KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ソウル市
  • デジュン
  • トップ会談
  • バーコード
  • ピカチュウ
  • ポケットモンスター
  • ポケモン
  • ワシントン
  • 中国湖北省
  • 乗り換え

「一部の人」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 05:01.70
    2021年02月26日
    STOCKSHOTS: Pokemon turns 25

    The Pokemon franchise started 25 year ago with the release of two games, Pocket Monsters Red and Pocket Monsters Blue, on Game Boy. Since then the creatures have confirmed their global success through video games, cards or even movies. STOCKSHOTS、作成日:2021(令和3)年2月26日、撮影場所:東京都、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

    商品コード: 2021030310461

  • 01:27.20
    2020年03月28日
    「新華社」武漢駅、再開初日に湖北省民1万2千人が帰着高速鉄道で省外から

    中国湖北省武漢市で28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け閉鎖されていた武漢駅が2カ月余りの期間を経て営業を再開した。午後3時過ぎには広州発の高速鉄道列車が到着。扉が開くと乗客240名が駅員とボランティアの指示で降車し、簡潔だが厳粛な式典も行われた。同駅は市内の感染状況の好転を受け営業を再開した。同日は省外に留まっていた湖北省民1万2千人以上が高速鉄道で武漢に戻った。同駅の責任者は、事前に武漢公交集団、武漢地鉄公司などバスや地下鉄の運営会社と連携し、係員による誘導を実施することで、迅速かつ秩序的な乗客の乗り換えができるよう準備したと説明。自家用車で帰宅した一部の人を除き、大部分は地下鉄やバスで帰宅したという。60日以上休業していた武漢の地下鉄も同日、営業を再開した。(記者/潘志偉)<映像内容>武漢駅が営業再開、大勢の利用客の様子、撮影日:2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104176

  • 01:03.92
    2019年04月02日
    「新華社」陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。「天目」は、宋代の黒釉茶盞に対する日本人の呼び名であり「曜変天目」はその中で最も貴重とされる。日本には国宝に指定された陶磁器が14点あるが、うち8点は中国から伝えられたものであり、宋代建盞4点も含まれる。3点は「曜変天目」と呼ばれ、1点は「油滴天目」と呼ばれる。「曜変天目」の特徴とされる焼成時に生じた美しい結晶は、一般的に偶然性が高いと言われているが、長江さんは「単なる偶然ではなく、良いものを作ろうとする努力の中で生み出された偶然だ」と指摘。「陶工たちは現在の科学的方法を知らなかったが、自らの理論と経験を持ち、良いものを作り出すことに一生を捧げた。良いものは偶然出現するものではない」と語る。(記者/李穎)<映像内容>陶芸家のろくろを使った制作風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402049

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:53.04
    2007年02月15日
    「道徳大国」目指せ 義理でなく是非の論理を 心配な右傾化、過去賛美 金大中氏単独会見 (4/10)

    韓国の金大中(キム・デジュン)前大統領が15日、ソウル市内で共同通信と会見した。【拉致問題をめぐる日朝関係(2)】日本が北朝鮮に対し批判、要求するのは当然だが、北朝鮮が謝罪し一部の人を帰したことを認めて、あまり責め立てると反発以外にない。私は機会がある度北朝鮮に対し、残りの問題について被害者が望むように、基本的に完全に納得するまで解決されなければならないと言っている。【今後の平壌訪問】私は機会があれば平壌へも行く。まずは南北トップ会談が行われるべき<映像内容>インタビューに応じる金前大統領、撮影日:2007(平成19)年2月15日、撮影場所:韓国ソウル市

    商品コード: 2019121803829

  • 1