KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三重県伊勢市
  • 三重県津市
  • 三重県伊賀市
  • 三重県鳥羽市
  • 三重県出身
  • 三重県名張市
  • 三重県桑名市
  • 三重県知事
  • 三重県尾鷲市
  • 三重県民

「三重県」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
78
( 1 78 件を表示)
  • 1
78
( 1 78 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:42.33
    2021年04月14日
    各国ユニフォーム展示 東京五輪100日前

    東京五輪まで100日となった14日、アシックスは作製した各国代表の競技用ユニフォームを展示するイベントを東京都内で開いた。バレーボールの西田有志選手(三重県出身)や高橋藍選手(京都府出身)などが参加した。<映像内容>展示イベントの模様、フォトセッション、バレーボールの柳田将洋、西田有志、高橋藍選手の囲み、撮影日:2021(令和3)年4月14日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2021(令和3)年4月14日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.25
    2021年01月23日
    自衛官に私的戦闘訓練 特殊部隊元トップが指導

    陸上自衛隊特殊部隊のトップだったOBが毎年、現役自衛官、予備自衛官を募り、三重県で私的に戦闘訓練を指導していたことが23日、関係者の証言などで分かった。自衛官が、外部から戦闘行動の訓練を受けるのが明らかになるのは初めて。自衛隊で隊内からの秘密漏えいを監視する情報保全隊も事実を把握し、調査している。 訓練は昨年12月にも開催。現地取材で実際の訓練は確認できなかったが、参加者が迷彩の戦闘服を着用しOBが主宰する施設と付近の山中の間を移動していた。OBは作家の故三島由紀夫が唱えた自衛隊を天皇の軍隊にする考え方に同調するなど保守的主張を繰り返しており、隊内への過激な政治思想の浸透を危惧する声も出ている。 関係者によると、訓練を指導するのは、テロや人質事件などに対応する陸自唯一の特殊部隊で2004年に発足した「特殊作戦群」の初代群長を務めた荒谷卓・元1等陸佐。荒谷氏は取材に応じなかった。 <映像内容>昨年12月26日、0B主宰の施設に集まる参加者とみられる人たち、27日午後4時ごろに出発する人たち、、撮影日:2021(令和3)年1月23日、撮影場所:三重県熊野市

    撮影: 2021(令和3)年1月23日

  • 01:07.80
    2020年12月29日
    津の神社に巨大な丑の像 丑のオブジェ

    新年の干支(えと)「丑(うし)」をかたどった巨大なオブジェが29日、津市の辰水神社に飾られた。地域住民らでつくる「ふるさと愛好会」が1986年から制作を続けており、高さ約2・2メートル、長さ約3・6メートル、鉄骨と発泡スチロールを使用。住民らが引いて練り歩いた後、神社前に飾られた。<映像内容>倉庫から丑の像がお目見え、子どもたちが引いて町内を練り歩き、神社前に設置、祈祷など、撮影日:2020(令和2)年12月29日、撮影場所:三重県津市

    撮影: 2020(令和2)年12月29日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.09
    2020年12月24日
    空撮 6人乗り漁船不明、捜索 愛媛から三重へ航行中

    愛媛県愛南町を22日に出港し、三重県尾鷲市の尾鷲港に向けて航行していた漁船「第8しんこう丸」(199トン)の行方が分からなくなり、第6管区海上保安本部(広島)などは23日夜から24日にかけ、巡視船などで捜索した。6管は、和歌山県すさみ町の南西約30キロの海上で油がわき上がっているのを発見し、関連を調べている。6管や松山地方気象台によると、周辺海域は当時、穏やかな状況だったという。<映像内容>油のようなものが浮いている付近を捜索する海上保安庁の巡視船など、撮影日:2020(令和2)年12月24日、撮影場所:和歌山県すさみ町

    撮影: 2020(令和2)年12月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.09
    2020年08月26日
    路上作業員の防護車両公開 国内初開発、中日本高速

    中日本高速グループは26日、高速道路などで工事に当たる作業員の安全を確保するための大型移動式防護車両「ハイウェイ・トランスフォーマー」を報道関係者に公開した。工事現場に車両が突っ込む死傷事故を防ぐために、国内で初めて開発された。4月から運用は始まっており、今後、配備数を増やしていく。 防護車両は全長約16㍍、幅2・5㍍、重さ約25㌧で、開発に約5500万円を費やした。路面のアスファルトの穴やひび割れなどを工事する際などに使用。車両中央の胴体部分が前後に伸び、鉄製の車体に囲まれた長さ約10㍍、幅約2㍍の作業スペースを確保できる。車体後方には衝撃緩衝装置を備え、通行車両が追突した場合でも作業員を守れるという。 <映像内容>大型移動式防護車両「ハイウェイ・トランスフォーマー」のデモンストレーションの様子など、撮影日:2020(令和2)年8月26日、撮影場所:三重県川越町

    撮影: 2020(令和2)年8月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.67
    2020年07月19日
    大雨で傷の桃に思わぬ反響 和歌山、農園が格安販売

    7月上旬から続いた大雨などの悪天候で被害を受けた和歌山市の桃農園が、傷んだ白桃の格安販売を会員制交流サイト(SNS)で告知したところ、行列ができるほどの思わぬ反響を呼び、3日間で約2千個が売れた。農園を営む山本康平さん(29)は「初めて会った人たちが私たちの苦労をねぎらってくれた。その日の販売分が売り切れても『(売れて)よかったですね』と笑顔で帰っていく。不思議な気分だけど、勇気づけられた」と笑顔を見せた。山本さん方は和歌山市奥須佐で長年続く農家。農園では収穫の時期を迎えた桃が、梅雨前線による長期間の大雨に加え強風にも見舞われ、皮がただれたり実に傷が付いたりした。枝から落ちてしまったものもあった。10日朝に収穫した桃の約9割が傷物で「農業をやめようとさえ思った」と絶望した。ところが、桃の画像とともに「9割が傷物になりショックで呆然。直売所に買いに来て頂けたら。5~6玉を500円で販売」とのメッセージをツイッターに投稿すると、瞬く間に拡散。1時間後には直売所の前に行列ができ、10日だけで約60組、週末には1日200組ほどの来客があった。近畿だけでなく愛知県や三重県から訪れる人もいた。「これを機に、同様に被害を受けた他の桃農家も支援してほしい」と山本さん。傷の付いた桃の格安販売を8月中旬まで続ける予定だ。<映像内容>山本康平(やまもと・こうへい)さん(青い長袖シャツの男性)が営む桃農園の様子。大雨や強風で皮がただれたり実に傷が付いたりした桃。直売所に桃を買いに来た客とのやりとりなど、撮影日:2020(令和2)年7月19日、撮影場所:和歌山市

    撮影: 2020(令和2)年7月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.55
    2020年07月08日
    空撮 岐阜で川氾濫、突風被害か

    非常に激しい雨が降った岐阜県では8日、山間部の下呂市で飛騨川が氾濫し、同市や高山市では複数の土砂崩れが発生した。住民は「こんなに雨が降るのは初めてで怖い」と不安を漏らし、自治体担当者は被害の確認に追われた。下呂市・中呂地区では川岸がえぐられ、複数の住宅が浸水。一方、8日午前、宇都宮市や岐阜県の八百津町、高山市、愛知県豊橋市、三重県桑名市で突風による被害が相次いだ。<映像内容>岐阜県下呂市の被災現場(住宅に土砂が流れ込んだ現場の空撮。基礎が削り取られた家屋の空撮)岐阜県八百津町で突風被害に遭ったとみられる建物の空撮。 、撮影日:2020(令和2)年7月8日、撮影場所:岐阜県

    撮影: 2020(令和2)年7月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.45
    2020年05月17日
    空撮 湘南海岸 行楽地にぎわい

