KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 万国建築
  • 中国天津市
  • 中華民国
  • イタリア
  • エンタイア
  • グスタフフォンデトリング
  • スペイン
  • ドイツ系
  • フランス
  • 世界最長

「万国建築博覧」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、「万里郵路」で使われた郵便ラバ車。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票のサンプル。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票3分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、清朝末期に外交を取り仕切った「総理衙門(そうりがもん)」の電報のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、清朝政府が発布した郵便事業の規定をまとめた文書「大清郵政章程」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票1分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、秦皇古駅道の「車轍石」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、大竜郵票が張られたエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館

    11日、天津郵政博物館の外観。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1