KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三井三池炭鉱
  • 三池港
  • 令和
  • 前身
  • 北九州市
  • 地域
  • 場所
  • 宮浦駅
  • 平成
  • 廃線

「三池炭鉱専用鉄道」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年03月09日
    三井三池炭鉱、世界遺産候補 三池炭鉱専用鉄道敷

    三池炭鉱専用鉄道敷跡=2014(平成26)年3月9日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015031000287

  • 2017年03月29日
    三池炭鉱、きょう閉山20年

    三池炭鉱専用鉄道敷跡の世界遺産登録範囲

    商品コード: 2017032900447

  • 2017年03月29日
    三池炭鉱、きょう閉山20年

    三池炭鉱専用鉄道敷跡の世界遺産登録範囲

    商品コード: 2017032900448

  • 00:51.81
    2020年02月23日
    「西日本新聞」国内最古、現役100年超の「炭鉱電車」廃線へ 5月にも三井化学大牟田工場

    福岡県大牟田市の三井化学大牟田工場が、JR鹿児島線と工場を結ぶ三井化学専用鉄道(約1・8キロ)を5月にも廃線にすることが分かった。近く正式発表する。前身は旧三池炭鉱専用鉄道で、100年以上前の「炭鉱電車」が今も走る。三池炭鉱の鉄道敷跡の一部は世界遺産に登録され、三井化学専用鉄道の電気機関車は現役では国内最古で人気が高い。同社は地域の記憶として残そうと、メモリアル事業も検討している。関係者によると、大牟田工場は三菱ケミカル福岡事業所(北九州市)から貨物列車で届く硝酸を運ぶために専用鉄道を主に利用してきた。その三菱ケミカルが4月末での硝酸の生産停止を決定。入手先の変更に伴い、船で着く硝酸を三池港(大牟田市)からトラックで運ぶことになり、専用鉄道の廃線を決めた。「炭鉱電車」は5両で、最古の車両は1915年製。JR大牟田駅北の操車場で貨物車と連結、宮浦駅まで毎日2往復している。国道208号の旭町1号踏切は、鉄道ファンの人気撮影スポットだ、撮影日:2020(令和2)年2月23日、撮影場所:福岡県大牟田市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022811021

  • 1