KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • ヤギ
  • 令和
  • 保護
  • 増加
  • 崖州
  • 建設
  • 役割
  • 後退
  • 方法

「ヤギ目」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年03月17日
    崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)=配信日:2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041503572

  • 2021年04月14日
    (18)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501623

  • 2021年04月14日
    (17)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501624

  • 2021年04月14日
    (11)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041501619

  • 1