KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東京霞が関
  • 最高裁大法
  • 記者クラブ
  • 最高裁判決
  • 訴訟上告審
  • 差し戻し
  • 違憲状態
  • 逆転敗訴
  • 升永英俊
  • 夫婦別姓

「上告審判決」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
450
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
450
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月09日
    最高裁の大法廷 選択的別姓、進まぬ議論

    2015年12月、夫婦別姓訴訟の上告審判決で合憲と初判断した最高裁大法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月25日
    最高裁大法廷 議会出席停止は裁判対象

    宮城県岩沼市議会での議員処分を巡る訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁大法廷=25日午後(代表撮影)

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月25日
    垂れ幕を掲げる弁護士ら 議会出席停止は裁判対象

    宮城県岩沼市議会での議員処分を巡る訴訟の上告審判決後、最高裁前で垂れ幕を掲げる原告側弁護士ら=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月18日
    紙を掲げる升永弁護士ら 昨年参院選「合憲」

    昨年7月の参院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「留保付合憲」と書かれた紙を掲げる升永英俊弁護士(左から4人目)ら=18日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月18日
    最高裁前の升永弁護士ら 昨年参院選「合憲」

    昨年7月の参院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「留保付合憲」と書かれた紙などを掲げる升永英俊弁護士(中央)ら=18日午後、東京都千代田区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.13
    2020年11月18日
    昨年参院選「合憲」 最高裁、1票格差3・00倍

    「1票の格差」が最大3・00倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は18日、弁護士グループ側の上告を棄却し、選挙無効の請求を退ける判断が確定した。「違憲状態とは言えない」として、「合憲」との判断を示した。格差是正に向けた国会の取り組みへの評価が焦点だった。全国14の高裁・高裁支部が昨年出した計16件の判決は「合憲」14件、「違憲状態」2件と分かれていた。<映像内容>二つの弁護士グループの入廷行動、最高裁外観、升永英俊(ますなが・ひでとし)弁護士グループによる旗出し、撮影日:2020(令和2)年11月18日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年11月18日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    喜ぶ原告の浅川喜義さん 「非正規にとって光だ」

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決後、最高裁前で喜ぶ原告の浅川喜義さん(右)=15日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    記者会見する原告と弁護士 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告と弁護士ら=15日午後、衆院第1議員会館

    撮影: 15日午後、衆院第1議員会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    記者会見する原告の弁護団 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告の弁護団ら=15日午後、衆院第1議員会館

    撮影: 15日午後、衆院第1議員会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    判決後、垂れ幕掲げる原告 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で垂れ幕を掲げる原告ら=15日午後、東京都千代田区

    撮影: 15日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    笑顔で垂れ幕を掲げる原告 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、笑顔で垂れ幕を掲げる原告ら=15日午後、東京都千代田区の最高裁前

    撮影: 15日午後、東京都千代田区の最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    垂れ幕を掲げる原告ら 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で垂れ幕を掲げる原告ら=15日午後、東京都千代田区

    撮影: 15日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    掲げられた垂れ幕 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で垂れ幕を掲げる原告ら=15日午後、東京都千代田区

    撮影: 15日午後、東京都千代田区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:19.87
    2020年10月15日
    日本郵便待遇格差は不合理 最高裁、契約社員に扶養手当認める

    日本郵便(東京)の契約社員に各種手当や休暇が付与されないのは、正社員との不合理な格差を禁じた法律に反するかどうかが争われた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷は15日、扶養手当や年末年始勤務手当などを支払わないのは不合理だと判断した。 契約社員ら計12人が2014年、正社員と休暇や手当で格差があるのは旧労働契約法20条(現パートタイム・有期雇用労働法8条)に反するとして東京、大阪、佐賀の3地裁に提訴。高裁段階の結論が分かれていた。 12人は東京、千葉、愛知、大阪、兵庫、広島、佐賀の郵便局で集配業務などに従事。うち2人は既に退職した。 <映像内容>最高裁の外観、原告団の入り、判決後の旗出し、原告らの囲み取材、支援者集会での弁護士による報告など、撮影日:2020(令和2)年10月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年10月15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    気勢上げる原告ら 非正規格差、不合理認めず