    緊急事態宣言が39県で解除されて初の日曜日となった17日、前日の天気が悪かったこともあり、各地の行楽地は家族連れなどでにぎわった。三重県のナガシマスパーランドは県の休業要請解除を受けて同日、営業を再開。朝から家族連れなどが訪れた。また、神奈川県の湘南海岸もサーファーや散歩客など多くの人が訪れた。<映像内容>ナガシマスパーランドの空撮、湘南海岸公園の空撮。サーファーや散歩客で混雑している様子の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月17日、撮影場所:三重県桑名市、神奈川県湘南湘南海岸

    撮影: 2020(令和2)年5月17日

  • 01:34.72
    2020年04月02日
    不要不急の外出自粛を 全国知事会会合、国民呼び掛け

    全国知事会は2日に会合を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止を国民に呼び掛ける「全国知事会宣言」を公表した。感染者が増えている地域を中心に、不要不急の外出や夜間外出を控えるほか、多くの人が密集する場所、換気の悪い密閉空間を避けることで爆発的な患者急増を防ぐよう求めている。飯泉嘉門会(徳島県知事)だけが東京都内の会場に出席し、ほかの知事らがインターネット中継で参加、県の東京事務所なども参加した。<映像内容>全国知事会がある都道府県会館外観、「新型コロナウイルス緊急対策本部」会合の頭撮り。知事会長でコロナウイルス緊急対策本部長の飯泉嘉門徳島県知事あいさつ、北海道、宮城県、神奈川県、長野県、富山県、三重県、広島県の各県知事のモニターのカットなど。2日午前9時半ごろ、撮影日:2020(令和2)年4月2日、撮影場所:東京都千代田区平河町の都道府県会館

    撮影: 2020(令和2)年4月2日

  • 01:26.52
    2020年03月06日
    札幌の学校に全身消毒器 霧状の抗ウイルス剤噴射

    札幌市清田区の私立北嶺中学・高校が6日、霧状の抗ウイルス剤を全身に噴射する消毒装置を設置した。市内で新型コロナウイルスの感染が相次いでおり、食品加工工場などで使われる製品を導入した。装置のメーカー「ピーキューテクノ」(三重県四日市市)によると、中学や高校に設置するのは初めて。同校は全国から集まった生徒約300人が寮生活。毎年冬になると寮生にインフルエンザが流行しており、新型コロナウイルスも含めて感染拡大を防ぐため、校舎と寮をつなぐ廊下に設置した。生徒が通るたび、足踏み式のスイッチで作動し、高さ約180センチのポール2本の両側から服の上に噴射する。成分は化粧品に使われる界面活性剤やアミノ酸などで、吸い込んでも無害という。同校は現在休校中。谷地田穣(やちだ・みのる)校長は「授業が再開して寮生が全国から戻ってきたら感染リスクが高まる。生徒の健康確保に万全を期したい」と話した。<映像内容>学校外観、谷地田校長の実演、谷地田校長インタビューなど、撮影日:2020(令和2)年3月6日、撮影場所:札幌市清田区の私立北嶺中学・高校

    撮影: 2020(令和2)年3月6日

  • 01:20.04
    2019年10月24日
    トリンプイメージガールに新奈さん 三重県出身

    女性用下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京)は24日、2020年のイメージガールに、三重県出身でモデルの新奈さん(25)を起用すると発表した。 <映像内容>発表会の模様、19年イメージガールの土屋ひかるさんとの2ショット、フォトセッション、抱負のコメントなど、撮影日:2019(令和元)年10月24日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2019(令和元)年10月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.12
    2019年09月14日
    空撮 三重の新名神でのり面崩落 けが人なし

    14日午後8時半ごろ、三重県四日市市伊坂町の新名神高速下り線で、道路脇ののり面が崩れていると利用者から中日本高速道路に連絡があった。<映像内容>のり面崩落現場の空撮、撮影日:2019(令和元)年9月14日、撮影場所:三重県 四日市市

    撮影: 2019(令和元)年9月14日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.05
    2019年09月05日
    空撮 道路冠水トラック男性死亡 大雨で三重・いなべ

    5日午前8時20分ごろ、三重県いなべ市大安町梅戸で、大雨の影響により冠水した市道に止まっていたトラックの中から、運転手の男性が心肺停止の状態で見つかった。男性は40~50代とみられ、その場で死亡が確認された。県警が詳しい状況を調べている。県警によると、現場は三岐鉄道三岐線の高架下。トラックは道路が徐々に下がっていたところで、止まっていた。男性が勤めている運送会社の関係者から通報があった。<映像内容>冠水した道路に止まっていたトラックが搬送される様子。撮影日:2019(令和元)年9月5日、撮影場所:三重県いなべ市 ※水はすでにひいています。

    撮影: 2019(令和元)年9月5日

  • 01:52.27
    2019年05月30日
    沢村栄治氏の銅像除幕式 三重県伊勢市

    戦前、戦中のプロ野球で活躍した名投手沢村栄治の銅像を披露する除幕式が、故郷の三重県伊勢市で行われた。〈映像内容〉沢村栄治顕彰会の牧戸福司理事長の挨拶、除幕、銅像前で長女酒井美緒さんの囲み、銅像物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年5月30日、撮影場所:三重県伊勢市 近鉄宇治山田駅前

    撮影: 2019(令和元)年5月30日

  • 01:38.29
    2019年04月13日
    吉田沙保里さんが三重県特別功労賞受賞 レスリング五輪3連覇

    三重県は13日、1月に現役を引退したレスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)=津市出身=に「三重県民栄誉特別功労賞」を授与した。〈映像内容〉授与式、鈴木英敬知事とのミニトーク、雑観など、撮影日:2019(平成31)年4月13日、撮影場所:三重県津市 三重県総合文化センター

    撮影: 2019(平成31)年4月13日

  • 01:03.69
    2019年03月24日
    「北海道新聞」タコの生態に目がテン おたる水族館で特別展

    通常営業中のおたる水族館(小樽市祝津3)で、タコの生態を紹介する特別展「蛸(たこ)その驚くべき能力を探る」が開かれている。特別展は本館のパノラマ水槽前で開催。タコの吸盤や目、口など体の部位ごとの能力を解説する巨大パネルや、ミズダコの姿を見られるたこつぼ、三重県の鳥羽水族館から借りた45本足のマダコの標本などが展示されている。通常営業と特別展はいずれも11月24日まで。営業時間は10月15日までが午前9時~午後5時、10月16日~11月24日が午前9時~午後4時。<映像内容>おたる水族館のタコの生態の特別展の様子、水槽で泳ぐタコ、撮影日:2019(平成31)年3月24日、撮影場所:北海道小樽市 おたる水族館、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(平成31)年3月24日、北海道小樽市 おたる水族館

  • 01:43.63
    2019年03月02日
    熊野川で観光舟下り始まる 和歌山、世界遺産のコース

    和歌山、三重両県の県境を流れる熊野川で2日、観光舟下りが始まった。和歌山県新宮市の「熊野川川舟センター」で安全祈願の神事があり、華やかな平安装束をまとった女性らが木造の小舟に乗り、祝った。川舟センターから下流の熊野速玉大社近くの河原までの約16キロ。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部。熊野詣でにまつわる伝承が残る巨石や滝が点在し、ガイドの案内を聞きながら約1時間半かけて下る。〈映像内容〉周辺や神事の様子、川下りの様子など、撮影日:2019(平成31)年3月2日、撮影場所:和歌山県新宮市

