KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 千年
  • 石器
  • 後期
  • 景観
  • 発見
  • 青銅器
  • 先秦時代
  • 古城

「レル遺跡」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
79
( 1 79 件を表示)
  • 1
79
( 1 79 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  森鷗外の遺跡標識
    1950年11月02日
    森鷗外の遺跡標識

    森鷗外の観潮樓跡に設置される遺跡標識を見る長男の森於莵氏(中央帽子を持つ)(東京都文京区千駄木)=1950(昭和25)年11月2日 (25年内地4366)

    商品コード: 2014012400147

  • 神戸・長田区の発掘作業 被災地で進む遺跡調査
    1995年07月30日
    神戸・長田区の発掘作業 被災地で進む遺跡調査

    更地になった住宅跡地から出土した奈良時代のものとみられる遺跡=27日、神戸市長田区野田町(カラーネガ)

    商品コード: 1995073000007

  • 遺跡示すパーカー教授 世界最古のキリスト教会か
    1998年07月09日
    遺跡示すパーカー教授 世界最古のキリスト教会か

    ヨルダン南部アカバで8日、世界最古のキリスト教会とされる遺跡を指し示す米考古学者のパーカー教授(手前)(ロイター=共同)

    商品コード: 1998070900026

  • 青銅器の鋳造工房跡 石川で青銅器の工房跡
    2000年08月17日
    青銅器の鋳造工房跡 石川で青銅器の工房跡

    一針B遺跡から出土した青銅器の鋳造工房とみられる遺跡=17日、石川県小松市一針町

    商品コード: 2000081700211

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年12月07日
    藤村氏コラージュ 疑念よりニュース価値

    )の(ロ)、社会411S、10日付朝刊以降使用  藤村氏と遺跡発掘をめぐるコラージュ

    商品コード: 2000120700128

  • 新聞各紙 疑念よりニュース価値
    2000年12月07日
    新聞各紙 疑念よりニュース価値

    )、社会411S、10日付朝刊用  出土品ねつ造問題を報じる新聞各紙

    商品コード: 2000120700100

  • 佐原真館長 大半の研究者も見抜けず
    2000年12月07日
    佐原真館長 大半の研究者も見抜けず

    )の(ニ)識者談話2、社会414S、12月10日付朝刊用、解禁厳守  佐原真・国立歴史民俗博物館館長

    商品コード: 2000120700067

  • 桂敬一氏 意図せぬ「共犯」関係
    2000年12月07日
    桂敬一氏 意図せぬ「共犯」関係

    )の(ニ)、社会413S、10日付朝刊用  桂敬一・東京情報大教授

    商品コード: 2000120700099

  • 小鹿坂遺跡の現地説明会 疑念よりニュース価値
    2000年12月08日
    小鹿坂遺跡の現地説明会 疑念よりニュース価値

    )、7日社会411S、10日付朝刊用  埼玉県秩父市の小鹿坂遺跡の現地説明会に集まった大勢の人たち=2月26日

    商品コード: 2000120800136

  • 石器掘り起こす藤村氏 疑念よりニュース価値
    2000年12月08日
    石器掘り起こす藤村氏 疑念よりニュース価値

    )、7日社会411S、10日付朝刊用  10月23日、宮城県築館町の上高森遺跡で関係者の前で石器を掘り起こす藤村新一・東北旧石器文化研究所前副理事長

    商品コード: 2000120800135

  • 木村英明教授 冷静な検証こそ必要
    2000年12月08日
    木村英明教授 冷静な検証こそ必要

    )、社会415S、10日付朝刊用 木村英明札幌大教授

    商品コード: 2000120800154

  • 出土したわんの破片 古代の迎賓施設か
    2011年12月12日
    出土したわんの破片 古代の迎賓施設か

    「客館」跡とみられる遺跡から出土した「佐波理」のわんの破片=12日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2011121200542

