KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 会場雑観
  • 東日本大震災
  • イタリア
  • 医療物資
  • 意気込み
  • 武漢加油
  • パラリンピック
  • 中国浙江省
  • 名護市辺野古

「メッセージ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
142
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
142
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:18.80
    2021年02月23日
    小池知事らテレビ会議 首都圏、解除前倒しせず

    東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の各知事が23日、テレビ会議を開いて新型コロナウイルスの感染状況や医療提供体制について意見交換し、首都圏では新規感染者の減少ペースが鈍化しており、緊急事態宣言解除の前倒しを要請しない方向で一致した。宣言の対象期間となっている3月7日まで新規感染者を可能な限り抑えて再拡大を警戒していくとの認識を共有。4都県の住民に感染防止対策の徹底を求める共同メッセージを出した。<映像内容>東京都庁で行われた東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の各知事のテレビ会議の様子、撮影日:2021(令和3)年2月23日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年2月23日

  • 00:20.98
    2021年02月15日
    「新華社」国連事務総長や各国駐中大使、春節祝う動画メッセージ

    国連のグテレス事務総長や各国の駐中国大使・使節、元要人らは春節(旧正月)に当たり、動画を通じて全世界の華人・華僑に新春の祝福メッセージを伝えた。 =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:27.62
    2021年02月09日
    「オリコン」 一ノ瀬颯、リュウソウの絆を再確認

    映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー特別編メモリー・オブ・ソウルメイツ』(20日公開)の完成報告イベントが9日、都内で開催。再集結した『リュウソウジャー』たちが互いに絆を再確認したことを明かしたリュウソウレッド/コウ役の一ノ瀬颯は「この思いは天まで届く」とメッセージを送った。撮影日時:2021(平成33)年02月09日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:46.50
    2021年01月22日
    「歴史に明記される日」 核兵器禁止条約発効で被団協が集会

    日本原水爆被害者団体協議会(被団協)は22日、東京・永田町の議員会館で核兵器禁止条約発効を記念する集会を開いた。田中熙巳代表委員が「歴史の中に明記される日付になる」と指摘。「(核)廃絶までの半分をもう成し遂げた」と喜びを語った。 被団協は日本政府と各政党に、条約の署名と批准、国会審議を求める要請書を提出した。 条約は2017年7月、122カ国・地域が賛成し国連で採択。昨年10月、発効に必要な50カ国・地域の批准に達した。一方、米国などの核保有国だけでなく、米国の「核の傘」の下にある日本政府も参加していない。  <映像内容>被団協の集会の様子、原爆の犠牲者らへの黙とう、田中熙巳代表委員あいさつ、国連で軍縮担当上級代表を務める中満泉事務次長のビデオメッセージ、要望を説明する被団協の木戸季市事務局長、外務省の本清耕造軍縮不拡散・科学部長のあいさつなど、撮影日:2021(令和3)年1月22日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月22日

  • 02:38.58
    2021年01月13日
    「AFP」STOCKSHOTS: Telegram app

    STOCKSHOTS of the Telegram app STOCKSHOTS、作成日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:ロシア・モスクワ 、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 02:22.20
    2021年01月11日
    改めて再会の場を さいたま市がオンライン成人式

    さいたま市は11日、さいたまスーパーアリーナでオンラインの成人式を開いた。本来なら大きな会場は新成人で埋め尽くされるはずだったがコロナ禍によりこの形での開催となった。清水勇人市長や新成人代表がステージから、エールや成人としての思いを語った。新成人の1人は「コロナ禍が去ったら、ぜひ友達と再会する場を作りたい」と訴えた。<映像内容>スーパーアリーナの外観や記念撮影をする人たち、清水勇人市長あいさつ、新成人たちの誓い、サッカー、浦和レッズ選手らのメッセージ、市長と新成人代表のうち3人の囲み、撮影日:2021(令和3)年1月11日、撮影場所:埼玉県さいたま市

    撮影: 2021(令和3)年1月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:25.15
    2021年01月09日
    「ステイホーム」を投影 伊藤忠、東京本社ビルで

    伊藤忠商事は9日、緊急事態宣言の再発令を受け、東京本社ビル(東京都港区)の壁面に「ステイホーム」などを呼びかける映像の投影を始めた。11日までの予定。午後6~8時に行い、動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信する。<映像内容>ビル壁面に投影されたメッセージなどの映像、撮影日:2021(令和3)年1月9日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2021(令和3)年1月9日

  • 00:27.67
    2020年12月22日
    「新華社」大学院受験生に贈るメッセージ入りオレンジ湖南省

    中国湖南科技学院理学院の教員らがこのほど、2021年度大学院修士課程入試の受験生に特別なプレゼントを準備した。贈られるのはオレンジとハンドウォーマー。試験を控えた緊張感を和らげようと、教員らは一晩かけてネーブルオレンジ100個にさまざまなイラストや激励の言葉を記入した。中国語でオレンジを意味する「橙」と成功の「成」の発音が同じであることから、中国でオレンジは成功の象徴とされている。(記者/謝桜) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.98
    2020年12月13日
    「新華社」中国、アラブ連盟に2回目の医療物資寄贈

    中国は8日、アラブ連盟に対し、N95マスク13万枚など新型コロナウイルス感染症対策の医療物資を寄贈した。中国から同連盟への医療物資寄贈は今回が2回目で、エジプト・カイロのアラブ連盟本部で同日、引き渡し式典が開かれた。式典に参加した中国の廖力強(りょう・りききょう)駐エジプト大使は、「新型コロナウイルス感染症との闘いが最も困難だった時期に、アラブ諸国の指導者が電話やメッセージで中国を応援したことを決して忘れない」と語った。廖氏によると、アラブ諸国から中国にマスク1千万枚以上などの医療物資が寄贈された。中国もアラブ諸国に対し検査キット100万セットやマスク1800万枚以上を提供。8カ国に医療チームを派遣し、医療専門家によるオンライン会議を40回以上開いた。中国からアラブ連盟への1回目の支援では、一般用マスク20万枚とN95マスク9千枚が送られた。同連盟のホッサム・ザキ事務次長補佐官は「中国とアラブ連盟の深くて強い絆」を称賛し、医療物資が「貴重な贈り物」だと強調。こうした支援は両者の協力範囲をさらに拡大するきっかけになると述べた。=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.41
    2020年12月10日
    ライトアップで感謝と応援 東京駅前、年末恒例イルミ

    東京・丸の内をイルミネーションで彩る年末恒例のイベント「東京ミチテラス」が10日、始まった。東京駅前広場に新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者らへの感謝や全ての人を応援する気持ちを込めたアート作品が並んだ。25日まで。<映像内容>白鳥をかたどったイルミネーションや皇居側の樹木のイルミネーション、QRコードをスマートフォンで読み込み、拡張現実(AR)技術でメッセージが浮かぶ仕掛けのデモなど、撮影日:2020(令和2)年12月10日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月10日

  • 02:01.38
    2020年11月27日
    世界パラ陸上 神戸大会ロゴ発表

    神戸2020世界パラ陸上競技世界選手権大会組織員会は27日、東京都内で大会ロゴマークを発表した。組織委の増田明美会長や山本篤パラ陸上選手らが出席した。<映像内容>東京都内で行われた神戸2020世界パラ陸上競技世界選手権大会のロゴ発表会の様子、ロゴ創作者のヨシ中谷さんの話、久元喜造神戸市長のビデオメッセージ、山本篤選手の話など、撮影日:2020(令和2)年11月27日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:10.29
    2020年11月23日
    中村哲さんの志継ぎ、前へ 殺害1年を前に追悼会

    アフガニスタンで昨年12月、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん=当時(73)=が殺害されてから1年となるのを前に、福岡市で23日、同会主催の追悼会が開かれた。支援者ら約450人が参列。貧困層の医療支援やアフガンの復興に生涯をささげた中村さんをしのび、その志を継いで活動を続けていこうと誓い合った。会場は中村さんの母校の九州大で、ペシャワール会の関係者や親交のあった人たちのほか、遺族代表として長女秋子さん(40)、長男健さん(37)らが参列した。壇上には中村さんが穏やかにほほえむ写真が飾られ、中村さんに同行していて犠牲となったアフガン人運転手ら5人の遺影も並べられた。 中村さんは長年、アフガンやパキスタンの国境付近で貧困層への医療支援に取り組み、2000年にアフガンが干ばつに見舞われてからは用水路を建設し、農地の復興や拡大を推進。昨年12月4日、アフガン東部ナンガルハル州で作業現場に車で向かう途中、武装集団に襲撃された。<映像内容>会場外観、会場雑観、黙とう、ペシャワール会の村上優会長(71)あいさつ、長女秋子さんあいさつ、アフガンのガニ大統領のビデオメッセージ、追悼会雑観、終了後の村上会長囲みなど、撮影日:2020(令和2)年11月23日、撮影場所:福岡県福岡市

    撮影: 2020(令和2)年11月23日

  • 02:01.05
    2020年11月05日
    スキー・小林ら会見 新シーズンへ意気込み

    スキー・ジャンプの小林陵侑(こばやし・りょうゆう)ら各種目の有力選手が5日、東京都内で新シーズンへの意気込みを述べた。 <映像内容>東京都内で行われたスキー各種目有力選手の記者会見、参加者は堀島行真(ほりしま・いくま)、丸山貴雄(まるやま・たかお)、須貝龍(すがい・りょう)、小林陵侑、【リモート出演】渡部暁斗(わたべ・あきと)、戸塚優斗(とつか・ゆうと)、岩渕麗楽(いわぶち・れいら)、【ビデオメッセージ】高梨沙羅(たかなし・さら)、安藤麻(あんどう・あさ)の各選手、撮影日:2020(令和2)年11月5日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月5日

  • 03:34.24
    2020年10月14日
    「学問への冒とく」と抗議 任命拒否、学者の会が声明

    ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英京大名誉教授らの「安全保障関連法に反対する学者の会」は14日、東京都内で記者会見し、日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しないのは「学問に対する冒とく行為」と抗議する声明を発表した。学習院大の佐藤学特任教授は会見で、声明を読み上げ「学術会議法は政府からの独立性をうたい、首相の任命権を制約しており、明らかな違法行為」と指摘。「民主主義と立憲主義を破壊する」と訴え、理由の説明や速やかな6人の任命を求めた。<映像内容>メンバーの記者会見。佐藤学・学習院大特任教授、大沢真理・東京大名誉教授、朝倉むつ子・早稲田大名誉教授、内田樹・神戸女学院大名誉教授の発言。声明やノーベル賞受賞者の益川敏英京大名誉教授メッセージ読み上げなど、撮影日:2020(令和2)年10月14日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年10月14日

  • 02:57.37
    2020年09月30日
    アントニオ猪木氏がデビュー60年 記念の記者会見

    元プロレスラーのアントニオ猪木氏が30日、東京都内でデビュー60年を記念した記者会見を開いた。 1960年9月30日、大木金太郎選手を相手にプロデビュー戦。猪木氏は「60年生きてないと思ったが、生かされてしまった」と冗談を交えあいさつ。「明日に向けて、というより来年に向けて頑張って行こうと思う」と語った。 <映像内容>入り、「元気ですか!」、あいさつ、雑観、明石家さんまさんや古舘伊知郎さんら著名人からのビデオメッセージ、質疑応答、フォトセッション、会見場に並んだ過去の写真など、撮影日:2020(令和2)年9月30日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年9月30日

