KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ビシー政権
  • 開始
  • アルプス
  • ゲリラ活動
  • サボイ
  • ジョゼフ・ダルナン
  • フランス侵攻
  • マキ
  • 到着
  • 基盤

「ヴィシー政権」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    52795

    ☆II WORLD WAR Marshal Philippe Pétain (April 24, 1856 - July 23, 1951), head of the collaborationist government of Vichy, in sight in Marseilles is welcomed by women and children waving tricolor flags. France, 1940.、クレジット:Fototeca Gilardi/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041513986

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年06月16日
    フランス 欧州戦線

    ドイツ軍捕虜収容所から釈放され、家族と再会するフランス軍兵士。母親が抱く赤ちゃんとは初対面。大量のフランス捕虜の釈放は、ビシー政権の対独協力の見返りとして実現=1941年6月(INTERNATIONAL NEWS PHOTOS)

    商品コード: 2017030300128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年06月19日
    北アフリカ アフリカ戦線

    チュニジア東部の港湾都市スファックスで、英軍の爆撃で破壊された線路脇のフランス軍施設。フランスのビシー政権は、英国に抗議した=1941年6月(ACME)

    商品コード: 2014021300729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年08月03日
    フランス 欧州戦線

    北部ルーアンで、ドイツ捕虜収容所から釈放された後、出迎えたビシー政権のペダン将軍(中央背中)に手を振るフランス軍捕虜=1941年8月(ACME)

    商品コード: 2017030300130

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1942年09月18日
    フランス 欧州戦線

    ブルゴーニュ地方のマコン駅で、ドイツ軍とビシー政権との合意に基づいて釈放されたフランス軍捕虜。捕虜釈放の交換で、労働者がドイツに送られる=1942年9月(ACME)

    商品コード: 2017030300116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年03月14日
    フランス地下組織 欧州戦線

    モミの森林で機関銃の訓練を受けるマキ(フランスの反ナチ地下組織)の若者たち。写真は、フランスのサボイ・アルプスでゲリラ活動を行っているマキの秘密基地の1つで撮影された映画フィルムの一こまを焼き付けたもので、フランスから秘密裏に持ち出され、米国に到着したばかりだ。ビシー政権のジョゼフ・ダルナンが2月初めにマキに対する攻撃を開始する前のマキの日常生活を描いた写真が米国に届いたのは初めて。マキはドイツ兵力6000人を山岳地域にくぎ付けにし、来たる連合軍のフランス侵攻への堅固な基盤を作った=1944年3月(ACME)

    商品コード: 2015062200219

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年03月14日
    フランス地下組織 欧州戦線

    「征服か、もしくは死か」というスローガンが書かれたマキ(フランスの反ナチ地下組織)のペナント。スローガンはフランス解放を目指すマキの希望を象徴している。写真は、フランスのサボイ・アルプスでゲリラ活動を行っているマキの秘密基地の1つで撮影された映画フィルムの一こまを焼き付けたもので、フランスから秘密裏に持ち出され、米国に到着したばかりだ。ビシー政権のジョゼフ・ダルナンが2月初めにマキに対する攻撃を開始する前のマキの日常生活を描いた写真が米国に届いたのは初めて。マキはドイツ兵力6000人を山岳地域にくぎ付けにし、来たる連合軍のフランス侵攻への堅固な基盤を作った=1944年3月(ACME)

    商品コード: 2015062200220

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年03月14日
    フランス地下組織 欧州戦線

    マキ(フランスの反ナチ地下組織)の基地で行軍の訓練を受ける元騎兵ら。安全の理由や食料供給を円滑にするためにマキの闘士は小グループに分かれている。写真は、フランスのサボイ・アルプスでゲリラ活動を行っているマキの秘密基地の1つで撮影された映画フィルムの一こまを焼き付けたもので、フランスから秘密裏に持ち出され、米国に到着したばかりだ。ビシー政権のジョゼフ・ダルナンが2月初めにマキに対する攻撃を開始する前のマキの日常生活を描いた写真が米国に届いたのは初めて。マキはドイツ兵力6000人を山岳地域にくぎ付けにし、来たる連合軍のフランス侵攻への堅固な基盤を作った=1944年3月(ACME)

    商品コード: 2015062200221

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年03月14日
    フランス地下組織 欧州戦線

    マキ(フランスの反ナチ地下組織)の基地で1日の始めにフランス軍の伝統儀式である国旗掲揚を執り行う闘士たち。写真は、フランスのサボイ・アルプスでゲリラ活動を行っているマキの秘密基地の1つで撮影された映画フィルムの一こまを焼き付けたもので、フランスから秘密裏に持ち出され、米国に到着したばかりだ。ビシー政権のジョゼフ・ダルナンが2月初めにマキに対する攻撃を開始する前のマキの日常生活を描いた写真が米国に届いたのは初めて。マキはドイツ兵力6000人を山岳地域にくぎ付けにし、来たる連合軍のフランス侵攻への堅固な基盤を作った=1944年3月(ACME)

    商品コード: 2015062200223

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年09月28日
    「リヨンの虐殺者」 ナチス・ドイツ

    1987年5月10日 リヨン(フランス)発 ナチス・ドイツ支配下のフランス・リヨンにあるペラーシェ駅で、ドイツ軍兵士が監視する中、バスから降り列車に向かう捕虜たち。撮影年月日不明。ナチス・ドイツの戦争犯罪人、クラウス・バルビーは、1987年5月、ユダヤ人や抵抗運動者を強制移住させたとして起訴された裁判に出廷(ロイター=共同)【編注】バルビーはドイツ親衛隊中尉で『リヨンの虐殺者』と呼ばれた。ビシー政権下のフランス・リヨンに赴任。45年5月の終戦まで、リヨンの治安責任者として8千人以上を強制移送、4千人以上の殺害に関与したとされる。戦後、米軍の手配で南米ボリビアに逃れ「クラウス・アルトマン」の名で亡命生活。83年にミッテラン政権下のフランスに引き渡され、84年に裁判を開始。87年リヨンの裁判所で終身禁固刑を言い渡され刑務所に収監されたが、91年9月白血病のため77歳で死亡

    商品コード: 2009092800278

  • 2020年06月10日
    Monument to Francois Arago

    10 June 2020, France, Paris: The base of a monument to the French astronomer, physicist and politician François Arago (1786 to 1853). According to an inscription, the statue, of which only the base is preserved, was destroyed during the Second World War by the Vichy regime, which collaborated with Nazi Germany. According to the guide “Paris Méconnu“ (“Unknown Paris“), bronze melted down during the war was used, among other things, for the production of weapons. The monument has not yet been restored. (to dpa: “Swastika flags and mass flight: 80 years ago Paris was occupied “) Photo: Christian Böhmer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061301297

  • 1