KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 甕棺墓
  • 先住民
  • 内訳
  • 同時代
  • 存在
  • 平成
  • 戦国時代
  • 概念
  • 歴史
  • 発掘調査

「メカンボ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年12月13日
    佐賀県の吉野ケ里遺跡で 木棺のちょうつがい出土

    吉野ケ里遺跡の甕棺墓(かめかんぼ)から出土した木棺のちょうつがいとみられる副葬品

    商品コード: 1996121300106

  • 2002年11月03日
    機中の小泉首相 核開発放棄で一致できる

    ASEANと日中韓首脳会議出席のためカンボジアに向かう政府専用機内で記者団と懇談する小泉首相=3日午後(共同)

    商品コード: 2002110300117

  • 2003年05月08日
    出土した甕棺墓 曲川遺跡で甕棺墓72基出土

    奈良県橿原市の曲川遺跡で出土した縄文晩期の甕棺墓(かめかんぼ)

    商品コード: 2003050800138

  • 2005年11月03日
    来日した2男児 カンボジア2男児を治療へ

    脳髄膜瘤の治療のためカンボジアから来日した、ケン・ポック君(右)とニ・ポック君=3日午前、福岡空港

    商品コード: 2005110300011

  • 2012年11月18日
    プノンペン到着の野田首相 ミャンマーに500億円

    ASEAN関連首脳会議出席のためカンボジアのプノンペン国際空港に到着し、出迎えを受ける野田首相=18日(共同)

    商品コード: 2012111800319

  • 2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった成人の土坑墓。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019461

  • 2018年11月07日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した副葬品。(11月7日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019015

  • 2018年11月14日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞(えつ)。(11月14日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019005

  • 2018年11月20日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した銅鉞と銅剣。(11月20日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019022

  • 2018年11月22日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で墳墓の整理をする発掘スタッフ。(11月22日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019469

  • 2018年11月23日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地の土坑墓から出土した紡輪(ぼうりん)と銅削刀(さくとう、かみそり)。(11月23日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019077

  • 2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった、幼児を埋葬した小型土坑墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019034

  • 2018年12月13日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地で見つかった甕棺墓。(12月13日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019052

  • 2018年12月16日
    成都市で戦国時代の墳墓群見つかる

    四川省成都市の民強村戦国墓地東区の全景。(12月16日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は26日、市内の青白江区民強村で6月から12月まで実施した発掘調査で、戦国時代(前475年〜前221年)の墳墓群を発見したことを明らかにした。今回発掘された墳墓は38基で、内訳は土坑墓(どこうぼ)22基と甕棺墓(かめかんぼ)16基。墳墓の分布状況から墓地全体を西区と東区に分けることができるという。今回の発掘は、戦国時代の成都地区における墳墓の研究材料を充実させ、同時代にこの地に存在した蜀国の先住民の埋葬風習と葬送に対する概念を研究する上で重要な意義があるとされる。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:成都文物考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019452

  • 1