KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • かい
  • ユネスコ
  • 位置
  • 保存状態
  • 北東
  • 国宝
  • 境界
  • 妨害
  • 山頂

「モンゴル軍」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1939年06月27日
    ノモンハン事件

    満州国とモンゴル人民共和国(外蒙古)の国境係争地であるハルハ川流域のノモンハンで、日本軍兵士(手前)に追撃されるモンゴル軍兵士=1939年6月(ACME)

    商品コード: 2011031600348

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1939年07月21日
    ノモンハン事件

    満州とモンゴル人民共和国(外蒙古)国境のラマ教寺院、甘珠尓(カンジュール)廟周辺の地面に、ソ連軍機ないしモンゴル軍機の爆撃によって出来た多数の穴=1939年7月(ACME)

    商品コード: 2011031600358

  •  Kulikovo Field
    1989年09月13日
    Kulikovo Field

    13.09.1989 Kulikovo Field. Photo study. Exhibition fund. The place of the battle that took place on September 8, 1380 between the troops of Russian princes led by Dmitry Donskoy and the Golden Horde temnik Mamai, which ended in the defeat of the Tatar-Mongol army in this battle. Yuriy Kaver、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021600790

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2006年05月26日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある古い地下道。(2006年5月26日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2006(平成18)年5月26日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600417

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2009年03月04日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある鎮西門。(2009年3月4日撮影)中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は3本の川に囲まれており、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地にある遺跡は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、ここで繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の構図を変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われている。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年3月4日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600416

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2009年09月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    釣魚城のある重慶市合川区の釣魚山南麓。(2009年9月15日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年9月15日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600436

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2009年12月10日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある南水軍埠頭。(2009年12月10日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月10日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600418

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2009年12月27日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城にある東城壁の下段。(2009年12月27日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月11日
    ガンボルド所長 ノモンハン実証研究進む

    取材に答えるモンゴル軍事科学院・軍事史研究センターのガンボルド所長=10月(共同)

    商品コード: 2013111100612

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年08月23日
    敬礼する関係者 ノモンハン事件75年で式典

    ノモンハン事件から75年を迎え、旧ソ連・モンゴル軍の友好記念碑前で敬礼する両国の関係者=23日、ウランバートル(共同)

    商品コード: 2014082300513

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年08月23日
    献花するモンゴル国防相 ノモンハン事件75年で式典

    ノモンハン事件から75年を迎え、旧ソ連・モンゴル軍の友好記念碑前で献花し、頭を下げるモンゴルのバトエルデネ国防相=23日、ウランバートル(共同)

    商品コード: 2014082300529

  • 再現された騎馬隊 息子、孫が領土広げる
    2015年01月09日
    再現された騎馬隊 息子、孫が領土広げる

    モンゴルの夏の祭典ナーダムで、約800年前のモンゴル軍騎馬隊を再現したパレード=2006年7月(共同)

    商品コード: 2015010900351

  • 道路と地下水路 モンゴルPKO充実へ視察
    2018年08月28日
    道路と地下水路 モンゴルPKO充実へ視察

    ウランバートル郊外の訓練場で陸上自衛隊が指導しモンゴル軍が建設した道路と地下水路=28日(共同)

    商品コード: 2018082821014

  • 視察する副大臣と薗浦氏 モンゴルPKO充実へ視察
    2018年08月28日
    視察する副大臣と薗浦氏 モンゴルPKO充実へ視察

    陸上自衛隊が指導しモンゴル軍が建設した道路と地下水路を視察する、薗浦健太郎首相補佐官(中央)とドラムドルジ国防副大臣(右)=28日、ウランバートル郊外(共同)

    商品コード: 2018082821020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月28日
    閉会式の兵士と隊員ら モンゴルPKO充実へ視察

    ウランバートル郊外の訓練場で行われた閉会式に参加するモンゴル軍兵士(左端)と陸上自衛隊員(左から2人目)ら=28日(共同)

    商品コード: 2018082821067

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した蓮の形をした排水口。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400489

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある貯蔵庫の入口。(4月18日撮影)中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は3本の川に囲まれており、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地にある遺跡は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、ここで繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の構図を変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われている。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400499

