KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 位置
  • 国家
  • 西蔵自治区
  • 集団
  • オグロヅル
  • 越冬
  • 下流
  • 中核

「ヤルンツァンポ川」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
122
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
122
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年09月28日
    川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋、接合に成功

    28日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の重要な代表的プロジェクト、蔵木特大橋。(小型無人機から)最後の鋼管アーチの位置合わせと固定が28日午前10時頃完了し、中国四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋が接合に成功した。橋の主体構造工事が重要な勝利を収めたことを意味し、期日通りの同区間全線開通に向け堅実な基盤を築いた。同橋は中国中鉄広州局集団が建設を請け負い、アーチの高さは112メートルで水深66メートルのヤルンツァンポ川(雅魯蔵布江)に架かっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120778

  • 2018年09月28日
    川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋、接合に成功

    28日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の重要な代表的プロジェクト、蔵木特大橋。(小型無人機から)最後の鋼管アーチの位置合わせと固定が28日午前10時頃完了し、中国四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋が接合に成功した。橋の主体構造工事が重要な勝利を収めたことを意味し、期日通りの同区間全線開通に向け堅実な基盤を築いた。同橋は中国中鉄広州局集団が建設を請け負い、アーチの高さは112メートルで水深66メートルのヤルンツァンポ川(雅魯蔵布江)に架かっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120772

  • 2018年09月28日
    川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋、接合に成功

    28日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の重要な代表的プロジェクト、蔵木特大橋。(小型無人機から)最後の鋼管アーチの位置合わせと固定が28日午前10時頃完了し、中国四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋が接合に成功した。橋の主体構造工事が重要な勝利を収めたことを意味し、期日通りの同区間全線開通に向け堅実な基盤を築いた。同橋は中国中鉄広州局集団が建設を請け負い、アーチの高さは112メートルで水深66メートルのヤルンツァンポ川(雅魯蔵布江)に架かっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120749

  • 2018年09月28日
    川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋、接合に成功

    28日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の重要な代表的プロジェクト、蔵木特大橋。最後の鋼管アーチの位置合わせと固定が28日午前10時頃完了し、中国四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋が接合に成功した。橋の主体構造工事が重要な勝利を収めたことを意味し、期日通りの同区間全線開通に向け堅実な基盤を築いた。同橋は中国中鉄広州局集団が建設を請け負い、アーチの高さは112メートルで水深66メートルのヤルンツァンポ川(雅魯蔵布江)に架かっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120734

  • 2018年09月28日
    川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋、接合に成功

    28日、川蔵鉄道ラサ‐ニンティ区間の重要な代表的プロジェクト、蔵木特大橋の接合完了式典会場。最後の鋼管アーチの位置合わせと固定が28日午前10時頃完了し、中国四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵鉄道のラサ‐ニンティ区間の蔵木特大橋が接合に成功した。橋の主体構造工事が重要な勝利を収めたことを意味し、期日通りの同区間全線開通に向け堅実な基盤を築いた。同橋は中国中鉄広州局集団が建設を請け負い、アーチの高さは112メートルで水深66メートルのヤルンツァンポ川(雅魯蔵布江)に架かっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120787

  • 2018年10月01日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    1日、ヤルンツァンポ川の岸辺で写真を撮る観光客。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600306

  • 2018年10月01日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    1日、ヤルンツァンポ川沿岸の村と畑。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600327

  • 2018年10月01日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    1日、ヤルンツァンポ川の沿岸に広がる美しい秋景色。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600312

  • 2018年10月01日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    1日、ヤルンツァンポ川の沿岸に広がる美しい秋景色。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600324

  • 2018年10月01日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    1日、ヤルンツァンポ川の沿岸に広がる畑。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600310

  • 2018年10月02日
    深まる秋の趣溢れるチベット自治区ヤルンツァンポ川

    2日、空から見たヤルンツァンポ川沿岸の村。(小型無人機から)秋が深まるにつれて、中国チベット自治区に位置するヤルンツァンポ川の沿岸では草木が黄色みを帯び、秋の深まりを感じさせる光景をあちこちで見ることができる。(ラサ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600375

