KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三菱重工業神戸造船所
  • 三菱重工業社長
  • 三菱重工業下関造船所
  • 会見
  • ロケット
  • 記者
  • 長崎市
  • 種子島宇宙センター
  • 昭和
  • 鹿児島県

「三菱重工業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
803
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
803
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2016年05月09日
    三菱重工業のロゴ

    キーワード:企業、会社、看板、ロゴマーク=2016(平成28)年5月9日、東京(ロイター=共同)

    商品コード: 2018121420661

  • 2016年07月04日
    三菱重工業のロゴ

    キーワード:企業、会社、看板、ロゴマーク、相模原、工場=2016(平成28)年7月4日、神奈川県相模原市(ロイター=共同)

    商品コード: 2018121420732

  • 2019年06月28日
    三菱重工業のロゴ 三菱重工業・資料

    三菱重工業のロゴマーク=2019年6月27日、東京・丸の内

    商品コード: 2019062801903

  • 2015年01月29日
    三菱重工業(株)本社

    三菱重工業(株)本社、東京都港区港南2-16-5、2015年1月29日撮影

    商品コード: 2015012900586

  • 2008年10月10日
    三菱重工業本社ビル

    東京都港区港南2-16-5、2008年10月5日撮影

    商品コード: 2008101000087

  • 2021年08月06日
    三菱重工業の飛島工場

    三菱重工業がロケット開発を行う飛島工場の外観=2021年8月6日、愛知県飛島村

    商品コード: 2021080606627

  • 2006年10月20日
    長崎造船所 三菱重工業で裏金づくり

    幹部職員が大量処分された三菱重工業長崎造船所=12日、長崎市

    商品コード: 2006102000215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月04日
    原告側弁護士らの会合 三菱重工業に協議要請へ

    三菱重工業に元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償支払いを命じた訴訟に絡み、名古屋市で開かれた原告側弁護士や支援団体関係者による会合=4日午後

    商品コード: 2019010401722

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月01日
    記者会見する被害者ら 韓国で三菱重工業を提訴

    三菱重工業に損害賠償を求める訴訟を前に記者会見する、太平洋戦争中に強制動員された韓国人被害者ら=1日午前、ソウル(共同)

    商品コード: 2013070100149

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月01日
    会見する韓国人の生存者 韓国で三菱重工業を提訴

    三菱重工業に損害賠償を求める訴訟を前に記者会見する、太平洋戦争中に強制動員された生存原告の洪順義さん=1日、ソウル(共同)

    商品コード: 2013070100230

  • 2018年11月28日
    三菱重工業のロゴマーク

    キーワード:三菱重工業、Mitsubishi Heavy Industries、三菱グループ、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2018(平成30)年11月28日、国際航空宇宙展、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012501632

  • 2019年03月06日
    三菱重工業のプラント巡回防爆ロボット

    三菱重工業は10日、JXTGエネルギーと共同でプラント巡回防爆ロボット「EX ROVR(エクスローバー)」の走行試験を行ったと発表した。JXTGの水島製油所(岡山県倉敷市)で階段昇降を含むプラント内複数フロアの自律巡回走行や、搭載センサーによるデータ取得、ドッキングステーション充電を含む連続自動運転を実施し、基礎的な機能要件を満たすことを確認した。今後、試験結果の評価を掘り下げ、改良を進めて石油化学メーカーなどに2020年度の受注開始を目指す。=2019(平成31)年3月6日、岡山県倉敷市のJXTG水島製油所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103440

  • 03:37.21
    2017年11月20日
    MRJミュージアム公開 三菱重工業

    三菱重工業は20日、開発を進めている国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)に関する展示施設「MRJミュージアム」を報道陣に公開した。MRJの最終組立工場(愛知県豊山町)内に30日に開館する。工場の5階で実機と同じ操縦席や客席を備えた胴体やエンジンの模型、製造テストに使った主翼の試作品などを展示する。2階では実際の組み立て現場も見ることができる。見学は予約制。インターネットで受け付ける。斉藤啓介広報部長は、年間10万人の来場者数を見込み「子どもを含めた一般の人が航空機に興味を持ってもらえる施設にしたい」と語った。<映像内容>模型(コックピット、客室、エンジンなど)展示、三菱重工業の斉藤啓介広報部長の囲み。撮影は午後3時から4時。場所は愛知県豊山町。