  • 「客館」跡とみられる遺跡 古代の迎賓施設か
    2011年12月12日
    「客館」跡とみられる遺跡 古代の迎賓施設か

    大宰府を訪れる外国の使節をもてなした「客館」跡とみられる遺跡=12日午後、福岡県太宰府市

    商品コード: 2011121200543

  •  「新華社」「東洋人の故郷」泥河湾で石器時代の文化に触れる河北省
    00:57.19
    2020年11月03日
    「新華社」「東洋人の故郷」泥河湾で石器時代の文化に触れる河北省

    中国河北省の北西部に、先史時代の大型遺跡群「泥河湾(でいかわん)遺跡群」がある。世界の地質考古学界が認める第四紀の国際標準地層であり、哺乳類化石や旧石器人類の遺構も多く出土していることから「東洋人の故郷」と呼ばれる。遺跡は主に張家口市陽原県内の東西82キロ、南北27キロの細長い範囲に分布している。大型旧石器文化遺跡群に属し、中国の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)と国家級地質遺跡自然保護区に指定されている。2019年末時点の統計では、確認・試掘調査や発掘調査で前・中・後期旧石器時代と新石器時代の遺跡400カ所近くが確認されている。(記者/秦婧)<映像内容>泥河湾遺跡群の空撮、発掘の様子、観光の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500399

  •  (2)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (2)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081503210

  •  (3)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (3)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡の一角。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081503218

  •  (6)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (6)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡の一角。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081603466

  •  (4)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (4)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081503221

  •  (1)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (1)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081503215

  •  (5)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて
    2021年08月14日
    (5)匈奴が築いた都城、緑に囲まれた統万城遺跡を訪ねて

    9日、朝焼けに照らされる統万城遺跡。(小型無人機から)中国陝西省楡林(ゆりん)市靖辺(せいへん)県にある統万城遺跡は、中国古代の遊牧騎馬民族、匈奴が建てた唯一の都城とされる。遺跡は深刻な土壌浸食と砂漠化の影響を受けていたが、今では数世代にわたる人々の努力により砂漠化対策が進み、生態環境が著しく改善され、緑豊かな史跡に変わりつつある。(西安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081503230

  •  (10)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (10)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112396

  •  (11)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (11)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112399

  •  (12)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (12)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112405

  •  (17)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (17)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区郭扶鎮の銅鼓殿遺跡。僚人の軍事情報伝達基地だったと考えられている。(3月22日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112455

  •  (2)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (2)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112406

  •  (1)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (1)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112331

  •  (5)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (5)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112359

  •  (20)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (20)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112428

  •  (7)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (7)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112397

  •  (9)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (9)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112398

  •  「新華社」神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    01:27.80
    2022年05月31日
    「新華社」神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(記者/張海舟) =配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112075

  •  (3)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (3)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112368

  •  (4)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (4)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112370

  •  (16)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (16)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区郭扶鎮の銅鼓殿遺跡。僚人の軍事情報伝達基地だったと考えられている。(3月22日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112438

  •  (19)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (19)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112454

  •  (13)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (13)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112402

  •  (14)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (14)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区郭扶鎮の銅鼓殿遺跡。僚人の軍事情報伝達基地だったと考えられている。(3月22日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112437

  •  (18)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (18)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月22日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112453

  •  (15)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (15)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区郭扶鎮の銅鼓殿遺跡。僚人の軍事情報伝達基地だったと考えられている。(3月22日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112464

  •  (6)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (6)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112369

  •  (8)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市
    2022年05月31日
    (8)神秘の古代民族「僚人」の祭祀遺跡を訪ねて重慶市

