KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 科学
  • 人工知能
  • 平成
  • 実現
  • システム
  • 応用
  • 国際
  • 活用

「モノのインターネット」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
512
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
512
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年03月18日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2014(平成26)年3月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812520

  • 2014年03月18日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2014(平成26)年3月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812525

  • 2014年03月18日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2014(平成26)年3月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810616

  • 2014年03月18日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2014(平成26)年3月18日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810571

  • 2015年03月24日
    ネット関連特許を無償に

    モノのインターネット(IoT)のイメージ

    商品コード: 2015032400071

  • 2015年03月24日
    ネット関連特許を無償に

    モノのインターネット(IoT)のイメージ

    商品コード: 2015032400072

  • 2015年03月24日
    ネット関連特許を無償に

    モノのインターネット(IoT)のイメージ

    商品コード: 2015032400078

  • 2015年03月24日
    ネット関連特許を無償に

    モノのインターネット(IoT)のイメージ

    商品コード: 2015032400079

  • 2015年05月29日
    「つながる機器」覇権争い

    「モノのインターネット(IoT)」へのIT大手の取り組み

    商品コード: 2015052900644

  • 2015年05月29日
    「つながる機器」覇権争い

    「モノのインターネット(IoT)」へのIT大手の取り組み

    商品コード: 2015052900645

  • 03:29.37
    2016年10月04日
    IoTや人工知能競う シーテック2016開幕

    デジタル家電や先進的なITの展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2016」が4日、千葉市の幕張メッセで開幕した。あらゆる機器がインターネットにつながるモノのインターネット(IoT)や、政府が成長戦略の柱に据える人工知能(AI)など、最先端の技術を紹介し産業の発展につなげる。17回目となる今年のシーテックには、昨年より100超の増加となる648の企業や団体が参加。海外は24の国や地域から出展があり、アジア最大規模の見本市。<映像内容>世界初の「卓球コーチロボット」としてギネス世界記録に認定されたオムロンの「フォルフェウス」、トヨタ自動車の会話ができる手のひらサイズのロボット「キロボ ミニ」、自宅の家電を音声で操作できるシャープの「ホームアシスタント」、ハングライダーの「飛行」が楽しめるバーチャル体験コーナーなど。客雑観、会場俯瞰など。

    商品コード: 2017090200738

  • 2017年03月09日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2017(平成29)年3月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812560

  • 2017年06月29日
    NTTデータ、ビッグデータ分野で中国との協力を一層強化

    ビッグデータ先進技術研究院の共同設立に関する協議書の調印式に臨むNTTデータと貴陽市政府、中国科学院ソフトウェア研究所の関係者。(2017年6月29日撮影)米誌フォーチュンの「世界企業トップ500」、NTTグループの中核子会社および世界をリードするITサービスサプライヤーである株式会社NTTデータは、11万人を超える従業員を擁し、世界50余カ国・地域で業務を展開している。同社は1990年代、中国人民銀行への決算システムの提供をきっかけに、中国市場に参入し始めてから20年余りになる。現在北京、上海といった10余りの都市に支社や事務所を設けている。同社は2017年に、交通渋滞の改善および水環境の保護を図るため、中国科学院ソフトウェア研究所(ISCAS)、貴陽市政府と共同で、中国貴州省貴陽市に「貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院」を設立し、「新型スマート交通」や「環境系IoT(モノのインターネット)」分野の研究を行っている。貴州省で開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会にこれまで何度も出席してきた同社の執行役員、中国・APAC事業本部長の宇平直史氏は、中国市場のさらなる開放に伴い、今後は関連分野の投資を継続するとともに、中国IT企業との協力も一層強化していくとの見方を示した。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2017(平成29)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304576

  • 2017年06月29日
    NTTデータ、ビッグデータ分野で中国との協力を一層強化

    NTTデータと貴陽市政府、中国科学院ソフトウェア研究所の3者が設立したビッグデータ先進技術研究院の除幕式。(2017年6月29日撮影)米誌フォーチュンの「世界企業トップ500」、NTTグループの中核子会社および世界をリードするITサービスサプライヤーである株式会社NTTデータは、11万人を超える従業員を擁し、世界50余カ国・地域で業務を展開している。同社は1990年代、中国人民銀行への決算システムの提供をきっかけに、中国市場に参入し始めてから20年余りになる。現在北京、上海といった10余りの都市に支社や事務所を設けている。同社は2017年に、交通渋滞の改善および水環境の保護を図るため、中国科学院ソフトウェア研究所(ISCAS)、貴陽市政府と共同で、中国貴州省貴陽市に「貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院」を設立し、「新型スマート交通」や「環境系IoT(モノのインターネット)」分野の研究を行っている。貴州省で開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会にこれまで何度も出席してきた同社の執行役員、中国・APAC事業本部長の宇平直史氏は、中国市場のさらなる開放に伴い、今後は関連分野の投資を継続するとともに、中国IT企業との協力も一層強化していくとの見方を示した。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2017(平成29)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304577