    商品コード: 2017112100323

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.05
    2019年09月23日
    三菱重工業会見 アルミシートで火災防止

    三菱重工業は23日、11日に火災で打ち上げを延期したH2Bロケット8号機について、出火した発射台下部の断熱材をアルミシートで覆い、延焼や静電気の発生を防ぐ対策を講じたと発表した。国際宇宙ステーションへの無人補給機「こうのとり」を載せて25日午前1時5分に打ち上げる。同社は、断熱材の表面を覆う耐熱材に吹き付けられていた液体酸素が静電気を発生させたと分析。酸素濃度が高い状態で断熱材の一部が露出して引火したとみられる。<映像内容>鹿児島県の種子島宇宙センターで行われた三菱重工業の記者会見、撮影日:2019(令和元)年9月23日、撮影場所:種子島宇宙センター

    商品コード: 2019092401907

  • 1922年12月31日
    Japan - Kobe - Enormous Floating Dock

    The enormous floating dock at the Mitsubishi Shipbuilding Yard at Kobe, Japan. The liner Hakozaki Maru SS (pictured being finished in the dock) was taken over by the Japanese government during the Second World War for service as a transport. On March 19th, 1945, when in the Yellow Sea, she was torpedoed and sunk by the U.S. submarine USS Balao. Date: 1922、クレジット:Mary Evans/Grenville Collins Postcard Collection/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600599

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M2 Model 22 Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Flying over Sea Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600721

  • -
    三菱造船所

    キーワード:三菱造船所、三菱重工業長崎造船所、建造中の船、絵葉書=撮影年月日不明、長崎、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062204473

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Swpa Flying in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600718

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty in USAF Livery Parked with Tech Air Intel Swpa Titles Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600719

  • 1942年12月31日
    Mitsubishi Ki-67 ‘Peggy‘ -this Japanese Army heavy bomb

    Mitsubishi Ki-67 ‘Peggy‘ -this Japanese Army heavy bomber, first flown in December 1942, came too late to have much impact.、クレジット:? Hugh W. Cowin Aviation Collection/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600655

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600707

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600711

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Flying Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600720

  • 1941年12月31日
    Mitsubishi Ki-30 Army Type 97 ‘Ann‘ -Japanese Army ligh

    Mitsubishi Ki-30 Army Type 97 ‘Ann‘ -Japanese Army light bomber used fro mid 1941 Relegated to training by end 1942, many later used for Kamikaze attacks.、クレジット:? Hugh W. Cowin Aviation Collection/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600512

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Tech Air Intel Swpa Parked in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600586

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Swpa Flying in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600683

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Swpa Flying in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600690

  • 1944年12月31日
    Mitsubishi Ki-46-II ‘Dinah‘ -Used between mid-19441-194

    Mitsubishi Ki-46-II ‘Dinah‘ -Used between mid-19441-1945 by the Japanese Army for long range reconnaissance.、クレジット:? Hugh W. Cowin Aviation Collection/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600666

  • 1944年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty T.1 M?B Date: 1944、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600724

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Swpa Flying in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600696

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M2a Model 24 Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2A Model 24 Type 1 Betty Taiu Tech Air Intel Swpa Flying in USAF Livery Marking Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600686

  • 1938年08月31日
    Mitsubishi Ki-21-1a ‘Sally‘ -this bomber entered servic

    Mitsubishi Ki-21-1a ‘Sally‘ -this bomber entered service with the Japanese Army in August 1938, but relegated to secondary duties by 1942 Over 1700 built.、クレジット:? Hugh W. Cowin Aviation Collection/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600507

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:12.91
    2016年04月22日
    ステルス試作機が初飛行 戦闘機開発に活用

    国産初のステルス戦闘機開発に向けて、防衛省の発注を受け三菱重工業などが製造している試作機「先進技術実証機」が22日、愛知県営名古屋空港(愛知県)を離陸し、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県)に着陸した。試作機の飛行は初めて。装備庁によると、試作機は午前8時47分に離陸。岐阜県内の試験空域で機体の動作確認を実施後、同9時13分に着陸した。速度は時速約370キロ、高度は約4600メートルに達したという。〈映像内容〉愛知県営名古屋空港を離陸する様子と、航空自衛隊岐阜基地に着陸したステルス戦闘機。