    重慶市綦江区中峰鎮の霊応岩遺跡。(3月23日撮影)僚人は中国古代西南地域の重要な民族集団で、文字による記録は西晋時代にさかのぼる。嶺南(南嶺山脈以南)地域と西南地域の一部民族の総称として用いられる。中国の歴史と文化に千年の長きにわたり足跡を残したが、明清時代になると文献から姿を消した。ただ、その独特の文化と慣習は、今も中国西南部や中南半島(インドチャイナ半島)の多くの民族の中に垣間見ることができる。重慶市綦江(きこう)区中峰鎮には霊応岩と呼ばれる遺跡がある。岩壁に男性生殖器を模した彫刻が多数彫られており、山林には多くの石柱が立っている。地元の専門家によると、これらは僚人の生殖崇拝文化を反映しているという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2022(令和4)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022053112395

  •  「新華社」4千年前の石城文化を伝える碧村遺跡山西省興県
    00:49.06
    2023年03月24日
    「新華社」4千年前の石城文化を伝える碧村遺跡山西省興県

    中国山西省がこのほど発表したここ数年の考古学重要課題の段階的成果で、昨年の「全国十大考古学発見」に選ばれた呂梁市興県の碧村遺跡が注目を集めた。遺跡は同県碧村の北、蔚汾河と黄河の合流地点に位置する。規模が大きく、保存状態の良い先史時代の石城集落遺跡で、4千年余りの歴史を持つ。面積は75万平方メートルあり、南・北・西を囲む黄河と溝を天然の要害とし、中部と東部に城壁と城門を設けて城内に通じる通路を防御していた。門跡は南北約74メートル、東西約48メートルで、二つの甕城(おうじょう、城門の外に設けられた半円形や方形の城壁)を経てようやく城内に入ることができる。これまでに発見された中で、保存状態がよく、構造も厳密で、形状も整った先史時代の城門システムとされる。遺跡中央部にある集落の中核エリアには明確な中心軸思想が見られ、2室型住居を中心とした石積み建築群が形成されていた。碧村の先住民による中国初期建築史の成果が反映されている。(記者/馬志異) =配信日: 2023(令和5)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032412497

  •  「新華社」三星堆博物館新館で「国宝」約600点初披露四川省
    01:04.80
    2023年07月27日
    「新華社」三星堆博物館新館で「国宝」約600点初披露四川省

    中国四川省広漢市で27日、三星堆博物館の新館がプレオープンした。同館は三星堆の「国宝」600点近くを初披露し、AI(人工知能)アルゴリズムによる文化財の復元、裸眼3D技術を使った発掘作業場の再現を実施。新たな出土品や研究成果、科学技術を踏まえて三星堆の歴史と文化を紹介する。広漢市に位置する三星堆は、中国南西部で発見された中で規模が最も大きく、最も長く栄え、文化的に最も豊かな先秦時代の遺跡で、約3・6平方キロの古城を擁する。3千年以上前の商代中後期に最盛期を迎えた。三星堆博物館新館は三つの起伏が曲線を描く建物3棟で「三星伴月」と呼ばれる遺跡内の景観を表現している。新館も旧館と同じ博物館園区内にあり、2万2千平方メートルの展示スペースに陶器、青銅器、玉器、石器、金器、象牙(彫刻を含む)など1500点(組)余りの文化財を展示している。初公開された約600点には三星堆3~8号祭祀坑で新たに出土した300点余りが含まれ、青銅神壇(祭壇)、青銅騎獣頂尊人像、青銅鳥足神像、青銅着裙立人像、金杖などの重要品も全て公開している。館内では最新の科学に基づく陳列方法や芸術的な雰囲気の中、数千年前の文化が眼前に広がる演出となっている。月亮湾古城壁の断面全体を見られる巨大展示で三星堆文化に内在する要素を示し、絵画でいにしえの生活風景を再現しているほか、完全な状態の1号青銅神樹と2号青銅神樹が大きさや精巧さ、奇抜さ、美しさとともに当時の鋳造技術の高さも明らかにした。新館では文化と科学技術の融合も注目点となっている。来場者は裸眼3D技術で再現された発掘作業場を訪れ、考古学チームと同じ視点、同じ距離から文化財出土の瞬間に立ち会う没入型の体験ができる。またAIアルゴリズムを利用し、文化財修復師の作業を基に、青銅神壇、青銅騎獣頂尊人像、青銅鳥足神像の異なる祭祀坑で出土した部位を組み合わせてモニター上で復元した。三星堆博物館の朱亜蓉(しゅ・あよう)副館長は「新館では展示内容を見直し、三星堆の100年近くにわたる考古学的成果を整理した上で、中国文明の起源と発展の観点から、三星堆が重要な構成要素であることを深く読み解いた」と話した。(記者/楊華、童芳) =配信日: 2023(令和5)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023072713658

