KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ロボット
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • スマート
  • 中国浙江省
  • 新疆ウイグル自治区
  • 消毒作業
  • ごみ収集
  • イメージング
  • ウルムチ市

「ロボット導入」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.49
    2020年11月25日
    「新華社」地下変電所の点検にロボット導入、作業員の危険を軽減新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある地下変電所では、ケーブルの点検にロボットが導入されている。作業員の危険を軽減できるだけでなく、人に比べ25倍のスピードで点検する能力を持つ。地下ケーブルの点検と同時に、ワイヤレス技術によるリアルタイムのデータ送信も可能。地下での点検作業は人が行うと大変危険で、非常にコストもかかる。また、赤外線カメラと湿度・ガスセンサーを搭載しており、映像監視や赤外線熱イメージング、環境モニタリングなどの機能を備えている。<映像内容>地下変電所でケーブルの点検をするロボット、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.41
    2020年10月29日
    「新華社」深圳市、ごみ収集にスマートロボット導入作業員の負担軽減

    中国広東省深圳市羅湖区はこのほど、作業員の負担を軽減するため、ごみの積み降ろしなどを行うスマート環境衛生ロボットを導入した。同区はごみ収集作業の自動化、スマート化を推進している。(記者/周穎)<映像内容>ごみの積み降ろしなどを行うスマート環境衛生ロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.28
    2020年04月18日
    「新華社」上海市、学校再開に向け消毒ロボットを導入

    中国上海市でこのほど、27日から登校を再開する高校3年生と中学3年生の安全な学校生活を守るため、スマート消毒ロボットが導入された。教室の机や椅子の配置に基づき、職員がタブレットPCで消毒ロボットのルートを設定。教室の広さに合わせて消毒液を配合し、調整を終えた後でドアと窓を閉め、教室の外でスタートボタンを押すと、教室内のスマートロボットが空気と物体表面の消毒作業を開始する。(記者/黄安琪、許東遠)<映像内容>学校にスマート消毒ロボット導入の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.28
    2020年02月17日
    「新華社」浙江省の病院、感染対策用5Gロボットを導入

    中国浙江省の浙江大学医学院付属第二医院でこのほど、5G(第5世代移動通信システム)クラウド感染対策ロボットが導入された。中国移動(チャイナモバイル)浙江公司と同省5G産業連盟の協力機関が共同で開発したこのロボットは、周辺の環境を的確に感知し、治療薬や医療器具などの無人配送を実現し、看護師の負担を効率的に減らしている。(記者/馬剣)<映像内容>新型肺炎感染対策にロボット導入の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 01:01.83
    2020年02月12日
    「新華社」新型肺炎感染の予防・抑制活動支援に、新型ロボット導入福建省莆田市

    中国福建省莆田市の病院がこのほど、新型のロボットを導入した。院内感染の予防、発熱外来のスクリーニング、隔離病室の消毒などに用いる。消毒ロボットは、超微粒ドライミストの消毒液を噴射し、空気と周囲の物を全面的に消毒する。無人の環境下で、消毒液に強い紫外線を照射し、消毒液の分解を加速することが可能になっている。また、周囲の物や空気に対して自律移動しより多くの位置取りで消毒できるだけでなく、医療スタッフに代わり隔離エリアでの消毒作業もできる。今回導入されたロボットは、病院での消毒や感染予防に加えて、発熱外来の体温セルフ測定、予備検査やトリアージ、感染の疑いのある患者の報告や個人防護対策の教育・普及を行うことができる。(記者/林善伝)<映像内容>新型肺炎の予防対策にロボットを導入、消毒する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.21
    2020年02月12日
    「新華社」新型スマートロボット導入で他地域への送電を安全に運行新疆

    中国新疆ウイグル自治区昌吉市の変電所でこのほど、新型スマート巡回監視ロボット「大白」が正式に導入された。「大白」の任務は、「疆電外送」送電線(新疆準東から安徽皖南へプラスマイナス1100キロボルトの超高圧直流送電)の安全な運行を保障することにある。「大白」は自動監視機能や可視光イメージと赤外線グラフを記録できる機能を備えており、保守運用管理者に代わって広範囲で現場監視を担い、作業効率の向上と作業強度の削減に役立つ。「疆電外送」の送電線が有する、送電地点が多く送電距離が長いという特徴に対して、国家電網新疆電力公司は、より多くの作業シーンでスマートロボットの代用を強力に推し進める。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>変電所で巡回監視ロボットを導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.25
    2020年01月29日
    「新華社」杭州市の隔離施設が配膳ロボット導入浙江省

    中国浙江省杭州市のある指定隔離施設では現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、湖北省武漢市の乗客と同じ航空便を利用した200人余りに対し、医学的隔離基準と診療規範に沿った隔離観察が行われている。同施設は27日までに全16フロアのうち2フロアに配膳ロボットを導入しており、28日には全フロアでロボットによる配膳が可能になるという。(記者/魏一駿)<映像内容>新型肺炎の隔離施設に配膳ロボット導入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 1