    商品コード: 2017090201410

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600678

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M2 Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2 Type 1 Betty Flying Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600717

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091600723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月02日
    三菱重工業の風速30メートルでも安定飛行するドローン

    三菱重工業は2日、空中と水中の飛行ロボット(ドローン)を組み合わせた無人機システムを、1000キロメートル離れた遠距離から操作する実験に成功したと発表した。九州の実験用監視エリアと東京・丸の内の同社を専用回線で接続。不審船に見立てた船がエリアに近づくのをレーダーで発見、ドローンを急行させ監視、自動追跡するまで操作できることを確認した。今後はより長距離で実験を行うとともに、ドローンの数も複数に増設。多面的な対応ができるようにして2019年度末にも商品化する。三菱重工は空中ドローンで、台風並みの風速30メートルに耐えられ、安定飛行できるドローンの姿勢制御技術を開発。水中ドローンも計画ルートに基づいて自動航行できる機種を開発した。伸縮アンテナに取り付けたカメラで撮影もできる。防衛関連のほか、密漁監視やインフラ点検、防災向けに売り込む。東南アジアなど海外の需要も見込む。2019(令和元)年、7月2日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070402323

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左から)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO /岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208897

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左から)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO /岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208896

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真はフォトセッションの様子。(左2)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO、(左3)岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208895

  • 2018年11月28日
    三菱重工業・三菱航空機・三菱重工航空エンジンのロゴマーク

    キーワード:三菱重工業、三菱航空機、三菱重工航空、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2018(平成30)年11月28日、国際航空宇宙展、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012501639

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左から)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO /岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208889

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左2)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO、(左3)岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208885

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左から)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO /岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208873

  • 2012年10月03日
    世界新三大夜景 ライトアップされた三菱重工業長崎造船所のクレーン

    ライトアップされた三菱重工業長崎造船所のクレーン。背後は稲佐山=長崎市、2012(平成24)年10月3日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015031000274

  • 2021年03月29日
    三菱重工業の三井E&S造船からの艦艇事業等の譲受けに関する会見

    三井E&Sホールディングス(HD)と三菱重工業は29日、三井E&Sの艦艇と官公庁船事業を三菱重工に譲渡することで最終合意したと発表した。三菱重工は得意とする護衛艦に加え、三井E&Sの補給艦などを取り込むことで事業体制を強化する。譲渡額は明らかにしていない。三菱重工の泉沢清次社長は「防衛関連の受注には山谷があり、船種を増やして生産性も上げる」と述べた。関係当局の審査を経て、10月をめどに両事業の譲渡完了を目指す。三井E&Sの玉野艦船工場(岡山県玉野市)の従業員約400人が三菱重工に移る。同工場を三菱重工が借り建造、修繕を継続する。「大きな枠組みでシナジーを高める」(岡良一三井E&SHD社長)としている。三菱重工は艦艇の受注環境に対応し、造船所の安定操業につなげる。今回の譲渡により国内で艦艇事業を手がけるのは4社から、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド、川崎重工業の3社に集約される。写真は会見する(左から)泉澤清次 三菱重工業社長 CEO /岡良一 三井E&Sホールディングス社長 CEO 他。=2021(令和3)年3月29日、東京都千代田区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208893

  • 2016年08月26日
    (おおみや・ひであき) 大宮英明

    三菱重工業会長、2015年8月5日撮影、東京都港区の三菱重工業本社

    商品コード: 2016072500314

  • 05:22.12
    2016年03月10日
    MRJ新設の組立工場公開 今秋から量産化へ

    三菱重工業は10日、子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の量産を行う最終組立工場を新設し、報道陣に公開した。新工場は開発拠点の愛知県営名古屋空港(豊山町)に隣接しており、今秋ごろから本格稼働する計画だ。当初は2カ月に1機程度を生産し、2020年ごろまでに月産10機への引き上げを目指す。<映像内容>公開された最終組立工場の外観、工場の内部、説明する担当者など、撮影日:2016(平成28)年3月10日、撮影場所:愛知県豊山町

    商品コード: 2019121130882

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty on Right Side Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101180

  • 1945年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Captured Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty-24 Taiu Swpa in USAF Livery Date: 1945、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101159