  • 02:11.59
    2020年08月25日
    大阪万博ロゴマーク決定 細胞で輪を作るイメージ

    2025年大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は25日、公式ロゴマークを発表した。同協会のロゴマーク選考委員会が決定したのはアートディレクター兼グラフィックデザイナーのシマダタモツさんが代表を務める「TEAM INARI(チーム イナリ)」の作品。赤い細胞が不定形の輪を形作ったイメージで、選考理由について建築家で選考委員会座長の安藤忠雄(あんどう・ただお)さんは「ロゴマークという枠組みを超えて、また社会、コロナという枠組みも越えて、新しい世界を切り開くものになってもらいたい」とのコメントを寄せた。<映像内容> 日本国際博覧会協会の石毛博行(いしげ・ひろゆき)事務総長による経過説明、梶山弘志(かじやま・ひろし)経産相のビデオメッセージ、公式ロゴマークの発表、受賞者代表のシマダさんへの表彰状授与、シマダさんのあいさつ、歌舞伎役者の松本幸四郎(まつもと・こうしろう)さんによるリモートでのメッセージ、シマダさんとロゴマークのフォトセッションなど、撮影日:2020(令和2)年8月25日、撮影場所:大阪市北区

    撮影: 2020(令和2)年8月25日

  • 00:50.02
    2020年07月22日
    「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備

    中国の設標船「海巡173」号が22日、交通運輸部南中国海航海保障センター広州航標処に正式配備された。同船は排水量2228トンと大型で、中国の交通運輸システムのうち南中国海海区で最も先進的な装備を備えた船となっており、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)および南中国海海区におけるブイの設置と保守・整備に充てられる。全長73・3メートル、幅14メートル、設計速度15ノット、航続距離5千カイリで、自動船位保持機能「DP-1」を備えている。衛星測位システム「北斗」を搭載し、北斗地上強化システムから送信される差動補正信号を受信することで、測位精度を1メートル以内に抑えることが可能。「北斗」ショートメッセージ通信機能もサポートしており、船舶の静的・動的データを船舶管理プラットフォームに伝送することもできる。同船はまた、中国の西沙・南沙群島水域の灯台や灯浮標(照明機能を備えたブイ)、ブイなどの航路標識を重点的に巡回検査・整備することで、南中国海における航行への保障能力を向上させる。(記者/田建川)<映像内容>中国の設標船が南中国海航海保障センターに配備、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.52
    2020年07月21日
    空撮 延期の五輪23日で開幕1年前 国立競技場

    新型コロナウイルスの感染拡大により、前例のない延期となった東京五輪は、23日で開幕まで1年。世界的に感染が収まらない状況などを踏まえ、大会組織委員会は大勢の人を集める祝賀行事は実施しない。来夏に開会式が行われるメインスタジアムの国立競技場で、式典開始時刻の午後8時から、選手へのエールと、大会を支える人々への感謝や敬意を込めたメッセージを、動画で世界に向けて発信する。<映像内容>東京都内の国立競技場の空撮、撮影日:2020(令和2)年7月21日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年7月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.67
    2020年07月19日
    大雨で傷の桃に思わぬ反響 和歌山、農園が格安販売

    7月上旬から続いた大雨などの悪天候で被害を受けた和歌山市の桃農園が、傷んだ白桃の格安販売を会員制交流サイト(SNS)で告知したところ、行列ができるほどの思わぬ反響を呼び、3日間で約2千個が売れた。農園を営む山本康平さん(29)は「初めて会った人たちが私たちの苦労をねぎらってくれた。その日の販売分が売り切れても『(売れて)よかったですね』と笑顔で帰っていく。不思議な気分だけど、勇気づけられた」と笑顔を見せた。山本さん方は和歌山市奥須佐で長年続く農家。農園では収穫の時期を迎えた桃が、梅雨前線による長期間の大雨に加え強風にも見舞われ、皮がただれたり実に傷が付いたりした。枝から落ちてしまったものもあった。10日朝に収穫した桃の約9割が傷物で「農業をやめようとさえ思った」と絶望した。ところが、桃の画像とともに「9割が傷物になりショックで呆然。直売所に買いに来て頂けたら。5~6玉を500円で販売」とのメッセージをツイッターに投稿すると、瞬く間に拡散。1時間後には直売所の前に行列ができ、10日だけで約60組、週末には1日200組ほどの来客があった。近畿だけでなく愛知県や三重県から訪れる人もいた。「これを機に、同様に被害を受けた他の桃農家も支援してほしい」と山本さん。傷の付いた桃の格安販売を8月中旬まで続ける予定だ。<映像内容>山本康平(やまもと・こうへい)さん(青い長袖シャツの男性)が営む桃農園の様子。大雨や強風で皮がただれたり実に傷が付いたりした桃。直売所に桃を買いに来た客とのやりとりなど、撮影日:2020(令和2)年7月19日、撮影場所:和歌山市

    撮影: 2020(令和2)年7月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.32
    2020年06月30日
    ももクロが交通ルール訴え 警視庁が出動式典

    警視庁は30日、東京・霞が関の同庁本部で白バイやパトカーが出動する式典を開いた。新型コロナウイルスの影響で減った車の量が戻り始め、交通ルールの順守を呼び掛けるのが狙い。交通安全広報大使の人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」がPRした。 白バイ隊員もマスク姿で、ももクロメンバーが「世界一の交通安全都市TOKYOを目指して出動!」と号令をかけると、次々と出動した。<映像内容>警視庁外観、出動式、ももクロ号令、メッセージ、交通部の坂口拓也部長の訓示など、撮影日:2020(令和2)年6月30日、撮影場所:東京都霞が関の警視庁本部

    撮影: 2020(令和2)年6月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:41.03
    2020年06月18日
    犠牲女児悼み安全誓う 大阪北部地震2年

    最大震度6弱を観測した大阪府北部地震から2年となった18日、ブロック塀が倒壊し、4年生だった三宅璃奈(みやけ・りな)さん=当時(9)=が下敷きになって死亡した同府高槻市立寿栄(じゅえい)小で、浜田剛史(はまだ・たけし)市長や佐藤美恵(さとう・みえ)校長らが正門前に献花し、黙とうをささげた。佐藤校長は「時間が経過しても事故を忘れず、学校安全の充実に全力で取り組む」と誓った。 寿栄小ではプール脇にあったブロック塀が道路側に倒れた。現在は金属製フェンスに置き換わっている。 献花台や事故現場の近くに、色とりどりの花が供えられた。「もう6年生になりもうすぐ卒業です。これからも私はあなたのことを忘れません」と書いた同級生からとみられる手紙もあった。 <映像内容>寿栄小学校の外観、金属製フェンスに置き換えられた事故現場、高槻市の浜田市長と寿栄小の佐藤校長らによる献花と黙とう、献花台の花束、在校生からのメッセージ、佐藤校長のコメント読み上げ、高槻市役所で行われた浜田市長から幹部職員への訓示、浜田市長らの囲みなど、撮影日:2020(令和2)年6月18日、撮影場所:大阪府高槻市

    撮影: 2020(令和2)年6月18日

  • 01:35.46
    2020年06月03日
    北朝鮮で新学年スタート 小中高、コロナ予防徹底

    北朝鮮で3日、新型コロナウイルス感染予防のため休校していた全国の小中学校や高校が授業を再開、例年より2カ月遅れで新学年が始まった。北朝鮮は国内に感染者はいないとする一方、海外との往来遮断は継続、予防対策の徹底を呼び掛けている。首都平壌中心部の「創田通り」にある創田小学校では3日朝、校門で校医が生徒らの体温をチェック。校舎に入る前に手を消毒し、授業中も全員マスクを着けていた。創田通りは、金正恩朝鮮労働党委員長が最高指導者となって間もない2012年6月に再開発事業が完成した地区で、高層住宅が立ち並ぶ。創田小校内には金氏が視察したことを示すプレートが掲げられていた。<映像内容>平壌中心部の再開発地区、創田通り。新一年生が保護者らと登校、創田小学校の校門では校医が体温測定、校舎に入る前に消毒、手洗い、5年1組(数学の授業風景)と1年1組の2012年5月30日に金正恩朝鮮労働党委員長(当時は第1書記)が視察したことを示すプレート、小学校入学を祝うメッセージ、金正恩氏が視察した当時の写真と新学期初日は感染予防のためのマスク着用や手洗いの方法を指導など、撮影日:2020(令和2)年6月3日、撮影場所:北朝鮮平壌市の創田小学校

    撮影: 2020(令和2)年6月3日

  • 01:04.40
    2020年05月23日
    「新華社」貴州省が日本の友好交流地域にエール「心を一つに感染症に打ち勝とう」

    中国貴州省外事弁公室はこのほど、新型コロナウイルス感染症の発生以来、友好交流地域の群馬県や佐賀県などにサージカルマスクや手袋などの医療物資を寄贈し、互いを思いやり、困難を共に乗り越えてきたことを明らかにした。同省では、中日友好交流イベントに参加したことのある若者らが、中国人民対外友好協会の呼び掛けに応え、日本に向けた動画を撮影し、「心を一つに感染症に打ち勝とう」とエールを送った。(記者/楊焱彬、呉思)<映像内容>貴州省から日本へ医療物資の寄贈、応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:20.99
    2020年05月21日
    「新華社」山西省、海外の友好都市と共に新型コロナに立ち向かう

    中国山西省人民政府外事弁公室はこのほど、海外で新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大して以降、同省が友好省・州、友好協力パートナーおよび友好関係携締結予定先など世界44カ所の地方政府宛てに見舞いのメッセージを送ったことを明らかにした。同省は海外30の地方政府に対し、サージカルマスク76万9520枚、防護服4千着、保護ゴーグル100個、使い捨て手袋3200組、調合済みの顆粒中医薬(中国伝統医薬)200人分を寄贈した。同省人民政府外事弁公室アジア処の史国偉(し・こくい)処長によると、同省は日本と韓国の友好協力パートナー都市に寄贈を行ったという。埼玉県にはマスク3万枚と防護服千着、全羅南道にマスク2万5千枚と防護服千着を送った。また同弁公室欧州アフリカ処の蔚泉高(うつ・せんこう)処長は、ドイツのノルトライン・ベストファーレン州とイタリアのマントバ県、4月に入ってからはベラルーシのブレスト州にも適時支援を行い、医療用手袋やマスク、防護服、ゴーグルなどの医療物資を届けたと説明した。同省は今後さらに海外18の地方政府に対し、サージカルマスク31万5千枚の寄贈を予定している。(記者/原勳)<映像内容>新型コロナウイルスの対策物資を海外の友好都市に寄贈、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.95
    2020年04月27日
    空撮 砂浜に「STAY HOME」の文字 神奈川・湘南海岸

    新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼び掛けるため、日本サーフィン連盟などが27日、神奈川県の湘南海岸の砂浜に「#STAYHOME」の文字を描いた。<映像内容>片瀬海岸西浜の「STAY HOME」のメッセージなどの空撮、撮影日:2020(令和2)年4月27日、撮影場所:神奈川県藤沢市

    撮影: 2020(令和2)年4月27日

  • 00:22.78
    2020年04月14日
    「西日本新聞」園児たちが植えたチューリップ、心和むアートに

    「外出自粛で園児たちが、自ら植えた花を見に行くことができず残念がっています」。こんなメッセージが、西日本新聞「あなたの特命撮影班(あな特撮)」に届いた。園児が植えた花とは、福岡県直方市の春の風物詩「のおがたチューリップフェア2020」の花だ。今年24回目のイベントは、新型コロナウイルスの影響で中止に追い込まれ、心待ちにしていた園児たちのがっかりした様子が目に浮かんだ。 14日、会場となるはずだった同市の遠賀川河川敷の公園を訪ねた。関係者有志が集まり、見頃の過ぎた花を摘み取り「和」の字のチューリップアートを作っていた。昨秋、地元企業らとともに園児たちが1カ月かけて植えた球根の花も含まれているという。これまでも、来場者に対し感謝の気持ちを込めてハート形のアートを作ってきたが、関係者によると「今年は例年にない不安と緊張の日々。少しでも心和やかになれば」との思いから「和」に決まった。市商工観光課の福本裕子さん(32)は「何げない平和な日常が早く戻るよう、この願いが届いてほしい」と話した。作品は16日ごろまで見物できる、撮影日:2020(令和2)年4月14日、撮影場所:福岡県直方市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年4月14日、福岡県直方市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:05.28
    2020年04月10日
    愛知県が独自の緊急宣言 外出・移動自粛を要請