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した衙署水池遺跡。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400547

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した貯水池の上の精巧なレリーフ。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400511

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年05月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の防御体制。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600451

  •  36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    2019年05月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の南一字城。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600421

  •  「新華社」36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者
    01:45.88
    2019年05月24日
    「新華社」36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。合川区は重慶市の北の玄関口で、嘉陵江、渠江、涪江がここで交わり、長江上流の要衝となっている。1258年、モンゴル軍が三方から南宋に進攻し、向かうところ敵なしのモンゴル帝国第4代皇帝モンケ率いる主力部隊が、四川北部のほとんどの地域を攻め落とした。ところが、予想外だったのは、翌年の釣魚城の戦いだ。ユーラシア大陸を縦横無尽に戦ってきたモンゴルの騎馬隊が、この地で粘り強い抵抗に遭った。ある歴史学者は「13世紀はモンゴル人の世紀だった」という。1206年、テムジンがモンゴル高原の多くの部族を降伏させてモンゴル帝国を建国し、チンギス・ハンとして即位した。その後、わずか数十年で、チンギス・ハンとその子孫は、武力による拡張により、ユーラシア大陸の大部分の地域をモンゴル軍の蹄鉄の下に陥落させた。袁氏は釣魚城の戦いが世界の歴史の変遷に与えた影響について、「戦争の構図と社会・文化の両面だ」と指摘。戦争の構図については、モンケがこの戦いで「砲風」(砲口からの衝撃波)を浴びて負傷し、死亡したことを挙げ、南宋軍が使用した「鉄火雷」がモンゴル人によってアラブ世界に持ち込まれ、その後、アラブから欧州に伝わり、欧州の火器や鉄砲の発展に大きく貢献したとの見解を示した。多くの学者は、釣魚城の戦いがモンゴル軍を欧州からアジアの草原に撤退させ、事実上、欧州やアラブの文明を間接的に救ったことで、世界の勢力図や歴史に大きな影響を与えたとの見方を示している。(記者/劉恩黎)<映像内容>釣魚城の戦いについて、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402919

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月14日
    Mongolia Daily Life

    14.08.2019 A Russian serviseman sits on a T-72 tank before the start of joint drills with Mongolian servicemen, in Khentii Province, Mongolia. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103211

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月14日
    Mongolia Daily Life

    14.08.2019 An armoured personnel carrier and a T-72 tank are brought to the training ground before the start of joint drills with Mongolian servicemen, in Khentii Province, Mongolia. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103225

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月14日
    Mongolia Daily Life

    14.08.2019 Russian servisemen sit on a T-72 tank before the start of joint drills with Mongolian servicemen, in Khentii Province, Mongolia. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103146

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月14日
    Mongolia Daily Life

    14.08.2019 Russian servisemen sit on T-72 tanks before the start of joint drills with Mongolian servicemen, in Khentii Province, Mongolia. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103303

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstone of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles is seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103278

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstones of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles are seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103218

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstone of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles is seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103171

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The view inside the Victorey Museum, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103174

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 A worker takes a rest on the porch of the building under construction at Khalkhyn Gol district center, some 900 km east from Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. The district center construction is to be completed by September 3 to mark the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103200

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The view inside the Victorey Museum, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103279

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstones of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles are seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103277

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstone of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles is seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103310

  •  Mongolia Daily Life
    2019年08月16日
    Mongolia Daily Life

    16.08.2019 The tombstone of the memorial commemorating victims of the Khalkhyn Gol battles is seen in a field, some 900 km east of Ulaanbaatar, near Mongolian-Chinese border, Mongolia. This year marks the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battles of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082103205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月02日
    追撃されるモンゴル軍 関東軍、情報不足で楽観

    ノモンハンで、日本軍兵士(手前)に追撃されるモンゴル軍兵士=1939年6月(ACME)

    商品コード: 2019090201010

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga toast during a reception marking 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II, in Ulaanbaatar, Mongolia. Russian Deputy Prime Minister Alexei Gordeyev, is at right. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402811

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga take part in a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090403066

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga talk during a reception marking the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II, in Ulaanbaatar, Mongolia. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402940