  • 1944年12月31日
    Mitsubishi G4M2 Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M2 Type 1 Betty Flying Date: 1944、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101112

  • 1940年12月31日
    Mitsubishi G4M Type 1 Betty

    Imperial Japanese Navy Mitsubishi G4M Type 1 Betty Date: 1940s、クレジット:? aviation-images.com/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101188

  • 1995年05月25日
    会見する津田常務 三菱重工幹部が記者会見

    研究員の逮捕について記者会見する津田義久三菱重工業常務=25日午後、東京・丸の内の三菱重工業本社(カラーネガ)

    商品コード: 1995052500054

  • 1989年06月16日
    相川賢太郎氏 輸出強化を指示

    インタビューに答える三菱重工業社長に内定した相川賢太郎氏=東京・丸の内の三菱重工業本社

    商品コード: 2019122500511

  • 1974年03月08日
    実用衛星用ロケット初公開

    公開された日本初の人工衛星打ち上げ用「Nロケット」。宇宙開発事業団と三菱重工業が、米国のデルタロケットを基に開発、三菱重工業が製造した液体燃料の二段式ロケットで、右が一段目、左が二段目=1974(昭和49)年3月8日、三菱重工業名古屋航空機製作所大江工場

    商品コード: 2011101700093

  • 2003年02月04日
    デモ機を公開 三菱重工が家庭用ロボット

    三菱重工業が公開した家庭向け人型ロボットの「wakamaru(ワカマル)」。簡単な会話もこなせる=4日午前、東京・丸の内の三菱重工業本社

    商品コード: 2003020400052

  • 2006年10月19日
    ロベルジョン氏と佃社長 三菱重工、仏アレバと提携

    記者会見でアレバのアンヌ・ロベルジョン会長(左)と握手をする三菱重工業の佃和夫社長=19日午後、東京都港区の三菱重工業本社

    商品コード: 2006101900259

  • 2004年01月23日
    中村北大総長と柘植常務 間伐材で次世代エネルギー

    包括的連携協定書に調印し、握手する中村睦男・北海道大総長(左)と柘植綾夫・三菱重工業常務=23日午後、東京都港区の三菱重工業本社

    商品コード: 2004012300216

  • 2000年12月26日
    無害化プラント PCB無害化施設を完成

    三菱重工業が完成させたポリ塩化ビフェニール(PCB)を無害化するプラント=26日午後、長崎市深堀町の三菱重工業長崎研究所

    商品コード: 2000122600144

  • 2005年04月19日
    西岡喬氏 造船工業会会長に西岡氏

    三菱重工業の西岡喬会長

    商品コード: 2005041900100

  • 2017年10月06日
    長崎でフェリー建造再開へ

    三菱重工業の船の生産拠点

    商品コード: 2017100600829

  • 2012年03月24日
    大宮英明氏 ひと

    三菱重工業の大宮英明社長

    商品コード: 2012032400176

  • 2018年11月26日
    宮永俊一氏 三菱自ゴーン会長今夕解任

    三菱重工業の宮永俊一社長

    商品コード: 2018112600069

  • 2020年04月23日
    自粛要請後も県バスで移動

    三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2020042304906

  • 2020年11月01日
    名門凋落、逆風厳しく

    三菱重工業の主な事業

    商品コード: 2020110100252

  • 2017年10月06日
    長崎でフェリー建造再開へ

    三菱重工業の船の生産拠点

    商品コード: 2017100600828

  • 2003年06月02日
    三菱重工の家庭用燃料電池 世界最小の燃料電池開発

    三菱重工業の家庭用燃料電池

    商品コード: 2003060200174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月04日
    三菱重工業の大宮社長 日立、三菱重工が統合協議

    三菱重工業の大宮英明社長

    商品コード: 2011080400011

  • 2015年10月09日
    大宮英明氏 オールジャパン体制必要

    三菱重工業の大宮英明会長

    商品コード: 2015100900456

  • 2016年05月21日
    宮永俊一氏 ひと

    三菱重工業の宮永俊一社長

    商品コード: 2016052100234

  • 2020年04月23日
    自粛要請後も県バスで移動

    三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2020042304907

  • 2020年11月01日
    名門凋落、逆風厳しく

    三菱重工業の主な事業

    商品コード: 2020110100250

  • 2020年04月23日
    自粛要請後も県バスで移動

    三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2020042304905

  • 2020年04月23日
    自粛要請後も県バスで移動

    三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2020042304908

  • 2018年02月10日
    宮永俊一氏 ひと

    三菱重工業の宮永俊一社長

    商品コード: 2018021000208

  • 2017年01月07日
    宮永俊一氏 ひと

    三菱重工業の宮永俊一社長

    商品コード: 2017010700151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年07月09日
    潜水艦建造中に事故

