KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 劉慈欣
  • りゅう
  • 記者
  • ブーム
  • 紹介
  • 出席
  • 映像
  • 中国語
  • 藤井太洋

「三体」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Terracotta figure of three-bodied warrior.

    Terracotta figure of three-bodied warrior. Made in Cyprus. 7th century BC. From Pyrga. British Museum. London. England. United Kingdom.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070806309

  • -
    Limestone statuette of the Triple Geryon, Classical, early 5th century B.C.,

    Limestone statuette of the Triple Geryon, Classical, early 5th century B.C., Cypriot, Limestone, Overall: 4 3/4 x 6 3/4 x 3 3/4 in. (12.1 x 17.1 x 9.5 cm), Stone Sculpture, Geryon was a three-bodied creature who lived far to the west with his dog Orthos or Orthros, the herdsman Eurytion, and a large number of cattle. One of the labors of the hero Herakles was to obtain the herd, which he did.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050400918

  • 1949年03月31日
    泉福寺

    泉福寺開山堂の三体の仏像=整理1949(昭和24)年3月、大分県東国東郡豊崎村(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016052600691

  • 1991年12月31日
    中国、世界のSFに独特の貢献を果たす

    中国四川省成都市で1991年に開催された世界SF協会年次総会の様子。これが中国で開催された初めての国際的なSF交流イベントとなった。(資料写真)中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏のヒューゴー賞受賞作品「三体」の日本語版が今年7月に早川書房から刊行されて以来、発行部数は既に13万部を超えている。中国四川省成都市でこのほど、第5回中国(成都)国際SF大会が開かれ、日本語版担当編集者の梅田麻莉絵氏が出席し、「三体」は今年日本で最もよく売れたSF小説だと紹介した。盛り上がりが続く「三体」ブームと、劉慈欣氏や郝景芳(かく・けいほう)氏ら中国SF作家が世界的なSF賞を受賞したことは、中国のSFが世界から注目をされ始め、またその独特の世界観と「東洋哲学」が世界のSFに貢献していることを示している。(成都=新華社配信)=1991(平成3)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604520

  • 1994年09月06日
    ろう人形なら2人仲良く…

    めったに見ることのできなくなった二人おそろいの姿も、ここならいつでもOK―。ここは英国ではなく、マニラのショッピングセンター。従業員の女性がチャールズ皇太子とダイアナ妃のろう人形の手入れに余念がありません。はるか米サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ博物館から、今回の展示の催し物のため、少なくとも六十三体の有名人のろう人形を運んできました。一体の価格は少なくとも七万五千ドルとか。(ロイター=共同)

    商品コード: 1994090600046

  • 1998年12月19日
    サインする岩本選手 日本選手が地元アイドルに

    女の子たちにサインをせがまれるハンドボール男子日本チームの岩本真典選手=16日、タマサート大第三体育館(共同)

    商品コード: 1998121900068

  • 1999年06月18日
    公開された勢至菩薩像 流出が日仏の懸け橋に

    )、社会452S、21日付朝刊以降使用、モノクロのみ  パリのギメ美術館から日本に一時帰郷し、元のように三体そろい公開された勢至菩薩像(左端)=94年2月(平成6年国内2210)

    商品コード: 1999061800082

  • 2002年06月17日
    楷行草・三体筆順字典 高額の筆順字典がヒット

    漢字の筆順を詳しく解説した字典『楷行草・三体筆順字典』

    商品コード: 2002061700153

  • 2007年12月29日
    薬師寺金堂の三体 奈良・薬師寺でお身ぬぐい

    奈良市の薬師寺金堂で行われた薬師如来座像(中央)と日光(右)・月光両菩薩立像の「お身ぬぐい」=29日午後

    商品コード: 2007122900044

  • 2007年12月29日
    光背が取り外された三体 奈良・薬師寺でお身ぬぐい

    光背が取り外されて行われた薬師如来座像(中央)と両脇の日光(左)・月光両菩薩立像の「お身ぬぐい」=29日午後、奈良市の薬師寺金堂

    商品コード: 2007122900041

  • 01:11.46
    2018年10月13日
    「新華社」SF作家の劉慈欣氏、フランクフルトで注目集める

    中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏は13日、招待を受けてフランクフルト・ブックフェアの重要対話やフォーラムイベントに出席し、メディアや海外の読者から注目を集めた。劉氏は13日午後、同フェアが彼のために開催した複数回のメディア対話とフォーラムイベントに出席し、代表作とされる「三体」の創作の意図やSF小説とテクノロジー発展との関係など、読者が関心を持つ問題について幅広い交流と討論を行った。会場は満席で、時折笑い声や拍手が起こった。劉氏の長編シリーズ小説「三体」は3部作で、堂々としたタッチで地球文明以外の「三体文明」を描き出し、中国SF文学の道標となる作品と評されている。2015年、「三体」シリーズ第1部が「SF界のノーベル賞」とされるヒューゴー賞を受賞した。2017年12月時点で、「三体」シリーズ3部作の中国語版の販売数は700万冊以上に達しており、さらに英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、韓国語、ギリシャ語など十数種類の言語に翻訳されている。(記者/邵莉)<映像内容>SF作家の劉慈欣氏のイベント、撮影日:2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818189

