KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • オカヨシガモ
  • 令和
  • 記者
  • 渡り鳥
  • アオサギ
  • コハクチョウ
  • 統計
  • 越冬
  • 生き物
  • 風景

「ヨシガモ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Gadwall.
    -
    Gadwall.

    Gadwall.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022012813019

  •  ヨシガモ
    2017年02月19日
    ヨシガモ

    キーワード:1羽、カモ、カモ目、水鳥、ヨシガモ、泳ぐ、屋外、午前中、自然、水面、生き物、鳥、鶴見区、日本、無人、花博記念公園鶴見緑地、19日、カモ科、鳥類、動植物メイン写真=2017(平成29)年2月19日、大阪府大阪市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051208064

  •  ヨシガモ
    2017年02月27日
    ヨシガモ

    キーワード:ヨシガモ、屋外、午後、自然、生き物、鳥、冬、日本、無人、動植物メイン写真=2017(平成29)年2月27日、愛知県豊明市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608543

  •  野鴨湖国家湿地公園に集う野鳥たち北京市延慶区
    2020年04月05日
    野鴨湖国家湿地公園に集う野鳥たち北京市延慶区

    5日、北京市延慶区にある野鴨湖国家湿地公園の上空を飛ぶオカヨシガモの群れ。春の渡りシーズンを迎えた中国北京市延慶区の野鴨湖国家湿地公園にこのほど、北へ向かう渡り鳥の群れが飛来した。園内には中国の伝統的な祝日「清明節」(今年は4月4日)の連休を利用して、野鳥の姿を眺め、春の息吹を感じようとやってきた市民の姿が見られた。同園は、利用時間や入園者数を制限し、チケット購入を実名による事前予約制にするなどの措置を講じることで、感染症対策と管理運営の両立を図っている。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300319

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309920

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309995

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるコハクチョウの群れ。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309919

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309946

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310025

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310043

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309895

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309921

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で、飛び立とうとするアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309939

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309998

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310013

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310042

  •  西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省
    2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるコハクチョウの群れ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310044

  •  「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市
    00:57.60
    2021年01月27日
    「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市

    中国貴州省遵義市の新蒲湿地公園でこのほど、絶滅危惧種の鳥類「中華秋沙鴨(コウライアイサ)」2羽が確認された。同市林業局が明らかにした。中華秋沙鴨は東アジアに分布する希少な鳥類で、中国では1980年代に国家一級重点保護野生動物に登録されている。2020年には世界的絶滅危惧種にも指定され、現在の成熟個体数は2400~4500とされる。同局の担当者は、中華秋沙鴨の他にも今冬はユリカモメやセイタカシギ、カルガモ、ヨシガモなど30種余りが観測されていると説明した。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704197

  •  (19)湿地に広がる初冬の景色重慶市梁平区
    2022年11月10日
    (19)湿地に広がる初冬の景色重慶市梁平区

    7日、重慶市にある梁平双桂湖国家湿地公園の上空を舞うヨシガモ。中国重慶市梁平区はここ数年、「エコ優先、グリーン(環境配慮型)発展」の理念に基づき、国家湿地公園1カ所、飲用水水源保護区26カ所と湿地保護居住区数カ所を建設した。区内の湿地保護率は52%に上る。同区は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2022(令和4)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111012516

  •  (1)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (1)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地の上空を飛ぶコハクチョウ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812243

  •  (4)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (4)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地で羽を休めるコハクチョウとハイイロガン。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812241

  •  (5)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (5)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地で羽を休めるアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812237

  •  (9)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (9)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地で羽を休める渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812299

  •  (6)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (6)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地の上空を飛ぶアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812301

  •  (2)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (2)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地の上空を飛ぶコハクチョウ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812343

  •  (8)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (8)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地で羽を休める渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812300

  •  (3)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (3)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地の水面を舞うコハクチョウ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812240

  •  (7)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (7)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地で撮影した夕日と渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812304

  •  (10)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市
    2022年11月18日
    (10)西洞庭湖自然保護区に渡り鳥が飛来湖南省常徳市

    10日、西洞庭湖湿地の上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖自然保護区にこのほど、渡り鳥の大群が越冬のため飛来した。同保護区は国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されており、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の休息地となる。大まかな統計によると、今年は既にヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど1万羽以上の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111812305

  •  (12)水系が発達した「国際湿地都市」湖南省常徳市
    2022年11月19日
    (12)水系が発達した「国際湿地都市」湖南省常徳市

    10日、湖南西洞庭湖国家級自然保護区の上空を舞うヨシガモ。中国湖南省北西部の常徳市は、長江中流の洞庭湖水系、沅江(げんこう)下流に位置し、水系が発達し、豊かな湿地資源に恵まれている。同市は国家森林都市、国家園林都市、全国緑化モデル都市に指定されており、2018年に第1陣となる「国際湿地都市」に選出された。現在、市内全域の湿地面積は19万890ヘクタール、保護対象の湿地面積は13万6790ヘクタールで、湿地保護率は71・66%に上っている。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111909454

  •  (5)早春を告げる鳥たち福建省
    2023年03月02日
    (5)早春を告げる鳥たち福建省

    2月22日、アモイ市の集賢公園で、湖面を進むヨシガモ。中国福建省では早春を迎え、美しい羽を持つ鳥たちが山林や湖沼を飛び交い、自然の風景と見事な調和を見せている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023030209180

  •  (4)査干湖で渡り鳥の滞在が長期化吉林省
    2023年08月25日
    (4)査干湖で渡り鳥の滞在が長期化吉林省

    査干湖に生息するアカハジロ、オカヨシガモ、オオバン。(3月19日撮影)中国の淡水湖の一つ、査干(さかん)湖は大部分が吉林省松原市にあり、北側が同省白城市に接している。査干湖国家級自然保護区管理局の楊敬爽(よう・けいそう)農業技術師は「今年3月、国家1級保護動物で世界的な絶滅危惧種のアカハジロ40羽余りが湖で40~50日間生活しているのを確認した」と話した。過去に同湖で見られたアカハジロは4~5羽で、滞在期間も1週間ほどだったという。保護区内に生息する国家1級保護鳥類は8種類から17種類に、2級保護鳥類も35種類から52種類に増えた。(長春=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023082507328

  •  (10)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (10)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107722

  •  (5)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (5)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107728

  •  (8)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (8)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107729

  •  (2)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (2)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107731

  •  (4)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (4)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107725

  •  (1)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (1)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107732

  •  (9)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (9)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107733

  •  (3)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (3)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107726

  •  (7)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (7)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107730

  •  (6)北京の川にヨシガモの姿
    2024年01月11日
    (6)北京の川にヨシガモの姿

    9日、北京市海淀区の清河で撮影したヨシガモ。中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011107723

  •  「新華社」北京の川にヨシガモの姿
    01:36.20
    2024年01月14日
    「新華社」北京の川にヨシガモの姿

    中国北京市海淀区を流れる清河ではこのところ、ヨシガモが姿を現し、撮影愛好家らを引き付けている。 =配信日: 2024(令和6)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011405785

  •  (10)福建省で湿地環境が改善
    2024年02月06日
    (10)福建省で湿地環境が改善

    福建省漳州市竜海区で湿地上空を飛ぶヨシガモとヒドリガモ。(1月6日撮影)2日は国連の定める「世界湿地の日」で、今年のテーマは「湿地と人間の幸福」だった。中国福建省ではここ数年、湿地の保全・回復を持続的に推進し、環境改善と生態系機能の向上を実現している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2024(令和6)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020605932

  • 1