    撮影: 2019(平成31)年3月2日

  • 01:04.46
    2019年02月02日
    三重・尾鷲でヤーヤ祭り 白装束の男がぶつかり合い

    男たちが白装束で通りに繰り出し、集団でぶつかり合って豊漁と豊作を祈る奇祭、ヤーヤ祭りの「練り」が2日夜、三重県尾鷲市で始まった。普段は静かな街には「チョウサじゃ!」という勇壮なかけ声が響いた。300年以上前から続くといわれる尾鷲神社の例祭で、神に祭りの開始を告げる1日の「扉開き」に続く行事。各町内の数十人の男たちが通りで一丸となって相手を押し合う。「チョウサ」の意味は「年越し」「祭りに参加できる年齢に達した」などの説がある。〈映像内容〉太鼓の演奏や男たちが押し合うなどの祭りの様子、撮影日:2019(平成31)年2月2日、撮影場所:三重県尾鷲市

    撮影: 2019(平成31)年2月2日

  • 00:39.03
    2018年11月18日
    ゆるキャラグランプリ2018 「毎日新聞」GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

    「ゆるキャラグランプリ2018in花園~ラグビーのまち東大阪~」の投票結果発表が18日、東大阪市であり、カッパの民話をモチーフにした埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」が、ご当地部門のグランプリに初めて輝いた。今年は事前のインターネット投票で、一部自治体による組織票が問題となり、票数の調整が行われ、ネット投票後に暫定1位だった「こにゅうどうくん」(三重県四日市市)は3位に転落した。撮影日:2018(平成30)年11月18日、撮影場所:大阪府東大阪市、クレジット:毎日新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018(平成30)年11月18日、大阪府東大阪市

  • 03:03.15
    2018年11月18日
    埼玉のカパルに栄冠 「組織票」キャラ3位に

    自治体や企業のゆるキャラ日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2018in花園~ラグビーのまち東大阪~」の結果発表が18日、大阪府東大阪市の花園中央公園であり、ご当地部門では埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」が栄冠に輝いた。2位は福岡県大牟田市の「ジャー坊」。事前のインターネット投票で、フリーメールアドレスを取得して大量に得たIDを職員に配布し「組織票」を投じたと指摘された三重県四日市市の「こにゅうどうくん」は3位だった。1日時点では暫定1位だった。8回目の今年は、ご当地キャラクター507体、企業のキャラクター402体がエントリー。実際に会場に来た人とインターネット投票の結果を合わせた。〈映像内容〉会場雑観、参加キャラクターが舞台上や会場内でPR活動をしている様子、順位発表と表彰式、ゆるキャラグランプリ実行委員会の西秀一郎会長の囲み、四日市市の森智広市長の囲み、撮影日:2018(平成30)年11月18日、撮影場所:大阪府

    撮影: 2018(平成30)年11月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:23.73
    2018年09月04日
    台風21号、神戸に再上陸 各地の風雨の様子

    台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した後、午後2時ごろには神戸市付近に再上陸した。同日夕には日本海に抜けて北上する見通し。「非常に強い台風」の日本上陸は1993年の台風13号以来、25年ぶり。北日本から西日本の広い範囲で猛烈な雨や風となる見通しで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。<映像内容>高知県安芸市の漁港に打ち寄せる高波、強い風雨の三重県津市の津駅前の様子、大阪市中央区北浜周辺の風雨雑観、撮影日:2018(平成30)年9月4日、撮影場所:高知県安芸市漁港 三重県津市駅前 大阪市中央区北浜周辺

    撮影: 2018(平成30)年9月4日

  • 03:06.88
    2018年05月15日
    高畑さんに盟友らお別れ

    「火垂るの墓」などの名作で知られ、4月に82歳で死去したアニメーション映画監督、高畑勲さんのお別れの会が15日、東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で行われた。「お別れの会」委員長は宮崎駿監督。高畑さんが監督した「かぐや姫の物語」の音楽を担当した作曲家の久石譲さんや、親交のあった山田洋次監督、落語家の柳家小三治さんら約1200人が参列。色とりどりの野の花が囲んだ祭壇には、笑顔の遺影が掲げられた。 高畑さんは三重県出身。1970年代、「アルプスの少女ハイジ」などのテレビシリーズを演出し、日本アニメの礎を築いた。85年に宮崎監督とスタジオジブリを設立。「火垂るの墓」や「かぐや姫の物語」は国内外で高く評価された。〈映像内容〉美術館外観、参加者の入り(宮崎駿さんの出迎え)、鈴木敏男さん・野々村真さんの囲み、※会場内はオフィシャル撮影の為、含まれておりません、撮影日:2018(平成30)年5月15日、撮影場所:東京都三鷹市

    撮影: 2018(平成30)年5月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:15.76
    2018年03月31日
    水族館で恒例の水中入社式 「生き物との懸け橋に」

    三重県鳥羽市の鳥羽水族館で31日、約5千匹の魚やウミガメが泳ぐ大水槽の中での「水中入社式」が開かれ、リクルートスーツに潜水具姿の新人が辞令を受け取った。2006年に始まった恒例行事。飼育研究部に配属され、ダイバー資格を持つ女性3人、男性1人がボンベに「初心者マーク」を付けて潜水した。新入社員を代表して南理沙(みなみ・りさ)さん(22)=奈良県出身=が、水中マイクで「一日も早く一人前の飼育係として、生き物とお客さまの懸け橋になれるよう頑張ります」とあいさつ。来館者約400人から拍手を浴びた。同水族館のこの春の新入社員は計6人。〈映像内容〉水中入社式の様子、新入社員を代表のあいさつ、入社式を終えて大水槽から出てきた際の雑観など、撮影日:2018(平成30)年3月31日、撮影場所:三重県鳥羽市

    撮影: 2018(平成30)年3月31日

  • 04:57.23
    2018年03月11日
    忍者の里で手裏剣の術競う 三重・伊賀、38人出場

    伊賀流忍者発祥の地として知られる三重県伊賀市で11日、手裏剣打ちの術を競う大会が開催された。各地の予選を勝ち抜いた2府10県の38人が忍者姿で出場。ブラジル出身で津市の英語教師川崎・ジェデオン・武蔵さん(36)が優勝し、純金製の手裏剣が贈られた。大会は伊賀流忍者博物館(伊賀市)が主催し、今年で9回目。ステンレス製の競技用手裏剣を5~6メートル離れた直径約30センチの的に上手投げで5回打ち、合計点を競う。2位は津市の無職中川利彦さん(73)、3位は横浜市旭区の高校2年野口晃希さん(16)だった。〈映像内容〉大会参加者が手裏剣の術競う様子、雑観、表彰式、優勝者のインタビューなど、撮影日:2018(平成30)年3月11日、撮影場所:三重県伊賀市

    撮影: 2018(平成30)年3月11日

  • 02:09.83
    2018年03月09日
    初の日本酒品評会を三重で 有力ワイン団体が発表

    世界的に知られるワイン品評会「ブリュッセル国際コンクール(CMB)」は9日、津市で記者会見し、日本酒部門「サケ・セレクション」の創設を発表した。初の品評会は10月に三重県鳥羽市で開催。全国の酒造から参加を募り、外国人を中心としたソムリエら35人が審査する。世界に日本酒の魅力を発信するチャンスになりそうだ。<映像内容>CMBのカリン・メリオさんのあいさつ、鈴木英敬三重県知事あいさつ、審査委員長を務めるフランス人の日本酒啓蒙家のシルバン・ユエさんのコメント、フォトセッション、雑観など、撮影日:2018(平成30)年3月9日、撮影場所:三重県津市

    撮影: 2018(平成30)年3月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:37.45
    2018年02月07日
    17年衆院選「違憲状態」 1票の格差、名古屋高裁

    「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は憲法違反だとして、岐阜、愛知、三重県の住民らが選挙の無効確認を求めた訴訟の判決で、名古屋高裁(藤山雅行(ふじやま・まさゆき)裁判長)は7日、格差を「違憲状態」と判断した。請求は棄却した。昨年の衆院選を巡り全国14の高裁・高裁支部に起こされた訴訟のうち11件目の判決。1994年に現行の小選挙区比例代表並立制が導入されて以降、初めて格差が2倍未満となったが、国会に一層の是正措置を求めた形だ。 〈映像内容〉名古屋高裁の外観、旗出し、記者会見雑観など、撮影日:2018(平成30)年2月7日、撮影場所:名古屋高裁

