KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 国宝
  • 指定
  • 重要文化財
  • 記者
  • けい
  • 碑文
  • 文章
  • 人々
  • 周辺

「三絶」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    07:03.30
    2019年10月07日
    「新華社」チベット自治区ニェモ県、伝統文化が脱貧困をけん引

    中国チベット自治区ラサ市ニェモ県は、チベット紙・チベット香(チベット族の伝統的なお香)・普松彫刻によってその名が知られている。この長い間伝承されてきた文化遺産の「ニェモ三絶」が現在、現地の貧困脱出に新たな希望を与えている。同県のチベット紙づくりの技術伝承者であるカルサン・テンジン氏によると、同県のチベット族の造紙技術は、かつて消滅の危機に瀕したことがあったが、国による伝統文化保護の強化により、復活・発展を遂げたという。同自治区文化庁のデータによると、2018年末現在、中央政府がチベット自治区国家級無形文化遺産プロジェクトおよび国家級代表的伝承者の保護・記録などに累計1億8千万元(1元=約15円)あまりを投じ、現地の貧困脱出事業に顕著な成果を上げた。現在、同県では合計10の代表的な無形遺産プロジェクトを実施し、すでに1765人に雇用を提供している。ニェモ古宝チベット香廠のツェワン・チレ総経理は、創設以来多くの貧困者を雇用し、現地家庭を支援してきたとし、被雇用者の年収は3万5千~3万6千元で、食と住まいは同社が提供していると述べた。2019年3月、同自治区初となる10の無形文化遺産貧困支援雇用ワークショップが同県に設置され、貧困補助システムに登録された111世帯556人の雇用問題を解決し、貧困脱出を望む村民たちに活路を与えた。同県民族彫刻手工芸有限公司の責任者、ペンバ氏は、現在彫刻印刷技術はすでに一般家庭にまで浸透しており、普通の村民でも研修を受けることで、同技術を容易に習得でき、収入も十分期待できると話す。同県文化観光局によると、現在、同自治区内における「ニェモ三絶」の売れ行きは好調で、ブランド作りに成功しているという。従事者の増加に伴い、その生産量は増え続けており、現地政府当局も製品の販路拡大に力を入れている。現在、同自治区ではすでに55の県が貧困県の名を返上している。(記者/時建国、何程、洛卓嘉措、春拉)<映像内容>チベット紙・チベット香・普松彫刻の製作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801505

  •  観光名所が続々と営業再開山西省
    2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、晋祠の中にある「難老泉亭」を見学する観光客。「晋陽第一泉」と称される難老泉は、「晋祠三絶」の一つ。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/魏飈)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900991

  •  「新華社」中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    00:57.74
    2021年01月22日
    「新華社」中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902665

  •  (2)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (2)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500317

  •  (10)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (10)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500321

  •  (3)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (3)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500308

  •  (4)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (4)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある北宋の書家・詩人、黄庭堅(こう・ていけん)の詩碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500227

  •  (1)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (1)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の学者・書画家、呉大澄(ご・だいちょう)の詩碑。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500338

  •  (11)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (11)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある「大唐中興頌」碑の入り口。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500297

  •  (6)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (6)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500354

  •  (5)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (5)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の詩人・学者、何紹基(か・しょうき)の詩碑。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500284

  •  (9)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (9)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の詩人・学者、何紹基(か・しょうき)の詩碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500366

  •  (8)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (8)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500412

  •  (7)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (7)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある「大唐中興頌」碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500309

  •  (3)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (3)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の正殿。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600762

  •  (12)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (12)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600768

  •  (2)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (2)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の庭。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600749

  •  (9)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (9)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600750

  •  (19)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (19)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600764

  •  (5)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (5)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600766

  •  (4)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (4)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600746

  •  (8)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (8)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600751

  •  (10)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (10)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600755

  •  (18)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (18)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600757

  •  (20)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (20)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑拓本の印刷版。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600770

  •  (16)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (16)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600756

  •  (21)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (21)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600761

  •  (15)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (15)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の裏面(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600752

  •  (7)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (7)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600747

  •  (1)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (1)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の入り口。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600759

  •  (13)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (13)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の側面。。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれる。それぞれ受禅台前と漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600760

  •  (11)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (11)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    正殿の内部。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600763

  •  (6)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (6)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600765

  •  (17)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (17)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600767

  •  (14)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮
    2022年05月05日
    (14)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600754

  •  (5)晋祠の魅力を探訪山西省太原市
    2023年09月01日
    (5)晋祠の魅力を探訪山西省太原市

    晋祠の難老泉を見学する観光客。難老泉は「晋陽第一泉」とも呼ばれる晋祠三絶の一つ。(7月4日撮影)中国山西省太原市にある晋祠(しんし)は、西周~春秋時代の晋国の始祖、唐叔虞(とうしゅくぐ)を祭る祠廟(しびょう)で、同市市街地から南西に25キロの懸甕(けんおう)山麓にある。中国古代の祠廟建築、庭園、彫刻、壁画、碑刻芸術が一体となっており、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090111270

