KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • アズキ
  • アワビ
  • ジャガイモ
  • チキンスープ
  • トウモロコシ
  • トムヤムクン
  • ハス
  • パイナップル

「リョクトウ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  東北で果敢に挑む女子大生37人の起業ストーリー吉林洮南
    2018年07月20日
    東北で果敢に挑む女子大生37人の起業ストーリー吉林洮南

    7月20日、リョクトウ(緑豆)栽培基地で除草作業をする「「洮宝(タオバオ)」起業チームのメンバー。北京大学、南開大学、中国政法大学などの大学を卒業した中国吉林省洮南(とうなん)市出身の女子大学生37人は、一度離れた故郷に再び戻り、この地で起業した。女子大生らが鋤(すき)を担いで農業をしたり、インターネットでビジネスを始めたり、高級スーパーを相手に商売をしたりする姿は、まるでやせた土地に力強く開いたバラのようで、「新農人」(一定の経営管理能力を備え、農業を主な収入源とし、農村や都市に住む農業従事者を指す)の勇気とこだわりを見事に表している。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301675

  •  東北で果敢に挑む女子大生37人の起業ストーリー吉林洮南
    2018年07月20日
    東北で果敢に挑む女子大生37人の起業ストーリー吉林洮南

    7月20日、リョクトウ(緑豆)栽培基地で、スマートフォンを使って動画をライブ配信し、インターネット上に掲載して商品をアピールする「洮宝(タオバオ)」起業チームのメンバー。北京大学、南開大学、中国政法大学などの大学を卒業した中国吉林省洮南(とうなん)市出身の女子大学生37人は、一度離れた故郷に再び戻り、この地で起業した。女子大生らが鋤(すき)を担いで農業をしたり、インターネットでビジネスを始めたり、高級スーパーを相手に商売をしたりする姿は、まるでやせた土地に力強く開いたバラのようで、「新農人」(一定の経営管理能力を備え、農業を主な収入源とし、農村や都市に住む農業従事者を指す)の勇気とこだわりを見事に表している。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301671

  •  (1)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (1)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。農薬散布作業が行われている。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908637

  •  (2)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (2)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908636

  •  (4)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (4)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。農薬散布作業が行われている。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908640

  •  (5)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (5)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908641

  •  (6)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (6)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。農薬散布作業が行われている。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908642

  •  (3)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破
    2021年05月29日
    (3)内モンゴル自治区、農作物の播種面積が1億ムーを突破

    23日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区に広がるコムギ広域栽培基地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は、国内13カ所の食糧主要生産省・自治区、8カ所の食糧大規模転出省・自治区の一つで、農地保有量が1億ムー(約667万ヘクタール)を超える4カ所の省・自治区の一つでもある。トウモロコシ、ダイズ、ジャガイモなどの主要農作物とアワ、コウリャン、リョクトウなどの雑穀、豆類の生産量も全国上位に入る。同自治区は現在、春の播種期のピークを迎え、農作物の播種面積はすでに1億ムーを超えて1億227万7千ムー(約682万ヘクタール)に達している。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908638

  •  「新華社」内モンゴル自治区の食糧収穫面積、8千万ムー超える
    00:57.58
    2021年10月30日
    「新華社」内モンゴル自治区の食糧収穫面積、8千万ムー超える

    中国内モンゴル自治区農牧庁は、同自治区の今年の食糧作物(穀物、豆類、芋類)の収穫面積が8千万ムー(約533万ヘクタール)を超えたと明らかにした。秋の収穫は7割以上終えたという。同庁によると、同自治区は現在、秋の収穫作業を加速させている。小麦とジャガイモは既に収穫を終え、雑豆と大豆は9割近く、トウモロコシと水稲は5割超まで収穫が完了した。現在の進展状況から見ると、全体の収穫完了は11月初旬を見込む。同自治区は、中国で1億ムー(約667万ヘクタール)以上の耕地面積を持つ4省区(省・自治区)の一つで、食糧の主要産地13省区、食糧の大規模供出を担う8省区にも名を連ねる。主要食糧のトウモロコシ、大豆、ジャガイモと主要雑穀・雑豆のアワ、コーリャン、リョクトウの生産量は国内トップクラスとなっている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021103005440

  •  (1)熱帯作物ジーンバンクが保存する種子の数々海南省
    2022年03月17日
    (1)熱帯作物ジーンバンクが保存する種子の数々海南省

    11日、国家熱帯牧草中期バックアップバンクに保存されているリョクトウの種子。中国海南省儋州(だんしゅう)市に、中国熱帯農業科学院が管轄する国家熱帯作物ジーンバンクと国家熱帯牧草中期バックアップバンクがあり、穀物や冬の果菜類、熱帯牧草など1万4千余りの種子資源を保存している。これら多種多様な種子は、中国農業の重要な役割を担っている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031707533

  •  (5)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (5)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを並べる店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708892

  •  (3)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (3)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、卵黄が七つ入った、重さ約1キロの高級ちまき「七星連珠」。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708888

  •  (6)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (6)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを包む店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708894

  •  (2)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (2)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを購入する客でにぎわう「ちまき通り」。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708896

  •  (1)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (1)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを購入する買い物客。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708890

  •  (4)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (4)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを包む店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708876

  •  (7)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (7)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきの葉を準備する店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708879

  • 1