    上告審判決を前に、気勢を上げる大阪医科大のアルバイト職員だった原告の女性(左端)ら=13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    垂れ幕掲げる弁護士ら 非正規賞与、退職金認めず

    アルバイト職員を務めた女性が賞与を求めた訴訟の上告審判決を受け「不当判決」の垂れ幕を掲げる弁護士ら=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    垂れ幕を掲げる弁護士ら 非正規賞与、退職金認めず

    アルバイト職員を務めた女性が賞与を求めた訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「不当判決」の垂れ幕を掲げる弁護士ら=13日午後

    撮影: 13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    垂れ幕手にする原告ら 非正規賞与、退職金認めず

    契約社員として働いた女性らが退職金を求めた訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「不当判決」の垂れ幕を掲げる原告の疋田節子さん(左端)ら=13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    アピールする疋田さん 格差疑問「何が違うのか」

    上告審判決を前に、最高裁前でアピールする原告の疋田節子さん=13日午後

    撮影: 13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    アピールする疋田さん 格差疑問「何が違うのか」

    上告審判決を前に、最高裁前でアピールする原告の疋田節子さん(左端)=13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    最高裁前の垂れ幕 アルバイト職員賞与で判決

    上告審判決を受け、最高裁前で掲げられた「不当判決」の垂れ幕=13日午後

    撮影: 13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    掲げられた垂れ幕 アルバイト職員賞与で判決

    上告審判決を受け、最高裁前で掲げられた「不当判決」の垂れ幕=13日午後

    撮影: 13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月13日
    最高裁に入る原告の女性ら アルバイト職員賞与で判決

    上告審判決を前に、最高裁に入る原告の女性(左から2人目)ら=13日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:32.82
    2020年10月13日
    アルバイトへの賞与認めず、報酬格差訴訟は2件とも敗訴

    大阪医科大の元アルバイト職員と東京メトロ子会社「メトロコマース」の元契約社員が、正社員には支給される賞与や退職金がないのは違法だとして待遇格差の是正を求めた2件の上告審判決で、最高裁は13日、いずれの訴訟も原告を敗訴とする判決を言い渡した。 <映像内容>原告と支援者らのアピール集会や裁判所への入り、判決言い渡し後の旗出し、判決を受けたコメント、撮影日:2020(令和2)年10月13日、撮影場所:東京都千代田区の最高裁判所

    撮影: 2020(令和2)年10月13日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    最高裁第3小法廷内 元教育審議監への請求増額

    大分県の教員採用不正を巡る住民訴訟の差し戻し上告審判決が開かれた最高裁第3小法廷=14日午後

    撮影: 14日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    最高裁第3小法廷 元教育審議監への請求増額

    大分県の教員採用不正を巡る住民訴訟の差し戻し上告審判決が開かれた最高裁第3小法廷=14日午後

    撮影: 14日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    最高裁の廷内 元教育審議監への請求増額

    大分県の教員採用不正を巡る住民訴訟の差し戻し上告審判決が開かれた最高裁第3小法廷=14日午後

    撮影: 14日午後 

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月14日
    林景一裁判長 元教育審議監への請求増額

    大分県の教員採用不正を巡る住民訴訟の差し戻し上告審判決に臨む林景一裁判長=14日午後、最高裁第3小法廷

    撮影: 14日午後、最高裁第3小法廷 

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月30日
    最高裁第3小法廷 ふるさと納税除外取り消し

    ふるさと納税の新制度を巡る訴訟の上告審判決が開かれた最高裁第3小法廷。中央は宮崎裕子裁判長=30日午後(代表撮影)

    撮影: 30日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月30日
    最高裁法廷 ふるさと納税除外取り消し

    ふるさと納税の新制度を巡る訴訟の上告審判決が開かれた最高裁第3小法廷=30日午後(代表撮影)

    撮影: 30日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月30日
    最高裁に入る副市長たち ふるさと納税除外取り消し

    ふるさと納税の新制度を巡る訴訟の上告審判決のため、最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=30日午後(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月30日
    最高裁に入る副市長ら ふるさと納税除外取り消し