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703654

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703740

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703660

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703598

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703730

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703724

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702942

  • 2018年12月23日
    ヤルンツァンポ川流域に霧氷が出現チベット自治区

    23日、ヤルンツァンポ川流域に広がる霧氷の風景。中国チベット自治区を流れる雅魯蔵布江(ヤルンツァンポ川)流域にこのほど、霧氷が現れ、独特な風景を作り出した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703641

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に用意されたナクチュ市双湖県の牧畜民のための新居。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602664

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、移住先に向かうチベット自治区ナクチュ市双湖県の牧畜民。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602699

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、チベット自治区ナクチュ市双湖県から移住する牧畜民を乗せた車の列。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602715

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、チベット自治区ナクチュ市双湖県から移住する牧畜民を乗せた車の列。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602721

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、チベット自治区ナクチュ市双湖県から移住する牧畜民を乗せた車の列。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602654

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、新居の前に立つチベット自治区ナクチュ市双湖県の牧畜民。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602707

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、移住してきた新しい住民を迎えるゴンカル県の人々。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602704

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、チベット自治区ナクチュ市双湖県から移住する牧畜民を乗せた車の列。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602646

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、移住してきた新しい住民を迎えるゴンカル県の人々。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602703

  • 2019年12月23日
    チベット自治区高地の牧畜民、集団で南部へ生態移住

    23日、チベット自治区ナクチュ市双湖県から移住する牧畜民を乗せた車の列。中国チベット自治区ナクチュ市双湖県嘎措郷、措折羌瑪郷、雅曲郷の住民計2900人がこのほど、平均標高が5千メートルの故郷に別れを告げ、約千キロ離れた標高の比較的低い蔵南地区ヤルンツァンポ川南岸に位置するゴンカル県に移住した。これはチベット自治区が数年にわたり実施している高海抜生態移住プロジェクトの一環。今回の移住は、移住者数が最も多く、移動距離も過去最長となった。(チベット=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602712

  • 2020年08月15日
    「新華社」ラサ・ニンティ鉄道の供電用架線網を設置チベット自治区

    15日、ヤルンツァンポ川を渡る定張力方式の架線車。中国チベット自治区山南市サンリ県で15日、中鉄電気化局集団の作業員がラサ・ニンティ鉄道の沢当・サンリ区間にあるヤルンツァンポ川絨(じゅう)郷特大橋の供電用架線網の架設に成功し、定張力方式を採用した延線車が順調にヤルンツァンポ川を渡った。同川を跨ぐ形で供電用架線網が架設されるのは、これで2度目となる。ラサ・ニンティ鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロ。同鉄道の電化工事は現在、全面的に進められている。(山南=新華社配信/任富陽)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803537

  • 2020年08月15日
    「新華社」ラサ・ニンティ鉄道の供電用架線網を設置チベット自治区

    15日、定張力方式の架線車で供電用架線網の架設作業を行う中鉄電気化局集団の作業員。中国チベット自治区山南市サンリ県で15日、中鉄電気化局集団の作業員がラサ・ニンティ鉄道の沢当・サンリ区間にあるヤルンツァンポ川絨(じゅう)郷特大橋の供電用架線網の架設に成功し、定張力方式を採用した延線車が順調にヤルンツァンポ川を渡った。同川を跨ぐ形で供電用架線網が架設されるのは、これで2度目となる。ラサ・ニンティ鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロ。同鉄道の電化工事は現在、全面的に進められている。(山南=新華社配信/任富陽)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803614

