KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 春節
  • 旧正月
  • 記者
  • 人々
  • 住民
  • 象徴
  • もち米
  • コーリャン
  • ミャオ

「一家団欒」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  食事風景
    -
    食事風景

    キーワード:食事、一家団欒、おひつ、鍋、暮らし=明治初期~中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018020901219

  • 43年(1968)/下/スポーツに沸き、文化に沸き 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相
    1968年12月31日
    43年(1968)/下/スポーツに沸き、文化に沸き 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相

    昭和の歓喜 家族ら喜びの笑顔/銅メダルに輝いたサッカー日本代表。松本育夫選手も活躍し、家族や近所の人々はテレビを見ながら大喜びだった[下野新聞掲載日:2020(令和2)年6月21日]=1968(昭和43)年、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ ※画像の一部にヨゴレ有り

    商品コード: 2020081502372

  •  家族で食卓を囲んで
    1974年09月05日
    家族で食卓を囲んで

    食事をする家族=1974(昭和49)年9月5日、撮影場所不明(一家団欒、一家団らん、家族、親子、家庭、ファミリー、食卓、魚料理、ダイニングテーブル、1970年代)

    商品コード: 2022062705959

  •  家族で食卓を囲んで
    1974年09月05日
    家族で食卓を囲んで

    食事をする家族=1974(昭和49)年9月5日、撮影場所不明(一家団欒、一家団らん、家族、親子、家庭、ファミリー、テレビ、電話、食卓、魚料理、ダイニングテーブル、1970年代)

    商品コード: 2022062706049

  • 一家団欒 シルクロード見聞録(10)
    1979年08月24日
    一家団欒 シルクロード見聞録(10)

    7人家族のトラフォレさん一家。女の子が多いので食事の時は大変にぎやかだ。ゴビの中での暮らし、厳しい自然にも明るく和やか(共同)

    商品コード: 2015110400239

  • 一家だんらん 北京の夕涼み 夏の宵、庶民のくつろぎのとき
    1980年08月19日
    一家だんらん 北京の夕涼み 夏の宵、庶民のくつろぎのとき

    夕食後、自宅前の路上に椅子を持ち出し夕涼みの一家だんらん。家屋は厳しい冬に備えて窓が小さく、レンガの壁で囲まれているため風が通らない(共同)

    商品コード: 2016020300114

  • 甘酒を手にする女性 長引く避難所生活
    1995年01月31日
    甘酒を手にする女性 長引く避難所生活

    この冬一番の寒さとなった神戸地方は夜になって小雪もちらつき一層冷え込んだ。避難所になっている兵庫県芦屋市の精道小学校の校庭の片隅で滑り台に腰かけ、ボランティアから配られた甘酒を手にする女性(写真)。避難所生活も二週間を越え寒さはますます厳しくなる。温かい一家だんらんは一体いつになるのだろうか。(カラーネガ)

    商品コード: 1995013100121

  • 甘酒を手にする女性 長引く避難所生活
    1995年01月31日
    甘酒を手にする女性 長引く避難所生活

    この冬一番の寒さとなった神戸地方は夜になって小雪もちらつき一層冷え込んだ。避難所になっている兵庫県芦屋市の精道小学校の校庭の片隅で滑り台に腰かけ、ボランティアから配られた甘酒を手にする女性(写真)。 避難所生活も二週間を越え寒さはますます厳しくなる。温かい一家だんらんは一体いつになるのだろうか。(カラーネガ)