    撮影: 2018(平成30)年2月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.85
    2018年01月26日
    空撮 ブリヂストン系工場で火災 けが人情報なし

    26日午後2時40分ごろ、三重県名張市西原町のブリヂストン子会社ブリヂストンケミテック名張製造所から煙が上がっていると119番があった。名張署によると、工場内で火災が起きているとみられるが、けが人の情報はないという。 〈映像内容〉現場付近の空撮。鎮火後のうっすらと白い煙の空撮、撮影日:2018(平成30)年1月26日、撮影場所:三重県名張市

    撮影: 2018(平成30)年1月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:38.45
    2017年12月08日
    名張事件、再審認めず 病死の奥西元死刑囚、無念の妹や弁護団

    三重県名張市で1961年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚(収監先で病死)の妹岡美代子さん(88)が申し立てた第10次再審請求に対し、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は8日、請求を棄却する決定をした。鈴木泉弁護団長は「直ちに異議申し立ての準備をする」と述べた。名張事件を巡っては、一審の無罪判決が二審で逆転の死刑判決となり、その後最高裁で確定。第7次再審請求で一度は再審開始が認められたものの、取り消される異例の展開をたどった。奥西元死刑囚は2015年10月、八王子医療刑務所で肺炎のため89歳で死去した。有罪判決を受けた人が死亡するなどした場合、刑事訴訟法は配偶者や兄弟姉妹らが再審請求できると規定。岡さんが同11月に請求していた。 <映像内容>名古屋高裁外観(8日午前9時ごろ撮影)、弁護団の入り(同9時50分ごろ)、旗出し(同10時すぎ)、旗出し後の囲み・鈴木弁護団長(10時すぎ)など。岡美代子さんのぶら下がり取材(名古屋市内で8日午前撮影)、名古屋高裁の決定を受け記者会見する岡美代子さんと弁護団(鈴木泉弁護団長ら)などの雑観。名古屋市内で8日午後0時から1時ごろ撮影。

  • 02:32.71
    2017年11月07日
    全都道府県知事が入会 「手話を広める知事の会」総会

    聴覚障害者がどこでも手話を使えるような社会づくりを目指す「手話を広める知事の会」に全都道府県知事が入会、国会内で総会が開かれた。<映像内容>手話を広める知事の会会長を務める平井伸治(ひらい・しんじ)鳥取県知事のあいさつ、全国手話言語市区長会事務局長の泉房穂(いずみ・ふさほ)兵庫県明石市長のあいさつ、総会雑観、副会長の鈴木英敬(すずき・えいけい)三重県知事のあいさつ、フォトセッションなど。撮影場所は東京都千代田区永田町・参議院議員会館。撮影時間は7日午後1時15分から午後2時15分ごろまで。

  • 03:46.02
    2017年10月12日
    土俵の上で新車披露 フェラーリが70周年祝い

    今年創立70年のイタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が12日、70年記念イベントを両国国技館で行い、吊り屋根の下の土俵上に最新の限定シリーズモデルが登場した。12日行われたのは、フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion(情熱に突き動かされて)」の発表会。12日のイベントは、大相撲の太鼓とともに始まり、行司の呼び出しパフォーマンスの後、最新の限定シリーズモデル「LaFerrari Aperta」の幕が落とされた。会場の外では、70年の歴史を彩ってきたフェラーリの名車の数々が展示された。展示は13日までで、13日と14日は、フェラーリの名車が富士山や三重県の伊勢神宮など日本各地のスポットを駆け抜けるラリーイベントが行われる。<映像内容>会場雑観、フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏の説明、行司の呼び出しパフォーマンス、アンベール、フォトセッション、最新の限定シリーズモデルの物撮り、会場外展示など。撮影は12日午後3時ごろから午後4時45分ごろ、両国国技館で。※発表会には「フェラーリ70周年記念日本イベント『Driven By Emotion』プレスカンファレンス」(英字とスペースは半角)、14日までのイベントには「フェラーリ70周年記念日本イベント『Driven By Emotion』」(同)を入れるよう、主催者から要請があります。ご注意ください。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:25.90
    2017年04月05日
    名張毒ぶどう酒事件 妹らが早期の再審開始求める

    三重県名張市で1961年に5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚が死亡したため再審請求を引き継いだ妹が支援者らとともに名古屋高裁前で5日、早期の再審開始を求めた。〈映像内容〉集会前の雑観、集会で発言する支援者や弁護士、奥西勝元死刑囚 の妹の岡美代子さん、名古屋高裁の外観など。

  • 02:11.26
    2017年02月22日
    伊賀市が「忍者市」宣言 仮装の議員一堂に

    伊賀流忍者の発祥地として知られる三重県伊賀市は22日、「忍者市」を宣言した。忍者衣装に身を包んだ岡本栄(おかもと・さかえ)市長や市議が、市議会の議場に一堂に会し議決。岡本氏は可決後「世界の忍者ファンの聖地にするとの思いを込めた」と話した。〈映像内容〉三重県伊賀市の市議会の議場での「忍者市」を宣言の様子、撮影日:2017(平成29)年2月22日、撮影場所:三重県 伊賀市 市議会

    撮影: 2017(平成29)年2月22日

  • 02:08.52
    2017年02月03日
    白装束でぶつかり合い 三重・尾鷲のヤーヤ祭り

    三重県尾鷲市の奇祭「ヤーヤ祭り」が3日夜、中日を迎え、白装束の男たち数百人が路地で体をぶつけ合う、祭りの見せ場「練り」が行われた。ヤーヤ祭りは、300年以上続く尾鷲神社の祭礼で、「ヤーヤ」は武士が名乗りを上げる際の「やあやあ、われこそは」に由来するとされる。市内各地区から集まった男たちが、漁港の細い路地で二手に分かれてにらみ合い、「チョウサじゃ、チョウサじゃ」と声を上げながら、激しくもみ合った。〈映像内容〉祭り囃子や白装束の男たちが体をぶつけ合う「練り」の様子など。

  • 01:21.94
    2016年12月02日
    ATMに三重のご当地言葉 ファミマで地域密着をPR

    三重県内のファミリーマートなどにある456台の現金自動預払機(ATM)で2日、「よう来たなあ」など、ご当地言葉での音声案内が始まった。地域密着を住民や観光客にアピールする。京都、沖縄などに続く取り組みで、東海地方では初。〈映像内容〉三重県の鈴木英敬知事のあいさつやATMを使ってのデモ、ファ ミリーマートの中山勇会長あいさつ、音声を担当した百五銀行の笠原真実さんがATM音声のせりふを話す様子など。

  • 04:44.95
    2016年06月17日
    名古屋駅前にキッテ開業 日本郵便のJPタワー

    日本郵政グループの日本郵便がJR名古屋駅前に建設した地上40階建てのビル「JPタワー名古屋」の商業施設「KITTE(キッテ)名古屋」が17日、開業した。キッテは、JPタワーの地下1階から地上3階に入り、名古屋名物のあんかけスパゲティの老舗「スパゲッティハウス ヨコイ」など飲食店を中心とした36店舗が並ぶ。このうち6店は来年4月にオープンする予定だ。17日は、開業前に約650人の客が列を作った。日本郵便は式典を開き、同社の井上進執行役員が「来春には同じ建物内にバスターミナルもオープンする。居心地の良い場所にしたい」と話した。三重県鈴鹿市出身の元ビーチバレー選手、浅尾美和さんがゲストとして参加した。<映像内容>浅尾美和さんが参加したオープニングセレモニー、日本郵便の井上進執行役員のインタビュー、テープカット、入場者雑観、内観など、撮影日:2016(平成28)年6月17日、撮影場所:名古屋市

