全長は50キロ余りとなる。同大橋は永定河にまたがり、全長は1・35キロ。上下に4本ずつ計8本の車道を設置。うち主橋は長さ639メートル、幅の最長部分は54・9メートルで、五つのスパン(支間)をもち、メインスパンは280メートルに達する。主橋は全て鉄骨構造が採用され、鋼材使用量は約4万5千トンに達する。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.15
    2018年12月12日
    「新華社」世界最大スパンの鉄道アーチ橋、接合に成功雲南省

    中国雲南省の大理と瑞麗を結ぶ鉄道の全線の中でも最も重要で難度の高い工事部分である怒江四線特大橋の鋼トラス・アーチが10日午前、無事接合された。これにより、「一帯一路」構想における中国・ミャンマー国際鉄道幹線建設は、大きな進展を見せた。大橋のメインスパンは、単体で490メートルに達する鋼トラス・アーチ、鉄道アーチ橋としては現在世界最大級となる。大瑞鉄道怒江特大橋は雲南省保山市施甸(しでん)県と竜陵県の境界部分にあり、全長1024・2メートル、橋面の幅は24・9メートル。4線の複々線駅鉄道橋として設計され、列車4本が同時に停車できる。橋全体で4万6千トンの鋼材が使用され、メインスパンは922本の単体で100トン近い規格の異なる鋼桁部材を、ブロックを組み立てるように、80万本のボルトを使用して川面から高さ230メートルの空中で組み合わせるという、技術的にも危険度的にも、国内ではまれに見る難工事だった。全長330キロの大瑞鉄道は、中国の「中長期鉄道網計画」線路網配置整備の重要プロジェクト。開通すると、大理・瑞麗間の所要時間が現在の道路輸送の6時間から2時間余りに短縮され、雲南省西部少数民族地区は列車未開通の歴史に終止符を打つことになる。(記者/王安浩維)<映像内容>鉄道アーチ橋の建設現場、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月10日
    世界最大スパンの鉄道アーチ橋、接合に成功雲南省

    10日、アーチが接合された怒江四線特大橋。中国雲南省の大理と瑞麗を結ぶ鉄道の全線の中でも最も重要で難度の高い工事部分である怒江四線特大橋の鋼トラス・アーチが10日午前、無事接合された。これにより、「一帯一路」構想における中国・ミャンマー国際鉄道幹線建設は、大きな進展を見せた。大橋のメインスパンは、単体で490メートルに達する鋼トラス・アーチ、鉄道アーチ橋としては現在世界最大級となる。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    世界最大スパンの鉄道アーチ橋、接合に成功雲南省

    9日、空から見た怒江四線特大橋。(小型無人機から)中国雲南省の大理と瑞麗を結ぶ鉄道の全線の中でも最も重要で難度の高い工事部分である怒江四線特大橋の鋼トラス・アーチが10日午前、無事接合された。これにより、「一帯一路」構想における中国・ミャンマー国際鉄道幹線建設は、大きな進展を見せた。大橋のメインスパンは、単体で490メートルに達する鋼トラス・アーチ、鉄道アーチ橋としては現在世界最大級となる。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    世界最大スパンの鉄道アーチ橋、接合に成功雲南省

    9日、怒江四線特大橋の鋼トラスの据え付けを指揮する中鉄十八局の技術者。中国雲南省の大理と瑞麗を結ぶ鉄道の全線の中でも最も重要で難度の高い工事部分である怒江四線特大橋の鋼トラス・アーチが10日午前、無事接合された。これにより、「一帯一路」構想における中国・ミャンマー国際鉄道幹線建設は、大きな進展を見せた。大橋のメインスパンは、単体で490メートルに達する鋼トラス・アーチ、鉄道アーチ橋としては現在世界最大級となる。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:55.19
    2018年09月17日
    「新華社」環境にも十分な配慮、貴州羅甸県のアーチ橋来年竣工

    貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県の大井河に架かる大小井特大橋は、全長1500メートル、メインスパン450メートルで、完成すれば世界最大スパンの上路式コンクリート充填鋼管アーチ橋になる。この橋の建設は平塘・羅甸高速道路の重点プロジェクトの一つであり、今年6月に主橋部分の連結が完了した。現在では最終段階に入っており、2019年8月竣工、開通の予定。貴州の「分断された道」を繋げ、雲南省や貴州、広西チワン族自治区の石漠化(樹木や表土が失われカルスト地形の石灰岩がむき出しになる状態)エリアの貧困脱却に重要な役割を担う橋でもある。このプロジェクトは2016年6月29日に着工、投資額は約3億7千万元(1元=約16円)。橋は景勝地エリアにあることから、工事着工から一貫して「環境破壊を最小限に抑え、最大限復元に務める」ことを理念とし、工事で発生する粉塵や泥水、土壌侵食などに適切な対策を施した。これにより環境への影響が減らされ、豊かな暮らしと環境保護の両立が実現できるという。(記者/陳嬙)<映像内容>アーチ橋の現状、完成イメージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月04日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    4日、高さ200メートル余りの足場で作業する重慶市出身の陳飛さん。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、アプローチスパンに対しメインケーブルの架設作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、楊泗港長江大橋の工事現場。(小型無人機から)中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、同僚と高所で作業する四川省瀘州市出身の作業員、劉能さん(右)。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、1日の仕事を終え引き上げる四川省宜賓市出身の作業員、馮奎さん。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月25日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月25日、夕日の下で作業する作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月10日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月10日、高所でメインケーブルの架設作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月08日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月8日、高さ200メートル余りの高所で施工作業をする作業員。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月08日
    長江上空に「天のはしご」進む楊泗港長江大橋の架設工事

    6月8日、同僚と上空でメインケーブルの架設作業を行う武漢市新洲区の陳暁輝さん(上)。中国湖北省武漢市の楊泗港長江大橋の工事現場は高さ200メートル余りの高所にあり、中鉄大橋局集団有限公司の80人近くの作業員が昼夜奮闘している。作業員は南北両岸の足場を頻繁に往来し、メインブリッジにメインケーブルの架設やアプローチスパン・パイルキャップ、橋脚、箱桁の施工を行っている。楊泗港長江大橋は2主塔2層のグラウンドアンカー工法鉄橋梁吊橋で、2層式道路橋でもあり、メインスパンは1700メートル。完成すると世界最大の径間を持つ2層吊橋になる。高温の日々が続く現在、作業員は毎日午前5、6時からタワーに上り作業を始め、昼の最も暑い時間帯に一休みをした後は日が暮れるまで作業を続ける。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1