  • 2019年06月26日
    中国SF「三体」三部作、Netflixでドラマ化へ

    上海市で開かれた「三体」をテーマにしたイベントで発言する劉慈欣(りゅう・じきん)氏。(2019年6月26日撮影)中国の人気長編SF小説「三体」三部作が、著作権の国際化で新たな一歩を踏み出した。上海に本部を置くゲーム開発・配信会社「遊族網絡(YOOZOO)」と傘下の三体宇宙(上海)文化発展は、動画配信世界大手の「Netflix」と共同で「三体」シリーズ英語版のオリジナルシリーズを制作する。1日の共同発表で明らかになった。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701317

  • 2019年07月15日
    中国、世界のSFに独特の貢献を果たす

    東京都目黒区の書店で平積みされた「三体」の日本語版。(7月15日撮影)中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏のヒューゴー賞受賞作品「三体」の日本語版が今年7月に早川書房から刊行されて以来、発行部数は既に13万部を超えている。中国四川省成都市でこのほど、第5回中国(成都)国際SF大会が開かれ、日本語版担当編集者の梅田麻莉絵氏が出席し、「三体」は今年日本で最もよく売れたSF小説だと紹介した。盛り上がりが続く「三体」ブームと、劉慈欣氏や郝景芳(かく・けいほう)氏ら中国SF作家が世界的なSF賞を受賞したことは、中国のSFが世界から注目をされ始め、またその独特の世界観と「東洋哲学」が世界のSFに貢献していることを示している。(東京=新華社記者/郭威)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604538

  • 2019年07月15日
    中国改革開放とSF小説の40年「明日はきっとよくなる」

    東京目黒区の書店で販売される中国のSF小説「三体」の日本語版。(7月15日撮影)米国でSF映画「スタートレック」が公開された1979年当時、中国人はSF文学に対する興味をようやく取り戻したばかりだった。同じ年に中国四川省成都で創刊されたSF雑誌「科学文芸」にはSF小説のほか、アインシュタインの伝記やデジタル集積回路を称える詩歌などが掲載された。SF小説は、科学普及のための一種のツールだと考えられていた。その後、誌名が「科幻世界」に変更され、中国で最も影響力のあるSF雑誌となった。「科幻世界」は今では若手SF小説家の登竜門となっている。カナダのヒューゴー賞作家、ロバート・J・ソウヤー氏は、中国人の新たな技術に対する開放的な考えがSF文学を繁栄させたとの見方を示し、「人々は進化論を信じている。明日はきっとよくなる。これは中国SF小説の核心だ」と語る。(東京=新華社記者/郭威)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401449

  • 2019年09月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、中日両国のSF作家や学者と共に、「三体」の日本の出版界と読者における反響について話し合う藤井太洋氏。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000358

  • 2019年09月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、中日両国のSF作家や学者と共に、「三体」の日本の出版界と読者における反響について話し合う藤井太洋氏。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000357

  • 02:25.30
    2019年10月25日
    「新華社」SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。藤井氏は「三体」は今年の春に日本で翻訳、7月に発売されるとまたたく間に大ブームを巻き起こし、SFファンのみならず日本のさまざまな層から賞賛を受けたと紹介した。藤井氏は「有名なアニメ映画監督の新海誠氏も本書を絶賛している。日本でこれほど大きなSFブームが起こったのは2012年以来だ」と語った。「三体」は日本における小説出版の慣例を覆した。藤井氏は「三体」の日本での出版には独特の現象が見られたと指摘。総売り上げに占める電子書籍の割合が30%となり、自身の作品が持っていた25%の記録を上回って過去最高を更新したと説明した。藤井氏は「この現象は、SFファンや文学ファンだけでなく、電子書籍の主なユーザーである日本の若者が中国のSF作品を読み始めたことを意味している」と述べた。また日本語版の「三体」は英語版よりも魅力的だとも指摘した。藤井氏は「私も英語版の『三体』を読んだが、一部のディテールが失われている。日本語版はより原文に忠実な描写がされている」との認識を示した。さらに藤井氏は、日本の読者は「三体Ⅱ・黒暗森林」の日本語版の出版を心待ちにしていると述べた。(記者/趙宇飛、谷訓)<映像内容>中国のSF小説「三体」を日本のSF作家藤井太洋氏が紹介、星雲賞の授賞式を含むスペシャルイベント開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608605

