KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • スマート
  • システム
  • 人工知能
  • 自動運転
  • ソリューション
  • テクノロジー
  • ハイテク
  • モーターショー
  • 交通渋滞
  • イノベーション

「モビリティ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:52.04
    2021年03月02日
    「新華社」興義環城高速道路が正式に開通貴州省

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市で建設されていた興義環城高速道路が1日午前、正式に開通した。馬嶺河峡谷を跨ぎ万峰林の中心部を通り抜ける同高速は、運転しながら地元の風景を楽しむことができる。同高速は自治州内で初めてとなる地方高速道路プロジェクトで、総投資額は101億8800万元(1元=約17円)、全長62・5キロ、橋梁・トンネル比率56%、設計速度は時速80キロとなっている。開通後は中心市街地の交通渋滞が緩和される他、人々のモビリティーの利便性を高め、都市の成長の余地を広げ、沿線の観光産業の発展を後押ししていく。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:33.05
    2020年11月02日
    Biden pitches to Pittsburgh‘s Black voters

    Joe Biden is telling Black voters in Pittsburgh to turn out to help him win the all-important state of Pennsylvania.Speaking at an outdoor rally in Homewood, a predominantly African American community in Pittsburgh, Biden told the crowd that “the power to change this country is in your hands.“He spoke about his plan to promote Black economic mobility and the disproportionate effect COVID-19 has had on the community.Biden said that “we‘re done with the chaos, we‘re done with the racism, we‘re done with the tweets, the anger the hate the failure, the irresponsibility.“Some supporters sitting in their cars for the outdoor event honked their horns, while others bundled up in blankets watching Biden in front of the stage cheered.、クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 00:38.19
    2020年09月26日
    「新華社」犬型ロボット「アルファ・ドッグ」、上海でお披露目

    中国上海市で24~26日、第1回「Inclusion・外灘大会」が開催された。ハイテク新興企業の南京蔚藍智能科技は会場で国産の犬型ロボット「アルファ・ドッグ」の新バージョンを発表した。新バージョンでは世界最先端の技術を複数搭載し、バランス能力、障害物回避能力、運動能力、視覚能力などをアップグレード。最高秒速3・8メートルで走行できる世界最速の犬型ロボットとなった。アルファ・ドッグはモビリティと人工知能(AI)の融合により、さまざまなスマートハードウェアとの相互接続ができる。AIや第5世代移動通信システム(5G)、自動運転などの技術を活用して生産活動や日常生活で役割を果たすことが期待されている。(記者/孫青、桑彤)<映像内容>犬型ロボット「アルファ・ドッグ」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.38
    2020年08月10日
    「新華社」「ブラックテクノロジー」で杭州アジア競技大会をスマート化

    「スマートアジア競技大会」として期待される杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションがこのほど、発表された。スマートコマンド、スマートセキュリティ、スマートライフなど10分野にわたる30のソリューションは、「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を利用してアジア競技大会のスマート化を目指す。今回選出された30のソリューションはスマートコマンド、スマートセキュリティー、スマートライフ、スマートパフォーマンス、スマート会場、スマート言語サービス、スマートモビリティー、スマート観戦、革新的技術の応用展示の合計10分野にわたり、ビッグデータ、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンなどの先端技術を広く応用する。科学技術により競技の運営効率を高め、選手や観客、観光客に優れたサービスを提供し、競技の見せ方や伝え方を多様化させて、インタラクティブ型や没入型の観戦体験を生み出すことを目的としている。「スマートアジア競技大会」の重点項目ソリューションの募集は2019年9月25日に正式にスタートし、多くのハイテク企業、大学、科学研究機関から合計187の提案が集まった。アジア競技大会組織委員会と関係専門家による複数回の審議を経て選出された30のソリューションは、大会の企画運営の各分野で段階的に運用されるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションの発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:58.38
    2020年07月27日
    ロボットが担う未来サービス 高輪新駅で実験、消毒も