    撮影: 2016(平成28)年6月17日

  • 02:04.95
    2016年06月09日
    野口みずきさんに三重県スポーツ特別功労大賞

    三重県は9日、アテネ五輪の女子マラソン金メダリストで、現役引退を表明した野口みずきさん(37)に県スポーツ特別功労大賞を授与した。野口さんは表彰式で「ふるさとからの応援で、アテネ五輪では世界最高の喜びを得られた」と振り返った。〈映像内容〉鈴木知事から野口さんに県スポーツ特別功労大賞が授与される様子、副賞のマグロの物撮り、野口さんのぶら下がり、雑観など。

  • 06:04.49
    2016年05月25日
    サミット機に三重県知って メディアセンターと情報館 (1/2)

    26日から開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控えた25日、報道関係者の拠点となる国際メディアセンター内に設置された三重県の広報スペース「三重情報館」では、多くの外国メディアの関係者らが、同県の伝統文化についての展示や、書道のパフォーマンスなどを見学して楽しんだ。<映像内容>「三重情報館」看板、伊勢志摩サミット三重県民会議事務局事業推進課の山崎麻里(やまざき・まり)副参事へのインタビュー、鈴鹿墨や万古焼、伊賀くみひも、バイクなど三重県の物産品の展示、見学する外国メディアの関係者、書のパフォーマンスで墨で希望の日本語をうちわに書いてもらう体験をする外国メディア関係者ら、外国メディア関係者の女性へのインタビュー、会場外観など、撮影日:2016(平成28)年5月25日、撮影場所:三重県伊勢市

    撮影: 2016(平成28)年5月25日

  • 05:16.18
    2016年05月25日
    サミット機に三重県知って メディアセンターと情報館 (2/2)

    26日から開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控えた25日、報道関係者の拠点となる国際メディアセンター内に設置された三重県の広報スペース「三重情報館」では、多くの外国メディアの関係者らが、同県の伝統文化についての展示や、書道のパフォーマンスなどを見学して楽しんだ。<映像内容>「国際メディアセンター」入り口で検査を受ける人、看板と外観、各ブースの報道関係者の雑観、上からの俯瞰(ふかん)映像、サミットを報じた新聞の貼り出し、撮影日:2016(平成28)年5月25日、撮影場所:三重県伊勢市

    撮影: 2016(平成28)年5月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:00.73
    2016年05月25日
    空港、会場周辺は厳戒態勢 伊勢志摩サミットあす開幕

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開幕を翌日に控えた25日、先進7カ国(G7)首脳らが利用する愛知県常滑市の中部空港や主会場となる三重県志摩市の賢島周辺では、警察や海上保安庁、自衛隊などが陸、海、空から最高レベルの厳戒態勢に入った。同空港では、テロを未然に防ごうと、旅客ターミナルビルを訪れる利用者を対象に手荷物検査の実施を開始、搭乗券や身分証による本人確認も実施した。中部国際空港会社によると、利用者はバスや車を乗降する1階の出入り口や空港駅前のホールで、警備員により手荷物の中身を直接確認され、不審物がないか検査を受ける。展望台も閉鎖された。28日まで続ける。<映像内容>手荷物検査や本人確認の様子、警備関係者の雑観、空港雑観など、撮影日:2016(平成28)年5月25日、撮影場所:愛知県常滑市 中部空港

    撮影: 2016(平成28)年5月25日

  • 02:16.13
    2016年05月23日
    空撮 海自最大の護衛艦も投入 三重・志摩沖の警戒

    海上自衛隊が伊勢志摩サミットの警戒監視に投入するヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」(基準排水量約1万9500トン)が23日、名古屋市港区の金城ふ頭に入港した。いずもは、海自最大の艦艇。海自や名古屋港管理組合によると、護衛艦「いかづち」(4550トン)など6隻も一緒に入港。24日午後に出港し、主会場の賢島がある三重県志摩市の沖合で警戒に当たる。いずもは全長248メートル、最大幅38メートル。ヘリ5機が同時に発着でき、新型輸送機オスプレイも搭載できる。〈映像内容〉「いずも」の空撮映像。

  • 05:37.17
    2016年05月23日
    おもてなしブースを設置 JR名古屋駅

    愛知、岐阜、三重3県の自治体や経済団体でつくる「伊勢志摩サミット東海会議」は23日、JR名古屋駅に、来日した報道関係者の案内に当たる「おもてなしブース」をオープンした。英語の通訳が常駐し三重県伊勢市に設置された国際メディアセンター(IMC)への行き方などを案内する。77平方㍍で、愛知県犬山市のからくり人形や三重県伊賀市の組みひもなど伝統工芸を紹介するコーナーもある。同様のブースは中部空港(愛知県常滑市)にも同日、オープンした。<映像内容>オープニングセレモニーでの大村秀章愛知県知事のあいさつ、テープカットのもよう、ブースの雑観など、撮影日:2016(平成28)年5月23日、撮影場所:名古屋駅

    撮影: 2016(平成28)年5月23日

  • 05:31.69
    2016年05月22日
    核廃絶訴え伊勢で原爆展

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせ、三重県伊勢市の観光文化会館で22日「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が始まりました。広島、長崎の両市が主催し、原爆犠牲者の遺品や写真を展示。サミットで訪れる各国の関係者に核廃絶を訴えます。29日まで。<映像内容>テープカット、フォトセッション、松井一実広島市長と田上富久長崎市長の囲み、展示品、撮影日:2016(平成28)年5月22日、撮影場所:三重県伊勢市

    撮影: 2016(平成28)年5月22日

  • 03:00.18
    2016年05月20日
    名古屋空港にオスプレイ サミット関連

    20日午後、愛知県豊山町にある名古屋空港に米軍の新型輸送機オスプレイ4機が相次いで着陸。主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では、各国首脳は25日から26日にかけて、中部空港(愛知県常滑市)に到着後、自衛隊が用意したヘリコプターで主会場の賢島がある三重県志摩市に向かう。〈映像内容〉愛知県豊山町にある名古屋空港に到着した米軍の新型輸送機オスプレイと、オバマ米大統領の自国の専用ヘリ。

  • 04:23.89
    2016年05月16日
    ラッコがカウントダウン サミット控え鳥羽水族館

    26日からの主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控え、三重県鳥羽市の鳥羽水族館で16日、ラッコの「ロイズ」が開催までの残り日数を書いた旗を持つ芸を披露した。〈映像内容〉三重県鳥羽市の鳥羽水族館で披露されたラッコの「ロイズ」が開催までの残り日数を書いた旗を持つ芸の様子。

  • 03:41.02
    2016年05月14日
    いち早く円卓会議 鳥羽水族館でSEA7

    伊勢志摩サミットを前に、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で14日、先進7カ国(G7)にちなんだ魚や両生類、爬虫(はちゅう)類などを円卓状に並べた水槽で展示する「SEA7 おさかなサミット」が始まりました。6月30日まで。 淡水魚「ニッポンバラタナゴ」や「ドイツゴイ」、サンショウウオの仲間「イタリアファイアサラマンダー」など名前に国名が付いたものや、フランスのエスカルゴやカナダのサケなど広く食用にされているものを各国代表に選びました。<映像内容>三重県鳥羽市の鳥羽水族館の魚や両生類、爬虫類などを円卓状に並べた水槽で展示する「SEA7 おさかなサミット」の様子、撮影日:2016(平成28)年5月14日、撮影場所:三重県鳥羽市 鳥羽水族館

    撮影: 2016(平成28)年5月14日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:08.24
    2016年05月13日
    「安全守り抜くこと確信」 サミット視察で警察庁長官

