KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 渡り鳥
  • 生き物
  • 越冬
  • 令和
  • 指定
  • ちょう
  • ソデグロヅル
  • ハス
  • レッドリスト

「三江鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月06日
    川岸の春景色貴州省錦屏県

    6日、錦屏県三江鎮を流れる清水江沿岸の春景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の錦屏県では清明節(中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)の頃になると、そこかしこに春の気配が漂い、鮮やかな風景が現れる。(錦屏=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100886

  • 2019年04月06日
    川岸の春景色貴州省錦屏県

    6日、錦屏県三江鎮を流れる清水江沿岸の春景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の錦屏県では清明節(中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)の頃になると、そこかしこに春の気配が漂い、鮮やかな風景が現れる。(錦屏=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100821

  • 2019年04月06日
    川岸の春景色貴州省錦屏県

    6日、錦屏県三江鎮を流れる清水江沿岸の春景色。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の錦屏県では清明節(中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)の頃になると、そこかしこに春の気配が漂い、鮮やかな風景が現れる。(錦屏=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100825

  • 2019年04月06日
    川岸の春景色貴州省錦屏県

    6日、錦屏県三江鎮を流れる清水江沿岸の春景色。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の錦屏県では清明節(中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)の頃になると、そこかしこに春の気配が漂い、鮮やかな風景が現れる。(錦屏=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100803

  • 2019年04月06日
    川岸の春景色貴州省錦屏県

    6日、錦屏県三江鎮を流れる清水江沿岸の春景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の錦屏県では清明節(中国の伝統的な祭日、今年は4月5日)の頃になると、そこかしこに春の気配が漂い、鮮やかな風景が現れる。(錦屏=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100710

  • 2019年12月11日
    冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省

    11日、撫河の南昌県三江鎮区間を舞うコハクチョウ。中国江西省を流れる撫河の南昌県三江鎮区間ではこのところ、越冬のため飛来したコハクチョウの大群が羽を休め、餌を探す姿が見られる。同省の鄱陽湖流域では毎年冬になると、多くの渡り鳥が飛来しており、鄱陽湖に流れる撫河にも多くの渡り鳥が餌を求めて飛来している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600732

  • 2019年12月11日
    冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省

    11日、撫河の南昌県三江鎮区間を舞うコハクチョウ。中国江西省を流れる撫河の南昌県三江鎮区間ではこのところ、越冬のため飛来したコハクチョウの大群が羽を休め、餌を探す姿が見られる。同省の鄱陽湖流域では毎年冬になると、多くの渡り鳥が飛来しており、鄱陽湖に流れる撫河にも多くの渡り鳥が餌を求めて飛来している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600753

  • 2019年12月13日
    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401514

  • 2019年12月13日
    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401584

  • 2019年12月13日
    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401453

  • 2019年12月13日
    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401527

  • 2019年12月13日
    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401468

  • 02:33.46
    2019年12月23日
    「新華社」国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測

    中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(記者/李雄鷹)<映像内容>広東省でソデグロヅルを初観測、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401694

  • 00:57.91
    2020年09月19日
    「新華社」秦巴山区の農村、生活排水対策が効果を発揮

    生活排水対策は農村の環境整備にとって重要な課題となっている。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山区の「連片貧困区」(国が指定した広域特殊困難地区)に当たる四川省巴中(はちゅう)市巴州区ではこのほど、排水の集中処理と分散処理を組み合わせた生活排水対策が進められ、優れた成果を収めている。同区三江鎮民主村の集落では、新たに設置した三槽式浄化槽が31世帯、135人の生活排水処理問題を解決した。浄化槽の周辺に小型の人工湿地を建設して空気中に漂う異臭を取り除き、これまで集落で見られた悪臭漂う用水路に大量の蚊が飛び交うような状況を解消した。(記者/蕭永航)<映像内容>農村の生活排水対策の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092404026

  • 1