  •  「新華社」徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    01:10.89
    2024年02月12日
    「新華社」徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。かつての徽州には1府6県があり、現在の安徽省の黄山市歙(きゅう)、黟(い)、休寧、祁門(きもん)各県、宣城市績渓(せきけい)県、江西省の上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県にあたる。千年余り前、徽州の人々は山を背に、川に臨んで宗族ごとに居を構え、独自の建築様式を創り出した。徽派建築は現在、中国古建築の宝、中華民族文化のシンボルになっている。徽州三彫は徽派建築の特徴を最も備えた建築要素の一つで、歴史は宋代にさかのぼる。元末明初から清末民初にかけて、儒教と学問を重んじる徽州商人が次々に故郷に戻り、邸宅や宗祠(一族の祖先を祭る祠)、牌坊を建設。三彫の技法で彫刻を施し、徽派建築の装飾様式を確立した。古民家は徽州三絶の筆頭であり、黟県宏村には明清時代の民家140軒余りが保存されている。大型民家の「承志堂」は「民間故宮」「徽州木彫の集積地」と呼ばれ、足を踏み入れると彫刻芸術に囲まれた気分になる。徽州三彫は2006年、第1次国家級無形文化遺産に登録され、08年には徽派伝統民家の建築技法も登録された。歙県にある安徽省行知学校は、伝統技法を後世に伝えるため徽派古建築産業学院を設立。高い技能を持つ専門家20人余りを招へいして若い世代の無形文化遺産継承者を育成し、徽派古建築の伝承に革新を起こしている。(記者/周牧) =配信日: 2024(令和6)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021205559

  •  (12)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (12)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県西逓村の家屋に残る木彫装飾。(1月26日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304784

  •  (9)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (9)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市歙県にある許国石坊。(1月12日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304760

  •  (1)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (1)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(1月26日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304673

  •  (3)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (3)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(2022年9月1日、小型無人機から)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304674

  •  (2)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (2)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(2020年10月23日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304675

  •  (6)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (6)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(1月26日、小型無人機から)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304680

  •  (5)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (5)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(1月26日、小型無人機から)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304681

  •  (8)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (8)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の西逓村。(1月26日、小型無人機から)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304698

  •  (10)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (10)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県西逓村の家屋に残る木彫装飾。(1月26日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304763

  •  (4)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (4)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県西逓村の家屋に残る石彫装飾。(1月26日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304676

  •  (7)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (7)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市歙県の行知学校で、無形文化遺産の木彫制作を学ぶ生徒ら。(1月12日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社記者/周牧)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304686

  •  (11)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省
    2024年02月13日
    (11)徽州古建築を訪ねてシリーズ①「建築の美」安徽省

    安徽省黄山市黟県の宏村。(1月26日撮影)中国安徽省黄山市。かつて徽州と呼ばれたこの地の景色はどこも美しく、中でも中国伝統建築様式の一つ「徽派建築」は秀麗な山水の間に描かれた変化に富む一筆といえる。徽州三絶と呼ばれる民家、祠堂、牌坊(はいぼう)は周辺の山々と美しい景観を織りなし、建物に施された木彫や石彫、磚彫(せんちょう、れんが彫刻)は画竜点睛の筆として、人々の徽州文化への思いを引きつけている。(合肥=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2024(令和6)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024021304782

  •  (14)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (14)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿に見られる木組みの構造。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005114

  •  (6)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (6)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿にある宋代彩色塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005055

  •  (7)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (7)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005061

  •  (4)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (4)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿にある宋代彩色塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005039

  •  (10)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (10)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺内の舎利塔。唐の咸亨4(673)年に建立され、「回字塔」としても知られる。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005079

  •  (11)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (11)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺内の舎利塔。唐の咸亨4(673)年に建立され、「回字塔」としても知られる。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005078

  •  (1)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (1)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の毘盧(びる)殿にある塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032004909

  •  (12)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (12)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺内の毘盧(びる)殿。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005090

  •  (9)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (9)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺を訪れる観光客。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005077

  •  (8)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (8)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿。(小型無人機から)中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005063

  •  (2)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (2)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿にある宋代彩色塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032004906

  •  (16)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (16)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の毘盧(びる)殿にある壁画。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005113

  •  (15)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (15)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺内の碑文。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005115

  •  (13)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (13)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺内の燃灯塔。唐の大暦8(773)年に建立された。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005096

  •  (5)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (5)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿にある宋代彩色塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032005038

  •  (3)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省
    2024年03月20日
    (3)宋代菩薩像の最高傑作を訪ねて山西省

    13日、法興寺の円覚殿にある宋代彩色塑像。中国山西省長治市長子県の翠雲山にある法興寺は北魏時代の5世紀に創建され、1988年には第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。貴重な文化財が多くあり、宋代の彩色塑像、唐代の石舎利塔、同じく唐代の燃灯塔は「法興寺三絶」と称される。円覚殿に安置された彩色菩薩像は美術史界で「宋塑菩薩の冠」と呼ばれている。(長治=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2024(令和6)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032004937

  • 1