    商品コード: 1995013100124

  • 台湾料理の店 夢や希望がいっぱい
    2002年11月27日
    台湾料理の店 夢や希望がいっぱい

    湯気の向こうで「春節には台湾で一家だんらんのひとときを過ごしたい」と話すシェフの許慶和さん=東京都渋谷区の台湾料理店「台南担仔麺」

    商品コード: 2002112700094

  • 一家だんらん 冬到来で入浴本番
    2003年12月25日
    一家だんらん 冬到来で入浴本番

    温泉につかりながら一家だんらんを楽しむサル=長野県山ノ内町

    商品コード: 2003122500136

  •  パンダだんらん
    2008年12月23日
    パンダだんらん

    中国から台湾への2頭のパンダ贈呈を記念し、中国四川省で開かれた式典での一こま。パンダの名前は中国語で「一家だんらん」の意味の「団円」にちなんで命名された雄の「団団」と雌の「円円」。その名の通り、中台関係も「一家だんらん」となるか。(ロイター=共同)

    商品コード: 2008122300033

  • ベランダでのだんらん 日差しよけ、涼風楽しむ
    2012年08月27日
    ベランダでのだんらん 日差しよけ、涼風楽しむ

    自宅玄関前のベランダで一家だんらんを楽しむランジット・エディリシンハアッラッチゲさん(右端)ら=8月19日、スリランカ中部ミッネーリヤ(共同)

    商品コード: 2012082700486

  • 牛の世話する牛島さん 一家だんらん、いつか再び
    2017年04月14日
    牛の世話する牛島さん 一家だんらん、いつか再び

    牛の世話をする牛島誠二さん(右)と娘の高木貴子さん=12日、熊本市

    商品コード: 2017041400983

  • 牛の世話をする牛島さん 一家だんらん、いつか再び
    2017年04月14日
    牛の世話をする牛島さん 一家だんらん、いつか再び

    牛の世話をする牛島誠二さん(右)と長女の高木貴子さん=12日、熊本市

    商品コード: 2017041400984

  •  「新華社」赤いちょうちんでおめでたい雰囲気に安徽省歙県
    03:22.98
    2019年02月01日
    「新華社」赤いちょうちんでおめでたい雰囲気に安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の徽州(きしゅう)古城では、町を囲む城壁や望楼などに大きな赤いちょうちんが数多くつり下げられ、辺り一面が縁起の良い「中国の赤」に染まり、おめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれている。年末年始にちょうちんをつるすのは中国の伝統的な風習で、赤いちょうちんは平安と吉祥、豊かさを意味する。同古城では毎年春節の時期、一家だんらんを象徴する赤いちょうちんでお祝い気分を盛り上げ、町全体が年越しムードになる。(記者/楊金鑫)<映像内容>安徽省歙県の徽州古城の風景、撮影日:2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124955

  •  「新華社」元宵節に願いを込めて「古風な」家族写真
    02:42.88
    2019年02月19日
    「新華社」元宵節に願いを込めて「古風な」家族写真

    元宵節を迎えた19日、中国広西チワン族自治区南寧市中心部の歴史文化街「三街両巷」(興寧路、民生路、解放路、金獅巷、銀獅巷)は、一家だんらんの幸福に満ちあふれた雰囲気に包まれていた。10歳の李加喜(り・かき)くんは、中国の伝統文化が大好きだ。加喜くんは両親と姉、いとこのために自分のお年玉で中国古代の服装を借り、歴史的風情を感じる街並みを歩き回りながら写真撮影をした。弟が心を込めて手配した「古風な」家族写真に、加喜くんの姉はひどく感激した。元宵節は中華民族の伝統的な祝日で、社会経済の発展とともにその過ごし方はますます多様化しているが、「幸福」「だんらん」という永遠のテーマは変わらない。(記者/梁舜、黄凱瑩)<映像内容>中国の歴史文化街「三街両巷」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604089

  •  ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る
    2020年01月03日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    3日、豫園ランタンフェスティバルの「リハーサル」現場を訪れ、記念撮影するミッキーとミニー。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321031

  •  ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る
    2020年01月10日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    10日、豫園ランタンフェスティバルに登場したミッキーとミニーをモチーフとした看板。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322355

  •  ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る
    2020年01月10日
    ディズニーキャラクターのランタン、上海豫園を彩る

