KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オカヨシガモ
  • 生き物
  • 令和
  • 渡り鳥
  • 記者
  • 風景
  • アオサギ
  • コハクチョウ
  • 経由地
  • 統計

「ヨシガモ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年02月19日
    ヨシガモ

    キーワード:1羽、カモ、カモ目、水鳥、ヨシガモ、泳ぐ、屋外、午前中、自然、水面、生き物、鳥、鶴見区、日本、無人、花博記念公園鶴見緑地、19日、カモ科、鳥類、動植物メイン写真=2017(平成29)年2月19日、大阪府大阪市、クレジット:HIRO/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051208064

  • 2017年02月27日
    ヨシガモ

    キーワード:ヨシガモ、屋外、午後、自然、生き物、鳥、冬、日本、無人、動植物メイン写真=2017(平成29)年2月27日、愛知県豊明市、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608543

  • 2020年04月05日
    野鴨湖国家湿地公園に集う野鳥たち北京市延慶区

    5日、北京市延慶区にある野鴨湖国家湿地公園の上空を飛ぶオカヨシガモの群れ。春の渡りシーズンを迎えた中国北京市延慶区の野鴨湖国家湿地公園にこのほど、北へ向かう渡り鳥の群れが飛来した。園内には中国の伝統的な祝日「清明節」(今年は4月4日)の連休を利用して、野鳥の姿を眺め、春の息吹を感じようとやってきた市民の姿が見られた。同園は、利用時間や入園者数を制限し、チケット購入を実名による事前予約制にするなどの措置を講じることで、感染症対策と管理運営の両立を図っている。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300319

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309920

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309995

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるコハクチョウの群れ。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309919

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休める渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309946

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310025

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310043

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309895

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309921

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で、飛び立とうとするアオサギ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309939

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111309998

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310013

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310042

  • 2020年11月11日
    西洞庭湖湿地に渡り鳥2万羽湖南省

    11日、湖南省の西洞庭湖で羽を休めるコハクチョウの群れ。中国湖南省常徳市の西洞庭湖湿地ではこのところ、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同湿地は中国の重要な鳥類保護区で、毎年秋から冬にかけて渡り鳥の経由地となり、多くの渡り鳥が羽を休める。大まかな統計によると、今年はヨシガモやコハクチョウ、アオサギなど既に2万羽近い渡り鳥の飛来が確認されている。(常徳=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111310044

  • 00:57.60
    2021年01月27日
    「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市

    中国貴州省遵義市の新蒲湿地公園でこのほど、絶滅危惧種の鳥類「中華秋沙鴨(コウライアイサ)」2羽が確認された。同市林業局が明らかにした。中華秋沙鴨は東アジアに分布する希少な鳥類で、中国では1980年代に国家一級重点保護野生動物に登録されている。2020年には世界的絶滅危惧種にも指定され、現在の成熟個体数は2400~4500とされる。同局の担当者は、中華秋沙鴨の他にも今冬はユリカモメやセイタカシギ、カルガモ、ヨシガモなど30種余りが観測されていると説明した。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704197

  • 1