  • 2018年01月16日
    NTTデータ、ビッグデータ分野で中国との協力を一層強化

    河川環境調査を行う貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院のスタッフ。(2018年1月16日撮影)米誌フォーチュンの「世界企業トップ500」、NTTグループの中核子会社および世界をリードするITサービスサプライヤーである株式会社NTTデータは、11万人を超える従業員を擁し、世界50余カ国・地域で業務を展開している。同社は1990年代、中国人民銀行への決算システムの提供をきっかけに、中国市場に参入し始めてから20年余りになる。現在北京、上海といった10余りの都市に支社や事務所を設けている。同社は2017年に、交通渋滞の改善および水環境の保護を図るため、中国科学院ソフトウェア研究所(ISCAS)、貴陽市政府と共同で、中国貴州省貴陽市に「貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院」を設立し、「新型スマート交通」や「環境系IoT(モノのインターネット)」分野の研究を行っている。貴州省で開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会にこれまで何度も出席してきた同社の執行役員、中国・APAC事業本部長の宇平直史氏は、中国市場のさらなる開放に伴い、今後は関連分野の投資を継続するとともに、中国IT企業との協力も一層強化していくとの見方を示した。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2018(平成30)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304619

  • 2018年03月27日
    台北でスマートシティー展2018が開催

    27日、「スマート都市・郷村館」で展示された農業専門型多機能スマート無人機。「IoT(モノのインターネット)によるスマートシティー建設」をテーマとする「智慧城市(スマートシティー)展2018」(SmartCitySummit&Expo2018)が27日、台湾の台北市で開幕した。210の企業が参加し、開催期間中には60回余りのテーマ別フォーラムも行う。(台北=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200718

  • 2018年03月27日
    台北でスマートシティー展2018が開催

    27日、展示品について説明するスタッフ。「IoT(モノのインターネット)によるスマートシティー建設」をテーマとする「智慧城市(スマートシティー)展2018」(Smart City Summit&Expo2018)が27日、台湾の台北市で開幕した。210の企業が参加し、開催期間中には60回余りのテーマ別フォーラムも行う。(台北=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200723

  • 2018年04月24日
    「ハノーバーメッセ2018」の見どころ

    24日、ドイツ・ハノーバーメッセ2018の「Kuka(クーカ)」エリアで、アイスクリームをよそってくれるロボット。ドイツで開催されている世界最大規模の産業技術見本市、「ハノーバーメッセ2018」では、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ロボットなどの技術が見どころとなっている。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701111

  • 2018年04月24日
    「ハノーバーメッセ2018」の見どころ

    24日、ドイツ・ハノーバーメッセ2018の「ABBグループ」エリアに展示されている急速充電スタンドと電気レーシングカー。ドイツで開催されている世界最大規模の産業技術見本市、「ハノーバーメッセ2018」では、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT))、ロボットなどの技術が見どころとなっている。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701098

  • 2018年04月24日
    「ハノーバーメッセ2018」の見どころ

    24日、ドイツ・ハノーバーメッセ2018の会場で、参観者に「デジタルツイン(DigitalTwin)」と5G技術について説明するBOSCH(ボッシュ)のスタッフ。ドイツで開催されている世界最大規模の産業技術見本市、「ハノーバーメッセ2018」では、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT))、ロボットなどの技術が見どころとなっている。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701106

  • 2018年04月24日
    「ハノーバーメッセ2018」の見どころ

    24日、ドイツ・ハノーバーメッセ2018の「Huawei(ファーウェイ)」エリアで、第5世代移動通信システム(5G)を活用してロボットを遠隔操作する様子を見学する参観者。5G技術でロボット操作の安定性と精確性が保証され、ロボットが長方形のトレーに乗ったボールを落とさない。ドイツで開催されている世界最大規模の産業技術見本市、「ハノーバーメッセ2018」では、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ロボットなどの技術が見どころとなっている。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701101

  • 2018年06月11日
    International CeBIT fair in Hanover

    Giga Life, Networking, Internet of Things, GPS tracking Tele, SIM, Vodafone, general, Feature, Randmotiv, Symbolfoto, International Fair CeBIT in Hannover, on 11.06.2018. | usage worldwide、クレジット:SVEN SIMON/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909378

  • 2018年06月29日
    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津

    29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーを訪れた顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200545

  • 2018年06月29日
    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津

    29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーで買い物をする顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200600

  • 2018年06月29日
    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津

    29日、天津中新生態城の京東による無人スーパーで、スマホで二次元バーコードをスキャンする顧客。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200607