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)まで残り2週間を切った13日、警察庁の金高雅仁長官は主会場となる志摩観光ホテル(三重県志摩市・賢島)などを視察した。警備に当たる約80人の警察官に対し同ホテルで「一致団結し、日本警察の威信にかけてサミットの安全を守り抜くことを確信している」と訓示した。<映像内容>伊勢志摩サミット視察で訓示する警察庁の金高雅仁長官、雑観、金高長官の囲み、撮影日:2016(平成28)年5月13日、撮影場所:三重県志摩市

    撮影: 2016(平成28)年5月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:57.45
    2016年05月11日
    サミット会場で消火訓練 東京消防庁などテロ想定

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の主会場となる志摩観光ホテル(三重県志摩市・賢島)で、東京消防庁や三重県内の消防本部が11日、合同でテロが発生した場合を想定した救助訓練を実施しました。要人の宿泊が見込まれる別館「ザ ベイスイート」の4階レストランで火災が発生、1階ロビーでは毒ガス「サリン」をまかれたとの想定で、はしご車などを使った消火活動や負傷者の救助の手順を確認しました。<映像内容>三重県志摩市・賢島の志摩観光ホテルでの訓練の様子、東京消防庁の佐々木敦朗(ささき・あつろう)長官の話など、撮影日:2016(平成28)年5月11日、撮影場所:三重県志摩市

    撮影: 2016(平成28)年5月11日

  • 06:39.76
    2016年05月02日
    設営進むメディアセンター公開 伊勢志摩サミット

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を取材する国内外の報道関係者の活動拠点となる国際メディアセンター(IMC)の設営作業が2日、三重県伊勢市で公開されました。IMCは、1994年にオープンした県営多目的施設「サンアリーナ」に設置。メインアリーナには、テレビ局などのブースが約120個設けられ、約3千人の利用が見込まれています。食事スペースや、日本の技術力をPRするコーナーは、駐車場に建てられたアネックス(付属棟)に設けられます。<映像内容>三重県伊勢市で公開された国際メディアセンター(IMC)の設置作業など、撮影日:2016(平成28)年5月2日、撮影場所:三重県伊勢市

    撮影: 2016(平成28)年5月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:19.23
    2016年04月21日
    愛知県警 水族館でもテロへの備え

    三重県志摩市の賢島で5月26、27日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向け、愛知県警と名古屋市消防局は21日、名古屋港水族館(同市港区)で、テロが起きたとの想定で訓練を実施した。〈映像内容〉名古屋市の名古屋港水族館で行われたテロ訓練の様子。愛知県警港署の鈴木敏(すずき・さとし)副署長の話など。

  • 02:10.79
    2016年04月05日
    豪からのLNG船到着  三重、中部電が権益初取得

    中部電力が海外の液化天然ガス(LNG)開発事業として初めて権益を取得したオーストラリアの「ゴーゴン・プロジェクト」のLNG船が5日、川越火力発電所(三重県川越町)に到着した。この日は、約7万トンのLNGを積んだ全長約300メートルの船が正午ごろ、川越火力の桟橋に着いた。停泊した船からポンプを使い、陸上のタンクへLNGを移した。〈映像内容〉船が到着した際の様子。【注】粗い画像です。

  • 05:23.65
    2016年04月02日
    サミット開催記念にアワビ放流 志摩の海女

    主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が地元で開催されるのを記念して、三重県志摩市の海女が2日、同市の海岸からアワビの稚貝千個を放流した。計1万個を順次、放流する予定。サミットの成功とともに、海女文化の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録を目指す機運を高める。<映像内容>ウエットスーツ姿の海女11人が水中の岩と岩の間に置く様子、海女仲間が海岸で見守る様子、撮影日:2016(平成28)年4月2日、撮影場所:三重県志摩市

    撮影: 2016(平成28)年4月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:34.32
    2016年03月26日
    VIP移動時は走行規制 小型無人機「ドローン」

    三重県警と日本道路交通情報センターは26日、5月の主要国首脳会議に伴う高速道路の通行規制情報を発信するツイッターを始めた。名称は「サミット高速道路交通情報(JARTIC)」。県警によると、各国首脳は中部空港からヘリコプターで主会場となる同県志摩市の賢島に入ることが想定されているが、悪天候の場合は高速道路を利用。その際は首脳の車列の移動に伴い、各区間で一般車の走行を規制する。またサミット終了翌日の5月28日まで、­賢島周辺では小型無人機「ドローン」の飛行が県条例で禁止される。<映像内容>サミットの主会場となるホテル付近を飛行する小型無人機「ドローン」、撮影日:2016(平成28)年3月26日、撮影場所:三重県志摩市 賢島 ※このドローンは取材飛行中の共同通信社有機です。

    撮影: 2016(平成28)年3月26日

  • 06:47.97
    2016年03月26日
    ドローン空撮 伊勢志摩サミット会場付近のドローン映像

    共同通信社が26日に小型無人機「ドローン」で撮影した伊勢志摩サミット会場付近の映像。三重県は3月29日、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催で生み出される直接的な経済効果は、全国で約1071億円(うち県内分は約480億円)に上るとの試算を公表した。〈映像内容〉三重県の伊勢志摩サミット会場周辺を小型無人機「ドローン」で撮影した空撮、撮影日:2016(平成28)年3月29日、撮影場所:三重県

    撮影: 2016(平成28)年3月29日

  • 06:10.23
    2015年11月17日
    みえの国観光大使に柴犬「まる」 三重県が就任式

    三重県は17日、柴犬まる(通称「まる」)を「みえの国観光大使」に任命した。〈映像内容〉柴犬まるのお披露目、三重県知事の記者会見、フォトセッションなど、撮影日:2015(平成27)年11月17日、撮影場所:三重県

    撮影: 2015(平成27)年11月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:40.47
    2015年11月06日
    伊勢志摩サミットに備え 愛知県警がテロ対策訓練

    愛知県警は6日、来年5月に三重県で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に備え、テロリストの重要施設襲撃を想定した400人規模の訓練を愛知県春日井市の警察学校で実施した。機動隊の専門部隊や警察航空隊が参加した。サミットでは、同県常滑市の中部空港が各国首脳の移動拠点になるとみられる。〈映像内容〉訓練の様子、撮影日:2015(平成27)年11月6日、撮影場所:愛知県春日井市

    撮影: 2015(平成27)年11月6日

  • 10:06.87
    2015年10月04日
    B―1優勝は千葉・勝浦 「タンタンメン」でPR

    青森県十和田市で3日から2日間の日程で開かれていた、ご当地グルメで全国各地の魅力を発信するイベント、第10回「B―1グランプリ」は4日、割り箸による投票で、1位は「熱血!!勝浦タンタンメン船団」(千葉県勝浦市)に決まり閉幕した。2位は「対馬とんちゃん部隊」(長崎県対馬市)、3位は「津ぎょうざ小学校」(三重県津市)だった。<映像内容>1位から3位の表彰式、調理の様子や販売の様子、行列などのイベント雑観、撮影日:2015(平成27)年10月4日、撮影場所:青森県十和田市 ※問い合わせ先あり

    撮影: 2015(平成27)年10月4日

  • 10:17.18
    2015年06月29日
    「ミラノ万博」伊賀忍者参上、ショー披露 地元牛や伝統菓子も紹介

    イタリア・ミラノ国際博覧会の「日本館」イベント広場で28日、伊賀流忍者の里として知られる三重県伊賀市が伊賀牛や伝統菓子などの特産品を紹介しました。忍者ショーもあり、迫力あるアクションに来館者はくぎ付けになりました。〈映像内容〉忍者ショー、伊賀の「日本酒」「和菓子」「漬物」の試飲・試食、ヨーロッパ初上陸の伊賀牛の試食、伊賀の伝統工芸品の展示「伊賀焼(陶器)」「組紐(和服の帯締)」、忍者の保存食である「かたやき」の配布、司会をする岡本栄市長、イベント後の市長のインタビューなど、撮影日:2015(平成27)年6月29日、撮影場所:イタリア ミラノ