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga talk to veterans after a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090403068

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Honour guards salute during a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402766

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga take part in a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402806

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga take part in a wreath laying ceremony at the monument to famous, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090403060

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Dancers perform during a reception marking 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II, in Ulaanbaatar, Mongolia. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402916

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin and Mongolian President Khaltmaagiin Battulga shake hands with veterans after a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402907

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Russian President Vladimir Putin shakes hands with veterans after a wreath laying ceremony at the monument to Soviet World War Two commander Marshal Georgy Zhukov, in Ulaanbaatar, Mongolia. September 3, 2019 is the 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402765

  •  Mongolia Russia
    2019年09月03日
    Mongolia Russia

    03.09.2019 Dancers perform during a reception marking 80th anniversary of the Soviet-Mongolian victory against Japanese forces at the battle of Khalkhyn Gol, also known as Nomonhan, at the beginning of World War II, in Ulaanbaatar, Mongolia. Mikhail Klimentyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402818

  •  (1)中国人民解放軍がモンゴル軍に援助のコロナワクチン、ウランバートルで引き渡し式
    2021年02月24日
    (1)中国人民解放軍がモンゴル軍に援助のコロナワクチン、ウランバートルで引き渡し式

    23日、ウランバートルのモンゴル国防省で、新型コロナワクチン援助に関する協定に調印する中国の柴文睿駐モンゴル大使(左)とモンゴルのサイハンバヤル国防相。中国人民解放軍がモンゴル軍に無償援助した新型コロナウイルスワクチンの引き渡し式が23日、首都ウランバートルの国防省で行われた。中国の柴文睿(さい・ぶんえい)駐モンゴル大使とモンゴルのサイハンバヤル国防相が出席した。(ウランバートル=新華社記者/阿斯鋼)= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400475

  •  (2)中国人民解放軍がモンゴル軍に援助のコロナワクチン、ウランバートルで引き渡し式
    2021年02月24日
    (2)中国人民解放軍がモンゴル軍に援助のコロナワクチン、ウランバートルで引き渡し式

    23日、ウランバートルのモンゴル国防省で、モンゴルのサイハンバヤル国防相(右)に新型コロナワクチンのサンプルを渡す中国の柴文睿駐モンゴル大使。中国人民解放軍がモンゴル軍に無償援助した新型コロナウイルスワクチンの引き渡し式が23日、首都ウランバートルの国防省で行われた。中国の柴文睿(さい・ぶんえい)駐モンゴル大使とモンゴルのサイハンバヤル国防相が出席した。(ウランバートル=新華社記者/阿斯鋼)= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022400477

  •  1,600 personnel participate in Mongolia-Russia joint military exercise
    01:07.84
    2021年09月28日
    1,600 personnel participate in Mongolia-Russia joint military exercise

    STORY: 1,600 personnel participate in Mongolia-Russia joint military exerciseDATELINE: Sept. 28, 2021LENGTH: 00:01:08LOCATION: Ulan BatorCATEGORY: MILITARYSHOTLIST:1. various of Mongolia-Russia joint military exerciseSTORYLINE:A total of 1,600 military personnel, including 592 Russian troops, are participating in the Mongolia-Russia joint tactical drill “Selenge-2021,“ the Mongolian Armed Forces (MAF) said Tuesday. This year‘s edition of the annual military exercise is underway at a training ground in the central Mongolian province of Tuv under the theme “Preparing and organizing counter-terrorism operations.“ The participants “are strictly following all health protocols to prevent the COVID-19 infections,“ the MAF said in a statement. The joint military exercise, which began on Sept. 22, is expected to last until Oct. 5. The military drill has been alternately.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092913149

  •  (15)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省
    2022年02月10日
    (15)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    宋元崖門海戦文化観光区にある大忠祠。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の大型海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・モンゴル戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍とモンゴル軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004788

  •  (5)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省
    2022年02月10日
    (5)「崖山の戦い」古戦場を訪ねて広東省

