KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 極東地域
  • 黒竜江省
  • エネルギー
  • クリーン
  • ボルト送電
  • ロシア国営
  • ロシア東方
  • ロスネフチ
  • 中国国内
  • 中国石油天然気集団

「ロシア極東地域」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月31日
    1億4千万枚のマスク積んだ貨物列車、ロシアへ向かう黒竜江省綏芬河口岸

    10月31日、医療物資を貨車に積み込む従業員。31両の貨車に医療物資を満載した貨物列車が2日、中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)鉄道口岸(通関地)を出発し、ロシア極東地域に向かった。関係者によると、今回の運ばれる物資は1億4千万枚余りのマスクで、1両に約480万枚積まれているという。(ハルビン=曲芸偉)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    1億4千万枚のマスク積んだ貨物列車、ロシアへ向かう黒竜江省綏芬河口岸

    10月31日、医療物資を積んだ車両。31両の貨車に医療物資を満載した貨物列車が2日、中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)鉄道口岸(通関地)を出発し、ロシア極東地域に向かった。関係者によると、今回の運ばれる物資は1億4千万枚余りのマスクで、1両に約480万枚積まれているという。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.12
    2020年10月15日
    「新華社」ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(記者/張濤、董宝森)<映像内容>青果の輸出、出荷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    12日、黒竜江省綏芬河藍洋経貿の倉庫で、輸出する青果を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    12日、黒竜江省綏芬河藍洋経貿の倉庫で、輸出する青果を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    12日、黒竜江省綏芬河藍洋経貿の倉庫で、輸出する青果を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    中国の野菜がロシア極東住民の食卓を豊かに黒竜江省

    綏芬河通関地の倉庫に積まれたロシア極東地域向けの輸出用ニンジン。(10月12日撮影)野菜を満載したトラックが中国有数の野菜生産地、山東省の寿光市を出発し、30時間ほどかけて、このほど中国とロシアとの国境に位置する中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)口岸(通関地)エリアに到着した。ロシア人のアレクサンドルさんは「ロシア人の食卓には中国の野菜が欠かせない」と話す。ここ数年、迅速な輸送ルートによって、新鮮な中国の野菜がロシア人家庭の食卓に上るようになったという。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    12日、黒竜江省綏芬河藍洋経貿の倉庫で、輸出する青果を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    ロシアの青果需要増で忙しさ増す輸出企業黒竜江省綏芬河市

    12日、黒竜江省綏芬河藍洋経貿の倉庫で、輸出する青果を運ぶ従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市の青果輸出企業では、ロシア極東地域の青果需要の増加に伴い、夜遅くまで出荷作業が行われている。感染対策の徹底と生産品の保管を両立させながら、安定した輸出を続けている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    中国の野菜がロシア極東住民の食卓を豊かに黒竜江省

    黒河市の倉庫に積まれたロシア極東地域向けの輸出用野菜。(7月21日撮影)野菜を満載したトラックが中国有数の野菜生産地、山東省の寿光市を出発し、30時間ほどかけて、このほど中国とロシアとの国境に位置する中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)口岸(通関地)エリアに到着した。ロシア人のアレクサンドルさんは「ロシア人の食卓には中国の野菜が欠かせない」と話す。ここ数年、迅速な輸送ルートによって、新鮮な中国の野菜がロシア人家庭の食卓に上るようになったという。(ハルビン=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    綏芬河口岸から野菜320トンが鉄道でロシアに輸出

    5月24日、綏芬河に到着し、貨物列車からトラックに移される野菜。中国黒竜江省の綏芬河鉄道口岸(通関地)によると、このほど同口岸を経由して野菜320トンがロシアに輸出された。大部分は既にロシア極東地域の大型自由市場に送られた。(ハルビン=新華社配信/邵丹)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    綏芬河口岸から野菜320トンが鉄道でロシアに輸出

    5月24日、綏芬河に到着し、貨物列車からトラックに移される野菜。中国黒竜江省の綏芬河鉄道口岸(通関地)によると、このほど同口岸を経由して野菜320トンがロシアに輸出された。大部分は既にロシア極東地域の大型自由市場に送られた。(ハルビン=新華社配信/邵丹)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月29日
    中国最北の自由貿易区が中ロ国境沿線に新チャンス国内外の学者

    9月29日、黒竜江自由貿易試験区綏芬河エリアのプレート除幕式。中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)市で9月29日、中国国境沿線自由貿易試験区建設発展フォーラムが開かれた。ロシア極東連邦大学経済・経営学部のワシュロワ准教授は「中国最北の自由貿易試験区の建設は、中国東北部とロシア極東地域の発展に大きなチャンスをもたらす。特に中小企業は自由貿易試験区のプラットフォームを利用して、自社の製品や技術をより上手くアピールすることができるだろう」と述べた。フォーラムに参加した国内外の学者は、同試験区の建設が中ロの関連分野の協力・交流を一層促進するという考えで一致した。(綏芬河=新華社配信/董宝森)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.71
    2019年09月20日
    「新華社」ロシア製品あふれる「国境の商都」黒竜江省綏芬河市

    中国東北部、黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は、同省最大の対ロシア口岸(通関地)であり、国境貿易で栄えてきたことから「国境の商都」と称されている。同市はウラジオストクやウスリースク、ナホトカなどロシア極東地域の都市に近く、鉄道と道路の口岸でロシアとつながっているため、交通の利便性や、中ロ国境住民による貿易の政策的優位性を頼りに、中国における重要なロシア製品集散地となりつつある。綏芬河市には最近、「ロシア製品の商都」という、もう一つの新たな呼び名が付けられた。昨年10月、同市中心部にロシア製品を扱う大型ショッピングセンター「羅斯(ロス)帝国」がオープンした。1万平方メートル近い売り場には、食品や飲料から日用品、化粧品まで、さまざまなロシア製品が数多くそろっている。イーゴリ大型市場は同市にあるもう一つのロシア製品集散地だ。商人の李琳(り・りん)さんは、中ロ協力が深まり、中国の人々の消費水準が向上するにつれ、良質で値段が安く、環境や健康に配慮したロシア製品が綏芬河の市場で急速に足場を固めており、中国の他都市にも広がりつつあると述べた。同市場には中国の商人だけでなく、多くのロシア商人も出店しており、彼らはハバロフスクやウラジオストクなどから輸入した蜂蜜やキャンディーなどを販売している。(記者/馬暁成)<映像内容>ロシア製品が並ぶ黒竜江省綏芬河市のショッピングセンター、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、アムール-黒河500キロボルト送電線。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETTIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-愛輝220キロボルト送電線A・B線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2015年06月05日
    定住すれば土地贈呈

    ロシア極東地域、スバボドヌイ、アムール川

  • 2015年06月05日
    定住すれば土地贈呈

    ロシア極東地域、スバボドヌイ、アムール川

  • 1