  • 2020年08月15日
    「新華社」ラサ・ニンティ鉄道の供電用架線網を設置チベット自治区

    15日、供電用架線網の架設作業を行う中鉄電気化局集団の作業員。中国チベット自治区山南市サンリ県で15日、中鉄電気化局集団の作業員がラサ・ニンティ鉄道の沢当・サンリ区間にあるヤルンツァンポ川絨(じゅう)郷特大橋の供電用架線網の架設に成功し、定張力方式を採用した延線車が順調にヤルンツァンポ川を渡った。同川を跨ぐ形で供電用架線網が架設されるのは、これで2度目となる。ラサ・ニンティ鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロ。同鉄道の電化工事は現在、全面的に進められている。(山南=新華社配信/任富陽)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803579

  • 2020年08月15日
    「新華社」ラサ・ニンティ鉄道の供電用架線網を設置チベット自治区

    15日、供電用架線網の架設作業を行う中鉄電気化局集団の作業員。中国チベット自治区山南市サンリ県で15日、中鉄電気化局集団の作業員がラサ・ニンティ鉄道の沢当・サンリ区間にあるヤルンツァンポ川絨(じゅう)郷特大橋の供電用架線網の架設に成功し、定張力方式を採用した延線車が順調にヤルンツァンポ川を渡った。同川を跨ぐ形で供電用架線網が架設されるのは、これで2度目となる。ラサ・ニンティ鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロ。同鉄道の電化工事は現在、全面的に進められている。(山南=新華社配信/任富陽)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803637

  • 2020年08月15日
    「新華社」ラサ・ニンティ鉄道の供電用架線網を設置チベット自治区

    15日、供電用架線網の架設作業を行う中鉄電気化局集団の作業員。中国チベット自治区山南市サンリ県で15日、中鉄電気化局集団の作業員がラサ・ニンティ鉄道の沢当・サンリ区間にあるヤルンツァンポ川絨(じゅう)郷特大橋の供電用架線網の架設に成功し、定張力方式を採用した延線車が順調にヤルンツァンポ川を渡った。同川を跨ぐ形で供電用架線網が架設されるのは、これで2度目となる。ラサ・ニンティ鉄道はチベット自治区初の電気鉄道で、全長435キロ、設計時速は160キロ。同鉄道の電化工事は現在、全面的に進められている。(山南=新華社配信/任富陽)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803639

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505423

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505445

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ラサ・ニンティ鉄道建設のためヤルンツァンポ川に架設された蔵木特大橋。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505714

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505507

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505686

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員、趙潤沢(ちょう・じゅんたく)さん。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505904

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505805

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ラサ・ニンティ鉄道建設のためヤルンツァンポ川に架設された蔵木特大橋。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505416

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ラサ・ニンティ鉄道建設のためヤルンツァンポ川に架設された蔵木特大橋。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505589

  • 2020年09月20日
    ラサ・ニンティ鉄道の蔵木特大橋でレール敷設工事チベット自治区

    20日、中国チベット自治区山南市ギャツァ県で、ヤルンツァンポ川に架かる蔵木特大橋にレールを敷設する中鉄十一局集団の技術員。中国チベット自治区で建設中のラサとニンティ(林芝)を結ぶラサ・ニンティ鉄道のヤルンツァンポ川蔵木特大橋で20日、レール敷設工事が行われた。同鉄道は総延長435キロ、設計時速が160キロで、全体の75%を橋とトンネルが占める。2021年に竣工・開通を予定している。(山南=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505736

  • 2020年12月15日
    (1)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県カルツェ(卡孜)郷の農地で羽を休めるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300387

  • 2020年12月15日
    (11)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300390

  • 2020年12月15日
    (7)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/黄豁)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300447

  • 2020年12月15日
    (6)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区で羽を休めるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300373

  • 2020年12月15日
    (5)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区に飛来したオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/黄豁)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300388

  • 2020年12月15日
    (8)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300462

  • 2020年12月15日
    (2)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の野原でくつろぐオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/黄豁)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300436

  • 2020年12月15日
    (3)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区内の農地で舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300417

  • 2020年12月15日
    (4)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/黄豁)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300374

