KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • フランス
  • 欧州
  • ナタリー
  • パスカル・カンファン
  • パリ
  • 政治家
  • 選挙
  • 防止

「世界自然保護基金」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
563
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
563
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1930年12月31日
    M 01588

    lazio, rovine delle città, ninfa, 1920 1930.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109955

  • 1984年03月29日
    日中関係

    中国の首都北京で同国森林省次官の薫智勇氏(右)に支援の象徴としてカギを手渡す女優で世界野生生物基金(WWF)ジャパンの黒柳徹子さん。竹林不足で飢餓状態にあるジャイアント・パンダを救う支援策として、トラック20台や通信機器を贈った=1984年3月29日(UPI=共同)

    商品コード: 2017071301249

  • 1985年01月02日
    RavishingRickRude WWF 1985 RavishingRickRude WWF 1985

    RavishingRickRude WWF 1985Photo By Adam Scull/PHOTOlink=1985(昭和60)年1月2日、クレジット:Adam Scull/PHOTOlink/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040107159

  • 1989年05月02日
    黒田洋一さん 「時の人」

    WWFのリポート「森林破壊と日本」をまとめた黒田洋一(くろだ・よういち)さん

    商品コード: 2019112505527

  • 1990年11月16日
    フィリップ殿下首相に要請 ヒメウミガメの輸入禁止を

    世界自然保護基金総裁のフィリップ殿下(左)と歓談する海部首相=1990(平成2)年11月16日、首相官邸(エジンバラ公、来日、カラーネガ

    商品コード: 2003122001016

  • 1991年10月03日
    (はんだ・せいぞう) 半田精三

    世界自然保護基金専務理事=1991(平成3)年3月28日撮影

    商品コード: 1999090700060

  • 1994年08月23日
    東京湾三番瀬でWWF会長 埋め立て反対の要望書提出

    東京湾の三番瀬を視察するWWF日本委員会の羽倉信也会長(右端)ら=23日午前、千葉県船橋市沖

    商品コード: 1994082300062

  • 1994年08月26日
    羽倉信也さん

    東京湾に残された最後の大規模干潟「三番瀬」の保全を訴える羽倉信也さん(顔向き)(世界自然保護基金日本委員会会長・第一勧銀相談役)

    商品コード: 1994082600016

  • 1994年10月07日
    WWFのサットン副会長 商業捕鯨再開は不可能

    インタビューに答える世界自然保護基金のマイケル・サットン副会長(ポーズ)(MICHAEL・SUTTON)

    商品コード: 1994100700063

  • 1995年07月13日
    写真と図で解説 森林破壊の現状伝える冊子

    世界自然保護基金(WWF)日本委員会が配布している森林問題の小冊子

    商品コード: 1995071300011

  • 1995年09月12日
    WWFが日本編を作製 絶滅危機生物のカラー地図

    世界自然保護基金が作製した絶滅の危機にある野生動植物のイラスト地図(カラーネガ)

    商品コード: 1995091200004

  • 1995年09月12日
    WWFが日本編を作製 絶滅危機生物のカラー地図

    世界自然保護基金が作製した絶滅の危機にある野生動植物のイラスト地図(カラーネガ)

    商品コード: 1995091200002

  • 1995年09月20日
    WWFが小冊子作製 温暖化から生態系を守れ

    世界自然保護基金(WWF)日本委員会が作製した小冊子「気候変動と生物の多様性の保全」(カラーネガ)

    商品コード: 1995092000054

  • 1996年03月14日
    小冊子 湿地保全を冊子で呼び掛け

    WWF日本委員会が頒布を始めた小冊子「ウエットランド」(世界自然保護基金)

    商品コード: 1996031400004

  • 1996年09月27日
    サンゴの生態調査 救えるかサンゴの群落

    )、企画91、10月5日付朝刊以降使用  白保のサンゴ研究保護センター設立を準備するWWFJ(世界自然保護基金日本委員会)の調査で、観察地点を定めるブロックをサンゴの海に設置をする三重大学の目崎教授(右)ら=沖縄県石垣島の白保沖

    商品コード: 1996092700045

  • 1997年03月13日
    大田知事と会談するエ公 エジンバラ公沖縄訪問

    大田昌秀沖縄県知事(手前)を表敬訪問し、自然保護などについて話し合う英国エジンバラ公フィリップ殿下=13日午前10時、沖縄県庁(世界自然保護基金(WWF)名誉総裁として来日)