  • 2019年10月26日
    中国SF産業の潜在力は巨大「三体」著者の劉慈欣氏インタビュー

    26日、「日本での『三体』」フォーラムで発言する劉慈欣氏。中国のSF作家で「さまよえる地球(映画化邦題『流転の地球』)」や「三体」の著者、劉慈欣(りゅう・じきん)氏(56)はこのほど、新華社の取材に対し「ますます多くの団体や個人、資本がSF分野に注目し始めている。『流転の地球』はスタートラインに過ぎない。中国のSF産業の潜在力は巨大だ」と語った。重慶市で25~27日に開かれた中国のSF賞「第10回全球華語科幻星雲賞(中国星雲賞)」の授賞式では、普段着で登壇し常にほほ笑みを絶やさない劉氏の姿が注目を集めた。(重慶=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500961

  • 2019年10月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントの看板。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000336

  • 2019年10月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、イベントに出席した藤井太洋氏(右端)、SF作家で第19代日本SF作家クラブ会長の林譲治氏(右から2人目)、小説家で翻訳家の立原透耶氏(左から2人目)。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000350

  • 2019年10月27日
    中国SF産業の潜在力は巨大「三体」著者の劉慈欣氏インタビュー

    27日、「三体」の日本での反響について話し合う中国のSF作家の劉慈欣氏(左から2人目)、王晋康(おう・しんこう)氏(右端)、呉岩(ご・がん)氏(左端)と日本のSF作家の藤井太洋氏(左から3人目)、林譲治氏(右から3人目)、SF学者の立原透耶氏(右から2人目)。中国のSF作家で「さまよえる地球(映画化邦題『流転の地球』)」や「三体」の著者、劉慈欣(りゅう・じきん)氏(56)はこのほど、新華社の取材に対し「ますます多くの団体や個人、資本がSF分野に注目し始めている。『流転の地球』はスタートラインに過ぎない。中国のSF産業の潜在力は巨大だ」と語った。重慶市で25~27日に開かれた中国のSF賞「第10回全球華語科幻星雲賞(中国星雲賞)」の授賞式では、普段着で登壇し常にほほ笑みを絶やさない劉氏の姿が注目を集めた。(重慶=新華社配信)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500964

  • 2019年10月27日
    中国SF産業の潜在力は巨大「三体」著者の劉慈欣氏インタビュー

    27日、第10回中国星雲賞の授賞式に出席した劉慈欣氏。中国のSF作家で「さまよえる地球(映画化邦題『流転の地球』)」や「三体」の著者、劉慈欣(りゅう・じきん)氏(56)はこのほど、新華社の取材に対し「ますます多くの団体や個人、資本がSF分野に注目し始めている。『流転の地球』はスタートラインに過ぎない。中国のSF産業の潜在力は巨大だ」と語った。重慶市で25~27日に開かれた中国のSF賞「第10回全球華語科幻星雲賞(中国星雲賞)」の授賞式では、普段着で登壇し常にほほ笑みを絶やさない劉氏の姿が注目を集めた。(重慶=新華社配信)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500959

  • 2019年11月01日
    硬派SFに普遍的な力

    小説「三体」3部作が中国で累計2100万部以上の大ベストセラーとなった劉慈欣さん

    商品コード: 2019110100601

  • 2019年11月22日
    中国、世界のSFに独特の貢献を果たす

    第5回中国(成都)国際SF大会で取材に応じる米国のSF作家、スザンヌ・パーマー氏(右)。(11月22日撮影)中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏のヒューゴー賞受賞作品「三体」の日本語版が今年7月に早川書房から刊行されて以来、発行部数は既に13万部を超えている。中国四川省成都市でこのほど、第5回中国(成都)国際SF大会が開かれ、日本語版担当編集者の梅田麻莉絵氏が出席し、「三体」は今年日本で最もよく売れたSF小説だと紹介した。盛り上がりが続く「三体」ブームと、劉慈欣氏や郝景芳(かく・けいほう)氏ら中国SF作家が世界的なSF賞を受賞したことは、中国のSFが世界から注目をされ始め、またその独特の世界観と「東洋哲学」が世界のSFに貢献していることを示している。(成都=新華社記者/楊迪)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604530