    愛知県の大村秀章知事は10日午後、県庁で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染拡大を受けて県独自の緊急事態宣言を発令した。県民に対して不要不急の外出、移動の自粛を要請し、密閉、密集、密接の「三つの密」を徹底的に避けるよう呼び掛けることが柱。適用期間は5月6日まで。愛知県が改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府の緊急事態宣言の対象から外れたことから、感染拡大防止に向けて県民に強いメッセージを打ち出す狙いがある。<映像内容>①愛知県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議の様子。大村知事による緊急事態宣言発出についての発言。(10日午後1時~同1時45分ごろ、愛知県庁で撮影)②大村知事の記者会見。質疑応答。(10日午後2時~同3時ごろ、愛知県庁で撮影)、撮影日:2020(令和2)年4月10日、撮影場所:愛知県名古屋市の愛知県庁

    撮影: 2020(令和2)年4月10日

  • 02:25.54
    2020年04月08日
    Message on wheels: India‘s ‘corona-car‘ aims to accelerate awareness

    A man in Hyderabad has manufactured a single-seater vehicle that‘s shaped like the coronavirus under the microscope to spread awareness about COVID-19 among Indians.“I‘ll take this on the road and show the people the dangers of the coronavirus,“ says Sudhakar Yadav. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年4月8日、撮影場所:インド・ハイデラバード 、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:57.11
    2020年04月06日
    「緊張感高めるメッセージに」 大阪市の松井市長

    大阪市の松井一郎(まつい・いちろう)市長は、市役所で記者団の取材に「緊張感を高めるメッセージにはなるが、強制的に行動を止めることにはならないので、一人一人の自覚ある行動に期待するしかない」と述べた。一方で、宣言が経済に及ぼす影響を懸念。「企業活動を止める根拠にはなる。国はまず融資制度を充実させ、その後に公平な補償制度をつくるべきだ」と求めた。<映像内容>記者団に対応する大阪市の松井市長、市役所の外観、撮影日:2020(令和2)年4月6日、撮影場所:大阪市北区の大阪市役所

    撮影: 2020(令和2)年4月6日

  • 01:40.24
    2020年04月02日
    「新華社」中国政府の感染対策物資、モスクワに到着

    中国政府がロシアに寄贈した感染対策物資が2日、モスクワに到着した。在ロシア中国大使館によると、物資は総重量約25・5トンで、医療用マスクや防護服、医療用手袋、体温計、靴カバーなどを含む。物資を詰めた段ボール箱には「ウイルスを必ず打ち負かす、勝利はわれらの手に」と中国語とロシア語で書かれたメッセージが添えられている。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した馬雲公益基金会と同グループのアリババ公益基金会は3月、ロシアにマスク100万枚と検査キット20万セットを寄贈した。これより前の2月、ロシア政府は中国に感染対策専門家代表団を派遣し、武漢市にマスク200万枚を含む医療支援物資23トンを発送していた。(記者/張若玄)<映像内容>中国政府の支援物資がモスクワに到着、撮影日:2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.25
    2020年03月30日
    「新華社」「世界は一つ」演出家、宮本亜門氏が応援メッセージ

    日本の演出家、宮本亜門氏がこのほど、新型コロナウイルスの感染に立ち向かう世界や中国、日本の人々に応援メッセージを寄せた。<映像内容>宮本亜門氏の新型肺炎に関する応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 00:37.77
    2020年03月30日
    「新華社」小説家の山本一力氏、中国に応援メッセージ

    日本の小説家、山本一力氏はこのほど、新型コロナウイルスの感染に立ち向かう中国に応援メッセージを寄せた。<映像内容>山本一力氏の新型肺炎に関する応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 00:44.40
    2020年03月28日
    「新華社」路線バスのデザインを一新、イタリアにエール送る浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の杭州公共交通集団はこのほど、同市を走る「1314路」バスのデザインを一新した。イタリアで猛威を振るう新型コロナウイルスの感染の現状に心を痛める中国人の思いを伝え、同ウイルスと闘うイタリアの人々にエールを送っている。イタリアの国旗の赤・白・緑の三色をベースとした車体には、中国語とイタリア語で書かれた「イタリア頑張れ!」というメッセージと、歌劇「トゥーランドット」の歌詞「おお、夜よ去れ!夜明けと共に私は勝つ!」が新たに加わった。さらに、同市の西湖に浮かぶ島、三潭印月やローマのコロッセオなどの景勝地も描かれている。「1314路」バスの最初の運行は、昨年の七夕の日から始まった。杭州市とベローナの二つの古都の友好都市締結を記念するために運行された同バスは、古く長い歴史を持つ両国の友情を表している。(記者/王俊禄、崔力)<映像内容>イタリアにエールを送るデザインに変更したバス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:34.95
    2020年03月18日
    「新華社」四川博物院が一般開放を再開中伊共催の展覧会が人気

    新型コロナウイルスによる肺炎の流行により、1カ月以上休館していた中国四川省成都市の四川博物院が18日、一般公開を再開した。同博物院とイタリアのパエストゥム考古学遺跡が共同開催する展覧会「地中海を彩色画で描く:ある古代都市の文明と幻想」も再開し、多くの来場者が訪れた。同展覧会は昨年11月26日に開幕、イタリアのパエストゥム考古学遺跡で出土した精巧な文物134点が展示され人気を集め、開館中には約5万人が見学に訪れた。新型肺炎の拡大を受け、同博物院は1月25日から臨時休館を決めた。展覧会はインターネット上に会場を移して公開され、約100万人のネットユーザーがイタリア文物を「オンライン鑑賞」した。鑑賞者は「感染終息後に再訪し地中海文明を楽しみたい」「このような素晴らしい文明を創造したイタリアの人々は、必ず感染との闘いに勝利できると信じている」などのメッセージを残した。中国では現在、新型肺炎の流行ピークが過ぎ、博物館など公共の文化施設は入場制限を設け、感染予防・抑制措置を講じながら徐々に再開している。しかし同展覧会は、引き続きしばらくの間、閉鎖されている。中国とイタリアは今年、国交樹立50周年を迎える。長い歴史を持つ二つの文明の「対話」は両国民間の相互理解と友情の促進を後押しする。両博物館の友好的な協議により、2月26日までだった会期が5月10日まで延長された。(記者/張超群、童芳)<映像内容>四川博物院が一般公開を再開、撮影日:2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.69
    2020年03月17日
    「新華社」浙江省からの医療物資、ミラノに向け出発

    中国浙江省がイタリアの新型コロナウイルス感染症対策支援で寄贈する医療物資9トンを乗せたトラック3台が17日、上海浦東国際空港に向かった。トラックの車体には「相知無遠近、万里尚為隣(相知には遠近なく、万里なお隣たり)」「浮雲遊子意、明月故郷情(浮雲遊子の意、明月故郷の情)」との心の込もったメッセージが掲げられた。医療物資は18日、浙江省の医療専門家チームと共にミラノに向けて出発した。浙江省がイタリアに寄贈する緊急医療・救急用品は、人工呼吸器やモニター、2チャンネル輸液ポンプなどの集中治療室(ICU)用の設備各30セット、携帯型カラードプラ超音波診断装置2セット、臨床検査試薬6万人分、防護物資、一般的医薬品などで、重さは計9トンに上る。既に同国に到着している防疫用品26・4トン分を加えると、同省は計35・4トンの支援物資でイタリアの感染症対策を後押ししている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>浙江省からミラノへ医療物資を送る様子、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:51.68
    2020年03月02日
    「新華社」アリババ創業者の馬雲氏、マスク100万を日本に寄付

    中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した「馬雲公益基金会」と同グループの「アリババ公益基金会」は2日午後、微博(ウェイポー)を通じて、マスク100万枚を日本に寄付すると発表した。両基金会は中国のSNS「微博(ウェイボ)」で「出発!マスク100万枚が今日、日本に向かう。必要とする人の助けになることを望む。アリババの気持ちだけでなく、大勢の中国人の気持ちだ。日本の状況が好転するように!中国の状況が好転するように!」とメッセージを投稿した。マスクは両基金会が多方面から緊急に調達した。日本到着後は一般社団法人医療国際化推進機構(IMSA)の二階俊博名誉理事長を通じて、物資を必要とする部門へ送られる。1日夜に浙江省嘉興市を出発した物資は、既にアリババの物流子会社「菜鳥網絡(CAINIAO)」の上海倉庫に到着しており、3日未明にも日本に向け空輸される。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、日本政府と社会各界は続々と援助の手を差し伸べ、大量のマスクや防護服などの医療物資を寄付した。馬氏は微博で「青山一道、同担風雨(同じ山を見る近隣同士、共に風雨に耐えよう)。全てがすぐに良くなると信じよう」とメッセージを送った。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>マスクをつけた人々、病院の様子など、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.74
    2020年03月02日
    「新華社」アリババ創業者の馬雲氏、マスク100万を日本に寄付

    中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した「馬雲公益基金会」と同グループの「アリババ公益基金会」は2日午後、微博(ウェイボー)を通じて、マスク100万枚を日本に寄付すると発表した。両基金会は中国のSNS「微博(ウェイボ)」で「出発!マスク100万枚が今日、日本に向かう。必要とする人の助けになることを望む。アリババの気持ちだけでなく、大勢の中国人の気持ちだ。日本の状況が好転するように!中国の状況が好転するように!」とメッセージを投稿した。マスクは両基金会が多方面から緊急に調達した。日本到着後は一般社団法人医療国際化推進機構(IMSA)の二階俊博名誉理事長を通じて、物資を必要とする部門へ送られる。1日夜に浙江省嘉興市を出発した物資は、既にアリババの物流子会社「菜鳥網絡(CAINIAO)」の上海倉庫に到着しており、3日未明にも日本に向け空輸される。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、日本政府と社会各界は続々と援助の手を差し伸べ、大量のマスクや防護服などの医療物資を寄付した。馬氏は微博で「青山一道、同担風雨(同じ山を見る近隣同士、共に風雨に耐えよう)。全てがすぐに良くなると信じよう」とメッセージを送った。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>アリババグループの創業者である馬雲氏が日本にマスク100万枚を寄付、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:59.59
    2020年02月26日
    「新華社」ベトナムの若者が中国語の歌「武漢頑張れ」制作新型肺炎との闘いを応援

    中国の新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に世界各国の人々が注目している。中国語を学ぶベトナムの若者2人はこのほど、湖北省武漢市や中国全体の幸せを願う気持ちを歌った「武漢頑張れ」という曲を制作。在ベトナム中国大使館の協力の下、ミュージックビデオも完成させ、新型肺炎との闘いに力を注ぐ全ての中国人にささげた。歌詞は「笑顔を忘れないで、春の愛はもう芽を出している、苦楽を乗り越え、日の光が差し込む」というメッセージを伝えている。(記者/王迪、黄碩)<映像内容>ベトナム人が中国語の歌を制作、新型肺炎関連の映像が使われたミュージックビデオ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.10
    2020年02月22日
    「新華社」創価学会の原田稔会長、中国に応援メッセージ

    日本の創価学会の原田稔会長がこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に応援メッセージを寄せた。<映像内容>創価学会の原田稔会長が中国に応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.68
    2020年02月21日
    「新華社」長崎県国際課から中国に応援メッセージ

    長崎県国際課の職員がこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国への応援メッセージを寄せた。<映像内容>長崎県国際課の職員が中国に応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 00:33.92
    2020年02月19日
    「新華社」大平正芳元首相の孫娘・渡辺満子氏、中国に応援メッセージ

