KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 風景
  • 景観
  • 令和
  • ラサ
  • 位置
  • 意味
  • 大小
  • 天空
  • 空撮

「ルトク県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤク。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/周健偉)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619858

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤクの群れ。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619844

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で、望遠鏡で野生動物を観察するプチョン(普瓊)さん。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョンさんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619963

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で暮らす金色の野生ヤク。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619727

  • 2018年08月04日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区で、山を越える金色の野生ヤクの群れ。(8月4日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョン(普瓊)さんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619721

  • 2018年08月05日
    荒涼の地の「金色ヤクの見張り番」チベット自治区

    チベット自治区チャンタン国家級自然保護区ガリ(阿里)地区管理局楚娘管理ステーションで、トランシーバーを調整しながら巡視員と言葉を交わすプチョン(普瓊)さん(左)。(8月5日撮影)中国チベット自治区のチャンタン(羌塘)は「北方の高原」を意味し、平均標高が5千メートルを超える人跡まれな不毛の地だ。ここには絶滅の危機に瀕する金色の野生ヤクが生息している。毛が金色であることからその名がつけられたが、今では200頭ほどしかいないという。今年52歳になるプチョンさんは先祖代々、チャンタンの「無人区」と呼ばれる人跡まれな地域、ガリ地区ルトク県アル村に住んでいる。プチョンさんは20世紀90年代に巡視員になってから、ここで生息する「金色の宝」を見守り続けている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120619870

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、チベット自治区ガリ地区ルトク県で撮影したパンゴン湖。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092119974

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、パンゴン湖を航行するクルーズ船。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120377

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日、チベット自治区ガリ地区ルトク県で撮影したパンゴン湖。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社記者/劉東君)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120159

  • 2018年09月18日
    パンゴン湖の絶景チベット自治区ガリ地区

    18日に撮影したパンゴン湖に浮かぶ小島。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の北西部に位置するパンゴン湖のチベット語名「ツォモ・ガンラ・リンボ」は「長い首の白鳥の湖」を意味する。平均海抜4200メートルの湖上に大小の島が浮かび、さまざまな種類の鳥が生息する湖は、同地区の有名観光スポットとなっている。(ガリ=新華社配信/ダンゾンニマチジュ)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092120162

  • 2019年07月26日
    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察

    7月26日、ルトク県パンゴン湖で環境保全の状況を視察するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501247

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800870

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800864

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800868

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800882

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800863

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800861

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800862

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800912

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800865

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800881

  • 2019年08月03日
    上空から眺める「天空の湖」パンゴン湖チベット自治区ガリ地区

    3日、空から見たパンゴン湖。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ルトク県に位置するパンゴン湖は標高が4200メートル余り、東から西に向かって次第に塩分濃度が高くなっているのが特徴。湖の中に大小10余りの島があり、風景を楽しむ遊覧船も営業している。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800867

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖の静かな湖面。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303345

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖の静かな湖面。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303235

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303169

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖の湖面で戯れる水鳥。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303199

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖の静かな湖面。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303324

  • 2020年07月26日
    高原にはめ込まれたトルコ石、パンゴン湖チベット自治区

    26日、チベット自治区西部のガリ地区にあるパンゴン湖の湖面で戯れる水鳥。中国チベット自治区ガリ地区ルトク県にあるパンゴン湖は、ツォモ・ガンラ・リンポという「白鳥の湖」を意味するチベット語名を持つ。平均標高4242メートル、面積600平方キロメートル余りで、広大な大地の中で青い波を揺らめかす様子は、まるで高原にはめ込まれたトルコ石のように見える。(ガリ=新華社記者/格桑辺覚)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303273

  • 00:43.32
    2020年10月27日
    「新華社」透明度抜群空から望む天空の湖「パンゴン湖」

    中国チベット自治区ガリ地区ルトク県の中心市街地の北西にあるパンゴン湖は、平均標高4400メートル。周りを山々に囲まれ、遠くに望む雪山と細長い湖が独特の風景を作り出している。湖面は非常に澄んでおり、透明度は3~5キロメートル。湖水が光や水深、明るさなどにより、深緑や薄緑、紺色などさまざまな色に変化し、太陽の下で神秘的な輝きを放っている。(記者/田金文)<映像内容>パンゴン湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102809327

  • 2020年11月30日
    「世界の屋根の屋根」、チベット自治区ガリ地区を訪ねて

    チベット自治区ガリ地区ルトク県に広がる風景。(11月30日撮影)中国チベット自治区の西部に位置するガリ地区は、平均標高が4500メートル以上で、「世界の屋根の屋根」と称される。高い山々がそびえ立ち、河川が縦横に流れ、いくつもの湖があり、各地には神秘的な風景が広がっている。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121006476

  • 1