  • 2020年12月15日
    (9)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300435

  • 2020年12月15日
    (10)ルンドゥプ県にオグロヅルが多数飛来チベット自治区

    12日、ルンドゥプ県の自然保護区上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区でこのところ、越冬のため飛来するオグロヅルが増えている。同自然保護区は1993年設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核をなしており、毎年11月末から12月初旬になると、多くのオグロヅルが飛来する。(ラサ=新華社記者/黄豁)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300465

  • 2021年01月06日
    (6)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県自然保護区の上空を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701360

  • 2021年01月06日
    (5)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで羽を広げるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701354

  • 2021年01月06日
    (4)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県自然保護区を舞うオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701358

  • 2021年01月06日
    (3)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで過ごすオグロヅルの群れ。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701355

  • 2021年01月06日
    (2)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムでくつろぐオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701356

  • 2021年01月06日
    (1)ルンドゥプ県でオグロヅルが越冬チベット自治区

    3日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェダムで羽を休めるオグロヅル。中国チベット自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県の自然保護区ではこのところ、多くのオグロヅルが羽を休めている。同自然保護区は1993年に設立され、2003年に国家級自然保護区となった。ヤルンツァンポ川中流域に設けられた自然保護区の中核を成しており、毎年11月末から12月初旬に多くのオグロヅルが越冬のため飛来する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701357

  • 2021年02月04日
    (5)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    1日、雅尼国家湿地公園の上空を飛ぶオグロヅル。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402142

  • 2021年02月04日
    (8)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園の上空を飛ぶアカツクシガモ。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402149

  • 2021年02月04日
    (4)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園の一角。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402140

  • 2021年02月04日
    (6)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園の景色を望遠鏡で眺める観光客。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402150

  • 2021年02月04日
    (1)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園に飛来した水鳥の群れ。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402136

  • 2021年02月04日
    (2)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園の一角。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402137

  • 2021年02月04日
    (3)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    2日、雅尼国家湿地公園に飛来したインドガン。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402139

  • 2021年02月04日
    (7)雅尼国家湿地公園の冬景色チベット自治区

    1日、雅尼国家湿地公園で休息するオグロヅル。山々に囲まれた中国チベット自治区の雅尼国家湿地公園に、多くの渡り鳥が越冬のため飛来している。同公園はニンティ(林芝)市の巴宜区とメンリン(米林)県にまたがり、ヤルンツァンポ川と尼洋(ニャン)川の合流地点になる。水面の平均標高は2920メートル。(ニンティ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020402146

  • 2021年03月07日
    チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    チベット自治区山南市のヤルンツァンポ川北側地区で植林に使用する苗。(3月7日撮影)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社配信)=2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060905001

  • 2021年06月02日
    チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、空から見たヤルンツァンポ川。(小型無人機から)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060905020

  • 2021年06月02日
    チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、木の苗の生育状況を調査するチベット自治区山南市ゴンカル県吉雄鎮劉瓊(りゅうけい)村の村民。中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060905023

  • 2021年06月02日
    チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、チベット自治区山南市ダナン県サムイェー鎮。(小型無人機から)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904983

  • 2021年06月07日
    (1)チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、木々に覆われた、チベット自治区山南市を流れるヤルンツァンポ川山南区間。(小型無人機から)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060710933

  • 2021年06月07日
    (7)チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、木の苗に水をやるチベット自治区山南市ゴンカル県吉雄鎮劉瓊(りゅうけい)村の村民。中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060712120

  • 2021年06月07日
    (4)チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    2日、チベット自治区山南市を流れるヤルンツァンポ川沿岸の砂漠化が深刻な山肌で、植林を行う付近の村の人々。(小型無人機から)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060712114

  • 2021年06月07日
    (5)チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    チベット自治区山南市のヤルンツァンポ川河谷地帯で、砂の移動を防ぐ「草方格」を手入れする村の人々。(2019年7月14日に撮影)中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。(ラサ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060712117