    日本の大平正芳元首相の孫娘で、日中映画祭実行委員会副理事長の渡辺満子氏がこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対し、「中国頑張れ!武漢頑張れ!」と応援メッセージを送った。<映像内容>大平正芳元首相の孫が中国に応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:57.10
    2020年02月19日
    「新華社」新型肺炎対策とともに進む田植え準備江西省南昌市

    立春を過ぎて気温が上がり、農作業に取り掛かる時期が巡ってきた。中国江西省南昌市の各郷・鎮の政府や農業部門は連日、互いに連携して新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止に取り組むとともに、早稲(わせ)品種の田植え準備を積極的に進めている。(記者/黄和遜)<映像内容>農作業の様子、「中国加油」などのメッセージを掲げた自動車、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.24
    2020年02月19日
    「新華社」静岡県の川勝平太知事、中国へ応援メッセージ

    静岡県の川勝平太知事が19日、中国に応援メッセージを寄せた。<映像内容>静岡県の川勝平太知事が中国に応援メッセージ、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:47.67
    2020年02月18日
    「新華社」「世界のスーパーマーケット」義烏市の日用雑貨卸売市場、営業再開

    世界最大の日用雑貨卸売市場として知られる中国浙江省義烏市の義烏国際商貿城が18日午前9時、春節(旧正月)休暇後の営業再開初日を迎えた。「生意興隆」(商売繁盛)のメッセージを掲げた商貿城では、念入りな清掃と殺菌消毒、思いやりを込めたアルコール手指消毒剤やマスクの準備が進められ、健康検査に通った業者1万人以上が、世界中のバイヤーを出迎える準備が出来ている。(記者/屈凌燕、魏一駿、鄭夢雨、宋立峰、李濤)<映像内容>浙江省義烏市にある世界最大の日用雑貨卸売市場が営業再開、撮影日:2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:18.85
    2020年02月17日
    「新華社」アントニオ猪木氏、中国へ応援メッセージ

    日本の元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木氏が17日、中国に応援メッセージを寄せた。元プロレスラー・前参議院議員アントニオ猪木氏新華網の皆さん、中国の皆さん、こんにちは。今は大変なことになっておりますけど、それぞれがしっかりと心を強く持って、これに立ち向かって、一日も早く終結するように「武漢加油!中国加油!」。<映像内容>アントニオ猪木氏が中国へ応援メッセージ、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:21.24
    2020年02月17日
    「新華社」群馬県山本知事、中国へ応援メッセージ

    群馬県の山本一太知事がこのほど、中国に応援のメッセージを送った。群馬県山本一太知事中国の皆さん。<映像内容>群馬県の山本一太知事が中国へ応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:56.15
    2020年02月17日
    「新華社」長崎県からのメッセージ「崎嶇路長情在」に込めた思い

    日本の長崎県から中国を支援するために送られた感染症予防・抑制物資の入った箱には「崎嶇路長情在」(険しい道にあっても、長崎の友情は共にある)というメッセージが添えられていた。今回の援助物資発送を発起、手配した長崎県貿易協会上海代表所の黒川恵司郎所長がこのほど、「崎嶇路長情在」が祈りの言葉であり、どれほどの思いやりの気持ちが込められているかを語った。黒川氏は同事務所所長に着任して約3年になる。黒川氏は、長崎県と中国の福建省、湖北省および上海市は長年にわたって友好関係を築いており、同県の長崎市は福建省福州市および広東省中山市と、大村市は上海市閔行(みんこう)区と、佐世保市は遼寧省瀋陽市および福建省アモイ市と友好都市関係を築いていると説明。同県には多くの華僑・華人が暮らしており、中国とは経済・貿易・観光関係や人的交流が非常に密接だとした上で「中国で発生した感染症に対して支援を行うのは当然のことだ」と述べた。長崎県および県内各市は連携し、地元医療機関の同意を得て地元での緊急需要に影響しないよう配慮した上で、備蓄倉庫に保管していた医療用のマスク10万2千枚、防護服4万着、手袋8万組、全面防護マスク3万個、ゴーグル1万個を調達した。これらの支援物資は、主に今回の感染症の中心となっている湖北省へ送られ、一部は友好関係にある省や市に送られる。この他、大村市と佐世保市が、それぞれ友好関係にある中国の都市に、長崎県立大学は国際交流協定締結校である湖北大学にマスクを送っている。黒川氏は「崎嶇路長情在」というメッセージは中国の古典詩から取ったものではなく、長崎県民と同県内で働く中国人の触れ合いの中から生まれた心の声だとした上で「長崎県と中国の交流には長い歴史があり、日本と中国の一衣帯水の関係の縮図ともなっている。このメッセージには、今回の感染症の状況が1日も早く終息し、日中両国間の交流が平常通り回復することへの希望が込められている」と語った。(記者/呉宇、丁汀)<映像内容>長崎県から中国に支援物資を発送、長崎県貿易協会上海代表所の所長のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.03
    2020年02月16日
    「新華社」参議院議員の松下新平氏、中国に応援メッセージ

    日本の自民党財務金融部会長で参議院議員の松下新平氏は16日、中国に応援メッセージを送った。<映像内容>参議院議員の松下新平氏がモアイ像の前から中国へ応援メッセージ、撮影日:2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.27
    2020年02月14日
    「新華社」ペレイラ駐中国キューバ大使、中国に応援メッセージ

    新型コロナウイルスによる肺炎との闘いに立ち向かう中国に対し、キューバのペレイラ駐中国大使がこのほど、中国語で応援メッセージを送った。<映像内容>キューバのペレイラ駐中国大使が中国語で応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:06.12
    2020年02月13日
    「新華社」日本中国友好協会、中国へ応援メッセージ

    日本中国友好協会の役員らがこのほど、同協会を通じて新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策に取り組む中国に大量の防護物資を送り、協会の岡崎温理事長、西堀正司専務理事、常務理事の永田哲二、上島保則、大藪二朗の各氏が中国に応援のメッセージを届けた。<映像内容>日本中国友好協会の役員らが中国へ応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.36
    2020年02月12日
    「新華社」障害者が新型肺炎と戦う医療スタッフにアヒルの卵を寄贈江西省

    「アヒルの卵を100個寄付したい」「私は口の利けない障害者で、微信でしか連絡を取れないことをお許しください」。中国江西省萍郷(へいきょう)市蓮花県高洲郷の愛心ボランティア協会の職員がこのほど、チャットアプリの微信(ウィーチャット)で上記のようなメッセージを受け取った。メッセージの送り主、厳暉(げん・き)さんは同郷厳家村の貧困家庭。同郷の医療スタッフが新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策の第一線で奮闘する姿を目にした厳さんは、休みなく働く医療スタッフのために、自身が飼育しているアヒルの卵100個の寄贈を決めた。(記者/陳毓珊、姚子雲)<映像内容>医療スタッフにアヒルの卵を寄付する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.96
    2020年02月12日
    「新華社」「私たちは中国と共にある」世界各地の芸術家が応援動画を届ける

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する中、中国在住でスコットランド出身の俳優、ビンス・ビルさんが発起人となり、親子ミニシアター「小不点大視界(THEARTSPACEFORKIDS)」を通して、世界中から中国への応援メッセージを募った。同劇場が英語で呼びかけメッセージを発信すると、48時間も経たないうちに13カ国61人の芸術家や海外の友人が、世界各地から新型肺炎と戦う中国を励まし、武漢を応援する短編動画を撮影し、「クラウドリレー」でつないだ。ほとんどの動画には「私たちは中国と共にある(Wearewithyou,China!)」という一言が添えられている。呼びかけメッセージは次のように述べている。2020年は中国にとって特殊な形で始まりました。私たちは中国政府が可能な限り早く感染を制御できると信じています。どうか私たちに、あなたの思いやりと信頼、希望を分けて下さい。もし今、10秒程度の短編動画の撮影が可能なら、「頑張れ、中国」「私たちは中国と共にある」という気持ちを声に出すか、示して頂ければ幸いです。喜んでその前向きなメッセージを、最前線でウイルスと戦っている人々に伝えたいと思います。同シアターの創始者、陳忌譖(ちん・きしん)氏は「新型肺炎の発生以来、誰もが自宅にとどまり、常に感染の拡大を注視している。武漢の最前線に行って何かできるわけではないが、家からでも何かしたいと思っている。一緒に武漢を応援したい」と述べた。また陳氏は、1日に正式な呼びかけを発信して以降、48時間も経たないうちに予想以上の多くの励ましのメッセージ動画が届いたと紹介し、「7日までに他にも多くの海外の友人から動画が届いている」と語った。(記者/魏聖曜、王歓)<映像内容>世界中の人々が武漢を応援するメッセージ動画、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.54
    2020年02月12日
    「新華社」日本の横井裕駐中国大使、中国へ応援メッセージ

    新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対して、日本の横井裕駐中国大使は12日、応援のメッセージを送った。<映像内容>日本の横井裕駐中国大使が中国へ応援メッセージ、撮影日:2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:41.68
    2020年02月12日
    「新華社」立憲民主党近藤昭一氏、中国に応援メッセージ

    新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対し、日本の立憲民主党元副代表で衆議院議員の近藤昭一氏がこのほど、「中国頑張れ!武漢頑張れ!」との応援のメッセージを送った。<映像内容>衆議院議員である近藤昭一氏の中国に向けた応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:19.08
    2020年02月12日
    「新華社」長崎県大村市役所職員、中国へ応援メッセージ

    長崎県大村市役所の職員がこのほど、中国に応援のメッセージを送った。<映像内容>長崎県大村市役所が中国へ応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:15.23
    2020年02月12日
    「新華社」日中新時代研究センター竹内理事、中国へ応援メッセージ

    新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対して、日中新時代研究センターの竹内秀典理事はこのほど、「中国加油!武漢加油!」(中国頑張れ!武漢頑張れ!)と書かれたボードを手に応援のメッセージを送った。<映像内容>新型肺炎に立ち向かう中国へ応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 00:34.43
    2020年02月10日
    「新華社」長崎県大村市長、中国へ応援メッセージ

    長崎県大村市はこのほど、中国上海市閔行(みんこう)区に1万5千枚のマスクを送り、同市の園田裕史市長が中国に応援のメッセージを届けた。<映像内容>園田裕史市長の中国に向けた応援メッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:28.44
    2020年02月09日
    「新華社」岡山市、友好都市の洛陽市にN95マスク2万個を寄贈

    岡山県岡山市が友好都市の河南省洛陽市を支援するために寄贈した2万個のN95マスクが9日午後、中国河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港に到着した。マスクを詰めた箱には「頑張れ中国!頑張れ洛陽!岡山市民が応援しています!」とのメッセージが添えられていた。これらの感染対策物資は速やかに通関を終えると、車で洛陽市に運ばれて、現地の感染予防・抑制作業に使われる。(記者/楊静)<映像内容>岡山市が友好都市の洛陽市にマスクを寄贈、撮影日:2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

