KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 一般公開
  • ドローン
  • 中国天津市
  • 中国山西省
  • 小型無人機
  • 開放再開
  • ランドマーク
  • 再開山東省
  • 歴史的建造物

「一般開放」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
505
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
505
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月12日
    上野敬幸の菜の花畑 うれしくて寂しい朝

    上野敬幸の菜の花畑。ゴールデンウイークの一般開放に向け、迷路づくりをしていた=2015年、福島県南相馬市(小型無人機から)

    撮影: 2015年、福島県南相馬市

  • 2021年01月18日
    (6)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の階段にある窓。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている日本の鉄道切符をモチーフにした金属プレート。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の一角。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の一角。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の情景展示。鉄道技術者が討論している。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅に残る日本製の電気メーター。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている英国製のブリキの蒸気機関車。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅に残る日本製のマルチメーター。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている三菱製の扇風機。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている米国製蓄音機。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.05
    2021年01月04日
    「新華社」新疆自然博物館が一般開放ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市でこのほど、新疆自然博物館が一般開放され、多くの市民が見学に訪れている。同博物館は、中国国内でも数少ない内陸砂漠乾燥地区の特色を展示する科学普及施設で、新疆の自然地理や生態系、生物学に関する知識を全面的に紹介する。展示ホールは2階建てで、展示面積は2600平方メートルとなっている。(記者/阿曼、郝玉) =配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (7)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の敷地内に植えられている樹齢900年のエンジュ。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (6)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    茶の製造工程を説明するコーナー(一部)。(2020年12月28日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    1日、山西督軍府旧址の正門。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂に掛かる扁額。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    晋商博物院で、晋商が茶を運ぶために切り拓いた道「万里茶路」にまつわる展示品を見つめる来場者。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園を訪れた観光客。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある狄梁公祠の前院正殿。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある唐槐(唐代のエンジュ)。後ろに見えるのは狄公故居。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (3)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園の正門。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の淵誼堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    マリオットホテルの神殿 ホテルの神殿、初詣に開放

    名古屋マリオットアソシアホテルが2021年1月1~3日の三が日に一般開放し、初詣の参拝客を迎え入れる神殿=21日午後、名古屋市

    撮影: 21日午後、名古屋市

  • 2020年12月21日
    ホテル内の神殿 ホテルの神殿、初詣に開放

    名古屋マリオットアソシアホテルが2021年1月1~3日の三が日に一般開放し、初詣の参拝客を迎え入れる神殿=21日午後、名古屋市

    撮影: 21日午後、名古屋市

  • 01:01.52
    2020年11月13日
    「新華社」木々の色鮮やか空から見た北京世園公園

    中国北京市延慶区にある北京世園公園では気温の低下に伴い、木々が鮮やかに色づいている。同園は昨年開かれた北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の跡地で、今年3月に一般開放を再開して以降、累計40万人の観光客を受け入れ、各種イベントを計170回以上開催した。北京園芸博の会場は、博覧会の遺産を十分に保護、活用しながら、新たな公園として生まれ変わっている。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>北京世園公園の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    輸入博出展企業、パナソニックの大型ショールームを探訪

    10月30日、パナソニックセンター東京のビジネス専用展示エリアの一角。一般開放はされておらず、ビジネス目的の来訪者を予約制で受け入れている。日本のパナソニックグループは今年も中国国際輸入博覧会(輸入博)に出展する。同グループが東京に開設した大型コーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」は、ビジネス専用展示と一般展示に分かれており、ハイテク製品や持続可能な発展目標(SDGs)に向けた取り組み、企業文化などを紹介している。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    上海市の大型商業企業、連休中の業績好調旺盛な消費意欲反映

    8日、上海市の一般開放間もない南京路歩行街(歩行者専用道路)延長区間を歩く観光客。中国上海市商務委員会はこのほど、国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中に、市内の大型商業企業437社の売上高が前年同期比13・7%増の123億8千万元(1元=約16円)になったことを明らかにした。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、木船の形をした跨湖橋遺跡博物館。手前の黄色いドームは湖底の遺跡を展示するホールで「中華第一舟」と呼ばれる8千年前の中国最古の丸木舟が保存されている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した水平織機の部品。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、遺跡から出土した土器。太陽の文様は当時の人々の太陽崇拝を表わすという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。謎の記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、遺跡から出土した土器。太陽の文様は当時の人々の太陽崇拝を表わすという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した漆塗りの弓。生漆(きうるし)は8千年前の時点で既に接着剤として使われていたという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した漆塗りの弓。生漆(きうるし)は8千年前の時点で既に接着剤として使われていたという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、遺跡から出土した薬罐。下に展示された骨針は鍼灸用具の可能性があるという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した水平織機の部品と再現模型。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。謎の記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月28日
    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市