  • 2018年06月29日
    無人スーパー開業から半年、万引きゼロ天津

    29日、天津中新生態城にある京東の無人スーパーで、品出しをする従業員。中国のネット通販大手、京東集団(JDドットコム)の展開する無人スーパーが今年1月、天津中新生態城(エコシティ)に正式にオープンした。同スーパーはモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、バイオメトリクス(生体認証)などの技術を利用し、全てのプロセスでセルフ形式のショッピングを実現している。オープンから半年が過ぎたが、万引きの発生件数はゼロだという。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200570

  • 2018年07月21日
    青島で2018中国国際消費電子博覧会開催

    21日、山東省青島市で開催中の中国国際消費電子博覧会でロボットを操作する来場者。2018中国国際消費電子博覧会が、山東省青島市の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)で行われた。博覧会は「モノのインターネット(IoT)でつながる世界の創出・共有」をテーマに、23日までの4日間の日程でスマートホームや未来の自動車などの新技術や新製品を展示した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400889

  • 2018年07月21日
    青島で2018中国国際消費電子博覧会開催

    21日、山東省青島市で開催中の中国国際消費電子博覧会でロボットを見る来場者。2018中国国際消費電子博覧会が、山東省青島市の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)で行われた。博覧会は「モノのインターネット(IoT)でつながる世界の創出・共有」をテーマに、23日までの4日間の日程でスマートホームや未来の自動車などの新技術や新製品を展示した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400835

  • 2018年07月21日
    青島で2018中国国際消費電子博覧会開催

    21日、山東省青島市で開催中の中国国際消費電子博覧会で「未来の住まい」館を見学する来場者。2018中国国際消費電子博覧会が、山東省青島市の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)で行われた。博覧会は「モノのインターネット(IoT)でつながる世界の創出・共有」をテーマに、23日までの4日間の日程でスマートホームや未来の自動車などの新技術や新製品を展示した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400854

  • 2018年07月21日
    青島で2018中国国際消費電子博覧会開催

    21日、山東省青島市で開催中の中国国際消費電子博覧会に登場したロボット。2018中国国際消費電子博覧会が、山東省青島市の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)で行われた。博覧会は「モノのインターネット(IoT)でつながる世界の創出・共有」をテーマに、23日までの4日間の日程でスマートホームや未来の自動車などの新技術や新製品を展示した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400813

  • 2018年07月21日
    青島で2018中国国際消費電子博覧会開催

    21日、山東省青島市で開催中の中国国際消費電子博覧会で小型家電製品を見る来場者。2018中国国際消費電子博覧会が、山東省青島市の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)で行われた。博覧会は「モノのインターネット(IoT)でつながる世界の創出・共有」をテーマに、23日までの4日間の日程でスマートホームや未来の自動車などの新技術や新製品を展示した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400852

  • 2018年08月27日
    KMCのプレス成形不良防ぐAIシステム。

    KMC(川崎市高津区)は、エンインダストリーズ(岐阜県多治見市)と共同で、プレス機の稼働状況を記録し、金型の不具合などを検知して人工知能(AI)が作業を自動停止できる「予知予防AIシステム」を開発した。不具合などを検知するセンサーをプレス機と金型の間に16個点在させた仕様で、4個程度だった他社従来品よりも検知精度を高めた。2020年4月に発売する予定。年間2億円の売り上げを見込む。プレス機を扱う製造業への提供を目指す。生産設備のショット数などのデータを収集する既存の自社システム「Σ(シグマ)軍師」、工場の見える化やデータの分析ができるIoT(モノのインターネット)システム「Mカルテ」をセンサーとセットで提供する。消費税抜きのセット価格は650万円。プレス金型による平板などの打ち抜き作業は、材料に上型の接触部分(パンチ)を押し当てて下型のくぼみ(ダイ)で受ける仕組み。この時に出た材料の抜きカスは本来、ダイの中に保持される。だが打ち抜きの回数を重ねると、ダイからカスが浮き上がってパンチに付着する「かす上がり」という現象が起こる。これに気付かずに作業を続ければ、部品の不良につながる。新システムではAIが正常時の設備データを学び、異常時の判断の精度を徐々に高める。不良の基準を事前にユーザー側が閾(しきい)値として設定してAIに学ばせることも可能。同システムを使うことで不良を防止できる。システム全般やセンサー開発をKMCが担当。センサーの製造はエンインダストリーズが行う。提供するセンサーの数は、金型の大きさなど個別の要望に合わせて増減に応じる。発売までの間、モニター企業を募ってデータ収集を進め、システムのさらなる精度向上を図る。=2018(平成30)年8月27日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903382

  • 02:28.22
    2018年09月10日
    「新華社」武漢市、年内に100カ所のIoT「安全スマート団地」を建設

    団地内の顔認証出入り管理システム、侵入警報システム、電気使用量異常警報など、中国湖北省武漢市ではIoT(モノのインターネット)で管理する「安全スマート団地」モデル事業の推進を加速化しており、年内に100カ所のスマート化を完了する見通しだ。武漢市百瑞景社区の警備室には、大きなスクリーンのホログラフィー型スマート管理システムがあり、団地内の283台のセキュリティ監視カメラ、27台のエレベーター監視カメラ、7台の高所投げ捨て監視カメラが接続され、警備員による団地内全体を網羅したセキュリティ管理が実現している。(記者/王斯班)<映像内容>「安全スマート団地」モデル事業推進の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522796