  • 03:59.75
    2020年02月05日
    「新華社」鳩山氏、武漢に物資寄贈直筆の「山川異域風月同天」添える

    日本の鳩山由紀夫元首相が中国に寄贈した新型コロナウイルスによる肺炎の対策物資が14日、湖北省武漢市の華中科技大学同済医学院付属協和医院に到着した。同校出身で武漢美聯集団(ミッドランドホールディングス)董事長の呉文剛(ご・ぶんごう)氏が鳩山氏に代わり物資を届けた。同校党委員会の邵新宇(しょう・しんう)書記は鳩山氏と呉氏に感謝の意を表明。「艱難に遭って始めて真の友を知る」と言うが、感染防止の肝心な時期の国際社会と校友企業からの支援は、雪中に送られる炭のように暖かく、励まされると述べた。鳩山氏はかねてから中国の新型肺炎を案じており、呉氏を通じてマスクや手袋、防護服など第1陣の支援物資を協和医院に寄贈した。物資には最前線で働く人々やウイルスとの闘いの最中にある中国の友人たちに宛てて鳩山氏が記した「山川異域風月同天(住む場所は異なるが風や月などの自然は繋がっている)」の書も添えられた。中国の人々のウイルスとの闘いでの勝利を願う応援メッセージの動画も発信し、引き続き物資を集めて中国に寄贈する意向を示した。(記者/李偉)<映像内容>鳩山元首相が中国に応援メッセージ、直筆の「山川異域風月同天」、撮影日:2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.99
    2020年01月25日
    「新華社」伝統的なダンスも披露フィジーの土産物店で春節イベント開催

    南太平洋の島国フィジーの首都スバの中心部にある土産物店「JACK'SOFFIJI」で25日夜、庚子(かのえね)年の春節(旧正月)を祝うイベントが開かれた。会場では商品購入者を対象とした抽選大会が行われたほか、フィジーに古くから伝わる伝統的な歌とダンス「メケ」も披露された。また、イベントに参加した複数のチェーンストアのオーナーたちが、中・英2カ国語で中国の人々に新春の祝賀メッセージを送った。(記者/張永興)<映像内容>フィジーの土産物店で春節を祝うイベント開催、歌やダンスの様子、撮影日:2020(令和2)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.02
    2020年01月13日
    甲子園球場に新成人の笑顔 初開催、ジェット風船舞う

    兵庫県西宮市の成人式が13日、甲子園球場(同市)で開かれ、振り袖やスーツ姿の新成人たちが同級生との久しぶりの再会を喜んだ。成人式が同球場で開かれるのは初めて。バックネット裏での式後、甲子園を本拠地とするプロ野球阪神タイガース戦の名物「ジェット風船」が快晴の空を舞い、笑顔があふれた。西宮市によると、市の新成人は約5300人で、式には約3700人が参加。石井登志郎市長は式で「つらいことが目の前にやってきた時は、クラスメートや先生のこと、白球を追い掛ける甲子園球児の姿を思い出し、挑戦する勇気を持って頑張ってほしい」と話した。<映像内容>甲子園の外観、甲子園の入り口前で記念撮影をする新成人、成人式の雑観、西宮市の石井登志郎市長の式辞、球場のメインビジョンで流された阪神タイガースの矢野燿大監督のビデオメッセージ、代表5人が交代で読み上げた新成人の言葉、ジェット風船を飛ばす参加者、撮影日:2020(令和2)年1月13日、撮影場所:兵庫県西宮市

    撮影: 2020(令和2)年1月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.91
    2020年01月06日
    「新華社」窓に「SOS」?ご近所さんの勘違いでとんだ大騒ぎに

    中国貴州省貴陽市でこのほど、集合住宅の向かいの建物に「SOS(=助けて)」のメッセージが張られた窓が見えるとの110番通報があり、複数の警察官が急いで救助に向かった。ところが、駆け付けた警察官を待ち受けていたのは「とんだ勘違い」という結末。窓に張られていたのは「SOS」ではなく、数字の「202」だったのだ。この家に住む女性によると、新年を前に数字の形をした風船を組み合わせ、窓に「2020」と飾ったつもりだった。それがいつの間にか最後の「0」が落ちて「202」になっていた。女性は警察官に促され、この紛らわしい窓の飾り付けを全て取り外した。(記者/呉斯洋、肖艶)<映像内容>SOSにみえる窓の飾りを撤去する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:08.79
    2019年12月18日
    ノーベル賞の吉野さん、万博協力依頼に抱負

    ノーベル化学賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰さんが18日、理事長を務める研究機関がある大阪府池田市で記者会見した。2025年に開催される大阪・関西万博でアドバイザーを依頼されていることを明かしたうえで「環境問題にそろそろ答えが出そうな時期に開かれる大阪万博は、世界に対して大きなメッセージを出す大きなチャンス。できるかぎりのことをしていきたい」と意気込みを語った。<映像内容>技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センターの理事長として会見する吉野彰さん、ノーベル賞のメダルをかたどったチョコレートを手にフォトセッションに応じる吉野さん、撮影日:2019(令和元)年12月18日、撮影場所:大阪府池田市

    撮影: 2019(令和元)年12月18日

  • 01:31.75
    2019年12月17日
    KISSが有馬記念PR隊長に就任

    来日中のロックバンドKISSが、公演のために訪れた大阪で17日、競馬の有馬記念の関西地区PR隊長に就任した。22日に東京の中山競馬場で開催される有馬記念に向けてコラボイベントを展開、関西からの盛り上げを図る。今回のPR隊長就任は、ことし70周年を迎えた阪神競馬場(兵庫県宝塚市)がKISS側に要請。メンバー最年長でベーシストのジーン・シモンズさんが今年8月に70歳を迎えた縁もあり、異例のコラボが実現したという。<映像内容>コラボグッズなどの物撮り、メンバーの登場シーン、大阪公演への意気込みと初来日した当初の思い出を語るメンバーのポール・スタンレーさん、PR隊長に就任した経緯を語るジーン・シモンズさん、優勝予想馬のアーモンドアイのパネルを手にするメンバーのトミー・セイヤーさん、有馬記念に向けて日本語でメッセージを述べるジーン・シモンズさん、フォトセッションなど。17日午後5時ごろから午後5時半ごろにかけて大阪市西区の京セラドーム大阪で撮影<映像内容>、撮影日:2019(令和元)年12月17日、撮影場所:大阪市西区

    撮影: 2019(令和元)年12月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.02
    2019年12月09日
    中村さん、遺族と帰郷 福岡空港に到着

    アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さんの遺体が9日朝、遺族と共に福岡空港に到着した。中村さんは福岡県大牟田市に自宅がある。同会によると、11日に福岡市の斎場で告別式が執り行われる予定。福岡空港ではペシャワール会関係者らが出迎えた。九州在住のアフガン人らも花や中村さんの顔写真を手に集まり、貢献に謝意を示した。<映像内容>遺体を迎えに来た九州在住のアフガニスタン人ら、メッセージ、インタビュー、遺体を載せた日航機の到着、村上優会長の記者会見、撮影日:2019(令和元)年12月9日、撮影場所:福岡県福岡市 福岡空港

    撮影: 2019(令和元)年12月9日

  • 01:21.68
    2019年11月12日
    59回ミス・インターナショナル世界大会

    2019年のミス・インターナショナル世界大会が12日、東京都内で開かれ、タイ代表の薬剤師、シリートン・リアラワットさん(25)が優勝した。リアラワットさんは「人生の中で常に、自分を改善しようと頑張ってきました。世の中の全ての女性に、努力をすれば夢はかなうというメッセージを発信していきたい」と語った。ミス・インターナショナルは世界の三大ミスコンの一つとされ、59回目の今大会には、82の国と地域の代表が出場した。日本代表は、故岡田真澄(おかだ・ますみ)さんの長女で大学生の岡田朋峰(おかだ・ともみ)さん(21)=東京都出身=が出場した。<映像内容> 審査風景、発表、雑観、撮影日:2019(令和元)年11月12日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年11月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.95
    2019年11月02日
    京アニ事件、犠牲者を追悼 京都、関係者ら参列

    京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者36人を追悼する「お別れ そして志を繋ぐ式」が2日、京都市左京区の京都市勧業館「みやこめっせ」で開かれ、国会議員や業界関係者らが参列した。会場には祭壇を設置。事件現場近くの献花台などに寄せられた折り鶴や色紙を提示するエリアも設けられた。「すてきな作品をありがとう」「京アニ頑張れ」などファンからの激励のメッセージが掲げられ、英語や中国語のものもあった。<映像内容>「お別れ そして志を繋ぐ式」の様子、(黙とう、京都アニメーションの八田英明社長の報告、献花、会場雑観)、会場近くに掲示された激励のメッセージやイラストの物撮り、撮影日:2019(令和元)年11月2日、撮影場所:京都市左京区 みやこめっせ

    撮影: 2019(令和元)年11月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.19
    2019年09月11日
    「新華社」中国内地同胞が月餅700箱を贈り香港警察を支援

    「中秋節(旧暦8月15日)」は本来、家族が集まって過ごす中国の伝統的な祝日だが、香港警察はこの数カ月、社会の秩序を守るため昼夜を問わず持ち場を守り、家族と過ごす時間をとることもままならない。思いやりにあふれた中国内地の同胞が11日午前、インターネット上で自主的に寄付を募り、集まった20万元(1元=約15円)近くを使って700箱の月餅を購入した。広東省深圳市や福建省アモイ市などから代表者が香港を訪れ、自己を犠牲にして職務を全うする香港警察らに応援の気持ちを届けた。元朗警察の宿舎では、思いやりにあふれた贈り物を受け取った警官に笑顔が広がった。警官は同胞からの支持が香港警察にとって大きな励みになると語った。アモイ市から香港を訪れ、贈り物を届けた康さんは記者に対し、インターネット上でこの考えが発表されると、多くのネットユーザーがこの支援活動に参加したと語った。寄付やメッセージを通じて多くの人が香港警察に対する支持を表明し、この難しい局面が一日も早く過ぎ去るよう願っていると述べた。(記者/仇博、王斯班、杜瑞、劉展威)<映像内容>中秋節の月餅を香港警察に届ける様子、撮影日:2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.82
    2019年09月10日
    「新華社」中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始

    中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候に関わらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された二次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、これまでに200個近い荷物を配達した。市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(記者/王賢)<映像内容>スマート無人配達車の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:13.87
    2019年08月23日
    「新華社」国旗を掲げ安定を促す香港でタクシー運転手が暴力反対訴える

    中国香港特別行政区で23日夜、「守護香港大連盟(セーフガード香港)」が香港タクシー運転手従業員総会と共同で「愛国愛港(国を愛し香港を愛する)」というメッセージをアピールするため、「守護香港、風雨同舟(香港を守り、困難を共に切り抜ける)」大行動を行った。中国国旗を掲げ「我愛香港、我愛中国(香港を愛し、中国を愛する)」などのスローガンのステッカーを貼ったタクシー約600台が、香港島の筲箕湾と九竜半島の尖沙咀(チムサーチョイ)からそれぞれ出発し、香港島を回り、尖沙咀から観塘(クントン)、荃湾へ向かう主要道路を走行した。過激で暴力的なデモ行進が香港にもたらしている被害に抗議するため、香港のタクシー運転手たちはこうした方法で市民や観光客に香港の良いイメージをアピールし、香港社会に共同で暴力に反対し、早急に正常な秩序を回復するよう呼びかけた。タクシー運転手の曽(そう)さんは記者に対し「このところ発生している暴力事件のために、香港人は自由や安全が無くなり、私たちの仕事にも影響が出ている。最近は仕事がかなり減り、ストレスが大きい。皆、香港が早く秩序を取り戻すよう願っている」と語った。「守護香港大連盟」の招集者でスポークスマンの黄英豪(こう・えいごう)さんは、今回タクシーによる活動を起こしたのは、タクシー運転手たちが伝えるメッセージを通して、市民や観光客に香港の精神と良い風紀をアピールし、より多くの観光客を香港に誘致して、深刻な影響を被っている観光業を振興するためだと述べた。(記者/仇博、黄国保、姚羽、王斯班)<映像内容>デモが香港にもたらしている被害に抗議、国旗を掲げ走行するタクシーの様子、撮影日:2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.15
    2019年08月21日
    「新華社」蘇寧易購5G対応の自動運転配送車を導入