    兵庫・三菱重工業神戸造船所

    商品コード: 2008070900026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年07月09日
    潜水艦建造中に事故

    兵庫・三菱重工業神戸造船所

    商品コード: 2008070900028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年06月08日
    三菱重工業本社 三菱重工に賠償請求へ

    三菱重工業本社=東京都港区

    商品コード: 2013060800132

  • 2020年11月01日
    三菱重工のロゴ 名門凋落、逆風厳しく

    三菱重工業のロゴマーク

    商品コード: 2020110100239

  • 2004年04月26日
    岡崎洋一郎氏 三菱自社長が前倒し辞任

    岡崎洋一郎三菱重工業取締役

    商品コード: 2004042600258

  • 2014年11月01日
    大宮英明氏 ひと

    三菱重工業の大宮英明会長

    商品コード: 2014110100213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年07月09日
    潜水艦建造中に事故

    兵庫・三菱重工業神戸造船所

    商品コード: 2008070900025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年07月09日
    潜水艦建造中に事故

    兵庫・三菱重工業神戸造船所

    商品コード: 2008070900029

  • 2009年08月27日
    西岡喬氏 日本郵政会長に西岡氏

    西岡喬・三菱重工業相談役

    商品コード: 2009082700144

  • 2019年12月14日
    泉沢清次氏 ひと

    三菱重工業の泉沢清次社長

    商品コード: 2019121400170

  • 01:01.89
    2017年03月17日
    情報収集衛星打ち上げ H2A、27回連続成功  ロケット信頼性向上へ

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は17日午前10時20分、政府の情報収集衛星「レーダー5号機」を載せたH2Aロケット33号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。H2Aの打ち上げは過去1回失敗したが、2005年から27回連続で成功。成功率は97%となり、日本の主力ロケットの信頼性が向上した。 <映像内容>固定カメラによるH2Aロケットの打ち上げの瞬間。

    商品コード: 2017090201480

  • 2020年11月24日
    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」

    三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112706248

  • 03:23.70
    2018年10月29日
    いぶき2号打ち上げ 鹿児島・種子島宇宙センター

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は29日午後、温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」を搭載したH2Aロケット40号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げる。〈映像内容〉打ち上げに向けて移動するH2Aロケット40号機、※撮影日がシーンごとに異なります。模型の撮影(27日)、打ち上げにむけて移動するH2Aロケット40号機の様子(28日)、ロケットが打ち上げられた時の様子(29日)、撮影日:2018(平成30)年10月29日、撮影場所:鹿児島県 種子島宇宙センター

    商品コード: 2018103012617

  • 03:29.64
    2017年12月23日
    H2Aロケット打ち上げ成功 種子島宇宙センター

    三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午前10時26分ごろ、地球温暖化の予測に役立てる観測衛星「しきさい」など二つの人工衛星を載せたH2Aロケット37号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。 <映像内容>鹿児島県の種子島宇宙センターでのH2Aロケット37号機の打ち上げの様子(23日午前10時26分ごろ撮影)、打ち上げ成功を関係者が喜ぶ様子、阿部直彦(あべ・なおひこ)三菱重工業防衛・宇宙セグメント長らの記者会見(23日午後撮影)。

    商品コード: 2017122600756

  • 03:23.00
    2018年09月19日
    H2Aロケットを公開 温室ガス観測衛星を搭載

    三菱重工業は19日、温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」を打ち上げるH2Aロケット40号機の胴体部分を、愛知県飛島村の同社工場で報道陣に公開した。打ち上げは10月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターで行う。胴体は直径4㍍の円筒形で、主エンジンが付いた第1段(長さ約31㍍)と、その上の第2段(長さ約11㍍)で構成。それぞれに燃料となる液体の水素や酸素を積み、表面には断熱材を塗った。今月15日、バルブの異常で打ち上げが延期になったH2Bロケットと部品が共通だが、同社は「出荷予定に影響はない」としている。21日に種子島に向けて輸送する。〈映像内容〉三菱重工業が公開したH2Aロケット40号機の胴体部分(「三菱重工」の社名と会社のマークが入ってい長い筒が第1段、その裏にある短い筒が第2段)など、撮影日:2018(平成30)年9月19日、撮影場所:名古屋航空宇宙システム製作所