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会で、農業用ドローンを見学する来場者。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816569

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会で、来場者にドローン制圧銃の説明をするスタッフ。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816389

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会に展示されている中国の電気自動車(EV)ブランド「バイトン(BYTON)」のコンセプトカー「M-Byte」。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816646

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会で、コネクテッドカーを体験する来場者。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816238

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会の会場を見て回る来場者。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816423

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会で、ドライビングシミュレーターを体験する来場者。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816480

  • 2018年09月15日
    2018世界IoT博覧会、無錫で開幕

    15日、2018世界IoT博覧会で、VR(仮想現実)ゴーグルをつけて仮想現実を体験する来場者。中国工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府が共同で主催する2018世界IoT(モノのインターネット)博覧会が15日、江蘇省無錫市で開幕した。会期は4日間で、展示面積は5万平方メートル、約20カ国・地域から500余りの会社が出展する。(無錫=新華社記者/李博)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816425

  • 02:15.59
    2018年10月04日
    「新華社」トヨタとソフトバンクが新会社設立モビリティサービスを提供

    日本のトヨタ自動車とソフトバンクは4日午後、東京で共同会見し、新しいモビリティサービスを手掛ける新会社を共同で設立すると発表した。新会社は「MONETTechnologies(モネテクノロジーズ)株式会社」。「MONET」は「MobilityNetwork」に由来する。トヨタが構築したコネクテッドカーの情報基盤「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、ソフトバンクがスマートフォンやセンサーデバイスでデータを収集し分析する「IoT(モノのインターネット)プラットフォーム」を基礎とし、車や人の移動に関する各種データを活用することでユーザーのニーズに最も適したモビリティサービスを提供していく。<映像内容>トヨタとソフトバンクが新会社設立の会見の様子、撮影日:2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920267

  • 2018年10月16日
    シーテック·ジャパン2018、幕張メッセで開幕

    16日、千葉市の幕張メッセで開幕した「シーテック・ジャパン」のブースで、自動餃子製造ロボットを紹介する日本のコンビニエンスストア大手、ローソンのスタッフ。日本最大級の家電・IT(情報技術)国際見本市「シーテック(CEATEC)・ジャパン2018」が16日、千葉市の幕張メッセで開幕した。出展企業・団体はAIやIoT(モノのインターネット)などの技術を通して、来場者に未来の生活シーンを提案している。同見本市は19日まで開催される。(千葉=新華社記者/銭錚)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818298

  • 2018年10月16日
    シーテック·ジャパン2018、幕張メッセで開幕

    16日、千葉市の幕張メッセで開幕した「シーテック・ジャパン」のシャープの展示ブースで、8K液晶テレビの超高解像度画面を見つめる来場者。日本最大級の家電・IT(情報技術)国際見本市「シーテック(CEATEC)・ジャパン2018」が16日、千葉市の幕張メッセで開幕した。出展企業・団体はAIやIoT(モノのインターネット)などの技術を通して、来場者に未来の生活シーンを提案している。同見本市は19日まで開催される。(千葉=新華社記者/銭錚)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818729

  • 2018年10月16日
    シーテック·ジャパン2018、幕張メッセで開幕

    16日、千葉市の幕張メッセで開幕した「シーテック・ジャパン」のブースで、ウェアラブルデバイスを使ってロボットを踊らせる富士通のスタッフ。日本最大級の家電・IT(情報技術)国際見本市「シーテック(CEATEC)・ジャパン2018」が16日、千葉市の幕張メッセで開幕した。出展企業・団体はAIやIoT(モノのインターネット)などの技術を通して、来場者に未来の生活シーンを提案している。同見本市は19日まで開催される。(千葉=新華社記者/銭錚)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818489

  • 2018年10月16日
    シーテック·ジャパン2018、幕張メッセで開幕

    16日、千葉市の幕張メッセで開幕した「シーテック・ジャパン」のブースで、来場者に自社製品を紹介するパナソニックのスタッフ。日本最大級の家電・IT(情報技術)国際見本市「シーテック(CEATEC)・ジャパン2018」が16日、千葉市の幕張メッセで開幕した。出展企業・団体はAIやIoT(モノのインターネット)などの技術を通して、来場者に未来の生活シーンを提案している。同見本市は19日まで開催される。(千葉=新華社記者/銭錚)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818684

  • 2018年10月23日
    「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県

    23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で子豚にワクチンを接種するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511320

  • 2018年10月23日
    「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県

    23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で、スマートシステムを操作し豚舎に飼料を投入するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511276

  • 2018年10月23日
    「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県

    23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で豚舎を清掃するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511235