    撮影: 2015(平成27)年6月29日

  • 01:08.63
    2014年02月13日
    高畑勲さんが死去 アニメ映画監督 生前の映像

    「火垂(ほた)るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」など数々の名作を手掛けたアニメーション映画監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが5日午前1時19分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。82歳。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。お別れの会を5月15日に開く予定。東大仏文科卒業後、東映動画に入社。1968年に「太陽の王子 ホルスの大冒険」で劇場用長編アニメを初監督した。70年代に「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などのテレビシリーズをみずみずしい感性で演出し、日本アニメの礎を築いた。<映像内容>川崎市で2014年2月13日に行われた毎日映画コンクール表彰式の際の高畑監督の生前の映像、撮影日:2014(平成26)年2月13日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2014(平成26)年2月13日

  • 01:50.04
    2013年10月02日
    伊勢神宮内宮で遷御 20年に1度、遷宮最高潮

    20年に1度社殿を建て替え、奉納する宝物や装束なども新調して神様に引っ越してもらう伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮は2日夜、8年間にわたって続けられてきた祭事や行事のクライマックスで、新しい正殿にご神体を移す「遷御の儀」が内宮で営まれた。<映像内容>内宮を参進する祭員、忌火屋殿前で祓い清められる様子など、、撮影日:2013(平成25)年10月2日、撮影場所:三重県伊勢市 伊勢神宮

    撮影: 2013(平成25)年10月2日

  • 01:10.67
    2007年08月18日
    川喜田半泥子の土地寄付へ 孫らが津市に申し出2

    「東の魯山人、西の半泥子」と称され、陶芸家として有名な川喜田半泥子(本名・久太夫)、1878―1963年)の孫らが、半泥子が暮らした洋館などを含む計約5万2900平方メートルもの土地の寄付を津市に申し出た。市は公園などとして活用する方向で検討している。対象となるのは津市垂水にある「千歳山」の土地と敷地内のアトリエなどで、ナゴヤドームの建築面積(約4万8000平方メートル)より広く大部分が森林<映像内容>石水博物館が入るビル外観、博物館内部、半泥子所有の敷地、門、「千歳山」への入り口付近、撮影日:2007(平成19)年8月18日、撮影場所:三重県津市

    撮影: 2007(平成19)年8月18日

  • 00:56.49
    2007年08月15日
    空撮 川喜田半泥子の土地寄付へ 孫らが津市に申し出

    「東の魯山人、西の半泥子」と称され、陶芸家として有名な川喜田半泥子(本名・久太夫)、1878―1963年)の孫らが、半泥子が暮らした洋館などを含む計約5万2900平方メートルもの土地の寄付を津市に申し出た。市は公園などとして活用する方向で検討している。対象となるのは津市垂水にある「千歳山」の土地と敷地内のアトリエなどで、ナゴヤドームの建築面積(約4万8000平方メートル)より広く大部分が森林<映像内容>千歳山、周辺、空撮、撮影日:2007(平成19)年8月15日、撮影場所:三重県津市垂水の千歳山

    撮影: 2007(平成19)年8月15日

  • 02:47.40
    2007年05月16日
    「いらっしゃい」で歓迎 食料品店の話すスズメ

    三重県紀北町の食料品店「中野章吾商店」で保護されているスズメのチビは「いらっしゃい」や「おはよう」など9つの言葉を話し、訪れる人を驚かせている。八重さんが毎朝、世話をしながら「おはよう」と優しく話し掛けていると、半年後ぐらいから突然、チビも「おはよう」とまねるようになった。その後「こんにちは」や「チビちゃん」も覚え、今では話す言葉も9種類に。八重さんの話す方言のイントネーションもそのままにはっきりと発音する<映像内容>商店外観、鳥かごの中でいくつもの言葉を発音するスズメ、専門家のコメント、撮影日:2007(平成19)年5月16日、撮影場所:三重県紀北町

    撮影: 2007(平成19)年5月16日

  • 01:38.56
    2007年05月04日
    豊作願い人馬で土壁越え 多度大社の上げ馬神事

    三重県桑名市の多度大社で4日、青年の乗った馬が約2メートルの土壁を乗り越えた回数で1年の豊凶や景気を占う「上げ馬神事」が行われた。17―19歳の6人が陣がさに裃姿で騎乗し疾走。2回ずつ計12回の土壁越えに挑戦した。南北朝時代に始まったとされる神事で、5日の本祭でも行われる<映像内容>神社外観、観客で埋め尽くされた境内、馬に乗って坂を駆け上がる若者、撮影日:2007(平成19)年5月4日、撮影場所:三重県桑名市の多度大社

    撮影: 2007(平成19)年5月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:43.09
    2007年04月15日
    空撮 三重県亀山市で震度5強 三重中部で初のM5以上

    15日午後0時19分ごろ、東海地方から近畿、北陸などにかけて広い範囲で地震があり、三重県北部の亀山市で震度5強、津、鈴鹿市などで震度5弱を記録した。気象庁によると、震源地は三重県中部で、震源の深さは約16キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。三重県中部でM5以上の地震を記録したのは1923年の観測開始以来、初めてという<映像内容>崩落した亀山城の石垣、被災したドライブイン、卓上に料理が残されたままの宴席、上空からの亀山城、駅舎、ドライブイン、高速道路、一部空撮、撮影日:2007(平成19)年4月15日、撮影場所:三重県亀山市

    撮影: 2007(平成19)年4月15日

  • 02:56.67
    2007年04月02日
    「忍者議会」5年ぶり復活 伊賀流のふるさとで

    伊賀流忍者のふるさと、三重県伊賀市の市議会で2日、出席者全員が忍者の衣装を身に着ける臨時会「忍者議会」が開かれた。合併前の旧上野市で開催されてから5年ぶりの復活だが、伊賀市としては初めて。市議や市長ら出席者約70人は、自前やレンタルで忍者衣装を調達。忍者鉢巻きや飾りの刀を持参する人も。今岡睦之市長の議案提案も巻物を読み上げて行われ、「もの申し上げます」と質問を始める市議もおり議場に笑いが起こった。忍者議会は2001年4月と02年3月に、旧上野市の「伊賀上野NINJAフェスタ」のPRのために行われた。3月下旬、今年のフェスタ実行委員会から復活の要請があり安本美栄子議長が市議らに協力を求めた<映像内容>市役所外観、忍者議会の様子、コメントする安本議長、撮影日:2007(平成19)年4月2日、撮影場所:三重県伊賀市

    撮影: 2007(平成19)年4月2日

  • 02:59.78
    2007年03月26日
    「うまし国」使用に遺憾 三重県が宮城県に書面

    宮城県が採用した観光キャンペーンのキャッチフレーズに、三重県が以前から使っていた「うまし国」の表現が含まれている問題で、三重県東京事務所は26日、東京都千代田区の都道府県会館で「表現が使われ遺憾」とする書面を宮城県東京事務所に手渡した。村井嘉浩宮城県知事は同日の定例会見で「三重県民の方々が心証を害されたことについてはおわびしたい」としながらも、表現は変えないとの意向を示した。村井知事は「宮城と三重ではうまし国の漢字や意味が違い、大きな誤解が生じるとは考えていない」と説明。その上で「三重県とご縁ができたと思っている。これを機会に三重県のPRもしていきたい」と相乗効果に期待を寄せた<映像内容>定例会見で「うまし国」問題についてコメントする村井知事、キャンペーンポスター、撮影日:2007(平成19)年3月26日、撮影場所:宮城県仙台市

    撮影: 2007(平成19)年3月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:12.19
    2007年02月15日
    8人不明、三重沖で沈没か 1遺体収容、2人を救助 韓国船籍貨物船遭難