  • 01:05.25
    2021年06月08日
    「新華社」チベットの「母なる川」沿岸に緑のプロムナード

    中国チベット自治区の高原地帯を流れるヤルンツァンポ川は同自治区最長の河川で、地元の人々にとって「母なる川」でもある。同川の山南市区間の沿岸部は、かつて風砂(風と砂ぼこり)による土壌侵食にさらされていたが、約40年にわたる人々の努力の結果、今では青々とした木々に覆われた「緑のプロムナード」が構築されている。同市林業・草原局の石振威(せき・しんい)副局長によると、同市では第13次5カ年規画(2016~20年)期間中、生態系を守るための防壁となる防砂林を65万6600ムー(約4万3773ヘクタール)設け、植林を40万1700ムー(2万6780ヘクタール)行ったほか、育林のため17万6200ムー(1万1746ヘクタール)の樹木の伐採を禁じた。同自治区気象局のモニタリング資料によると、同川の河谷地帯にあるラサ・クンガ国際空港では、深刻な被害を及ぼすレベルの風砂は年々減少傾向にあるという。また、ラサ市の大気の状態は長年にわたり概ね良好で、2020年1~10月に大気の質が「優良」だった日は94・4%に達した。こうした状況は、同川沿岸の植林活動と密接に関係している。山南市は、平均標高が3500メートルを超え、年間降雨量もわずか300ミリで、市内のほとんどで「造林不可能」とされてきた。だが、地元林業部門が1983年から同川沿岸で植林活動を実施、人工造林に成功した。その後、国は継続的に資源の投入を拡大し、高水準植林プロジェクトを広域的に実施してきた。(記者/洛卓嘉措、旦増尼瑪曲珠) =配信日: 2021(令和3)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060805281

  • 2021年07月30日
    (2)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    20日、ニンティ市の尼洋閣(奥に見える楼閣)周辺の湿地。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106328

  • 2021年07月30日
    (13)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    摘みたての唐辛子を見せるニンティ市朗(ナン)県洞嘎鎮滾村の村民。(2020年7月27日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106329

  • 2021年07月30日
    (11)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ニンティ市察隅(ザユル)県を流れる察隅川水磨岩峡谷。(2020年4月6日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/侯捷)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106337

  • 2021年07月30日
    (16)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    夕日に照らされるナムチャバルワ峰。(2017年12月24日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社配信/欒遠春)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106346

  • 2021年07月30日
    (10)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    アミガサタケを摘み取るニンティ市波密(ポメ)県扎木鎮巴瓊村の村民。(2018年5月5日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106348

  • 2021年07月30日
    (4)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    易貢国家地質公園を飛ぶアマサギ。(5月22日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106324

  • 2021年07月30日
    (7)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ラサーニンティ高等級道路。(4月4日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106334

  • 2021年07月30日
    (3)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    21日、ニンティ市巴宜区ニンティ鎮嘎拉村の風景。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106331

  • 2021年07月30日
    (8)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    上:19日、ニンティ市の景色。(小型無人機から、ラサ=新華社記者/普布扎西)下:6月4日、ニンティ市の夜景。(小型無人機から、組み合わせ写真、ラサ=新華社配信/董志雄)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106322

  • 2021年07月30日
    (14)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ニンティ市の草地で羽を休めるオグロヅル。(3月26日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社配信/張寧)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106333

  • 2021年07月30日
    (15)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    22日、空から見たニンティ駅。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106339

  • 2021年07月30日
    (5)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    空から見たヤルンツァンポ川畔のニンティ市墨脱(メトク)県徳興郷巴登則村。(2月9日撮影、小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106391

  • 2021年07月30日
    (6)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    モモの花とナムチャバルワ峰。(3月28日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106343

  • 2021年07月30日
    (9)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ニンティ市墨脱(メトク)県の果果塘茶園で茶を摘む農家の人。(2020年9月19日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106357

  • 2021年07月30日
    (12)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ニンティ市米林(メンリン)県のロッパ族女性。(2017年9月4日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106362