  • 2019年11月23日
    中国、世界のSFに独特の貢献を果たす

    第5回中国(成都)国際SF大会で交流する中国のSF作家らと読者。(11月23日撮影)中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏のヒューゴー賞受賞作品「三体」の日本語版が今年7月に早川書房から刊行されて以来、発行部数は既に13万部を超えている。中国四川省成都市でこのほど、第5回中国(成都)国際SF大会が開かれ、日本語版担当編集者の梅田麻莉絵氏が出席し、「三体」は今年日本で最もよく売れたSF小説だと紹介した。盛り上がりが続く「三体」ブームと、劉慈欣氏や郝景芳(かく・けいほう)氏ら中国SF作家が世界的なSF賞を受賞したことは、中国のSFが世界から注目をされ始め、またその独特の世界観と「東洋哲学」が世界のSFに貢献していることを示している。(成都=新華社記者/楊迪)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604536

  • 2020年09月04日
    中国SF「三体」三部作、Netflixでドラマ化へ

    中国の人気長編SF小説「三体」三部作の英語版。(資料写真)中国の人気長編SF小説「三体」三部作が、著作権の国際化で新たな一歩を踏み出した。上海に本部を置くゲーム開発・配信会社「遊族網絡(YOOZOO)」と傘下の三体宇宙(上海)文化発展は、動画配信世界大手の「Netflix」と共同で「三体」シリーズ英語版のオリジナルシリーズを制作する。1日の共同発表で明らかになった。(上海=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701326

  • 2021年02月24日
    (2)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    新华社照片,上海,2021年2月24日上海:走进“三体”科幻世界2月24日,观众在“三体·时空沉浸展”上互动。正在上海中心展览馆举行的“三体·时空沉浸展”,是以我国著名科幻作家刘慈欣《三体》三部曲为内容,融合声音、光线、影像等技术,打造而成的一个“多维”而浩渺的“三体”科幻世界。新华社记者张建松摄= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603912

  • 2021年02月24日
    (7)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    新华社照片,上海,2021年2月24日上海:走进“三体”科幻世界2月24日,观众在“三体·时空沉浸展”上互动。正在上海中心展览馆举行的“三体·时空沉浸展”,是以我国著名科幻作家刘慈欣《三体》三部曲为内容,融合声音、光线、影像等技术,打造而成的一个“多维”而浩渺的“三体”科幻世界。新华社记者张建松摄= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603915

  • 2021年02月24日
    (3)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    新华社照片,上海,2021年2月24日上海:走进“三体”科幻世界2月24日,观众参观“三体·时空沉浸展”。正在上海中心展览馆举行的“三体·时空沉浸展”,是以我国著名科幻作家刘慈欣《三体》三部曲为内容,融合声音、光线、影像等技术,打造而成的一个“多维”而浩渺的“三体”科幻世界。新华社记者张建松摄= 配信日: 2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603913

  • 2021年02月26日
    (6)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    24日、「三体」の世界を楽しむ来場者。中国の著名なSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏による「三体」3部作の世界を体験できる企画展「三体・時空沈浸展」が上海市の上海中心展覧館で開かれている。音や光、映像などの先進技術を融合し、多次元で壮大な「三体」の世界を演出。訪れた多くのSFファンを魅了している。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603916

  • 2021年02月26日
    (5)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    24日、「三体」の世界を楽しむ来場者。中国の著名なSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏による「三体」3部作の世界を体験できる企画展「三体・時空沈浸展」が上海市の上海中心展覧館で開かれている。音や光、映像などの先進技術を融合し、多次元で壮大な「三体」の世界を演出。訪れた多くのSFファンを魅了している。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603914

  • 2021年02月26日
    (4)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    24日、「三体」の世界を楽しむ来場者。中国の著名なSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏による「三体」3部作の世界を体験できる企画展「三体・時空沈浸展」が上海市の上海中心展覧館で開かれている。音や光、映像などの先進技術を融合し、多次元で壮大な「三体」の世界を演出。訪れた多くのSFファンを魅了している。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603979

  • 2021年02月26日
    (1)中国のSF小説「三体」の世界を体験上海市で企画展

    24日、「三体」の世界を楽しむ来場者。中国の著名なSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏による「三体」3部作の世界を体験できる企画展「三体・時空沈浸展」が上海市の上海中心展覧館で開かれている。音や光、映像などの先進技術を融合し、多次元で壮大な「三体」の世界を演出。訪れた多くのSFファンを魅了している。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022603911

  • 03:39.75
    2021年04月30日
    SF作家、劉慈欣さんインタビュー

    代表作の「三体(さんたい)」が国際的なベストセラーとなり、2015年にSF界の世界最高峰とされるヒューゴー賞を受賞した中国SF作家・劉慈欣(りゅう・じきん)氏に、共同通信がインタビューした。<映像内容>中国の北京市内で行われた中国SF作家・劉慈欣氏のインタビュー、撮影日:2021(令和3)年4月30日、撮影場所:中国・北京

    商品コード: 2021050605341

  • 1