    ふるさと納税の新制度を巡る訴訟の上告審判決のため、最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=30日午後(代表撮影)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.75
    2020年06月30日
    ふるさと納税除外取り消し 泉佐野市、逆転勝訴確定

    ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を除外した総務省の決定は違法だとして、市が取り消しを求めた訴訟の上告審判決で最高裁第3小法廷(宮崎裕子(みやざき・ゆうこ)裁判長)は30日、除外決定を取り消した。国勝訴とした大阪高裁判決を破棄し、泉佐野市の逆転勝訴が確定した。  ふるさと納税訴訟で大阪府泉佐野市勝訴とした最高裁判決を受け、千代松大耕(ちよまつ・ひろやす)市長は記者会見し「市の主張が認められ感謝している。早期に制度復帰できるよう強く願っている」と述べた。 <映像内容> 最高裁の外観、泉佐野市の千代松市長の記者会見、撮影日:2020(令和2)年6月30日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年6月30日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月26日
    最高裁第1小法廷 辺野古、沖縄県敗訴確定

    米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、沖縄県が裁決の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁第1小法廷=26日午後

    撮影: 26日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月26日
    最高裁第1小法廷 辺野古、沖縄県敗訴確定

    米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、沖縄県が裁決の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁第1小法廷=26日午後

    撮影: 26日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:43.93
    2020年03月26日
    ドローン空撮と地上撮 辺野古、沖縄県敗訴確定 「誠に残念」と沖縄県知事

    沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消した国交相裁決は違法だとして、県が裁決の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が26日、開かれた<映像内容>最高裁外観、撮影日:2020(令和2)年3月26日、撮影場所:東京都千代田区、沖縄県名護市

    撮影: 2020(令和2)年3月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.66
    2020年03月06日
    最高裁が感染防止 法廷傍聴席、半分に制限

    最高裁第2小法廷は6日に開いた民事訴訟の上告審判決の法廷で、傍聴人同士の間隔を1㍍程度空けて座ってもらうため、開放する一般傍聴席を半分に制限する措置を取った。新型コロナウイルス感染拡大防止のためで、最高裁ではこうした対応は過去に例がないという。小法廷の一般傍聴席は48席あるが、この日は1席ずつ間隔を空け、24席だけを開放した。実際の傍聴者は9人だった。<映像内容>東京都内の最高裁で公開された感染防止対策をした第2小法廷の様子、最高裁外観、撮影日:2020(令和2)年3月6日、撮影場所:東京都内の最高裁

    撮影: 2020(令和2)年3月6日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    紙掲げる弁護士と内藤さん 逆転敗訴に「心折れた」

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「不当判決」と書かれた紙を掲げる弁護士(右端)と原告の内藤淑子さん(右から2人目)=25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    涙を流す原告の内藤さん 逆転敗訴に「心折れた」

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決後、最高裁前で涙を流す原告の内藤淑子さん=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    高井さんが記者会見 「いつ病気が」不安の毎日

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告の高井ツタヱさん=25日午後、名古屋市

    撮影: 25日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    原告の高井ツタヱさん 「いつ病気が」不安の毎日

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告の高井ツタヱさん=25日午後、名古屋市

    撮影: 25日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    記者会見の高井さん 「いつ病気が」不安の毎日

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告の高井ツタヱさん=25日午後、名古屋市

    撮影: 25日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    記者会見する高井さん 「いつ病気が」不安の毎日

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する原告の高井ツタヱさん=25日午後、名古屋市

    撮影: 25日午後、名古屋市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    記者会見の内藤さんら 逆転敗訴に「心折れた」

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決後、記者会見する原告の内藤淑子さん(中央)ら=25日午後、東京・永田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    記者会見の内藤さん 逆転敗訴に「心折れた」

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決後、記者会見する原告の内藤淑子さん=25日午後、東京・永田町

    撮影: 25日午後、東京・永田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    記者会見する内藤さんら 逆転敗訴に「心折れた」

