KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 諸葛亮
  • じょうよう
  • 三国時代
  • 政治家
  • 舞台
  • 軍師
  • 観光
  • 場所
  • 天下三分の計
  • 戦略

「三顧の礼」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2006年09月20日
    「三顧の礼」の企業側

    転職希望者のカウンセリングは個室で一対一が基本=東京都千代田区のインテリジェンス

    商品コード: 2006092000131

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    古隆中にある「躬耕隴畝(きゅうこうろうほ、自ら畑を耕す)」と刻まれた石碑。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401773

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)をカメラに収める観光客。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401821

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)の裏側。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401835

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401797

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪景色の中で咲く古隆中の梅の花。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401832

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪に覆われた古隆中の三顧堂。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401741

  •  三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市
    2019年06月24日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    一面雪に覆われた古隆中。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100777

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年04月18日
    (1)発展続ける三国志ゆかりの地、湖北省襄陽市

    襄陽市の古隆中風景区。三国志で劉備(りゅう・び)が三顧の礼で諸葛亮(しょかつ・りょう)を迎えた地として知られる。(3月21日撮影)中国湖北省襄陽市は長江最大の支流、漢江の中流域に位置し、古くより各地の商人が集い、英雄が天下を争う地だった。新たな都市計画は、襄陽に外への発展と内への吸収という新たな原動力を与えた。昨年1年間に新設された市場主体(企業や個人事業主など)は前年比18・8%増の12万6千社、就職や起業した大卒新卒者は約3万人となった。現在の襄陽市は国が定める中部地域の重点都市であり、漢江流域の中心都市、重点支援対象の省域副都心でもある。(襄陽=新華社き記者/肖芸九)= 配信日: 2023(令和5)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041808513

  •  (3)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市
    2023年04月19日
    (3)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市

    企業の生産ラインを視察する専門家や大学教授、企業家。(3月21日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市の古隆中(こりゅうちゅう)は、後漢~三国時代の傑出した政治家・軍事家、諸葛亮(しょかつりょう、孔明)が若き日に隠せいし、晴耕雨読していた地であり、1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。三国志の英雄劉備(りゅう・び)が三顧の礼で諸葛亮を軍師に迎えた故事の舞台でもあり、「賢を求め、才を重んじる」文化は三国志の古跡が多く残る同市に今も受け継がれている。古隆中から10キロ余り離れた襄陽市の中心市街地で3月下旬、資本・人材誘致の質の高い発展について話し合う会議が開かれた。国内外の専門家、著名起業家、高度人材ら約500人が参加し、同市が質の高い発展を進めるための新たなアイデアや技術、コンセプトを提案した。(襄陽=新華社配信/劉江)= 配信日: 2023(令和5)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041914716

  •  (1)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市
    2023年04月19日
    (1)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市

    襄陽市の古隆中風景区。(3月21日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市の古隆中(こりゅうちゅう)は、後漢~三国時代の傑出した政治家・軍事家、諸葛亮(しょかつりょう、孔明)が若き日に隠せいし、晴耕雨読していた地であり、1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。三国志の英雄劉備(りゅう・び)が三顧の礼で諸葛亮を軍師に迎えた故事の舞台でもあり、「賢を求め、才を重んじる」文化は三国志の古跡が多く残る同市に今も受け継がれている。古隆中から10キロ余り離れた襄陽市の中心市街地で3月下旬、資本・人材誘致の質の高い発展について話し合う会議が開かれた。国内外の専門家、著名起業家、高度人材ら約500人が参加し、同市が質の高い発展を進めるための新たなアイデアや技術、コンセプトを提案した。(襄陽=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2023(令和5)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041914681

  •  (2)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市
    2023年04月19日
    (2)三国志「三顧の礼」ゆかりの地、人材誘致に注力湖北省襄陽市

    「2023襄陽資金・人材誘致の質の高い発展大会」の会場。(3月21日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市の古隆中(こりゅうちゅう)は、後漢~三国時代の傑出した政治家・軍事家、諸葛亮(しょかつりょう、孔明)が若き日に隠せいし、晴耕雨読していた地であり、1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。三国志の英雄劉備(りゅう・び)が三顧の礼で諸葛亮を軍師に迎えた故事の舞台でもあり、「賢を求め、才を重んじる」文化は三国志の古跡が多く残る同市に今も受け継がれている。古隆中から10キロ余り離れた襄陽市の中心市街地で3月下旬、資本・人材誘致の質の高い発展について話し合う会議が開かれた。国内外の専門家、著名起業家、高度人材ら約500人が参加し、同市が質の高い発展を進めるための新たなアイデアや技術、コンセプトを提案した。(襄陽=新華社配信/江旭東)= 配信日: 2023(令和5)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041914715

  •  「新華社」自動運転バスによる観光路線、運行開始湖北省武漢市
    01:02.39
    2023年10月15日
    「新華社」自動運転バスによる観光路線、運行開始湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市でこのほど、自動運転の小型バスを利用した観光路線の運行が始まった。全長24キロで、地下鉄16号線の小軍山駅を起点に、設法山三国歴史文化公園や鳥語林、竜霊山などの観光地を片道35分で巡る。運賃はわずか1分(1元の100分の1、1元=約20円)。国有自動車大手、東風汽車集団傘下の東風悦亨科技が開発した自動運転車両7台で運行する。定員は運転席の安全員を含めて10人。車体には三国志の「三顧の礼」や「桃園の誓い」などの歴史故事が描かれている。武漢経済技術開発区にある国家インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)試験モデル区内を走る。モデル区は広さ490平方キロメートルで、国内で6番目、中部地区では初めての国家級ICV実証実験エリアとなる。(記者/龔聯康) =配信日: 2023(令和5)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101511651

  • 1