KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 草原
  • 位置
  • 群れ
  • 放牧
  • 五胡十六国時代
  • 改善
  • 歴史

「ユグル族」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
267
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
267
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年07月16日
    舞踊を披露するユグル族 少数民族を観光資源に

    民俗舞踊を披露するユグル族の女性たち=6月、中国甘粛省張掖市粛南県(共同)

    商品コード: 2015071600467

  • 2015年07月16日
    笑顔のユグル族 少数民族を観光資源に

    笑顔で取材に応じるユグル族のお年寄り=6月、中国甘粛省張掖市粛南県(共同)

    商品コード: 2015071600471

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212004

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212108

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212075

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011811

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211991

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011752

  • 2019年02月09日
    2019年春節期間中の国内観光客、延べ4億1500万人

    9日、甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷にある青稞地村で、雪景色を楽しむ観光客。10日、中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、2019年の春節(旧正月)期間中に全国を訪れた国内観光客数は前年比7・6%増の延べ4億1500万人で、国内観光収入は8・2%増の5139億元(1元=約16円)だった。(張掖=新華社配信/王将)=2019(平成31)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021218186

  • 01:09.14
    2019年04月17日
    「新華社」「外星谷」の独特な景観に感嘆甘粛省張掖市

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県康白集鎮内にある「外星谷」星間テーマ地質公園(ジオパーク)は、地形や景観が独特で、見る人をまるで宇宙にいるかのような気持ちにさせる。同園を訪れた人はこの地のさまざまな姿を目の当たりにし、大自然の神秘的な魅力を知ることになる。自然の造形の素晴らしさには感嘆せずにいられない。(記者/范培珅、馬莎)<映像内容>中国の「外星谷」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701313

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503194

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503321

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503202

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503317

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503330

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503344

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503334

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503200

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503325

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503247

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503298

  • 2019年07月20日
    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省

    20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503191

  • 00:26.94
    2019年09月12日
    「新華社」9月の雪に覆われた草原甘粛省

    中国甘粛省ではここ数日、大部分の地区で雨が降り、気温が低下した。同省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の康楽草原では12日、雨や雪が降り、そびえ立つ祁連(きれん)山脈は白くかすんだ。見渡す限り雪に覆われた草原で牛や羊が草をはみ、別世界のように幻想的な風景となった。粛南ユグル族自治県で雪が降るのはこの秋初めてだという。(甘粛粛南オムニメディアセンター提供)<映像内容>中国甘粛省の雪景色、撮影日:2019(令和元)年9月12日、クレジット:甘粛粛南オムニメディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206529

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101714

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101751

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101715

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101682

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、祁連山の秋の風景。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206925

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、祁連山の秋の風景。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206929

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、祁連山の秋の風景。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206959

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、黄色に染まった祁連山麓の草原。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206930

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、黄色に染まった祁連山麓の草原。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206822

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101743

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101875

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に広がる草原。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/何問)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101757

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、祁連山の秋の風景。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206845

  • 2019年09月27日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月27日、粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に広がる草原。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社記者/王博)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206957

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市

    27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101858

  • 2019年09月28日
    秋の色に染まる祁連山甘粛省張掖市

    9月28日、粛南ユグル族自治県に広がる祁連山の秋の風景。中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では秋が深まる中、黄色に染まっていく草原や青々としたクモスギが、雪を頂く山々と相まって趣のある景観をつくり出している。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206928

  • 01:00.09
    2020年03月19日
    「新華社」いよいよ春到来!雪解け進む祁連山甘粛省

    3月に入り、中国青海省北東部と甘粛省西部の境にそびえる祁連山(きれんざん)は雪解けの時期を迎えた。ふもとに広がる同省粛南ユグル族自治県を流れる隆暢河は、今まさに冬の深い眠りから覚めようとしている。氷がとけ、河が流れ始めると、同地には流氷や氷瀑が織りなす独特の風景が作り出される。(記者/王博)<映像内容>雪解けが進む祁連山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425787

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004570

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区内には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004572

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004615

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004618

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004545

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004561

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004562

  • 2020年03月26日
    白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    26日、中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷西岔河村にそびえる巴爾斯雪山。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には6つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004546