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の展示ブースでコンピューター断層撮影装置(CT)を見学する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429687

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、デモンストレーションを行う不二越のスポット溶接協働ロボット。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429691

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、米ボーイングの展示ブースで旅客機の「操縦」を体験する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429795

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、三菱電機の展示ブースで扇の舞を披露するロボット。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429738

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、ファナックのブースに展示された協働ロボット。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429900

  • 2018年11月06日
    輸入博ハイエンド·インテリジェント機器ホール活況

    6日、伊レオナルド社製ヘリコプターAW189を見学する来場者。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)が上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催されている。博覧会のハイエンド・インテリジェント機器ホールでは、機械の美しさが目を引く。また、人工知能(AI)、工業オートメーション、ロボット、モノのインターネット(IoT)、新エネルギー電力電工設備、航空宇宙技術設備などが展示され、多くの来場者が体験や商談に訪れている。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429864

  • 2018年11月20日
    佐賀発のIT企業が存在感

    オプティムが人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)を活用する主な事業

    商品コード: 2018112024959

  • 2018年11月20日
    佐賀発のIT企業が存在感

    オプティムが人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)を活用する主な事業

    商品コード: 2018112024968

  • 2018年12月07日
    NTTデータ、ビッグデータ分野で中国との協力を一層強化

    中日ブロックチェーン技術応用フォーラムならびに科恩研究院成果発表会の会場。(2018年12月7日撮影)米誌フォーチュンの「世界企業トップ500」、NTTグループの中核子会社および世界をリードするITサービスサプライヤーである株式会社NTTデータは、11万人を超える従業員を擁し、世界50余カ国・地域で業務を展開している。同社は1990年代、中国人民銀行への決算システムの提供をきっかけに、中国市場に参入し始めてから20年余りになる。現在北京、上海といった10余りの都市に支社や事務所を設けている。同社は2017年に、交通渋滞の改善および水環境の保護を図るため、中国科学院ソフトウェア研究所(ISCAS)、貴陽市政府と共同で、中国貴州省貴陽市に「貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院」を設立し、「新型スマート交通」や「環境系IoT(モノのインターネット)」分野の研究を行っている。貴州省で開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会にこれまで何度も出席してきた同社の執行役員、中国・APAC事業本部長の宇平直史氏は、中国市場のさらなる開放に伴い、今後は関連分野の投資を継続するとともに、中国IT企業との協力も一層強化していくとの見方を示した。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304570

  • 02:46.56
    2018年12月21日
    「新華社」ドローンでパイプライン巡視、進むデジタル管理新疆

    一台の小型無人機(ドローン)が田畑の上空を横切り、地上のパイプラインや施設を巡視している。これはタリム油田開発事業部ハラハタン作業区採油第2チームの日常的な巡視業務の様子で、一般的な巡視とは異なり、主役はドローンだ。ハラハタン油田の採油面積は3千平方キロ余りで、現在は稼働中の油井が計200余り、石油・天然ガスのパイプラインが200本近くある。ドローンによる巡視で作業員の労働は軽減され、巡回頻度も高まった。採油第2チームは、全ての作業場、油井間のパイプラインをGPSナビシステムに入力し、完全なGPS管理図を作成しており、これを使ってドローンの巡視ルートを直接作成できている。数字港湾科技股份有限公司のドローン操縦士張家豪氏リアルタイムに送られてくる動画を通して、パイプライン上で原油漏れの疑いのあるポイント、あるいは採掘作業の必要な所を見つけたら、それらの場所でドローンを旋回させ、地点を特定して、原油漏れあるいはパイプラインの破損が確認できたら直接現場に人を行かせます。構築中のモノのインターネット(IoT)システムが、ハラハタン油田内の個々の油井の監視・コントロール設備が全て行き渡れば、メインコントロール室で個別の油井の生産パラメーターを随時モニターし、作業量を適切に配分することができる。油田管理のデジタル化に伴い、ハラハタン油田の作業場はデータの収集、デジタル巡回などが実現し、作業員のリスクが減り、作業の効率が上がる。(記者/郭燕)<映像内容>ドローンでパイプライン巡視する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520549

  • 2019年01月15日
    NTTデータ、ビッグデータ分野で中国との協力を一層強化

    NTTデータ2018オープンイノベーションコンテスト中国地区決勝戦の終了後、記念写真を撮る受賞者ら。(2019年1月15日撮影)米誌フォーチュンの「世界企業トップ500」、NTTグループの中核子会社および世界をリードするITサービスサプライヤーである株式会社NTTデータは、11万人を超える従業員を擁し、世界50余カ国・地域で業務を展開している。同社は1990年代、中国人民銀行への決算システムの提供をきっかけに、中国市場に参入し始めてから20年余りになる。現在北京、上海といった10余りの都市に支社や事務所を設けている。同社は2017年に、交通渋滞の改善および水環境の保護を図るため、中国科学院ソフトウェア研究所(ISCAS)、貴陽市政府と共同で、中国貴州省貴陽市に「貴陽科恩ビッグデータ先進技術研究院」を設立し、「新型スマート交通」や「環境系IoT(モノのインターネット)」分野の研究を行っている。貴州省で開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会にこれまで何度も出席してきた同社の執行役員、中国・APAC事業本部長の宇平直史氏は、中国市場のさらなる開放に伴い、今後は関連分野の投資を継続するとともに、中国IT企業との協力も一層強化していくとの見方を示した。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019070304615