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決後、記者会見する原告の内藤淑子さん。右は日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の木戸季市事務局長=25日午後、東京・永田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    厳しい表情の内藤さん 経過観察、特別な事情必要

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「不当判決」と書かれた紙を掲げる原告側。中央は原告の内藤淑子さん=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    不当判決の紙掲げる原告側 経過観察、特別な事情必要

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決を受け、最高裁前で「不当判決」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士ら=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    第3小法廷の宇賀裁判長 被爆者3人の訴え退ける

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁第3小法廷。上段中央は宇賀克也裁判長=25日午後

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    最高裁の第3小法廷 被爆者3人の訴え退ける

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁第3小法廷=25日午後

    撮影: 25日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月25日
    最高裁に向かう原告ら 被爆者3人の訴え退ける

    原爆症認定を巡る訴訟の上告審判決で最高裁に向かう原告ら=25日午後、東京都千代田区

    撮影: 25日午後、東京都千代田区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.19
    2020年02月25日
    被爆者3人の訴え退ける 原爆症認定で最高裁

    原爆による放射線で病気にかかった被爆者が、手術などの治療を受けずに経過観察中の場合でも原爆症と認めるべきかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宇賀克也(うが・かつや)裁判長)は25日、原爆症と認定しなかった国の処分を取り消すよう求めた被爆者の女性3人の請求を退けた。原告側敗訴が確定した。<映像内容>東京地裁外観、原告の入り、判決後の旗出し、原告側記者会見、撮影日:2020(令和2)年2月25日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年2月25日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月20日
    団藤氏の反対意見草稿 巨人の知、次世代に継承へ

    故団藤重光氏が関与した「峰山事件」上告審判決の記録。反対意見の推敲や人物相関図が手書きで残る=14日、京都市伏見区の龍谷大

    撮影: 14日、京都市伏見区の龍谷大

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月02日
    遺族らの記者会見 裁判員判断破棄おかしい

    上告審判決を終え、南野信吾さんの遺影を前に記者会見に臨む妻有紀さん(左)=2日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月02日
    最高裁第1小法廷 ミナミ通り魔、無期確定へ

    大阪・ミナミ通り魔事件の上告審判決が言い渡された最高裁第1小法廷=2日午後

    撮影: 2日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月02日
    最高裁の廷内 ミナミ通り魔、無期確定へ

    大阪・ミナミ通り魔事件の上告審判決が言い渡された最高裁第1小法廷=2日午後

    撮影: 2日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    報告する平方宣清さん 諫早訴訟、審理差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、支援者らに報告する平方宣清さん=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    報告する弁護団長 諫早訴訟、審理差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、支援者らに報告する馬奈木昭雄弁護団長=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    最高裁前の馬奈木弁護団長 諫早訴訟、審理差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、支援者らに報告する馬奈木昭雄弁護団長(左)=13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    報告する馬奈木弁護団長 諫早訴訟、審理差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、支援者らに報告する馬奈木昭雄弁護団長(中央)=13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    垂れ幕と報道陣 諫早訴訟、高裁に差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、垂れ幕を掲げる漁業者側の弁護士ら=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    垂れ幕を掲げる弁護士ら 諫早訴訟、高裁に差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、垂れ幕を掲げる漁業者側の弁護士ら=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    垂れ幕掲げる弁護士ら 諫早訴訟、高裁に差し戻し

    国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、垂れ幕を掲げる漁業者側の弁護士ら=13日午後、最高裁前

    撮影: 13日午後、最高裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    集会を行う漁業者側 諫早訴訟、午後最高裁判決

    国営諫早湾干拓事業の請求異議訴訟の上告審判決を前に集会を行う漁業者側=13日午後、東京都千代田区

    撮影: 13日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月13日
    最高裁に向かう漁業者側 諫早訴訟、午後最高裁判決

    国営諫早湾干拓事業の請求異議訴訟の上告審判決のため、最高裁に向かう漁業者側=13日午後、東京都千代田区

    撮影: 13日午後、東京都千代田区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:13.00
    2019年09月13日
    空撮と地上撮 諫早訴訟、高裁に差し戻し 最高裁

