KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 画像
  • 日本農業新聞
  • 籾殻
  • 中央
  • 可能性
  • 場所
  • 委託
  • 平成
  • 情報
  • 脱穀

「モミガラ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    稲の脱穀

    脱穀とは、稲などの穀粒を茎から取り離し、次いで籾殻を取り去る作業をいう。写真には稲穂から籾を扱ぎ落とす千歯扱き(右)、ちぎれた稲穂を叩いて籾を取る唐棹(中央)、扱ぎ落とした籾から藁屑などを取り去る風選(左)の一連の作業が写っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐26‐0]

    商品コード: 2017080201757

  • -
    Ball, New Kingdom, Dynasty 18,

    Ball, New Kingdom, Dynasty 18, ca. 15501295 B.C., From Egypt; Probably from Upper Egypt, Thebes, Leather, chaff, Diam. 7 cm (2 3/4 in).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042105436

  • -
    麦の脱穀

    男性3人が、唐箕で麦の風選をしている。風選とは、籾粒を籾殻などの異物から分離する作業。右側の男性が桶に入った麦粒を唐箕上部の投入口から入れ、中央の男性は唐箕の扇板を回転させている。左側の男性は、風選後の麦を俵に入れている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐19‐0]

    商品コード: 2017080902188

  • 1952年12月31日
    50年代の農作業

    保温折衷苗代の作り方⑧焼きもみがらを土の上にまき、両端を土で押さえながら油紙をかける(画像内に作画した箇所があります)(1952年2月21日付)=1952(昭和27)年12月31日、不明、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120309108

  • 1999年12月08日
    「もみがら君」 もみ殻主成分の容器開発

    西部電機が開発した稲のもみ殻が主成分の使い捨て容器「もみがら君」

    商品コード: 1999120800102

  • 2008年05月16日
    有機たい肥センター 畜産(有機たい肥センター)

    もみがらたい肥=2008(平成20)年5月16日、千葉県睦沢町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20080516DN0216]

    商品コード: 2017092600710

  • 2008年11月25日
    籾殻から薫炭づくり 稲作(籾殻から薫炭づくり)

    薫炭=2008(平成20)年11月25日、北海道北斗市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20081101DN0058-19]※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2018030700539

  • 2014年05月22日
    火力発電設備 コメもみがらで発電

    コメのもみがらを燃やす火力発電設備=4日、インド東部ビハール州(共同)

    商品コード: 2014052200584

  • 2014年05月22日
    もみがら使う発電設備 コメもみがらで発電

    コメのもみがらを燃やす火力発電設備=4日、インド東部ビハール州(共同)

    商品コード: 2014052200589

  • 2016年04月14日
    Birds of Karelia

    2824483 14.04.2016 A common chaffinch (Fringilla coelebs) on a bush branch in Karelia‘s forest. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052111802

  • 2016年04月14日
    Birds of Karelia

    2824482 14.04.2016 A common chaffinch (Fringilla coelebs) on a fence in a village in Karelia. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052112499

  • 2016年04月14日
    Birds of Karelia

    2824478 14.04.2016 A common chaffinch (Fringilla coelebs) in Karelia‘s forest. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052112180

  • 2016年04月14日
    Birds of Karelia

    2824702 14.04.2016 A common chaffinch (Fringilla coelebs) in Karelia‘s forest. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052113295

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: Residents of a Rohingya refugee camp collect stamps for the allocation of fuel rods from compressed rice husks for cooking by the aid organization FIVDB, a Bangladeshi partner of Welthungerhilfe. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922440

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: Residents of a Rohingya refugee camp collect stamps for the allocation of fuel rods from compressed rice husks for cooking by the aid organization FIVDB, a Bangladeshi partner of Welthungerhilfe. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922520

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: Residents of a Rohingya refugee camp collect stamps for the allocation of fuel rods from compressed rice husks for cooking by the aid organization FIVDB, a Bangladeshi partner of Welthungerhilfe. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922340

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: Residents of a Rohingya refugee camp collect stamps for the allocation of fuel rods from compressed rice husks for cooking by the aid organization FIVDB, a Bangladeshi partner of Welthungerhilfe. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922480

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: An old man in a Rohingya refugee camp drags a 18.5 kilogram bag with fuel rods made of compressed rice husks for cooking. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922479

  • 2018年08月13日
    One year after the Rohingya mass exodus

    13 August 2018, Bangladesh, Cox‘s Bazar: A boy drags two bags weighing 18.5 kilograms with fuel rods made of compressed rice husks in a Rohingya refugee camp for cooking. Photo: Nick Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082922432

  • 2021年04月27日
    野菜作りで介護予防

    「菜園教室」で、畑にもみがらなどをまいて土作りに励む参加者ら=高知県香美市

    商品コード: 2021042707895

  • 2021年06月14日
    (5)世界の稲作文化発祥地、上山遺跡を訪ねて浙江省

    上山考古遺跡公園に展示されているモミガラの混じった炭化物付着土器。(5月12日撮影)中国浙江省金華市浦江県にある上山遺跡は2000年9月に発見された。出土した炭化物付着土器片は、北京大学の放射性炭素年代測定実験室の測定により、8600年~1万1400年前だと判明した。05年には、中国社会科学院考古研究所の趙志軍(ちょう・しぐん)研究員らが初めて約1万年前のイネを発見。科学者は研究の結果として、上山の先住民が1万年前にイネの野生種の栽培を始めていたとの結論を出した。中国の考古学界は06年、上山遺跡をはじめとする新石器文化を「上山文化」と命名。長江下流域と南東沿海地区で最も古い新石器文化となった。中国考古学会などが20年に主催した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」では、同遺跡が世界で最も古い稲作遺構であり、上山文化は世界の稲作文化の起源であると確認された。(浦江=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405454

  • 2021年10月07日
    India: Carving the Goddess Durga during Navratri celebrations

    October 7, 2021, New Delhi, New Delhi, India: Clay is brought from various parts of Bengaluru, Ganga Basin and Kolkata and then mixed with hay, rice husk, tarpaulin and jute to provide stiffness and shape to the idols..Artisans carving the Goddess Durga during Navratri celebrations. The hard work of the Bengali artisans exhibited through these holy shrines painted and carved nearly within a month during the Durga Puja celebration in India..The holy statues of goddess Durga are built in the Chitranjan Park area and then supplied to various parts of Delhi-NCR. They are kept in the sun and dried, and then painted using special mud colors brought from Bengal. The artisans start arriving one month before the Durga Puja celebrations and start working thereafter. (Credit Image: © Shikha Arya/Pacific Press via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Shikha Arya/Pacific Press via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101904165

  • 2021年10月26日
    Rice harvesting season in Lalitpur, Nepal - 26 Oct 2021

    October 26, 2021, Lalitpur, Nepal: Farmers separate rice from the husk using traditional foot pedal method, during the harvesting season..Nepal is an agricultural country having 66 percent people directly engaged in farming. Agriculture remains as an important economic activity, with wheat and rice being the main food crops. (Credit Image: © Bivas Shrestha/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Bivas Shrestha/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102711718

  • 2022年04月28日
    Nevada Test and Training Range

    Apr 28, 2022 - Nellis Air Force Base, Nevada, USA - Staff Sgt. Dominic Brinker, 66th Rescue Squadron (RQS) special missions aviator instructor, unjams a mini gun during routine training over the Nevada Test and Training Range at Nellis Air Force Base, Nevada, April 28, 2022. Pave Hawk combat enhancements include a radar warning receiver, infrared jammer and a flare/chaff countermeasure dispensing system. (Credit Image: © U.S. Air Force/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Air Force/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052012213

  • 1