KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 記者
  • 風景
  • 砂漠
  • 先住民
  • 地域
  • 外界
  • 民族文化
  • 漁業
  • 狩り

「ロプ人」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、ロプ人集落でラクダに乗る観光客。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県に広がる胡楊(コトカケヤナギ)林。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012951

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、胡楊(コトカケヤナギ)林でひと休みするロプ人のアムドン・アブドンさん。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103013075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、砂漠の中の湖でカーペン(コトカケヤナギの幹をくりぬいて作った丸木舟)をこぐロプ人のアムドン・アブドンさん。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012939

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、魚を焼く準備をするロプ人のアムドン・アブドンさん。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    砂漠のロプノールで漁猟生活を送る人々新疆ウイグル自治区

    16日、魚を焼くロプ人のアムドン・アブドンさん。中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール地区では、地域の先住民、ロプ(羅布)人が漁業で生計を立てている。ロプ人は外界と隔絶されてきたため、1751年になって初めて世に知られるようになった。謎に包まれた特別な人々が、砂漠の中にある湖で魚を捕り、狩りをして生活してきた。(ロプノール=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103012965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    新疆ウイグル自治区、観光客数が過去最高に

    新疆ウイグル自治区ロプノール(尉犁)県のロプ人村で、魚を焼いて売るロプ人のアブドンさん(中央)。(2018年10月16日撮影)2018年に中国新疆ウイグル自治区を訪れた観光客は延べ1億5千万人を突破し、前年比40%以上増加した。今年の春節(旧正月)連休中に同自治区を訪れた観光客は延べ300万人を上回り、過去最高を記録した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月16日
    新疆ウイグル自治区、観光客数が過去最高に

    新疆ウイグル自治区ロプノール(尉犁)県のロプ人村で、ラクダに乗って砂漠の中を進む観光客。(2018年10月16日撮影)2018年に中国新疆ウイグル自治区を訪れた観光客は延べ1億5千万人を突破し、前年比40%以上増加した。今年の春節(旧正月)連休中に同自治区を訪れた観光客は延べ300万人を上回り、過去最高を記録した。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605711

  • 1