    JR東日本が東京・山手線に30番目の新駅として3月に開業した高輪ゲートウェイ駅で、将来の鉄道事業の変革を目指した最新鋭ロボットの実証実験を進めている。27日は報道関係者に実験を公開した。 消毒ロボットはセンサーや3Dカメラを駆使して人や壁にぶつからないようにしながら、手すりに消毒液を吹き付けて回った。 山手線の車両を模したロボットは駅の会議室までコーヒーを運び、自動で元の位置に戻った。 スーツケースを積んで自動走行するロボットや、小回りな移動に適した乗り物「パーソナルモビリティー」も構内をゆっくりと回った。 JR東は実験や試験運用を重ねて各地の駅に展開したい考えだ。 <映像内容>手荷物搬送ロボットやパーソナルモビリティーの走行の様子、ロボットが軽食を運ぶ様子、消毒ロボットの活動の様子、技術イノベーション推進本部の佐藤勲部長のコメントなど、撮影日:2020(令和2)年7月27日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年7月27日

  • 01:20.84
    2019年10月23日
    東京モーターショー、EVが主役に 最新技術競う、報道陣に公開

    自動車メーカー各社が最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。トヨタ自動車は人工知能(AI)と自動運転機能を搭載した電気自動車(EV)を、日産自動車やホンダ、マツダなどもEVをそれぞれ出展。EVが主役に躍り出そうだ。各社はITを活用し効率的な移動を可能とする次世代の交通体系「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」を基盤とした街づくりを見据えEVに注力している。<映像内容>トヨタ自動車、日産自動車、三菱、ホンダ、マツダなどの展示車の様子、雑観など、撮影日:2019(令和元)年10月23日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2019(令和元)年10月23日

  • 01:13.38
    2019年08月05日
    「新華社」中国製電気バス100台、チリに到着

    中国の大手電気自動車メーカー比亜迪(BYD)が生産した電気バス100台がこのほど、チリのサンアントニオ港に到着した。これら車両は既存の中国製電気バス203台と共にサンティアゴの公共交通システムで使用される。チリのグロリア・フット運輸・通信相が到着記念式典に参加した。フット氏は、中国の電気バスはコストパフォーマンスが優れており、チリの電動モビリティ発展の分野で「非常に有利」な地位を占めていると語った。2週間後にはBYDの電気バスがさらに83台到着する予定だという。サンティアゴは、中国の都市以外、世界で最も電気バスの多い都市で、公共交通システムのうち電気バスが占める比率は6%に達している。(記者/尹南、朱暁光)<映像内容>チリで中国製電気バス到着記念式典の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.46
    2019年04月22日
    「新華社」上海国際モーターショー高速道路上での自動運転など先端技術が集結

    中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第18回上海国際自動車工業展覧会(上海国際モーターショー)は今年初めて「モビリティの未来」をテーマにした展示ホールを設置した。自動運転ソリューション企業やアルゴリズムソフトウエア企業など、国内外の有名な自動車テクノロジー企業が多数出展し、自動車分野における優れたブラックテクノロジー(画期的で先進的な技術)が未来の移動手段にさまざまな可能性を示した。デモンストレーションエリアでは、中国のシステム開発会社、禾多科技(HOLOMATIC)が、量産可能な高速道路自動運転ソリューションを展示し、北京と上海を結ぶ京沪高速道路での路上テストの様子が再現された。テスト車両は夜間、トンネル、交通渋滞、工事区間、割り込み運転などの場面において、照度不足、障害のある路面、明るさや薄暗さの急激な変化といった特殊な環境や突発的な状況にも対応できた。路上テストは今年の3月、1200キロの距離を2日半かけて実施された。自動運転技術は高速道路上の運転だけでなく、駐車分野でもその力を発揮している。車両、駐車場、高精度地図を三位一体化した技術的解決法により、運転手が決まった位置で車両を停車させると、車両は自動で駐車位置を探して入庫し、出庫も自動で行う。このスマート・バレーパーキング・システムは、今年下半期に試験運用が計画されている。(記者/孫青、陳傑)<映像内容>上海国際モーターショーの様子、高速道路上での自動運転映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:25.05
    2019年02月25日
    「新華社」冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口