  • 01:39.75
    2020年03月30日
    「新華社」白銀の絶景春の日差しにきらめく巴爾斯雪山甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷の西岔河村に位置する粛南巴爾斯雪山生態観光風景区がこのほど、正式に一般開放された。同風景区には六つの雪山が東西に分布しており、その中の主峰、巴爾斯雪山は標高5118メートル、春の日差しに照らされて雄大で秀麗な姿を見せている。(記者/范培珅、王博)<映像内容>甘粛省の雪山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104001

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.58
    2020年04月11日
    「新華社」国家1級保護動物クチジロジカの個体群を発見甘粛省張掖市

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の洪水壩地区でこのほど、甘粛祁連山国家級自然保護区管理局野生動物資源調査チームが国家1級保護動物のクチジロジカの群れの動画撮影に成功した。山間部の川筋を260頭以上のクチジロジカが一斉に餌を求めて移動する様子を捉えた、貴重な映像となっている。クチジロジカは中国特有の野生動物で、高地や寒冷地の山間部に生息。唇の周りと下顎が白いことから、クチジロジカと呼ばれる。今回発見されたクチジロジカの個体群数は、過去10年で最大だった。(記者/王博、張智敏)<映像内容>野生のクチジロジカの群れ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403654

  • 01:22.02
    2020年04月23日
    「新華社」チベットノロバなど希少な野生動物、祁連山脈に出現

    中国の祁連(きれん)山脈北側の麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県でこのほど、国家1級保護動物に指定されているチベットノロバの群れが餌を求めて走ったり移動したりする様子が確認された。地元ではここ数年、祁連山脈の生態保護と復元に力を入れており、森林や草木の植生被覆率は上昇を続け、生態環境が改善している。同山脈に生息する野生動物が効果的に保護され、チベットノロバやチベットガゼル、イヌワシなどの希少な野生動物の個体群数が増加を続けている。(記者/王博、張智敏)<映像内容>チベットノロバの群れ、野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803213

  • 00:40.98
    2020年05月14日
    「新華社」マーモットが道端で激しくけんか甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の職員が14日、同県大河郷西嶺村の路上で激しいけんかを繰り広げる2匹のマーモットに遭遇し、スマートフォンで動画を撮影した。(記者/范培珅、張智敏)<映像内容>路上の2匹のマーモットの様子、撮影日:2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001584

  • 01:00.50
    2020年08月21日
    「新華社」まるで地球外惑星!甘粛省「外星谷」に広がる独特な景観

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県に位置する「外星谷」星間テーマ地質公園(ジオパーク)の面積は17・34平方キロ。園内には、火星谷、水星谷、木星谷などの風景区があり、独特な形の峰、切り立った渓谷がさまざまに彩られた、中国ではまれな風景を見ることができる。(記者/范培珅、王博)<映像内容>「外星谷」星間テーマ地質公園の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082604767

  • 00:45.44
    2020年10月05日
    「新華社」彩り豊かな秋の祁連山甘粛省粛南ユグル族自治県

    10月に入った中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁連(きれん)山周辺では、はるかにそびえる雪山から草原、色とりどりの林へと秋風が吹き渡る穏やかな風景が広がっている。(記者/馬莎)<映像内容>祁連山周辺の黄葉など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100702093

  • 01:03.48
    2020年10月10日
    「新華社」まるで童話の世界、秋深まる馬蹄寺風景区甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県にある馬蹄寺風景区は、青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈の北麓に位置する。秋が深まるにつれて、赤や黄色の鮮やかな紅葉が山や草原などを彩り、まるで童話の世界に迷いこんだような幻想的で美しい風景を作り出している。(記者/馬莎)<映像内容>秋の馬蹄寺風景区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101301757

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900951

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900630

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900677

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900857

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900755

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、道路を渡る羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901036

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900825

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901006

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900947

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901035

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900680

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900671

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900824

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900832

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900621

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900954

  • 2020年10月15日
    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900607

  • 00:59.64
    2020年10月18日
    「新華社」移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省

    中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(記者/張智敏、范培珅)<映像内容>羊の移動放牧の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007305

  • 01:13.12
    2020年10月22日
    「新華社」きらめく湖、砂漠に輝く「宝石」甘粛省張掖市

    秋が深まるこの時期、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県にある湖「東海子」は、まるで砂漠に埋められたエメラルドのようなきらめきを放っている。湖面にはアシ原が揺れ、アヒルの群れが戯れ美しい風景が目を楽しませてくれる。バダインジャラン砂漠の南に広がり総面積は約4平方キロ、アカツクシガモなどの水鳥の越冬地でもある。(記者/何問、張智敏)<映像内容>東海子周辺の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302492

