KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • 団子
  • 寿司
  • 日本料理
  • 標高
  • 武陵山脈
  • 気温
  • 水源
  • 理想
  • 産地

「上越地方」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1953年11月21日
    スケッチ15050 上越の雪を載せて

    上越地方の雪を載せて駅に着いた初雪列車=1953(昭和28)年11月21日、東京都台東区の上野駅

    商品コード: 2017050800572

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001998

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、笹の葉の選別と等級分けを行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001988

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、桑植金橋農産品の冷凍庫に貯蔵された新鮮な笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063001996

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002154

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、桑植県にある康華実業の工場。輸出用の笹の葉が等級別に束ねられている。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002323

  • 2020年06月16日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    16日、笹の葉の選別と等級分けを行う桑植金橋農産品の従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002115

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された出来たてのちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002025

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作り、端午節を迎える準備をする近隣農家の人々。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002202

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、桑植県にある康華実業の工場で笹の葉を運ぶ従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002321

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された地元農家の手作りちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002047

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002186

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002017

  • 2020年06月18日
    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作ろうと、近隣農家の人々が準備した材料。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002126

  • 01:09.69
    2020年06月26日
    「新華社」特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県

    中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(記者/王昕怡、阮周圍)<映像内容>湖南省桑植県特産の笹の葉、笹の葉を分別する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002421

  • 1