    10日、ディズニーキャラクターのミッキーとミニーをモチーフとしたランタン。ディズニーを代表するキャラクター、ミッキーマウスとミニーマウスをモチーフとしたランタンが10日、中国上海市の豫園(よえん)ランタンフェスティバルに登場した。同フェスティバルは中国の「国家級無形文化遺産プロジェクト」で、ミッキーとミニーのランタンは今年の目玉の一つとなっている。伝統的な技法で1カ月半を費やして手作業で作られたランタンは、中国の春節(旧正月)を迎えるおめでたい雰囲気を生み出すとともに、一家だんらんへの願いも込められている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322351

  •  「新華社」イノシシ家族のだんらん風景福建省
    02:12.31
    2020年03月15日
    「新華社」イノシシ家族のだんらん風景福建省

    中国福建省長汀県の福建汀江国家級自然保護区のうっそうとした雨上がりの森で、イノシシの親子が泥浴びする様子を赤外線カメラが捉えた。親たちは天然の泥風呂を満喫し、子どもたちは周辺を駆けまわり、一家だんらんを楽しんでいた。(記者/郭圻)<映像内容>野生のイノシシの様子、泥浴びの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303293

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月30日
    新疆ウルムチ市で夜空を彩るライトアップ

    9月30日、ウルムチ経済技術開発区(頭屯河区)小緑谷公園周辺のマンションの夜景。建物の壁に「一家だんらん」の文字を表示している。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の市街地ではこのところ、国慶節の大型連休に合わせて、夜空を彩る鮮やかなライトアップが行われ、祝日の雰囲気を盛り上げている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100703148

  •  (4)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市
    2021年02月17日
    (4)廃業した漁民一家、島を離れて過ごす初めての春節湖南省沅江市

    11日、沅江市に開いた魚料理の店で、一家だんらんの食事を準備する石仲芳さんと妻の李莉華(り・りか)さん。中国湖南省沅江(げんこう)市蓮花島村の石仲芳(せき・ちゅうほう)さん一家は今年、漁業廃業後初めてとなる春節(旧正月)を迎えた。石さんは以前、洞庭湖に浮かぶ蓮花坳島に住んでいた。漁民の7代目で、14歳から漁を始め、息子と孫も島で生まれた。洞庭湖など長江流域では2020年から環境保護のため全面的禁漁措置が実施された。石さんは別の仕事について家族と相談し、一家は同年5月、沅江市の市街地で1軒の店舗を譲り受け魚料理の店をオープンさせた。同市の統一的配置により同年12月31日、洞庭湖内の島の最後となる三つの村、管竹山村、澎湖村、蓮花島村の全ての住民が島を離れた。石さんは11月30日、蓮花坳島で最初に村を離れていた。今年の春節、石さん一家は同様に島を離れた親戚2家族と相談し、共同で開いた魚料理の店で新年を過ごした。石さんは「島を離れて初めて迎える春節をにぎやかに過ごしたい」と話した。(益陽=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021702006

  •  (2)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (2)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、五穀糍粑の生地を乾かす住民。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104855

  •  (6)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (6)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、五穀糍粑の生地を木型に入れ、模様をつける住民。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104859

  •  (4)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (4)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、五穀糍粑の生地を乾かす住民。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104886

  •  (1)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (1)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、五穀糍粑の生地を丸める住民。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104880

  •  (3)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (3)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、五穀糍粑の生地を木型に入れる住民。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104865

  •  (5)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県
    2022年01月31日
    (5)伝統食品「五穀糍粑」作りで春節を迎える湖北省宣恩県

    28日、宣恩県の興隆老街で、表面に精緻な模様が型押しされた五穀糍粑を見せる子ども。春節(旧正月、今年は2月1日)を間近に控えた中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県では、地元の人々が年越しに欠かせない伝統食品「五穀糍粑(ツーバ)」作りに励んでいる。もち米、コーリャンなどの雑穀を使った五穀糍粑は、一家だんらんを象徴する食べ物として親しまれている。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022013104874