    中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリーコース、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。22日同市政府への取材で明らかになった。同市の武衛東(ぶ・えいとう)市長によると、一連の「相約北京」(北京で会いましょう)競技大会の要件に照らし、同市は今年、張家口競技エリアの主要テスト大会会場準備作業チームを組織し、フリースタイルスキーとスノーボードの2021年世界選手権の開催準備作業を進める。また、ハイテク冬季五輪計画を強く推し進め、一連のハイテクモデル事業を制定・実施し、会場建設や運用に先進的な省エネルギー・スマートテクノロジーを導入し、スマートセキュリティ、スマート観戦、スマートモビリティ、スマート観光を後押しする。同時に、科学的で緻密な競技サービスを推進するため、市全域で宿泊業、飲食業の振興・向上3年計画を実施し、冬季五輪食材基地やサプライヤー候補企業の育成・推薦作業を行い、パークアンドライド乗降所の計画建設を適時に開始する。このほか、スキー場救急ステーション、医療ステーション、指定医療機関で構成される救急組織の確立を急ぎ、医療関係者の英語、スキー、救急業務能力に関する研修を実施し、ボランティアの募集や研修なども行っていく。(記者/白林)<映像内容>2022年北京冬季五輪・パラリンピックの整備中の会場風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:46.02
    2019年02月07日
    「新華社」上海の公共交通、3大決済プラットフォームの利用可能に

    微信支付(ウィーチャットペイ)、支付宝(アリペイ)が中国上海市の「バス乗車バーコード」との接続を実現したのに続いて、上海の公共交通機関を利用する乗客にもう1つ新たな選択肢が増えた。同市の「バス乗車バーコード」が2018年12月28日、中国銀聯(ChinaUnionPay)が国内の30以上の銀行と共同で提供する銀行業界で統一されたモバイル決済サービス、雲閃付(MobileQuickPass)で利用できるようになった。スマホで雲閃付アプリを開くと、ユーザーは同市の1万6千台近いバスに2次元バーコードをスキャンして乗車することができる。注目に値するのは、雲閃付アプリはオフラインでも乗車バーコードを利用できることで、デバイスの反応速度は0・2秒以内となっており、ユーザーは「先に乗車し、後で支払い」することが可能となっている。これにより人々のモビリティー体験は大きく進歩し、決済効率も向上した。雲閃付以外にも、中国銀聯は今後さらに各大手商業銀行や提携パートナーに対し銀聯の乗車バーコードを開放し、開放型プラットフォームというシステムを作り上げていく。統計によれば、現在上海のNFC(近距離無線通信)タイプのモバイル交通カードや公共交通機関用乗車バーコードのユーザー数は1千万を超え、1日当たりの利用数は最高250万件近くに達し、交通機関利用数全体の4分の1を占めている。<映像内容>モバイル決済サービス「雲閃付」を利用する人たちの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:40.67
    2019年01月26日
    「新華社」「交通大脳」でスマート交通の「神経中枢」を形成山東省済南市

    中国山東省の済南交通警察は26日、「済南交通大脳」を正式に発表した。最先端の交通管理、ビッグデータ分析、人工知能(AI)などの技術に基づき、済南市の現在の交通関連の膨大なデータほぼすべてを収集し、交通渋滞対策、誘導の調整・制御、法的監督、モビリティサービスなどにソリューションを提供する。済南市交通警察支隊のデジタルイノベーションセンターでは、巨大なLEDディスプレーが済南市の各区間、各種交通手段の運行指数、運行速度、警察配置状況などの情報をリアルタイムに表示、さらにこれらの情報を高速で分析、評価している。済南スマート交通の「神経中枢」として、全市の膨大な交通情報を絶えず収集し、2分に一度更新して、スマート交通形成のためのデータ支援を行っている。「済南交通大脳」は「データ+」「AI+」「モビリティ+」「警務+」を技術的特徴とし、「全面的な感知、詳細な認識、迅速な行動、正確な評価」の「相互接続、共有、スマート」クラウド交通管理生態システムを構築した。(記者/王歓)<映像内容>中国山東省のスマート交通の様子、撮影日:2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.48
    2018年11月08日
    「新華社」輸入博での「陸·海·空」の展示品