    商品コード: 1997031300025

  • 1997年10月09日
    アンドルー・カー氏 WWF責任者が日本案批判

    インタビューに答えるWWFのアンドルー・カー氏(世界自然保護基金=WWF、本部スイス)(英国人)

    商品コード: 1997100900005

  • 1997年12月05日
    カード出すメンバー 各国首脳にイエローカード

    温暖化防止を訴え、各国首脳のお面を付けた人物に「イエローカード」を出すWWF(世界自然保護基金)のメンバー=5日午前9時30分、国立京都国際会館

    商品コード: 1997120500022

  • 1998年11月10日
    WWFがパフォーマンス 本当のゴールは国内対策

    気候変動枠組み条約締約国会議会場で9日、クリントン米大統領とエリツィン・ロシア大統領にふんし、温室効果ガスの米ロ間の排出権売買パフォーマンスをする世界自然保護基金(WWF)のメンバー(ロイター=共同)

    商品コード: 1998111000015

  • 1999年07月09日
    説明する星野事務局長 白保地区にさんごセンター

    沖縄県・石垣島白保地区に建設されるさんご礁の「保護研究センター」について説明する世界自然保護基金日本委員会の星野真事務局長(左)ら=9日午後、沖縄県庁

    商品コード: 1999070900096

  • 1999年09月09日
    ヨーロッパアカガエル 地球の健康度が急速悪化

    欧州に広く生息するヨーロッパアカガエル。1970年代以降、急激に数が減っている(世界自然保護基金提供)

    商品コード: 1999090900095

  • 2000年03月11日
    苦渋の表情、小林さん 「数で押し切られた」

    新石垣空港の建設地に「カラ岳陸上」が決まり、苦渋の表情の世界自然保護基金(WWF)日本委員会の小林孝さん=11日午後、沖縄県石垣市の沖縄県八重山支庁(顔やや下向き)

    商品コード: 2000031100107

  • 2000年03月15日
    WWFJが環境対策要請 環境対策10条件を要請

    屋比久孟尚・新石垣空港建設対策室長(右手前から2人目)らに、10項目の環境対策を要請する世界自然保護基金日本委員会(WWFJ)のメンバー(左)=15日午後2時、沖縄県庁

    商品コード: 2000031500120

  • 2001年02月16日
    「絶滅も」WWF警告 伐採進むパンダ生息地

    自然に囲まれた「中華パンダ園」で木登りに熱中するジャイアントパンダ=中国四川省の臥竜自然保護区(共同)

    商品コード: 2001021600006

  • 2001年07月19日
    地球をかたどった氷 京都議定書を溶かさないで

    19日、環境保護団体のWWFがボンCOP6会場に設置した、地球をかたどった氷。「京都議定書を溶かさないで」とのスローガンも見える(共同)

    商品コード: 2001071900178

  • 2002年01月30日
    米プロレスが日本興行

    会見に参加したWWFのレスラー。右からクリス・ベノワ、トーリー・ウィルソン、TAJIRI(田尻義博)

    商品コード: 2002013000051

  • 2002年04月03日
    南極海の捕鯨 WWFが商業捕鯨を容認

    南極海で鯨を捕獲する日本の捕鯨船=1987年2月(共同)

    商品コード: 2002040300179

  • 2003年07月17日
    ココリン気候変動担当部長 議定書批准9月が勝負

    インタビューに答える世界自然保護基金(WWF)ロシア支部のアレクセイ・ココリン気候変動担当部長(共同)

    商品コード: 2003071700130

  • 2004年04月09日
    温暖化対策を学ぶ

    ジュネーブのWWF本部でのレクチャーに臨む

    商品コード: 2004040900063

  • 2004年09月24日
    岡安直比さん

    ゴリラ研究を経て世界自然保護基金・ジャパンの自然保護室長に就任した岡安直比(おかやす・なおび)さん

    商品コード: 2004092400096

  • 2004年11月12日
    親子自立の大切さ知って

    「昭和一けた世代がいなくなった後、日本社会はどうなるのか、興味があります」と話す岡安直比さん=東京都港区の世界自然保護基金(WWF)ジャパン

    商品コード: 2004111200123

  • 2005年02月15日
    ベルリンの自然保護活動家 京都議定書、きょう発効

    15日、ベルリンで、京都議定書発効を記念して熱気球のゴンドラに乗り込む世界自然保護基金(WWF)の活動家ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2005021500228