  • 2021年01月22日
    (4)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203895

  • 2021年01月22日
    (6)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203901

  • 2021年01月22日
    (8)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902799

  • 2021年01月22日
    (1)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902523

  • 00:42.88
    2021年01月22日
    「新華社」祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(記者/范培珅) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203902

  • 2021年01月22日
    (10)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902743

  • 2021年01月22日
    (3)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020903006

  • 2021年01月22日
    (4)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902637

  • 2021年01月22日
    (7)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020903061

  • 2021年01月22日
    (5)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203900

  • 2021年01月22日
    (3)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203899

  • 01:06.07
    2021年01月22日
    「新華社」祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(記者/范培珅) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902648

  • 2021年01月22日
    (5)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902753

  • 2021年01月22日
    (6)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902871

  • 2021年01月22日
    (9)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902534

  • 2021年01月22日
    (1)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203896

  • 2021年01月22日
    (2)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012203898

  • 2021年01月22日
    (2)祁連山国家公園に白と青のコントラスト甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県内の冬景色。(小型無人機から)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県大河郷では、山々や森林、畑を覆う白い雪と青空が鮮やかなコントラストを見せている。同区域は祁連(きれん)山国家公園に属している。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902874

  • 2021年03月22日
    (3)祁連山岩絵の守り人 甘粛省

    22日、粛南ユグル族自治県の楡木山で、岩絵の大きさを測る杜成峰さん。中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で牧畜業を営む家に生まれた杜成峰(と・せいほう)さん(45)は、高校卒業後の休暇期間に牧場近くの岩山で偶然岩絵を発見し、深く引き付けられた。以来20年余りにわたり何百キロにも及ぶ祁連(きれん)山脈を巡り、1万2千点以上の岩絵の図案を記録した。祁連山脈の岩絵の多くは狩猟や天文現象、トーテミズムなどを主題にしており、海抜2500~3千メートルの山中に分布している。最も古いものは石器時代までさかのぼるという。(張掖=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032505189

  • 2021年03月22日
    (2)祁連山岩絵の守り人 甘粛省

    22日、粛南ユグル族自治県の楡木山で、岩絵を調査する杜成峰さん。中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で牧畜業を営む家に生まれた杜成峰(と・せいほう)さん(45)は、高校卒業後の休暇期間に牧場近くの岩山で偶然岩絵を発見し、深く引き付けられた。以来20年余りにわたり何百キロにも及ぶ祁連(きれん)山脈を巡り、1万2千点以上の岩絵の図案を記録した。祁連山脈の岩絵の多くは狩猟や天文現象、トーテミズムなどを主題にしており、海抜2500~3千メートルの山中に分布している。最も古いものは石器時代までさかのぼるという。(張掖=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032503837

  • 2021年03月25日
    (4)祁連山岩絵の守り人甘粛省

    22日、粛南ユグル族自治県の楡木山で、岩絵を調べる杜成峰さん。中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で牧畜業を営む家に生まれた杜成峰(と・せいほう)さん(45)は、高校卒業後の休暇期間に牧場近くの岩山で偶然岩絵を発見し、深く引き付けられた。以来20年余りにわたり何百キロにも及ぶ祁連(きれん)山脈を巡り、1万2千点以上の岩絵の図案を記録した。祁連山脈の岩絵の多くは狩猟や天文現象、トーテミズムなどを主題にしており、海抜2500~3千メートルの山中に分布している。最も古いものは石器時代までさかのぼるという。(張掖=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032505192

  • 2021年03月25日
    (8)祁連山岩絵の守り人甘粛省

    22日、粛南ユグル族自治県の雷山で、岩絵の拓本を取る杜成峰さん。中国甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で牧畜業を営む家に生まれた杜成峰(と・せいほう)さん(45)は、高校卒業後の休暇期間に牧場近くの岩山で偶然岩絵を発見し、深く引き付けられた。以来20年余りにわたり何百キロにも及ぶ祁連(きれん)山脈を巡り、1万2千点以上の岩絵の図案を記録した。祁連山脈の岩絵の多くは狩猟や天文現象、トーテミズムなどを主題にしており、海抜2500~3千メートルの山中に分布している。最も古いものは石器時代までさかのぼるという。(張掖=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032505199

  • 1
  • 2
  • 3