    国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防の排水門を開けるよう命じた確定判決に従わない国が、開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟の上告審判決で最高裁第2小法廷は13日、開門命令を無効とした福岡高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。排水門を巡っては複数の訴訟が起こされ、漁場悪化に悩まされていた漁業者が、原因調査のため求めた「開門」と、塩害を懸念する営農者が求めた「開門せず」という相反する司法判断が併存している。最高裁の審理差し戻しにより、司法の「ねじれ」状態解消は先送りとなった。<映像内容>最高裁外観、業者側の旗出し、馬奈木昭雄弁護団長、漁業者の平方宣清さんの話、諫早湾の空撮、撮影日:2019(令和元)年9月13日、撮影場所:最高裁

    撮影: 2019(令和元)年9月13日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    発言する升永弁護士ら 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決で合憲との判断が示され、最高裁前で意見を述べる升永英俊弁護士(右から3人目)ら=19日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    最高裁に入る弁護士ら 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決で、最高裁に入る原告の弁護士グループ=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    最高裁に向かう弁護士ら 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決で、最高裁に向かう原告の弁護士グループ=19日午後、東京都千代田区

    撮影: 19日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    最高裁に向かう弁護士 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決で、最高裁に向かう原告の弁護士グループ=19日午後、東京都千代田区

    撮影: 19日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    判決に臨む大谷裁判長ら 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決に臨む大谷直人裁判長(奥中央)ら=19日午後、最高裁大法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月19日
    判決に臨む大谷裁判長 昨年衆院選は「合憲」

    昨年の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟の上告審判決に臨む大谷直人裁判長=19日午後、最高裁大法廷

    撮影: 19日午後、最高裁大法廷

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.04
    2018年12月19日
    最高裁、昨年衆院選は「合憲」 入りや外観、記者会見

    「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年の衆院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は19日、憲法が求める投票価値の平等に反していなかったとして「合憲」との判断を示した。小選挙区比例代表並立制の導入以降、初めて格差を2倍未満にするなどした国会の選挙制度改革を「平等の要請に応えつつ、選挙制度の安定性を確保する観点から、段階的な是正を図った」と評価した。〈映像内容〉弁護士グループの入り、最高裁外観、弁護士グループ会見、撮影日:2018(平成30)年12月19日、撮影場所:東京都千代田区 最高裁

    撮影: 2018(平成30)年12月19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月01日
    最高裁に向かう原告ら 格差、定年再雇用は考慮を

    長沢運輸訴訟の上告審判決のため、最高裁に向かう原告ら=1日午後、東京都千代田区

    撮影: 1日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月01日
    最高裁に入る原告ら 格差、定年再雇用は考慮を

    長沢運輸訴訟の上告審判決のため、最高裁に入る原告ら=1日午後、東京都千代田区

    撮影: 1日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月01日
    最高裁第2小法廷 手当格差の一部違法

    ハマキョウレックス訴訟の上告審判決が出された最高裁第2小法廷=1日午後

    撮影: 1日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月19日
    最高裁の第2小法廷 「目的外支出」疑惑浮上

    官房機密費関連文書の開示請求を巡る上告審判決が出された最高裁第2小法廷=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月19日
    山本庸幸裁判長 官房機密費最高裁判決

    官房機密費関連文書の開示請求を巡る上告審判決に臨む山本庸幸裁判長=19日午後、最高裁

    撮影: 19日午後、最高裁

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月19日
    最高裁第2小法廷の全景 機密費、一部開示認める

    官房機密費関連文書の開示請求を巡る上告審判決が出された最高裁第2小法廷=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:34.54
    2018年01月19日
    機密費、一部開示認める 最高裁が初判断、運用の一端明らかに

    市民団体のメンバーが内閣官房報償費(機密費)に関連する行政文書の開示を国に求めた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は19日、支払先や具体的使途が明記されていない一部文書の開示を認める初判断を示した。これまでほとんど情報が公開されていない機密費の運用実態の一端が明らかになる。〈映像内容〉判決言い渡し後の旗出し、阪口徳雄原告団長の囲みなど。撮影日:2018(平成30)年1月19日、取材は19日午後3時ごろから撮影、撮影場所:東京都内