    14日午後3時20分ごろ、三重県志摩市の大王埼灯台の南南西沖約23キロを航行中の韓国船籍の貨物船「ゼニスライト」から「船内に浸水あり、救助願う」と第4管区海上保安本部(名古屋)に無線で連絡があった。同船は約10分後、遭難信号を発信、無線に応答しなくなった。沈没したとみられる。4管本部は、遭難現場周辺の海上で救命いかだ4隻を発見。午後7時50分ごろ、そのうち1隻からミャンマー国籍の男性2人を巡視船に救助したが、ほかの3隻は無人<映像内容>救助され、巡視船を下船して救急車に収容される遭難者、撮影日:2007(平成19)年2月15日、撮影場所:重県志摩市の大王埼灯台沖

    撮影: 2007(平成19)年2月15日

  • 02:57.87
    2007年02月03日
    狐の姿で厄払いの豆まき 三重・四日市の海山道神社

    三重県四日市市海山道町の「海山道(みやまど)神社」で節分の3日、伝統行事の「狐(きつね)の嫁入り神事」が行われ、厄年の氏子の男女がキツネの面をかぶり、婚礼衣装を着て厄払いの豆まきをした<映像内容>嫁入り行列を待つ参拝客、朱の鳥居の下を歩くキツネの面をかぶった人たちの行列、婚礼の様子、豆をまく新郎、新婦ら、撮影日:2007(平成19)年2月3日、撮影場所:三重県四日市市海山道町

    撮影: 2007(平成19)年2月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:57.14
    2007年01月04日
    名張事件元被告側が特別抗告

    三重県名張市で1961年に女性5人が死亡、12人が中毒症状になった名張毒ぶどう酒事件で、元被告の弁護団は4日、再審開始決定を取り消した名古屋高裁の異議審の決定を不服として、最高裁に特別抗告した。弁護団は申立書で、異議審の決定は「疑わしいときは被告人の利益に」という刑事裁判の原則を再審にも適用した最高裁白鳥決定に反した証拠認定を数多く行ったと主張<映像内容>支援者の声援を受け 名古屋高裁入りする弁護団、最高裁への特別抗告について話す鈴木泉弁護団長、名古屋高裁外観、撮影日:2007(平成19)年1月4日、撮影場所:愛知県名古屋市中区・名古屋高等裁判所

    撮影: 2007(平成19)年1月4日

  • 02:58.47
    2007年01月04日
    民主・小沢代表が伊勢神宮参拝

    民主党の小沢一郎代表は4日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝し「参院選必勝」を祈願した。参拝後の記者会見で、安倍首相が参院選で憲法改正を争点にしたことについて「国民生活に身近なものが断然、比重が重い」と述べ、否定的な見方を示した<映像内容>神職に先導され参拝に向かう小沢一郎代表と民主党議員ら、参拝する小沢一郎代表ら、参拝客の呼びかけに応え手を振り握手をする代表、撮影日:2007(平成19)年1月4日、撮影場所:三重県伊勢市宇治館町

    撮影: 2007(平成19)年1月4日

  • 01:56.41
    2007年01月04日
    安倍首相が伊勢神宮参拝 皇室典範改正で慎重対応

    安倍晋三首相は4日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を首相就任後初めて参拝した。参拝後、記者団に対し、皇位継承資格を男系男子に限定している皇室典範見直しに慎重に対応する考えをあらためて表明<映像内容>神職に先導され伊勢神宮内宮の参拝に向かう安倍首相と閣僚ら、参拝する安倍首相と閣僚ら、参拝後記者団のインタビューに応じる首相、撮影日:2007(平成19)年1月4日、撮影場所:三重県伊勢市宇治館町

    撮影: 2007(平成19)年1月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.11
    2006年12月26日
    再審開始決定を取り消し 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件で再審開始決定が取り消され、「納得いかない」と語る鈴木泉弁護団長<映像内容>名古屋高裁外観、高裁前の支援者たち、高裁に入る元被告関係者たち、判決を受けてコメントを発表する鈴木泉弁護団長、事件のあった三重県名張市葛尾地区に立つ観音像、撮影日:2006(平成18)年12月26日、撮影場所:愛知県名古屋市

    撮影: 2006(平成18)年12月26日

  • 02:51.30
    2006年11月26日
    最高の松阪牛は「すえみ」 1001万円で落札

    和牛の高級ブランド・松阪牛の大きさや姿の美しさを競う品評会「松阪肉牛共進会」が26日、三重県松阪市で開かれ、ナンバーワンの「優秀賞一席」に同県大台町の西村泰三(にしむら・たいぞう)さん(65)が育てた「すえみ」が選ばれた。品評会後に競りが行われ、すえみは1001万円で落札された。「毛並みが良く、背筋も真っすぐで力強い」と審査員<映像内容>優秀賞一席に選ばれた「すえみ」と育てた西村泰三さん、真人さん親子、品評会、競りの様子、トラックに積まれる牛、撮影日:2006(平成18)年11月26日、撮影場所:三重県松阪市

    撮影: 2006(平成18)年11月26日

  • 02:50.33
    2006年09月12日
    衆院委員長らが三重県の工場視察 フェロシルト問題で

    石原産業(大阪市)の土壌埋め戻し材「フェロシルト」から有害物質が検出された問題で、衆院環境委員会の木村隆秀(きむら・たかひで)委員長ら衆院議員4人と環境省職員が12日午後、三重県四日市市の同社工場や埋設地を視察した。木村委員長らはまず同市垂坂町にあるフェロシルト埋設地の撤去現場を訪れ、三重県や同社担当者らの説明を受けながら、撤去作業中のフェロシルトに触るなどして実物を確認した<映像内容>実物のフェロシルトに触るなどして視察する木村委員長、衆院議員、環境省職員ら、土とフェロシルトの違いについてインタビューに応じる木村委員長、石原産業中部支店外観、撮影日:2006(平成18)年9月12日、撮影場所:三重県四日市市

    撮影: 2006(平成18)年9月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.58
    2006年07月10日
    前田建設工業を家宅捜索 水谷建設「裏金」解明へ

    水谷建設(三重県桑名市)の脱税事件で、東京地検特捜部は10日、新たに関連先として、同社に東京電力福島第2原発関連工事などを発注した前田建設工業(東京都千代田区)を家宅捜索した<映像内容>前田建設工業外観、家宅捜索した捜査官たちが段ボールを運び出す様子、撮影日:2006(平成18)年7月10日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2006(平成18)年7月10日

  • 06:22.21
    1967年12月29日
    「中日映画社」今年の課題~公害をのりこえて

    三重県は四日市市の石油コンビナートの問題に「公害センター」を作り対策にのりだした。<映像内容>煙突から煙をあげる四日市石油コンビナート 患者からの申請による月1の審査会 喘息の患者 磯津地区マスク姿の子どもたち 小学校の講堂の浄化設備 乾布摩擦を行なう子ども達 全国初の公害センター設立 異常検出して工場に連絡する職員 現地に向う大気汚染測定車 市民説得し都市改造へ 公害限界線の外側に建設される団地 通産省の実験 川崎で公害研究会結成 動き出す公害対策、※撮影日不明・公開日:1967年(昭和42年)12月29日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 03:47.46
    1965年10月31日
    養殖真珠

    キーワード:真珠、ネックレス、伊勢志摩湾、養殖筏、核入れ、真珠取り出し、選別、加工、ジュエリー、産業=製作年:1965(昭和40)年10月、三重県志摩市、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1965

  • 02:12.36
    1961年11月30日
    「インタナシヨナル映画」アレキサンドラ姫来日

    キーワード=英国王室、蒸気機関車、鳥羽駅、歓迎、海女、真珠島、野点、女性着物、抹茶、お茶、茶道、女性着物、イギリス、英国王室=製作年:1961(昭和36)年11月、三重県鳥羽市/京都府、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1961

  • 1