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで整列するロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500683

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで仕分けを行うロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500713

  • 2019年01月22日
    中国経済を後押しする発展活力

    アリババ傘下の物流サイト、菜鳥網絡が開発したIoT(モノのインターネット)ロボット仕分けセンターが、江蘇省南京市で業務を開始した。写真はIoT仕分けロボットの様子を見て回る作業員。(1月22日撮影)経済が下押し圧力に直面するなか、中国は科学技術イノベーションを推進するとともに、大規模な減税と費用引下げを実施し、「放管服」改革(行政簡素化・権限委譲、規制緩和・管理強化、行政サービス最適化)、ビジネス環境の最適化といった強力な措置を進めることで、経済活力を奮い立たせている。(北京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400923

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで仕分けを行うロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500655

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで仕分けを行うロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500656

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで仕分けを行うロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500684

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターで仕分けを行うロボット。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500669

  • 2019年01月22日
    菜鳥のIoTロボット仕分けセンター、南京で稼働

    22日、南京市の菜鳥網絡IoTロボット仕分けセンターでロボットの様子を確認するスタッフ。アリババグループの物流子会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発したモノのインターネット(IoT)ロボット仕分けセンターが22日、中国江蘇省南京市で正式稼働した。同センターの面積は2千平方メートル。ロボット100台が、主に大型や中型荷物の仕分けに当たる。ロボットは市内9割以上の大型スーパーの荷物を仕分けることができ、従来の人による仕分けに比べ1・6倍の効率向上が見込まれる。(南京=新華社記者/李博)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500625

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市にある菜鳥網絡の自動運転未来パーク内を走行する無人物流車。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401049

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市にある菜鳥網絡の自動運転未来パーク内を走行する無人物流車。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401057

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市で無人物流車に荷物を積み込むスタッフ。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401044

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市にある菜鳥網絡の自動運転未来パーク内を走行する無人物流車。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401015

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市にある菜鳥網絡の自動運転未来パーク内を走行する無人物流車。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401047

  • 02:59.90
    2019年02月25日
    「新華社」甘粛移動、初の5G営業所がサービス開始

    中国移動通信集団甘粛有限責任公司(以下、「甘粛移動」という)はこのほど、甘粛省蘭州市の定西南路営業所内で省内初となる5G基地局を開設し、5Gネットワークによる高解像度動画のライブ配信や広帯域データダウンロードといった業務のデモンストレーションをいち早く実現させた。張氏は次のように解説した。今回、甘粛移動が運用を開始した初の5G営業所では、すでに平均通信速度870Mbpsを実現し、4Gネットワークの最大通信速度の10倍近くに達している。2018年から、中国移動通信はすでに北京市や蘭州市など12の主要都市および周辺地域に5Gネットワークを構築した。5Gは、よりパワーアップしたVR(仮想現実)、画像の生配信、大容量IoT(モノのインターネット)設備の接続、遠隔医療、自動運転、スマート製造、新型スマートシティーなどを代表とする応用の実現が可能。利用者はいつでもどこでも超高画質(4K/8K)の動画を見ることができ、4K画質のビデオ会議も行える。2019年上半期、蘭州市は完全に基準を満たす全国初の5G実用化試験都市を目指す。(記者/郭剛、程楠)<映像内容>甘粛移動の5G営業所のサービス開始の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604093

  • 2019年02月25日
    菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    2月25日、四川省成都市にある菜鳥網絡の自動運転未来パーク内を走行する無人物流車。アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030400965

  • 00:58.80
    2019年02月28日
    「新華社」菜鳥網絡の自動運転未来パーク、成都で稼働

    アリババ傘下の物流会社、菜鳥網絡(CainiaoNetwork)が開発した自動運転未来パークが2月28日、中国四川省成都市で稼働を始めた。同パークは面積が約20万平方メートルで、IoT(モノのインターネット)に基づきIoV(クルマのインターネット)を構築した。クラウドを通じて無人物流車を手配し、複数の倉庫や仕分けセンターの間で小包輸送や物資調達を自動的に行う。車両1台で一度に数百個の小包を運ぶことができる。(記者/薛玉斌)<映像内容>アリババ傘下の物流会社「菜鳥網絡」の自動運転未来パークの様子、撮影日:2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401209