    中国の家電量販大手、蘇寧易購集団傘下の蘇寧物流はこのほど、江蘇省南京市江北新区の国際健康城で、高さ50センチほどの白い自動運転配送車の運用を開始した。障害物を自動的に回避し、交差点では自動的に道路を選択し、非常時は人が操作を代行するなど、高度な技術を持つ次世代移動通信システム(5G)対応の自動運転配送車は、同社スマートリテール分野の商品配送を担う。休日出勤した会社員の史さんがスマートフォンで注文すると、同じく蘇寧易購集団傘下のコンビニである蘇寧小店の店員、孫栄栄(そん・えいえい)さんは飲料を自動運転配送車に入れて暗証番号を設定し、配送車が店を出発した。わずか5分で、配送車は史さんの会社近くに到着。飲料到着のメッセージを受け取った史さんが配送車から飲料を受け取ると、配送車は「失礼します。私のことを覚えてくださいね」と話してその場を去った。蘇寧物流集団物流研究院の凌雲飛(りょう・うんひ)主任は、この5G対応自動運転配送車は、2018年4月に実証実験に成功した「臥竜一号」のアップグレード版だ。「臥竜一号」は現在、北京市、南京市、成都市で運用されていると述べた。凌主任によると、「第一世代の『臥竜一号』と比べ、今回の自動運転配送車は、自動運転性能が大きく向上し、交差点を独自に判断して通過できる。走行速度も速くなり、平均速度は時速8キロ、最高は時速15キロに達する。また、100メートル先の障害物を発見し、回避できる」という。自動運転配送モニタリングセンターでは、技術者が自動運転配送車の走行状態を確認している。凌主任は「自動運転配送車に何か問題が生じた場合や、長時間止まって動かない場合は、バックグラウンドプログラムが技術者に操作の代行を依頼する。帯域幅が広く、通信速度が速いという5Gの特性を活用し、人の操作によって障害を解決した後は、再び自動運転させることが可能」と述べた。モニタリングセンターでは今後、数百台の自動運転配送車をオペレートするほか、自動運転配送車がエレベーターやオートドアロックシステムといった複雑な場面に対応できるようにする予定だ。(記者/李雨沢)<映像内容>5G対応の自動運転配送車、走行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:42.74
    2019年08月14日
    「新華社」無人精算でゲートバーなし、雲棲小鎮の駐車場浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の雲棲小鎮(町)に、料金精算用通路のゲートバーをなくした最初の駐車場がある。この駐車場では、従来型の上下するゲートバーはなく、出庫の際にショートメッセージで車の所有者の携帯電話に請求書が送られ、その金額を利用者が後払いすることで、出口に行列して料金を支払うわずらわしさを解消した。このゲートバーのない駐車システムは、雲棲小鎮にある22カ所の駐車場の6459台分の駐車スペース全てを人工知能(AI)活用の都市交通管理システム「城市大脳(シティーブレーン)」に接続して運営されている。データ分析とスマート誘導によって、自動識別、自由な出入庫、無人支払い、ゲートバーなし駐車を実現した。試算によると、駐車の所要時間はゲートバー撤去前が平均23・4秒、バー撤去後は平均2・6秒となり、9分の1に短縮。運転手が駐車場所を見つけられない場合は、周辺駐車場のリアルタイムの空き位置通知を受け取ることもでき、ワンクリックで目的地まで誘導してもらえる。雲棲小鎮では今年4月30日、杭州城市大脳による「出庫後精算」という、ゲートバーなしの駐車料金支払いモデルを初めて実現した。杭州城市大脳の実証実験地区として同鎮は現在、デジタル技術実験区とデジタル魅力体験区、デジタル成果展示区の構築に注力し、デジタル経済の「第一の鎮」の建設に全力を上げている。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>携帯電話で精算するゲートバーのない駐車場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:06.66
    2019年08月06日
    「新華社」広島、原爆投下から74年平和記念式典開催

    広島市は原爆投下から74年を迎えた6日、平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)を行った。雨の中、犠牲者の遺族や市民ら約5万人が参列し、犠牲者を追悼するとともに、世界の恒久平和への誓いを新たにした。一方、会場付近には安倍晋三首相の式典参加に抗議する市民が集まり、安倍政権下での改憲阻止を訴えた。午前8時に始まった式典では、松井一実広島市長と遺族代表が、この1年間で死亡が確認された5068人の名前を書き加えた原爆死没者名簿を慰霊碑に納めた。原爆投下時刻の午前8時15分には「平和の鐘」が打ち鳴らされ、参列者全員が起立し1分間の黙とうをささげた。松井市長は平和宣言で、日本が参加していない核兵器禁止条約への署名・批准を政府に促し、核廃絶に向けて一歩踏み込んだリーダーシップを発揮するよう求めた。宣言後には、平和の象徴である白い鳩が空へと放たれ、広島市の小学生2人が子ども代表として「平和への誓い」を読み上げた。安倍首相は式典のあいさつで、日本政府が引き続き「非核三原則」を堅持することに言及したが、広島と長崎に原爆が投下されるに至った歴史的背景に触れることはなかった。安倍首相のあいさつの最中には、首相の式典参加に反対する市民らが会場付近で「戦争と改憲に反対」「憲法を守れ」などのスローガンを叫び、強く抗議した。国連のグテレス事務総長は式典に寄せたメッセージで、核軍縮は1946年に開かれた第1回国連総会の最初の決議テーマだったと説明。世界の指導者らに対し、この目標に向けて一層努力するよう呼び掛けた。原爆投下当時、爆心地の1・9キロ以内で生活していた田村さん(90)は新華社の取材に、「生存者はあまりいなかった。振り返ってみると、やはり平和が一番大切で、もうあのような悲惨な経験を二度としたくない」と訴えた。日本は世界で唯一の被爆国。侵略戦争を起こした日本の早期降伏を促すため、米軍は1945年8月6日と9日に、広島と長崎にそれぞれ原子爆弾を投下した。日本は長期にわたり、自らを第二次世界大戦で被爆した「被害者」であるとしてきたが、原爆投下に至った歴史的背景について語られることは少ない。(記者/彭純、郭丹、郭威)<映像内容>広島市の平和記念式典の様子、撮影日:2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.83
    2019年06月04日
    「新華社」「失恋博物館」に展示された恋愛の形見広西南寧市

    中国広西チワン族自治区南寧市でこのほど、複数の「失恋博物館」が相次いでオープンし、若い男女が訪れネットで人気の観光スポットとなっている。この博物館には、大量の乗車券やページが黄ばんだ日記、20歳の誕生日の白いスカート、さまざまなマラソンのメダルなど、愛のストーリーがつまった「恋愛の形見」33点が展示されている。このほか、遠距離恋愛地図、メッセージボード、アーチェリーエリアなど、来場者がインタラクティブに参加できる特別コーナーも設置されている。展示チームによると、癒し系のこのようなテーマ展示は、失恋した人がつらさを克服し、未来に希望を抱くことができるようサポートするとともに、恋愛中の恋人たちにも今この時と目の前にいる人を大切にするよう呼びかける狙いがあるという。(記者/朱麗莉)<映像内容>中国の失恋博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:58.72
    2019年05月20日
    「新華社」「和而不同ー隈研吾、陳仁毅、王伝峰の世界」出版発表会、東京で開催

    日本の建築家隈研吾氏と中国山東省出身の画家王伝峰(おう・でんぽう)氏、中国台湾出身の家具デザイナー陳仁毅(ちん・にんじ)氏による共著「和而不同-隈研吾、陳仁毅、王伝峰の世界」の出版発表会が20日、東京国立博物館の法隆寺宝物館で行われた。同書には、隈氏が設計した建築物に陳氏と王氏の作品をレイアウトした写真が多数掲載されている。写真は篠山紀信氏が撮影したもので、3人の作品を一つに集めることで隈氏の建築の「禅の味わい」と陳氏の家具の「線の美しさ」、王氏の魚水画の「虚と実の世界」を表現した。3人は出身地と分野を越えたコラボレーションの中で、互いに強い共感を得て「東方新美学」という構想を打ち出した。程永華(てい・えいか)前駐日中国大使は発表会にメッセージを送り「3人が『和而不同』をテーマに異分野交流を実現させたことは、中日両国の芸術家が『東方新美学』に対する深い探求に初めて挑戦したことを意味する。3人の試みは、両国の文化発展の歴史の中で、伝統を継承しただけでなく、新しいものを開拓した」と指摘した。日本の参議院議員で日中友好議員連盟の会長を務める林芳正前文部科学大臣はあいさつで、「和而不同」は中国の古典の言葉であり、3人がこのタイトルでコラボレーションしたことの意義は大きいと指摘。日本と中国は共に漢字文明を持つが、「和」という漢字は「仲良くすること」という意味で、同じになるという意味ではないと述べ、大切なのは異なるものが和して混ざり合うことで、新しいものを生み出していくことだとの考えを示した。隈氏と陳氏、王氏もそれぞれあいさつし、今回のコラボについて自らの感想を述べた。3人はいずれも「和而不同」の言葉の持つ精神的な意味に賛同を示し、今後も「和」を芸術創作の現場に持ち込み、基礎とすることで、未来の「新東方美学」についてそれぞれの視点を踏まえた議論を重ねていきたいと述べた。(記者/彭純、杜瀟逸、郭威、梁賽玉)<映像内容>建築家の隈研吾氏が登場した「和而不同-隈研吾、陳仁毅、王伝峰の世界」の出版発表会の様子、撮影日:2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:33.04
    2019年05月15日
    ガンダム、宇宙からエール 五輪盛り上げで組織委

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を宇宙に飛ばし、大会への応援メッセージを地上に送る計画を発表した。大会を盛り上げる企画の一環で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大と連携して実施する。〈映像内容〉金井宣茂(かない・のりしげ)宇宙飛行士、室伏広治(むろふし・こうじ)東京五輪組織委スポーツディレクター、中須賀真一(なかすか・しんいち)東大教授の登壇、あいさつ。中須賀教授の概要説明。アニメ機動戦士ガンダムをつくった富野由悠季氏の登壇、あいさつ、会場雑観など ※説明で使われた映像を寄りで使う際は以下のクレジットを入れてください。1分20秒からの「ISS放出の流れ」紹介映像→(C)JAXA/NASA、1分44秒からの「ONE TEAM PROJECT」紹介映像 →(C)Tokyo 2020 (C)創通・サンライズ、3分33秒からの終盤のアムロ・レイやシャア・アズナブルが登場する「スターティングセレモニー」→(C)Tokyo 2020 (C)創通・サンライズ、撮影日:2019(平成31)年5月15日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(平成31)年5月15日

  • 01:51.84
    2019年04月25日
    バンクシー?都庁で公開 ネズミの絵、5月8日まで

    東京都は25日、都が管理する港区の防潮扉に描かれていた、路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵を都庁第1本庁舎2階で公開した。5月8日まで展示する。絵はA4サイズほどの大きさ。傘を差してカバンを手にしたネズミが1匹描かれており、バンクシーの写真集に収録され、2003年に東京で描いたとする絵と酷似している。都は昨年12月に情報提供を受け「落書きは容認できないが、本物なら保全の必要がある」と扉の絵がある部分を取り外して保管していた。都は写真共有アプリ「インスタグラム」を通じてバンクシーにメッセージを送り、作品の真贋を問い合わせたが返答はなく、「バンクシー作品らしきネズミの絵」との説明文を付けた。<映像内容>作品物撮り、小池百合子都知事へのぶら下がり取材、一般公開時の雑観、撮影日:2019(平成31)年4月25日、撮影場所:東京都庁第一本庁舎

    撮影: 2019(平成31)年4月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.37
    2019年04月04日
    東京五輪文化プログラム発表 巨大人形が被災地へ