    撮影: 2018(平成30)年1月19日、取材は19日午後3時ごろから撮影

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月18日
    木沢克之裁判長 被爆体験者に最高裁判決

    長崎被爆体験者訴訟の上告審判決に臨む木沢克之裁判長(上段中央)=18日午前、最高裁第1小法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月18日
    最高裁第1小法廷 被爆体験者に最高裁判決

    長崎被爆体験者訴訟の上告審判決が言い渡された最高裁第1小法廷=18日午前

    撮影: 18日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月18日
    最高裁に入る原告団 被爆体験者に最高裁判決

    上告審判決のため最高裁に入る原告団長の岩永千代子さん(前列右から2人目)ら=18日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月18日
    最高裁前の原告団 被爆体験者に最高裁判決

    上告審判決を前に、最高裁前で集会を行う原告団ら=18日午前

    撮影: 18日午前

  • 2017年12月06日
    「何のための大法廷か」
  • 2017年12月06日
    「何のための大法廷か」
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月06日
    記者会見する高池弁護士ら 「何のための大法廷か」

    NHK受信料を巡る訴訟の上告審判決を受け、記者会見する高池勝彦弁護士(左)ら=6日午後、東京都千代田区

  • 2017年12月06日
    「何のための大法廷か」
  • 2017年12月06日
    「何のための大法廷か」
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:02.48
    2017年12月06日
    NHK受信料「合憲」 最高裁大法廷、初判断

    NHKの受信料制度が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、合憲と初判断した。訴えられた東京都の男性側弁護士は記者会見を開いた。<映像内容>弁護士らの記者会見と会見への入り。会見で話しているのは中央が高池勝彦弁護士、向かって右隣が尾崎幸広弁護士、午後3時半から4時すぎに東京都千代田区の都道府県会館で撮影。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年11月29日
    寺田逸郎裁判長ら 強制わいせつ罪、判例変更

    強制わいせつ罪の成立が争われた刑事裁判の上告審判決に臨む寺田逸郎裁判長(中央)ら=29日午前、最高裁大法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年11月29日
    最高裁に向かう弁護団 強制わいせつ、判例変更へ

    強制わいせつ罪の成立についての上告審判決のため、最高裁に向かう被告の弁護団=29日午前

    撮影: 29日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年11月29日
    最高裁に入る弁護団 強制わいせつ、判例変更へ

    強制わいせつ罪の成立についての上告審判決のため、最高裁に入る被告の弁護団=29日午前

    撮影: 29日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月27日
    最高裁大法廷 合憲獲得も自民「複雑」

    「1票の格差」訴訟の上告審判決が行われた最高裁大法廷=27日午後

    撮影: 27日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月27日
    判決に臨む寺田裁判長ら 昨年参院選は合憲

    「1票の格差」訴訟の上告審判決に臨む寺田逸郎裁判長(中央)ら=27日午後、最高裁大法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月27日
    寺田逸郎裁判長 昨年参院選は合憲

    「1票の格差」訴訟の上告審判決に臨む寺田逸郎裁判長=27日午後、最高裁大法廷

    撮影: 27日午後、最高裁大法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月27日
    最高裁に向かう升永氏ら 昨年参院選は合憲

    「1票の格差」訴訟の上告審判決のため、最高裁に向かう升永英俊弁護士(前列右から2人目)らのグループ=27日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月27日
    最高裁に入る山口弁護士ら 昨年参院選は合憲

    「1票の格差」訴訟の上告審判決のため、最高裁に入る山口邦明弁護士(左から2人目)らのグループ=27日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月08日
    小貫芳信裁判長 水俣病補償、受給認めず

    水俣病患者の補償を巡る訴訟の上告審判決に臨む小貫芳信裁判長=8日午後、最高裁第2小法廷

    撮影: 8日午後、最高裁第2小法廷

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月27日
    小池裕裁判長 鳥取不審死、死刑確定へ

    上田美由紀被告の上告審判決に臨む小池裕裁判長=27日午後、最高裁第1小法廷

    撮影: 27日午後、最高裁第1小法廷

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5