  • 01:21.75
    2019年02月28日
    「新華社」「モバイル·ワールド·コングレス」閉幕5Gが話題に

    スペインのバルセロナで開催されていた世界最大規模の携帯通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が2月28日、閉幕した。同見本市には2400社以上が出展し、11万人近くが来場した。出現頻度が最も高い「キーワード」は、次世代移動通信規格「5G」だった。会場では中国企業を含むスマートフォンメーカーが商用の5G対応スマホを続々と発表し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の5G対応折り畳みスマホ「MateX」や、中興通訊(ZTE)の「AXON10PRO」、韓国サムスン電子の「GalaxyS10」などが注目を集めた。ファーウェイの商品や技術は見本市で好評を博し、数々の賞を受賞、多くの企業が同社との提携に意欲を示した。同見本市には5G製品のほか、最新型のスマホやタブレット、仮想現実(VR)ゴーグル、スマートホームデバイスなど個人消費者向けの製品やIoT(モノのインターネット)、クラウドコンピューティング、無人運転、産業用ロボットなどが展示された。(記者/郭求達、連振、鄭江華、任麗穎)<映像内容>「モバイル・ワールド・コングレス」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401208

  • 04:35.39
    2019年03月05日
    「新華社」ファーウェイ、ブリュッセルに新センター開設サイバーセキュリティー担う

    中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は5日、ベルギー・ブリュッセルにサイバーセキュリティー・トランスペアレンシー・センターを開設した。ファーウェイによると、欧州連合(EU)主要機関の所在地であるブリュッセルに誕生した同センターは、欧州で主に以下の3点の役割を担う。一つ目は展示と体験。経営戦略からサプライチェーン、研究開発、製品・ソリューションの提供まで、エンドツーエンドのサイバーセキュリティーに対する同社の取り組みを展示する。また、第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)、クラウドなどの同社製品・ソリューションに組み込まれたサイバーセキュリティーが体験できる。二つ目は交流と革新。サイバーセキュリティー戦略やエンドツーエンドのサイバーセキュリティー、プライバシー保護における同社の取り組みを利害関係者と共有する。業界パートナーと共に、関連するセキュリティー標準や検証メカニズムの構築を検討、推進する。業界全体のサイバーセキュリティー分野の技術革新を推進する。三つ目はセキュリティー検証サービス。自社製品のセキュリティーを試験、検証するプラットフォームと関連サービスを提供する。ファーウェイ上級副社長兼グローバル・サイバー・セキュリティー責任者のジョン・サフォーク氏は、同センターを通してファーウェイの「最も貴重な部分」であるソースコードに触れることができると説明した。胡厚崑(ケン・フー)副董事長は開設式典で、同社がデジタルの世界のサイバーセキュリティーに対する人々の懸念を十分理解していると表明。「サイバーセキュリティーの問題を解決する正しい方法は、相互理解から始まると確信している。これもセンターを設立した目的だ」と語った。さらに、ファーウェイは監督管理機関や標準化団体、顧客がこのプラットフォームを存分に活用することを歓迎していると述べ、セキュリティー標準や検証メカニズム、セキュリティー技術の革新などでより緊密に協力し、共に業界のバリューチェーン全体の安全性を高め、検証に基づく信頼の構築を推進していきたいと訴えた。(記者/鄭江華、趙宇超、王子辰)<映像内容>ファーウェイがベルギーに開設した新センターの様子、胡厚崑副会長のスピーチ、展示会の様子など、撮影日:2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714676

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040811011

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040811013

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040811605

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040811048

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810716

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810567

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810816

  • 2019年03月14日
    LG Electronics Exits Mobile Phone Market LG Electronics Exits Mobile Phone Market

    Photo taken on March 14, 2019 shows the smart home appliances booth of LG of South Korea at the China Home Appliance and Consumer Electronics Expo in Shanghai, China. On April 5, 2021, South Korea‘s LG Electronics officially announced that it would exit its loss-making smartphone business in order to focus on other more profitable and valuable AI smart home (TV, display and other home appliances), Internet of Things, electric vehicles and other fields.=2019(平成31)年3月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040810838

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:03.78
    2019年04月02日
    「新華社」警察用VRヘルメット登場海南省で5G体験イベント

    中国海南省はこのほど、博鰲(ボアオ)楽城でコネクテッドカーと5Gの実用化試行プロジェクトを実施した。来場者やメディア関係者にコネクテッドカーを体験してもらい、中国電信(チャイナテレコム)や中国移動(チャイナモバイル)などの通信事業者が会場で5G携帯電話やユーザー端末、遠隔診療など5Gネットワークを利用したデバイスやサービスを実演した。コネクテッドカーの体験イベントでは「前方急カーブ注意」や「道路工事注意」といった実用的な場面が設けられた。路上テストに参加した車両は、センサーを通して環境情報や道路設備を感知し、IoT(モノのインターネット)などの技術を利用して、正確で完全な情報を車両にフィードバックし、よりスマートで便利な効果を上げていた。5G実用の体験イベントでは、中国電信や中国移動が遠隔診療や救急デモンストレーション、16チャンネル4Kハイビジョン同時伝送やVR(仮想現実)中継を実演した。5Gネットワークによる警察用VRヘルメットは、顔認証や音声認識、クラウドコンピューティング、クラウドストレージ、5Gネットワークなどの先進技術を総合的に利用している。(記者/王軍鋒)<映像内容>中国海南省で5G体験イベント開催の様子、VRヘルメットなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402068