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、来年4~9月に行う公式文化プログラム「東京2020 NIPPON フェスティバル」の概要を発表した。東日本大震災からの復興をテーマに、巨大人形が被害が大きかった岩手、宮城、福島などを巡り、人々のメッセージを預かって東京を目指すイベントなどが企画されている。〈映像内容〉向かって左から古宮正章(こみや・まさあき)青柳正規(あおやぎ・まさのり)小橋賢児(こはし・けんじ)箭内道彦(やない・みちひこ)野老朝雄(ところ・あさお)の各氏と司会のSHELLY(しぇりー)、事業発表の模様など、撮影日:2019(平成31)年4月4日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2019(平成31)年4月4日

  • 02:30.42
    2019年03月17日
    「新華社」F1通算1000回目のレースを前に上海でファンイベント

    上海でF1が開催されるようになってから16年目となる今年、中国グランプリ(GP)は、F1通算1000回目の大きな節目に当たるレースとして開催される。これに先駆け、主催者によるオープンニングセレモニーとファンフェスティバルが17日、上海で開催された。レース開催が最後のカウントダウンに入った時期に行われたこのイベントでは、中国のファンが通算1000回目のレースを前に盛り上がりを見せただけでなく、今シリーズ開幕戦となったF1通算998回目のオーストラリアグランプリと多くのF1レーサーからのビデオメッセージも寄せられた。また、特別な意味を持つ「F1グランプリ1000回目記念展示カー」の除幕式も行われた。2004年の初開催以来、F1中国グランプリは優れた運営と熱烈な雰囲気、一流のレースサービスで新たなファンを多数獲得しており、世界のF1開催地の中で徐々に影響力を増している。1950年の初開催から通算1000回目を迎える今年の中国グランプリは、今シーズンのレースの中でも特別な意味合いを持ち、シリーズ第3戦として4月12日から14日まで上海インターナショナル・サーキットで開催される。(記者/呉霞、狄春)<映像内容>F1通算1000回目のレースを迎える上海でファンイベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:29.61
    2019年03月16日
    投票踏まえ沖縄県民大会 主催者発表で1万人超

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が16日、那覇市で開かれた。主催者発表で1万人超が参加。有効票の7割超が辺野古沿岸部の埋め立てに反対した2月の県民投票を踏まえ、日米両政府に対し、辺野古の新基地建設を断念した上で普天間の運用を即時停止し、撤去を求める決議を採択した。〈映像内容〉那覇市で開かれた名護市辺野古移設に反対する「県民大会」、謝花喜一郎(じゃはな・きいちろう)副知事は、欠席した玉城(たまき)デニー知事のメッセージを披露、主催の辺野古移設反対の政党や市民団体でつくる「オール沖縄会議」共同代表の稲嶺進(いなみね・すすむ)・前名護市長は演説、撮影日:2019(平成31)年3月16日、撮影場所:沖縄県 那覇市

    撮影: 2019(平成31)年3月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.42
    2019年03月10日
    被災者の思い、和紙に記し 都内でキャンドルイベント

    東日本大震災の被災者ら約2500人が思いを記した和紙をろうそくにかぶせてともすイベントが10日、東京・六本木の東京ミッドタウンの広場で開かれた。東北の大学生も参加。東北から東京にメッセージを届ける意味を込め、約4500個の「和紙キャンドル」で気球を描いた。東京ミッドタウンが主催し、多摩大(東京)の村山貞幸ゼミの学生らが岩手、宮城、福島の3県に足を運び、被災者と交流。和紙に直接メッセージを書いてもらったという。「復興」「元気」などのほか「我慢」といった言葉が記されていた。<映像内容>イベント雑観、和紙キャンドルの雑観、学生たちの様子、和紙キャンドルの文字が見える寄りと、気球の形が見える遠景、撮影日:2019(平成31)年3月10日、撮影場所:東京都 東京ミッドタウン

    撮影: 2019(平成31)年3月10日

  • 02:04.82
    2019年02月18日
    「新華社」ビル·ゲイツ氏、中国による世界の発展促進と科学技術革新への注目を称賛

    ビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同議長を務めるビル・ゲイツ氏はこのほど、財団の年次書簡発表に合わせて、新華社を通じてビデオメッセージを公表した。ゲイツ氏は、世界の発展を促進する上での中国の貢献を称賛し、世界的問題を解決するために科学技術のイノベーションに注目しようと国際社会へ呼びかけた。(記者/徐興堂、郭沛然)<映像内容>ビル・ゲイツから中国へのメッセージ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:38.35
    2019年02月12日
    「新華社」ジャイアントパンダの春節瀋陽動物園

    国を挙げて春節(旧正月)を祝う。中国遼寧省の瀋陽森林動物園では、飼育員たちがパンダ館の灯籠に明かりをともし、縁起の良い対句を書いた春聯(しゅんれん)を貼り、おいしい料理も豊富に用意して、かわいいジャイアントパンダ4頭のために春節の雰囲気を作り出した。「浦浦(プープー)」「発発(ファーファー)」「氷清(ビンチン)」「氷華(ビンファー)」の4頭のジャイアントパンダが、瀋陽で春節を迎えるのは今年で2回目。飼育員らは半月ほど前から準備を始め、紙灯籠や福の字、新年のメッセージカードを用意し、竹かごでさまざまな形をした獅子の頭や五穀豊穣を象徴する穀倉を作った。(記者/趙泳)<映像内容>春節の瀋陽森林動物園のパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:24.15
    2018年12月21日
    「新華社」遼寧省図書館、改革開放記念イベント「童話四十年」を開催

    中国遼寧省瀋陽市にある遼寧省図書館は改革開放40周年を記念して、児童向けの読書イベント「童話四十年」を開催した。写真展や読書、メッセージ執筆などを通して、改革開放以降、国が実現した成果を子どもたちに伝えている。写真展「遼寧の大変化」では、今と昔とを対比した写真が、遼寧の大地における改革開放以来の大きな変化を示している。また遼寧で製造された空母や潜水艦、自動車などのハイエンド工業製品の模型も展示され、子どもたちの人気を集めた。同図書館の「子ども天地」では、子どもたちが読書イベント「私が見た改革開放」に参加。関連する専門の本棚から書籍を探して、一緒に座って読書や討論をし、改革開放に対する自分の感想を書き出した。また同図書館は、一部の子どもたちのコメントやメッセージを集めて、読書感想展「童話四十年」を開催した<映像内容>児童向けの読書イベント「童話四十年」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:06.05
    2018年12月02日
    田中将大投手が慈善イベント参加 北海道地震、成田緑夢選手も

    米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は2日、平昌冬季パラリンピックのスノーボード男子金メダルの成田緑夢選手とともに東京都内の神宮球場の室内練習場で行われた北海道地震のチャリティーイベントに参加し、子供たちと交流した。的当てでは自慢の正確な制球力を見せて歓声を浴び、「目の前のことを全力ですることが大事」とメッセージを送った。〈映像内容〉田中投手が子どもたちと準備運動やキャッチボールをする様子、ゲームにチャレンジ、トークセッション、撮影日:2018(平成30)年12月2日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2018(平成30)年12月2日

  • 03:20.50
    2018年11月30日
    大坂、初の最優秀選手賞 日本テニス協会年間表彰

    日本テニス協会は30日、東京都港区の明治記念館で選手、指導者の年間表彰を行い、全米オープン女子シングルスで日本勢初の四大大会シングルス制覇を成し遂げた大坂なおみ(日清食品)を年間最優秀選手賞に初選出した。欠席した大坂は「最優秀選手に選ばれて光栄。多くの試合をし、人として成長できた1年だったと思う」とビデオメッセージを寄せた。男子シングルスで右手首故障から復活し、世界ランキングのトップ10に返り咲いた錦織圭(日清食品)は年間優秀選手賞を受賞し「全米でベスト4に行けて、結果も徐々に出始めてきた。復帰1年目にしては上出来」と満足げに振り返った。優秀選手賞はツアー大会で初優勝した西岡良仁、ダニエル太郎や女子ダブルスで全仏オープン準優勝の穂積絵莉、二宮真琴組らにも授与された。〈映像内容〉錦織選手の囲み取材、会場雑観、年間表彰、最優秀選手賞で欠席した大坂なおみビデオメッセージなど、撮影日:2018(平成30)年11月30日、撮影場所:明治記念館

    撮影: 2018(平成30)年11月30日

  • 01:28.47
    2018年11月23日
    「新華社」世界最大のはがきアート作品、スイスで公開気候変動対策を呼びかけ

    面積約2500平方メートルの世界最大のはがきアート作品が16日、スイス・ユングフラウの麓で正式に披露された。同作品は、人々の地球温暖化への関心を高める目的で制作され、はがきをつなぎ合わせて作られた1枚の絵としてギネス記録を更新した。同作品は、ユングフラウの麓、アレッチ氷河に設置され、面積は約2500平方メートルに達する。中央には「STOPGLOBALWARMING」(ストップ地球温暖化)、「#1・5C」(科学者らが提唱する、世界の気温上昇幅の上限目標)の文字が描かれている。この巨大なはがきアート作品は、世界35カ国・地域の児童や青少年が制作した12万枚余りのはがきを使用。はがきには、地球温暖化の緩和や気候変動対策に対する子どもたちの願いが、文字や絵で描かれている。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は10月始め「1・5度特別報告書」を発表した。報告書は気候変動が現在の速さで進むと、2030年から2052年までに世界の気温は産業革命前の水準より1・5度上昇し、地球の生態系の安全に深刻な脅威をもたらすと指摘している。今回のイベントを主催したスイス開発協力庁の担当者であるトーマス・ガス氏は、このはがきアート作品は子どもたちから大人へ向けた教訓で、地球温暖化と気候変動への対策に必要なのは約束だけではなく、直ちに適切な行動を起こすことで、さもなくば現在と未来の数世代の人々は皆、気候変動の影響を長期的に被るという強烈なメッセージを全世界の指導者に伝えていると述べた。<映像内容>世界最大のはがきアート作品の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:57.06
    2018年11月01日
    「新華社」北斗3号システム初の静止衛星打ち上げ成功

    中国は1日午後11時57分(日本時間2日午前0時57分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで中国独自のグローバル衛星ナビゲーションシステム北斗の3号システム17基目衛星を打ち上げることに成功した。衛星は静止衛星で、北斗全体では41基目。3号システムの初の静止衛星。北斗衛星ナビシステム総設計師の楊長風(よう・ちょうふう)氏の説明によると、衛星は地域航法衛星システムサービス(RNSS)のほか、ショートメッセージサービス(RDSS)と衛星航法補強サービス(SBAS)を提供する。ショートメッセージサービスは既存の北斗2号システムのサービスを加えて容量が10倍に高まる。この衛星の航法補強サービスは国際民間航空機関(ICAO)の基準より精度、完全性の高いナビサービスを提供する。<映像内容>北斗3号システム初の衛星打ち上げ成功の様子、撮影日:2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:14.08
    2018年10月29日
    「新華社」第5回世界仏教フォーラム開催汪洋氏が祝賀メッセージ

    第5回世界仏教フォーラムが29日、中国福建省莆田(ほでん)市で開幕し、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議全国委員会主席がフォーラムの開催に際し祝賀メッセージを寄せ、国内外の高僧・大徳、各界の人々へ熱烈な歓迎の意を表明し、心からのあいさつを送った。55の国・地域から仏教界人士、専門家・学者、その他社会各界の著名人など千人以上が開幕式に出席した。国連のグテレス事務総長、スリランカのシリセーナ大統領、ミャンマーのウィン・ミン大統領ら海外の政界要人、日本、韓国、カナダ、米国、ロシア、カンボジア、フィリピンなどの仏教団体の指導者が書状や電報で祝意を表明した。第5回世界仏教フォーラムは中国仏教協会と中華宗教文化交流協会が主催し、福建省組織委員会によって運営されていた。<映像内容>第5回世界仏教フォーラムの様子、撮影日:2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:10.38
    2018年10月09日
    「翁長氏遺志引き継ぐ」 沖縄県民葬で玉城知事

