KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • コメント
  • ナイフ
  • 大使館
  • 太もも
  • 少年
  • 廃止
  • 日本人
  • 明治
  • 昭和
  • 献血

「ライシャワー刺傷事件」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2010年03月18日
    売血禁止のきっかけに ライシャワー刺傷事件

    1964(昭和39)年3月24日、ライシャワー駐日米大使が大使館前で少年にナイフで太ももを刺され負傷。大使は「日本で輸血を受け、日本人へ一層の親近感さえ覚えるようになった」とコメント。その後血清肝炎にかかったことで、売血が廃止され献血へと変わるきっかけとなる。ハル夫人(左)は明治の元勲松方正義の孫。

    商品コード: 2010031800227

  • 1