  • 02:21.67
    2019年04月05日
    「新華社」ハノーバーメッセで輝く中国企業

    ドイツ・ハノーバーで5日まで開催されていた世界最大の産業見本市「ハノーバーメッセ2019」には、75の国・地域から6500社が出展した。うち、中国の出展企業が約4分の1を占め、開催国ドイツに次ぐ2番目の多さとなった。開催期間中、中国のスマート製造の品質が業界の高い関心を集めた。華為技術(ファーウェイ)、海爾(ハイアール)、中国中車集団、中国航天科工集団など一連の中国企業が、今年のメッセで輝きを放った「中国の代名詞」となった。ハイアールは、第5世代(5G)移動通信システムや人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの新興・最先端技術のインダストリアル・インターネット分野への革新的応用について、全面的に踏み込んだ展示を行った。ファーウェイとそのビジネスパートナーは、スマートサプライチェーン、無線化工場、IoT、ビッグデータ、5Gなどの分野に関する製品とソリューションを存分にアピールした。中国企業は全てこれまで常に、AI、5G、スマート製造を問わず、世界的な工業のデジタル化への転換に積極的に参加し、着実な能力構築を通じて豊富な経験を積んできた。スイスの産業用ロボット大手ABBグループのウルリッヒ·シュピースホーファーCEOは、中国はAI分野の「真の強国」であると率直に語った。(記者/連振、張遠、張毅栄、于躍、張家偉、李驥志、李萌、沈忠浩)<映像内容>「ハノーバーメッセ2019」の中国企業出展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801425

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、創維(スカイワース)のブースに展示されるスマートハウスシステム。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223777

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、中国の液晶パネル開発企業である華星光電(CSOT)の印刷式AMOLED透明ディスプレー。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223678

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、TCLのブースで展示されるXESS音波式電動歯ブラシ。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223680

  • 2019年04月09日
    スマートホーム、中国での普及が加速

    9日、人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)を融合した「AIoT」プラットフォームについて説明する創維(スカイワース)の担当者。中国広東省深圳市で9日から開かれていた第7回中国電子情報博覧会(CITE)が11日、閉幕した。会場には、リビングから浴室、キッチン、家具のコントロールから音響・映像娯楽、さらにはエネルギーや医療、防犯セキュリティ、教育などに至る居住システム全体を網羅する家庭向けスマート製品が並んだ。インターネットや計算処理、ネットワーク通信、センサー・制御などの技術を総合したスマートホームは、次の「ブルーオーシャン市場」(未開拓市場)と呼ばれている。今では運営業者以外にもインターネット企業やテレビ企業、IT企業、ハードウェア企業など各業界がスマートホームの中国での発展を有望視しており、関連製品には大きな成長余地があると考えている。これらの企業は、音声やテレビ、ネットワークのゲートウェイ(入口)などのさまざまな方式で、他社に先んじてスマートホームの「玄関」を取り込もうとしている。(深圳=新華社記者/王豊)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041600771

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、京東方科技集団(BOE)のブースに展示される非観血式の指先マルチパラメータモニター。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223727

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、海信(ハイセンス)のブース。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223684

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、TCLのブースでスマートレンジフードを体験する来場者。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223688

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、京東方科技集団(BOE)のブースに展示されるスマートミラー。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223692

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、LGのブースに展示される88インチ有機EL(OLED)ディスプレー。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223758

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、レノボのブースで内部の仕組みが分かるように展示されているスマートフォン。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223679

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、TCLのブースに展示されるイヤホン。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223715

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、海爾(ハイアール)のブースで卓上に映し出された画面を操作する来場者。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223763

  • 2019年04月09日
    第7回中国電子情報博覧会、深圳で開幕

    9日、TCLのブースでスマートホーム関連製品を見学する来場者。中国工業・情報化部、深圳市人民政府が共催する第7回中国電子情報博覧会(CITE2019)が9日、広東省の深圳コンベンションセンターで開幕した。今回のテーマは「イノベーションで発展推進、インテリジェントで未来に力を」。デジタルホームやスマートシティー、新型ディスプレー、人工知能(AI)、スマート製造、クルマのインターネット(IoV)、モノのインターネット(IoT)、集積回路の8分野の展示エリアを開設し、情報技術分野のイノベーションによる発展の成果を集中的に展示し、最新のスマート化の発展傾向を示している。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223733

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6