    中国国際輸入博覧会(輸入博)は8日、開幕から4日目を迎えた。一目見たら忘れられない「陸・海・空」からの展示品には、どんなものがあるだろうか。スマート・ハイエンド装備展示ホールには、イタリアのレオナルド社製ヘリコプターAW189が飛来した。中国初公開という8・6トン級の高性能な超中型双発ヘリコプターの総価格は2億元(1元=約16円)近いとのことだ。AW189のそばにある展示ホールでは、イタリア・フェレッティグループの豪華クルーザー2隻が、多くの来場者の注目を集めていた。「空中」「海上」のほかに、「陸上」を代表する自動車展示エリアではどのような新技能が見られるだろうか。日産自動車の展示ブースでは、巨大な「充電器」に変身し、緊急時に家庭に給電できる電気自動車が見られた。自動車の大容量の電池に蓄えた電力を、家庭や建築物に供給できるようになっている。韓国・現代自動車の新世代水素燃料電池自動車NEXOは、5分間水素を補給するだけで800キロを走行することができ、零下30度の低温環境でもスムーズに始動できるという。トヨタの「e‐PaletteConcept」モビリティサービス電気自動車(EV)は、ライドシェアリング仕様、ホテル仕様、リテールショップ仕様などのレイアウトが可能だ。そして、注目を集める無人運転技術は、今回の輸入博で多くの自動車企業がまい進を目指し、競争を展開する目標となっている。(記者/楊牧、蒋志強、張文)<映像内容>中国輸入博「陸·海·空」の展示品の様子、撮影日:2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:02.94
    2018年10月30日
    「新華社」国際輸入博:世界の主要自動車メーカーが勢ぞろい

    11月5日から始まる第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、広さ約3万平方メートルの自動車展示エリアに、17カ国・地域から70社余りの自動車関連企業が出展する。無人運転や新たなグリーンエネルギー、さらには「空飛ぶ自動車」まで、未来のカーライフが体感できる。最初に輸入博と出展契約を結んだ自動車企業であるボルボは、博覧会で同社の主力輸入車全ラインナップを展示する。同社はまた、スウェーデン国家館で未来の交通とモビリティの新しい概念を発表する。商用車メーカーとして輸入博に出展するイベコは、新エネルギー車の主力ラインナップである圧縮天然ガス車を中国で初めて公開する。新エネルギー車に加えて、無人運転や自動運転技術もバイヤーの注目を集める目玉商品となっている。この他、スロバキアの科学技術企業が出展する「空飛ぶ自動車」が、今回の輸入博の大きな注目の的となっている。(記者/孫青、陳傑、岑志連)<映像内容>第1回中国国際輸入博覧会の注目ポイント、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:15.59
    2018年10月04日
    「新華社」トヨタとソフトバンクが新会社設立モビリティサービスを提供

    日本のトヨタ自動車とソフトバンクは4日午後、東京で共同会見し、新しいモビリティサービスを手掛ける新会社を共同で設立すると発表した。新会社は「MONETTechnologies(モネテクノロジーズ)株式会社」。「MONET」は「MobilityNetwork」に由来する。トヨタが構築したコネクテッドカーの情報基盤「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、ソフトバンクがスマートフォンやセンサーデバイスでデータを収集し分析する「IoT(モノのインターネット)プラットフォーム」を基礎とし、車や人の移動に関する各種データを活用することでユーザーのニーズに最も適したモビリティサービスを提供していく。<映像内容>トヨタとソフトバンクが新会社設立の会見の様子、撮影日:2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:04.67
    2018年10月04日
    「新華社」パリモーターショー2018開幕、注目車種が揃い踏み

    モーターショーでは、自動車やバイク、モビリティ、自動車テクノロジーという四大ジャンルが網羅された。初めて設けられた自動車テクノロジー分野では、無人自動運転車、ソーラーカー、各種新型モビリティが未来へと続く道を切り開いた。世界の有名自動車ブランドは今回のショーに次々と新車を登場させた。モーターショーではこの他、環境に配慮した新エネルギー車にも関心が集まった。EV分野では、まだコンセプト段階のものや、既に公の場でリリースされているものがあった。世界の五大モーターショーの一つでもある、パリモーターショーは1976年以降、偶数年の秋に開催されており、第83回の今年は14日まで開かれる。(記者/韓茜、蘇斌)<映像内容>パリモーターショー2018の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1