  •  「新華社」春節連休も村人の健康を守り続ける医師貴州省遵義市
    01:06.77
    2023年01月22日
    「新華社」春節連休も村人の健康を守り続ける医師貴州省遵義市

    中国で村の医師は、基層社会の医療従事者として地域住民の健康の「守護者」となっている。今年の春節(旧正月)は帰省者が増えたこともあり、最前線で村の人々の健康を守る医師たちがますます必要とされている。17日午前9時、貴州省遵義市紅花岡区金鼎山鎮の衛生院(診療所)では、医師が各村の衛生室(医務室)から報告された薬のリストに基づき薬を選び、往診の準備をしていた。同鎮金川村の医師、王安其(おう・あんき)さんは、患者の診察を終えると薬箱を背負い、登録簿を手にその日の往診を始めた。いつもは電動自転車を使うが、ちょうど雪が降ったばかりなので、鎮の衛生院が安全のため救急車を派遣し、医師1人を同行させた。衛生室を出発して30分ほどで、最初の往診先の村民の家がある山のふもとに到着した。原生林に車は入れないので、徒歩で登るしかない。雪で視界が悪く、足元も悪いため、通常は1時間余りの道に2時間半かかった。10年以上医師として働いてきた王さんは、村をくまなく回り、住民の健康状態を熟知している。山間部の村の医師として、十年以上変わることなく、住民から電話があれば薬箱を背負って診察に赴いてきた。春節の連休中も、王さんと同僚たちは小さな薬箱を背負い、村の人々の一家だんらんを守り続ける。(記者/呉斯洋) =配信日: 2023(令和5)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012207291

  •  (4)中国、旧暦大みそかの外食がブームに
    2023年01月23日
    (4)中国、旧暦大みそかの外食がブームに

    21日、レストランの個室で年越し料理を楽しむ家族。中国では旧暦の大みそか(今年は1月21日)に「年夜飯」と呼ばれる年越し料理を食べることが、最も重要な一家だんらんのイベントとなっている。自宅で年越し料理を作るだけでなく、外で家族と一緒に年夜飯を楽しむことがブームとなっており、新年を前にレストランは予約のピークを迎えた。(九江=新華社記者/陳志豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012312065

  •  (1)中国、旧暦大みそかの外食がブームに
    2023年01月23日
    (1)中国、旧暦大みそかの外食がブームに

    21日、レストランの個室で年越し料理を楽しむ家族。中国では旧暦の大みそか(今年は1月21日)に「年夜飯」と呼ばれる年越し料理を食べることが、最も重要な一家だんらんのイベントとなっている。自宅で年越し料理を作るだけでなく、外で家族と一緒に年夜飯を楽しむことがブームとなっており、新年を前にレストランは予約のピークを迎えた。(九江=新華社記者/陳志豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012312063

  •  (3)中国、旧暦大みそかの外食がブームに
    2023年01月23日
    (3)中国、旧暦大みそかの外食がブームに

    21日、レストランの個室で年越し料理を楽しむ家族。中国では旧暦の大みそか(今年は1月21日)に「年夜飯」と呼ばれる年越し料理を食べることが、最も重要な一家だんらんのイベントとなっている。自宅で年越し料理を作るだけでなく、外で家族と一緒に年夜飯を楽しむことがブームとなっており、新年を前にレストランは予約のピークを迎えた。(九江=新華社記者/陳志豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012312068

  •  (2)中国、旧暦大みそかの外食がブームに
    2023年01月23日
    (2)中国、旧暦大みそかの外食がブームに

    21日、レストランの個室で年越し料理を楽しむ家族。中国では旧暦の大みそか(今年は1月21日)に「年夜飯」と呼ばれる年越し料理を食べることが、最も重要な一家だんらんのイベントとなっている。自宅で年越し料理を作るだけでなく、外で家族と一緒に年夜飯を楽しむことがブームとなっており、新年を前にレストランは予約のピークを迎えた。(九江=新華社記者/陳志豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012312067

  • 1