KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アンベール
  • スタート
  • リスト
  • 国家
  • 専門家
  • 平成
  • 技術
  • 歴史
  • 決意
  • 無形文化遺産

「ローレンス・クライン」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆工芸を学ぶフランスの芸術家ドミニク・アンベールさん(左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517216

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆塗りの技術を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516762

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左端)とドミニク・アンベールさん(右端)に漆塗りの古琴の制作技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(中央)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517090

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の塗り方を学ぶフランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517225

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(中央)とドミニク・アンベール(奥右)に脱胎技法を解説する福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(奥左)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516889

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の作り方を学ぶ、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517069

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、フランスの芸術家ローレンス・クラインさん(左から2番目)とドミニク・アンベール(左端)に漆工芸の制作方法や知識を教える福州市漆芸研究院の阮界望(げん・かいぼう)副院長(前列右)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517218

  • 2019年01月08日
    フランス芸術家が福州で始めた「漆人生」

    8日、福州市の朱紫坊漆学堂で漆箸の研磨効果について話し合うフランスの芸術家ローレンス・クラインさん(右端)とドミニク・アンベールさん(右から2番目)。中国福建省福州市で昨年開催された福州国際漆工芸ビエンナーレに出展したフランスの芸術家ローレンス・クラインさんとドミニク・アンベールさんは、福州の漆工芸に魅了され、現地に留まり専門家の教えを乞うことを決意。短いながらも充実した「漆人生」をスタートさせた。中国の天然漆の歴史は8千年以上に及ぶ。福州は中国で「脱胎漆器(だったいしっき、芯材を持たない漆器)の都」と呼ばれ、近代漆器工芸が盛んなことで知られており、その漆塗り技術は2006年、国家級無形文化遺産の第1次リストに登録された。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516871

  • 1