  • 2021年07月30日
    (1)「太陽の玉座」ニンティ市チベット自治区

    ラサ-ニンティ鉄道を走る「復興号」。(6月16日撮影)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市は、自治区南東部を流れるヤルンツァンポ川の下流に位置し、平均標高は3100メートル。中国で最もよく保護されている原始林の一つがあり、森林被覆率は53・6%に上る。ニンティはチベット語で「太陽の玉座」を意味する。同市の域内総生産(GDP)は、2015年の104億3300万元(1元=約17円)から2020年の191億3400万元と年平均9%の伸び率で増加した。この5年間で同市を訪れた観光客は累計3200万人、観光収入は240億元を超え、知名度と評価は今も向上し続けている。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106330

  • 2021年09月15日
    (11)秋到来鮮やかな風景広がる西蔵自治区

    ニンティ(林芝)市を流れるヤルンツァンポ川のほとりに咲き誇る花々。(8月30日撮影)秋を迎えた中国西蔵(シーザン)自治区には、訪れた人たちを魅了する色鮮やかな風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(令和3)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091506488

  • 2021年11月30日
    (1)西蔵自治区、草原の総合植生被覆率が47%超に

    シガツェ市ドンパ県のヤルンツァンポ川源流域の草原を歩くヤク。(2018年9月12日撮影)中国西蔵(シーザン)自治区は、青海チベット高原の主要部分を占め、全国で最大の草原面積を持つ。国の生態系の安全を維持する上で重要な役割を果たしている。同自治区は第13次5カ年規画(2016~20年)期間中、森林と草原の生態保護と整備に202億3千万元(1元=約18円)を投じ、砂漠化の防止と管理▽農地や放牧地の林地や草地への還元▽重要湿地の保護と修復▽自然保護区の建設-など重点生態保護・修復プロジェクトを実施。森林・草原事業を急速に発展させた。596万4800ムー(約39万8千ヘクタール)の森林造営により、森林被覆率は12・1%から12・3%に上昇し、草原の総合植生被覆率も42・3%から47・1%に向上した。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113011769

  • 2022年01月07日
    西蔵自治区、47・5万ヘクタールの土地緑化を完了

    西蔵自治区を流れるヤルンツァンポ川沿いに広がる緑。(資料写真)中国西蔵(シーザン)自治区でこのほど開かれた第11期人民代表大会第5回会議で、同自治区では現在までに712万3千ムー(約47万5千ヘクタール)の土地緑化を完了したことが分かった。(ラサ=新華社配信/索朗羅布)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010710280

  • 2022年01月17日
    (6)ヤルンツァンポ大峡谷の雄大な雪景色西蔵自治区

    14日、西蔵自治区ニンティ市メンリン県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷に広がる雪景色。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷一帯で14日、雪が降り、一面の銀世界となったヤルンツァンポ川とナムチャバルワ峰が雄大さをいっそう際立たせていた。(ラサ=新華社配信/董志雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011708913

  • 2022年01月17日
    (1)ヤルンツァンポ大峡谷の雄大な雪景色西蔵自治区

    14日、西蔵自治区ニンティ市メンリン県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷に広がる雪景色。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷一帯で14日、雪が降り、一面の銀世界となったヤルンツァンポ川とナムチャバルワ峰が雄大さをいっそう際立たせていた。(ラサ=新華社配信/董志雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011708895

  • 2022年01月17日
    (4)ヤルンツァンポ大峡谷の雄大な雪景色西蔵自治区

    14日、西蔵自治区ニンティ市メンリン県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷に広がる雪景色。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県派鎮のヤルンツァンポ大峡谷一帯で14日、雪が降り、一面の銀世界となったヤルンツァンポ川とナムチャバルワ峰が雄大さをいっそう際立たせていた。(ラサ=新華社配信/董志雄)= 配信日: 2022(令和4)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011708899

  • 1
  • 2