    9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。神秘的な記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.54
    2020年09月07日
    「新華社」断崖絶壁、ガラス張りの桟道でガラス板の交換湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市の天門山国家森林公園の西側周遊ルート上にあるガラスの桟道で7日、点検修理が始まった。標高1400メートル以上の断崖に張り出して設置された桟道は、2011年に一般開放されてから今日まで、国内外から延べ2千万人以上の観光客を受け入れてきた。足元のガラス材は摩耗し傷が付き、透明感が損なわれつつあることから、天門山景区では観光客に橋の魅力を堪能してもらうため、耐久年数の10年を待たずに、ガラス板43枚の一斉交換を実施した。(記者/丁春雨)<映像内容>ガラスの桟道のガラス盤交換の様子、観光客の様子、撮影日:2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月02日
    正常な社会生活を取り戻しつつあるラオス・ビエンチャン

    2日、一般開放されているビエンチャンにあるラオスのシンボル「タート・ルアン」。ラオスの首都ビエンチャンは、新型コロナウイルスがほぼ収束し、正常な社会生活を取り戻しつつある。同国では3月24日に最初の感染患者が確認され、これまでに22人が感染したが、3日までに21人が退院している。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターで、プロジェクトの建設模型を見つめる観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターで、植物と昆虫の標本を見学する観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターを訪れた観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の敷地内で働く作業員。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の「見晴らし台」。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の自然教育キャンプ場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮にある「光の殿堂」の内部。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市

    修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市

    修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市

    修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市

    修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    14日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで体を動かす市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    14日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで体を動かす市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブ。(小型無人機から)中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園でエアロバイクをこぐ市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで体を動かす市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで健康チェックを受ける市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブに設置された健康チェックセンターで結果を受け取る市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以降、毎日千人以上の市民が運動のために訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、体質テスト、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元コードを読み取るだけでミニプログラムから運動のデータを取得できる。運動中にも消費カロリーなどのリアルタイムのデータを随時確認することが可能だという。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで体を動かす市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園でサイクリングマシンをこぐ市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園にある屋外型スマートフィットネスクラブで筋力トレーニングに励む市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園のスマートフィットネス機器に表示された市民の運動データ。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園で、スマートサイクリングマシンをこぐ市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園で、スマートサイクリングマシンをこぐ市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    公園の屋外型スマートフィットネスクラブが人気広東省深圳市

    13日、深圳市の中心公園で、ミニプログラムに表示された方法で筋力トレーニングに励む市民。中国広東省深圳市の中心公園には、敷地面積約800平方メートルの「スマートフィットネスクラブ」がある。2019年末に一般開放されて以来、毎日千人以上の市民が運動に訪れている。全施設が屋外にあるこのフィットネスクラブには、健康チェック、心肺機能・筋力トレーニング、スマート競技、ウォーミングアップ、リラックスなど六つのエリアが設けられている。市民は機器に表示された二次元バーコードを読み取り、ミニプログラムで運動データを取得する。運動中も随時、消費カロリーなどのリアルタイムデータが確認できる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    予約制で月2回開放 横瀬川ダム登りいかが

    一般開放が始まったダム壁面のクライミング施設=2020(令和2)年8月9日、高知県宿毛市の横瀬川ダム 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 00:29.73
    2020年08月01日
    「新華社」茶文化を学んで充実した夏休みに河北省臨城市

    中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県東鎮中学校は、夏休み中の行事に伝統的な茶文化を取り入れている。校内にある茶道芸術サークル用の部屋を一般開放し、生徒らが茶礼(茶道)を学び、中国の茶文化に対する理解を深めて充実した時間を過ごせるようにしている。(記者/馮維健)<映像内容>茶礼を学ぶ生徒の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海

    1日、一般開放を再開した上海辰山植物園。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた慶雲泰山行宮。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた慶雲泰山行宮(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた鈴鐺閣。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県

    28日、修復を終えた鈴鐺閣(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.26
    2020年07月17日
    「新華社」市民の暮らしに溶け込む緑の回廊広東省広州市

    中国広東省広州市海珠区でこのほど、水辺の公共空間「閲江路碧道」のモデル区間が第1期工事を終えて一般開放された。碧道は長さ2・6キロで、水路と遊歩道、ジョギングコース、サイクリングコース、路面電車の線路という5本の道を備え、珠江のほとりにたなびく色とりどりのリボンのように見える。同区は今後5年以内に長さ43キロの環島碧道を建設し、都市と緑地の間を通り抜けたり、珠江と湿地の間を散歩したりできる自由な空間を市民に提供する計画を立てている。(記者/陸浩)<映像内容>広東省広州市の「閲江路碧道」モデル区間が第1期工事完了、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.60
    2020年07月15日
    「新華社」天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる

    屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。<映像内容>伝統的な格闘技「中国式摔跤」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで海洋生物の標本を見学する来場者。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「発見の旅」展示ホール。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで標本を見学する親子連れ。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の一角。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで標本を見学する子ども。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールを見学する来場者。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市

    14日、国家海洋博物館の「出航から航行へ」展示ホール。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる

    12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合前にウォーミングアップをする選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる

    12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる

    12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月12日
    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる

    12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月18日
    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省

    18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    12日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、絹織物の技法を子どもたちに紹介する王一士さん(左端)と妻の計金妹さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省

    12日、浙江省湖州市の輯里シルク博物館で、シルクの布団づくりに使う素材を干す王一士さん(奥左)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん(奥右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6