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を訴え、8月に膵がんのため67歳で死去した翁長雄志前沖縄県知事の県民葬が9日、那覇市で営まれた。玉城デニー知事は式辞で「新基地の阻止に取り組み、沖縄の民意を訴え続け多くの共感を得た。県民は遺志を引き継ぐ」と功績をたたえた。安倍晋三首相は「基地負担の軽減に向けて、一つ一つ確実に結果を出す決意だ。県民の気持ちに寄り添い、振興、発展のために全力を尽くす」とする追悼のメッセージを寄せた。菅義偉官房長官が代読した。<映像内容>祭壇や遺影、会場へ遺族入場、黙とう、玉城デニー沖縄県知事式辞、首相代理の菅義偉官房長官が追悼の辞、雑観、撮影日:2018(平成30)年10月9日、撮影場所:沖縄県那覇市内

    撮影: 2018(平成30)年10月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.24
    2018年09月24日
    「核兵器のこと考えて」吉永さん、廃絶求め対談

    女優の吉永小百合さんと、ノーベル平和賞を昨年受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲・国際運営委員が24日、東京都千代田区の明治大で開かれた核兵器廃絶を求めるイベントで対談した。吉永さんは「私の声は小さいけど、核兵器のことを考えましょうよと切実に思っています」と訴えた。イベントは、国連が「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定める26日を前に、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)などが参加する核兵器廃絶日本NGO連絡会が主催。会場には約550人が集まった。<映像内容>イベント「核なき世界へ向けて~被爆国の役割を考える~」の会場雑観、主催の「核兵器廃絶日本NGO連絡会」森滝春子共同世話人のあいさつ、今西靖治・外務省軍備管理軍縮課長による河野太郎外相のメッセージ紹介、被団協の田中熙巳代表委員の基調講演、パネルディスカッション雑観、撮影日:2018(平成30)年9月24日、撮影場所:東京都千代田区 明治大学駿河台キャンパス

    撮影: 2018(平成30)年9月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.07
    2018年09月18日
    五輪に向け日本の食材PR 内閣府内でイベント

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、安全でおいしい日本の食の魅力を発信していこうというイベントが18日、東京都内で開かれました。この日のイベントは内閣官房を中心にオリンピックに関係のある省庁や自治体、食品関係の事業者などが参加した「2020年に向けた持続可能性に配慮した日本の食材活用のための研修会」です。研修会では、安全で安定した食材供給に取り組む先進的な自治体や企業の取り組みが紹介されました。冒頭では、鈴木俊一オリンピック・パラリンピック担当大臣が「世界のトップアスリートに食べていただく食材は国内外から大きな注目を浴びる。被災地産を含む国産食材を最大限活用することが重要です」などとあいさつしました。また内閣府内には、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島の三県の食材を使ったPRコーナーも設置され、鈴木大臣が視察しました。内閣府内の食堂では、きょうから21日までの4日間、サンマやなすなど被災3県の食材を使った定食も、提供されるということです。<映像内容>研修会雑観、冒頭の鈴木大臣あいさつ、PRコーナーを視察する鈴木大臣、福島県へのメッセージをボードに書く様子、PRコーナーの物撮りなど雑観、研修会雑観など、撮影日:2018(平成30)年9月18日、撮影場所:東京・霞が関の中央合同庁舎8号館

    撮影: 2018(平成30)年9月18日

  • 03:01.86
    2018年09月10日
    「新華社」アリババのジャック·マー董事局主席、1年後の引退を表明

    中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループの馬雲(ジャック・マー)董事局主席は中国の教師節(教員の日)にあたる10日、1年後の教師節の日に董事局主席の職を退くと表明した。【解説】アリババグループのウェイボー(微博)は10日午前、「教師節快楽」(教師節おめでとう)と題する馬氏のメッセージを掲載した。馬氏はメッセージの中で、2019年9月10日に張勇(ダニエル・チャン)現首席執行官(CEO)に董事局主席を引き継ぎ、自身は2020年の株主総会まで董事会メンバー(取締役)にとどまる意向を明らかにした。【解説】メッセージの最後で馬氏は自身の将来について、アリババのパートナーの1人として、パートナー組織体制のために尽力し貢献するが、それ以外は教育活動に専念したいと表明した。馬氏は中国浙江省杭州市で5日に開催された2018Xin公益大会教育サブフォーラムに出席した際、引退の考えを明らかにした。アリババグループ馬雲董事局主席最後にはやはり教師の職に戻りたい。自分自身では今でも上手くやれると思っている。この先数年は教育の場に戻り、精力と発想のすべてを教育に注ぎたい。教育は何より重要だ。【解説】馬氏はメッセージで、この日発表した「引継ぎ計画」は自身が10年かけて準備してきたことを明らかにした上で、アリババが個人依存の体質から組織力と人材をよりどころにする企業へと成長したことを示していると述べた。【解説】馬氏は1988年、杭州師範学院(現杭州師範大学)英語科を卒業し、杭州電子工学院(現杭州電子科技大学)に英語教師として配属された。1999年の教師節の日にアリババを創業している。今回の引退表明に先立ち、馬氏は2013年5月10日にアリババの首席執行官の職を退いている。(記者/王懌文)<映像内容>アリババ本社外観、社内、ジャック·マーなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:29.53
    2018年08月17日
    土砂投入きょうから可能 辺野古移設、現場で抗議

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る問題は、国による埋め立て予定地への土砂投入が可能となる17日を迎えた。移設に反対する県民らが予定地近くで抗議活動を展開し「子や孫のためにも負の遺産はつくらせない」と訴えた。海上ではカヌー約50艇や小型船数隻が周辺海域に繰り出した。海上保安庁の船が監視する中、「美ら海を守れ」「工事を直ちにやめろ」とシュプレヒコールを上げた。防衛省沖縄防衛局は6月、8月17日以降の土砂投入を県に通知した。ただ、政府は荒天が続き準備が整っていないとして、着手を見送る方針を固めている。〈映像内容〉辺野古沖で行われた抗議活動の様子、シュプレヒコール、メッセージボードなどの雑観、反対派の活動拠点の「テント村」にある亡くなった翁長知事への寄せ書きなど、撮影日:2018(平成30)年8月17日、撮影場所:沖縄県名護市 辺野古

    撮影: 2018(平成30)年8月17日

  • 01:50.42
    2018年08月04日
    「新華社」ワシントン市民が灯籠流しを楽しむ

    現地時間8月4日夜、明月が照らす中、米国の首都ワシントン近郊のナショナル・ハーバー付近を流れるポトマック川の水面に明かりが点々と灯った。数千人の市民がポトマック川のほとりに集まって灯籠を流し、夏の日の「灯籠祭り」を楽しんだ。市民たちは家族や友人と連れ立って川辺にやって来て、幸せを祈るメッセージが書かれた灯籠を手に持ち、そっと川の流れの中に浮かべる。夜景の中、小さな灯籠は人びとの心の祈りをのせて遠くへ漂っていく。夏の美しい夜に、独特の麗しい風情が添えられた。イベントに参加した市民の中には、子ども連れの夫婦も多く見られた。水面が明るく照らし出される柔らかく美しい風景の、それぞれの家庭が願いを託した灯籠を流した。また、カップルたちが手を携えて川のほとりにやって来て、たくさんの願いをのせた灯籠を静かに流していた。今年の夏、全米の約30都市でもそれぞれ同じような灯籠流しイベントが開催されたという。(記者/金悦磊)<映像内容>ワシントンの灯籠流しイベント、撮影日:2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:38.58
    2018年06月25日
    辺野古移設に大規模抗議 反対派

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古沿岸部の海上で25日、移設反対派の市民らがカヌーなどで、大規模な海上抗議活動を行った。本格的な土砂投入を早ければ8月17日に行う方針の政府に対し、海と陸から移設阻止に向けた取り組みを強めたい考え。<映像内容>メッセージボードを掲げるカヌー、工事の様子、海上保安庁に拘束されるカヌー、オイルフェンスに張られたメッセージなど、撮影日:2018(平成30)年6月25日、撮影場所:沖縄県 名護市

    撮影: 2018(平成30)年6月25日

  • 01:00.06
    2018年06月09日
    「東奥日報」金メダリスト小平選手が講義/青森大学

    青森山田学園(岡島成行理事長)は9日、同学園創立100周年を記念し、平昌五輪女子スピードスケートの金メダリスト小平奈緒選手を招いて同市の青森大学で、公開特別講義を開いた。「頑張れる一瞬一瞬を自分らしく生き抜いて」との小平選手のメッセージに、学生たちは目を輝かせて聞き入っていた。<映像内容>小平選手の特別講義の様子、撮影日:2018(平成30)年6月9日、撮影場所:青森大学、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2018(平成30)年6月9日、青森大学

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:04.44
    2018年05月22日
    「ツール・ド・東北2018」記者発表会

    サイクリングイベント「ツール・ド・東北2018」の記者発表会が22日、東京都内で行われ、参加した宮城県東松島市出身のお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さんやお笑いトリオのロバートらがイベントを盛り上げるための意気込みを語った。同イベントは、東日本大震災の記憶を未来に残していくことを目的とし2013年にスタート。6回目となる今年は、9月15、16日に開催される。震災遺構の旧荒浜小(仙台市若林区)に立ち寄った後、塩釜港から遊覧船で景勝地・松島湾をクルージングする約60キロのコースのほか、南三陸町を出発し北上川沿いを走る約50キロのコースを新たに設けた。1日目500人、2日目3500人の計4千人が参加する。<映像内容>道端カレン、中西哲生氏ら広報、応援大使によるトーク雑観、大会テーマソングを担当する、くるりのビデオメッセージ、ロバートらによるトークセッション、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年5月22日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2018(平成30)年5月22日

  • 01:45.23
    2018年05月01日
    首相「国民の合意形成を」 改憲推進大会へメッセージ

    安倍晋三首相(自民党総裁)は1日、超党派の「新憲法制定議員同盟」が東京都内で開いた大会へメッセージを寄せ、憲法改正に重ねて意欲を示した。9条に関し「自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つことは今を生きる私たちの責務だ」と強調。改憲実現に向けて「国民の幅広い合意形成が進展することを期待する」と訴えた。議員同盟の会長を務める中曽根康弘元首相もメッセージで「あらゆる分野をタブー視せず、論議を盛んにし、国民世論を結集する懸命の努力を強く望む」と表明した。 <映像内容>「新しい憲法を制定する推進大会」雑観、新憲法制定議員同盟の中曽根康弘会長のメッセージを代読する島村宜伸氏、安倍首相のメッセージを代読する柴山昌彦氏、自民党の細田博之憲法改正推進本部長あいさつ、公明党の斉藤鉄夫幹事長代行あいさつなど、撮影日:2018(平成30)年5月1日、撮影場所:東京都 永田町 憲政記念館

    撮影: 2018(平成30)年5月1日

  • 03:37.08
    2018年04月29日
    100カ国テーマに和服 東京五輪へ「世界は一つ」

    2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて世界各国をイメージした和服を作っている、福岡県久留米市の一般社団法人「イマジン・ワンワールド」が29日、完成した100着のお披露目会を地元で開いた。日本の伝統文化を介して「世界は一つ」というメッセージを伝える取り組み。約1500人の見物人を前に、九州各県の女子高生らがあでやかな着物をまとい、優雅に歩いた。山形県の米沢織や京都府の京友禅、沖縄県の琉球紅型など、全国の着物作家や職人ら130人以上の協力を得た。イベントでは、世界各国の名所や自然を織り込んだ色とりどりの着物が披露された。〈映像内容〉お披露目会の様子。会場雑観など、撮影日:2018(平成30)年4月29日、撮影場所:福岡県久留米市

    撮影: 2018(平成30)年4月29日

  • 1
  • 2