KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 新型コロナウイルス
  • 杭州
  • 武漢
  • 死亡率
  • 病原微生物
  • 発見
  • 研究開発
  • 科学
  • 資料

「メタゲノム」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    武漢市金銀潭病院の外観。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702377

  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    人工知能(AI)が自動で識別した新型肺炎患者のCT画像。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702378

  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    武漢市金銀潭病院でシステムチェックを行うアリババクラウドの技術者。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702381

  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    新型肺炎患者のCT画像を人工知能(AI)で分析する医療スタッフ。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702447

  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    阿里雲のサーバー。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702389

  • 2020年03月16日
    アリババクラウドのAI全ゲノム検査プラットフォーム、武漢の治療を支援

    武漢市金銀潭病院でシステムチェックを行うアリババクラウドの技術者。(資料写真)中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の阿里雲(アリババクラウド)は13日、同社が率先して研究開発した病原体メタゲノム検査プラットフォームを武漢市金銀潭医院に導入したと発表した。これにより、新型コロナウイルスとその他1万6800種以上の病原微生物の全ゲノム配列検査ができるようになり、新型肺炎が引き起こす続発、併発感染の病原体の迅速な発見や、正確な診断支援、治療効率の向上、死亡率の低減が可能になる。(杭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702393

  • 1