    商品コード: 2018092021327

  • 03:05.81
    2016年11月02日
    ひまわり9号打ち上げ成功 H2Aロケット連続25回目

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は2日午後3時20分、気象庁の気象衛星ひまわり9号を載せたH2Aロケット31号機を鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星はロケットから分離されて予定した軌道に入り、打ち上げは成功した。H2Aの打ち上げは31機目で、2005年から連続25回目の成功。成功率は96・8%となった。<映像内容>打ち上げられるロケット、固定カメラからの映像(撮影は2日午 後3時20分~50分頃)、打ち上げ成功を喜ぶ関係者の様子など。場所は共に鹿児島県南種子町・種子島宇宙センター。

    商品コード: 2017090200630

  • 2019年02月20日
    上洋産業が三菱重工の業務用空調販売へ

    記者会見する(左から)上洋産業(アップヤング)の呉明富董事長、阿部寛さん、三菱重工業マハジャック・エアコンディショナーズの佐々倉正彦社長=2019(平成31)年2月20日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030500134

  • 2020年11月24日
    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」

    三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112706247

  • 2020年11月24日
    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」

    三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112706240

  • 2020年11月24日
    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」

    三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112706249

  • 03:54.16
    2017年12月23日
    異なる軌道に2衛星お届け H2Aロケット、23日に発射

    三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、23日に鹿児島県・種子島から発射予定のH2Aロケット37号機で、二つの人工衛星を高度の異なる軌道に投入する。H2Aではこれまで、メインの衛星とほぼ同じ軌道に小型衛星を投入した例はあるが、全く行き先の異なる衛星をそれぞれの軌道に届けるのは初めての試み。成功すれば、個別にロケットが必要だった複数の衛星を1回で打ち上げられるようになり、コストが減ると期待できる。 <映像内容>ロケットなどの模型(午後1時45分ごろ撮影、左からH2Aロケット、高度化2段機体、地球観測衛星「しきさい」、試験衛星「つばめ」)、ロケットを発射台へ移動する様子など(午後8時過ぎから撮影)。撮影場所は鹿児島・種子島宇宙センター。

    商品コード: 2017122600757

  • 04:01.80
    2016年10月19日
    新護衛艦「あさひ」進水 長崎市の三菱重工

    長崎市の三菱重工業長崎造船所で19日、建造が進められていた海上自衛隊の護衛艦の進水式が行われ、「あさひ」と命名された。燃費向上のため、海自の艦船としては初めて、ガスタービンエンジンに電気推進システムを組み合わせた。潜水艦探知力も高めた。<映像内容>長崎市の三菱重工業長崎造船所での海上自衛隊の護衛艦の進水式の様子。

    商品コード: 2017090201633

  • 03:01.18
    2014年12月03日
    はやぶさ2打ち上げ成功、電波受信 姿勢も安定

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は3日午後1時22分、小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機を種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から打ち上げた。当初11月30日の打ち上げ予定だったが気象条件により2度延期された。<映像内容>H2Aロケット26号機が種子島宇宙センターからロケットが発射される様子、撮影日:2014(平成26)年12月3日、撮影場所:鹿児島県南種子町 種子島宇宙センター

    商品コード: 2019030801154

  • 02:49.36
    2007年06月28日
    H2Aの13号機を公開 月衛星打ち上げ用

    三菱重工業は28日、8月に予定している月周回衛星「かぐや」の打ち上げに使う「H2Aロケット13号機」の機体の中心部分を愛知県飛島村の工場で公開した。公開したのは、打ち上げに必要な燃料やエンジンなどを積む直径約4メートルのアルミなどでできた筒状の機体中心部<映像内容>三菱重工担当者による説明、機体中心部分俯瞰、筒状部分アオリ、各細部ヨリ、工場外観、撮影日:2007(平成19)年6月28日、撮影場所:愛知県飛島村

    商品コード: 2020020703210

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...