    崖山祠と崖門水道。(2021年6月7日撮影)中国広東省江門市新会区の宋元崖門海戦文化観光区は、中国初の大型海戦がテーマの観光地で、700年余り前の南宋・モンゴル戦争の海戦「崖山(がいざん)の戦い」の古戦場に建設された。観光区内には崖山祠や宋元決戦古戦場、楊太后(南宋度宗の妃で端宗の母)陵園などの名所がある。嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)第一碑とされる「慈元廟碑」など貴重な石碑も12基あり、宋代の銅銭や宋代、元代の武器などの遺物も出土している。崖山の戦いは、宋元崖門海戦とも呼ばれ、1279年に宋軍とモンゴル軍との間に起きた。中国史でも珍しい大海戦として知られる。この戦いで南宋最後の皇帝、祥興帝が入水したことで南宋は滅びた。崖山は新会区の南約50キロの崖門鎮にある。東の崖山、西の湯瓶山の稜線が達し、水道をふさぐ半開きの門の形をしていることから崖門とも呼ばれる。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021004649

  •  (16)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (16)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/蒲柯穎)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206519

  •  (24)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (24)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    瑞光寺と瑞光塔。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120207293

  •  (3)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (3)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の城壁。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206292

  •  (22)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (22)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の碑刻(清光緒年間)。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206591

  •  (21)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (21)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城のの碑刻。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206576

  •  (8)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (8)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/蒋永平)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206447

  •  (6)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (6)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城遺跡の南城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206446

  •  (7)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (7)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の南城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206448

  •  (12)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (12)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の城壁。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206450

  •  (9)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (9)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の甕城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206452

  •  (2)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (2)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の北城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206442

  •  (1)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (1)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の北城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/蒋永平)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206267

  •  (15)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (15)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の南城門。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/蒋永平)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206520

  •  (14)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (14)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の遺構。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206521

  •  (23)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (23)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206736

  •  (25)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (25)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    瑞光塔。(2017年4月5日撮影)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/李健)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120207578

  •  (4)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (4)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の慈雲寺。(2015年11月15日撮影)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/白桂斌)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206317

  •  (19)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (19)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城。(2020年4月28日撮影)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206577

  •  (11)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (11)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の一字壁。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206449

  •  (5)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (5)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雲頂石城の城壁から見た沱江。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206440

  •  (10)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (10)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    慈雲寺の蔵経楼。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信/蒋永平)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206470

  •  (18)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (18)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した雲頂石城。(2021年1月7日)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206547

  •  (17)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (17)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    慈雲寺の秋景色。(2016年11月16日撮影)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206535

  •  (20)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市
    2022年12月02日
    (20)南宋時代の要衝「雲頂石城」を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した雲頂石城。(資料写真)中国四川省成都市金堂県の雲頂石城は、同省中部を流れる沱江(だこう、長江上流の支流)の金堂峡にある。四川省の東部と西部の境界に位置する要衝であり、同省の省都、成都の北東の門戸でもあった。13世紀の宋・モンゴル戦争の時代、四川では南宋の四川安撫制置使、余玠(よ・かい)が山城による防衛体制を敷いたが、1243年に築かれた雲頂石城も15年にわたり要害を守り、蜀(四川)を取って宋を滅ぼそうとするモンゴル軍の計画を妨害した。同城は、中国で現存する保存状態の最も良い宋元時代の山城遺跡で、山頂には1800年余りの歴史を持つ慈雲寺、山麓には当時の軍政区の一つ、懐安軍の遺跡がある。川辺に立つ瑞光塔は国家重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。これらはいずれも、雲頂石城の戦略上の要所となっていた。雲頂石城は現在、同市合川区の釣魚城と共同で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録を申請している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120206636

  •  2023 Khaan Quest Mini Naadam Festival
    2023年06月29日
    2023 Khaan Quest Mini Naadam Festival

    June 29, 2023 - Five Hills Training Area, Mongolia - Members of the Mongolian Military Song and Dance Academic Ensemble perform during the Khaan Quest Naadam Festival June 30, 2023, at the Five Hills Training Area, Mongolia. Khaan Quest is a multinational exercise co-sponsored by U.S. Indo-Pacific Command and hosted annually by the Mongolian Armed Forces. (Credit Image: © Alaska National Guard/ZUMA Press Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Alaska National Guard/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070910151

  • 1