  •  (3)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (3)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡の発掘現場。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807372

  •  (6)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (6)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡出土した遺物標本を調べる専門家。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807375

  •  (4)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (4)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡で発掘を進める考古研究者学者ら。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807368

  •  (5)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (5)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡から出土した石器を調べる専門家。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807369

  •  (2)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (2)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡から出土した動物化石標本。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807367

  •  (7)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市
    2023年11月08日
    (7)竜骨坡遺跡で大量の石器が出土重慶市

    2日、竜骨坡遺跡から出土した動物化石を調べる専門家。中国の三峡ダムエリア中心部に位置する重慶市巫山(ふざん)県でこのほど、竜骨坡遺跡の発掘調査成果評価会が開催された。同遺跡は県内の廟宇鎮竜骨坡にあり、面積は約1300平方メートル。最新の年代測定によると、遺跡は250万年前から200万年前のもので、ユーラシア大陸最古の古代人類遺跡の一つであり、「東アジアにおける人類の揺り篭」と呼ばれる。遺跡では第5次発掘調査が完了した。重慶中国三峡博物館の関係部門の責任者によると、今回の発掘でかなりの量の石製品資料が得られ、遺物の包含地層や3次元座標、産状などの明確な情報が残されていた。この収穫は、今後より多くの明確な人工の打製痕跡を持つ製品を探し、関連の研究をするための基礎になるという。(重慶=新華社配信/王忠虎)= 配信日: 2023(令和5)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023110807415

  •  (9)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (9)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203919

  •  (7)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (7)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203924

  •  (17)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (17)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203950

  •  (14)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (14)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203952

  •  (21)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (21)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203962

  •  (25)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (25)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203979

  •  (3)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (3)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203913

  •  (6)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (6)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203920

  •  (18)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (18)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203954

  •  (28)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (28)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203992

  •  (16)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (16)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203947

  •  (29)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (29)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203985

  •  (15)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (15)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203949

  •  (27)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (27)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203980

  •  (30)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (30)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203983

  •  (2)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (2)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203910

  •  (4)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (4)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203915

  •  (19)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (19)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203951

  •  (20)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (20)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203965

  •  (24)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (24)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203981

  •  (5)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (5)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203917

  •  (23)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (23)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203973

  •  (11)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (11)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203943

  •  (26)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (26)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203978

  •  (1)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (1)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の内部。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203911

  •  (10)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (10)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203922

  •  (8)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (8)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203923

  •  (12)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (12)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203946

  •  (13)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (13)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203948

  •  (22)三星堆博物館新館を訪ねて四川省
    2024年02月02日
    (22)三星堆博物館新館を訪ねて四川省

    1月23日、三星堆博物館新館の展示。中国四川省広漢市にある三星堆遺跡は、西南部で発見された先秦時代の遺跡の中で最も規模が大きい。使用された期間も最長で、最も豊かな文化を持つ。約3・6平方キロメートルの古城を持ち、最盛期は3千年余り前の商(殷)代中・後期とされる。遺跡に建てられた三星堆博物館は2023年7月に新館がオープン。三つの起伏が曲線を描く3棟の建物で「三星伴月」と呼ばれる遺跡の景観を表現しており、2万2千平方メートルの展示スペースに土器や青銅器、玉器、石器、金器、象牙などの文化財を展示している。(広漢=新華社記者/郭丹)= 配信日: 2024(令和6)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024020203963

  • 1