KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • きゅう
  • 平成
  • 記者
  • プラットホーム
  • 乗客
  • 伝統
  • 位置
  • 列車
  • 合肥
  • 展望台

「三陽駅」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月24日
    杭黄高速鉄道開通、安徽省黄山市

    24日、開通を翌日に控えた杭黄高速鉄道の安徽省黄山市歙(きゅう)県三陽鎮の三陽駅。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道は25日、開通した。同鉄道の設計時速は250キロで、中国の交通インフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄第四勘察設計院集団有限公司が全体設計を担当している。(黄山=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703377

  • 2018年12月24日
    杭黄高速鉄道開通、安徽省黄山市

    24日、開通を翌日に控えた杭黄高速鉄道の安徽省黄山市歙(きゅう)県三陽鎮の三陽駅で工事を行う作業員。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道は25日、開通した。同鉄道の設計時速は250キロで、中国の交通インフラ建設大手、中国鉄建傘下の中鉄第四勘察設計院集団有限公司が全体設計を担当している。(黄山=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703499

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、杭黄高速鉄道三陽駅の下に広がる「徽派」の古村落。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120664

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、高架橋の上に設けられた杭黄高速鉄道三陽駅。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120756

  • 2019年01月08日
    杭州と黄山を結ぶ高速鉄道が開通「東洋のスイス」にも新駅

    8日、ゆっくりと駅に進入する杭州から黄山に向かう列車。中国浙江省杭州市と安徽省黄山市を結ぶ杭黄高速鉄道が昨年12月25日に開通した。これに伴い、浙江省杭州市との境に位置する安徽省歙(きゅう)県三陽鎮に三陽駅が開業し、中国で唯一、郷鎮にある高速鉄道高架駅となった。三陽駅はプラットホームが高架橋の上に設けられているため視界が広く、列車を降りた乗客の目には、遠方の山々や安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の古村落が飛び込んでくるので、乗客はまるで展望台にいるような気分になる。(合肥=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120668

  • 1