  • 2005年12月06日
    “新種”動物の想像図 「新種」の肉食動物発見

    世界自然保護基金(WWF)が発表した“新種”動物の想像図(共同)☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

    商品コード: 2005120600021

  • 2005年12月06日
    「新種」動物想像図 「新種」の肉食動物発見

    6日、世界自然保護基金(WWF)が発表した「新種」動物の想像図(ロイター=共同)

    商品コード: 2005120600038

  • 2007年01月19日
    伊沢あらた氏 管理機関は機能不全

    「マグロ資源保護のため日本の責任は大きい」と話す世界自然保護基金(WWF)ジャパンの伊沢あらたさん

    商品コード: 2007011900153

  • 2008年04月01日
    伊勢丹本店の秋篠宮ご夫妻 三越と伊勢丹が経営統合

    東京・伊勢丹本店で開催された「美しい地球・守りたい命とWWF展」で、絶滅した動物「ドードー」の模型をご覧になる秋篠宮ご夫妻=1日午前(代表撮影)

    商品コード: 2008040100112

  • 2008年06月28日
    COVID-19 VICTIMS:Tom Lister Jr. 1958 -2020 American Actor

    WE REMEMBER: TOM LISTER JR., 62, (June 24, 1958 December 10, 2020) an American character actor and occasional professional wrestler in the World Wrestling Federation (WWF) has died from complications related to COVID-19 on December 10, 2020. FILE PICTURE FROM: June 28, 2008, Westwood, California, USA. TOM LISTER JR, at the ‘‘Hellboy II: The Golden Army‘‘ Los Angeles Premiere at Mann‘s Village Theatre. (Credit Image: © Byron Purvis/AdMedia via ZUMA Wire)、クレジット:©Byron Purvis/AdMedia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010609200

  • 2009年01月04日
    What happens when tigers kill people - and how to prevent it

    HANDOUT - 04 January 2009, Nepal, ---: Tigers are threatened by extinction, but their numbers are slowly beginning to grow again. Photo: Samit Jung Thapa/Hariyo Ban Program/WWF Nepal/dpa - ACHTUNG: Nur zur redaktionellen Verwendung im Zusammenhang mit der aktuellen Berichterstattung und nur mit vollst舅diger Nennung des vorstehenden Credits、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042200569

  • 2009年04月14日
    大西洋クロマグロ クロマグロ3年後ゼロに?

    資源量が急減している大西洋クロマグロ(世界自然保護基金提供)

    商品コード: 2009041400200

  • 2009年09月16日
    カーステンセン氏 「国連で25%削減明言を」

    15日、米ニューヨークで取材に応じる世界自然保護基金(WWF)のキム・カーステンセン氏(共同)

    商品コード: 2009091600350

  • 2009年09月27日
    カーステンセン氏 鳩山演説「非常に重要」

    米ピッツバーグでG20について話す、世界自然保護基金のキム・カーステンセン氏(共同)

    商品コード: 2009092700049

  • 2009年12月08日
    代表団入りした2人 NGOが政府代表団入り

    7日、COP15が開かれているコペンハーゲンの会場で記者会見するNGO気候ネットワークの平田仁子さん(右)と世界自然保護基金(WWF)ジャパンの山岸尚之さん(共同)

    商品コード: 2009120800050

  • 2010年10月16日
    WWFのミットラッハー氏 多様性は“破綻寸前”

    生物多様性の保全を訴えるWWFのギュンター・ミットラッハー生物多様性ディレクター=14日、東京都内

    商品コード: 2010101600021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月01日
    花輪伸一氏 米の威借りた官僚のおごり

    花輪伸一・元世界自然保護基金(WWF)ジャパン主任

    商品コード: 2011120100314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月08日
    デュプレシス代表 狙われるサイやゾウ

    WWF南アフリカのモーネ・デュプレシス代表(中野智明氏撮影・共同)

    商品コード: 2012110800276

  • 2013年04月17日
    Petersberg Climate Dialogue

    18 June 2018, Germany, Berlin: WWF environmental activists protesting for a change in environmental policy with a 3D image of a lignite mine before the meeting location of the Petersberg Climate Dialogue. The meeting, which takes place every year since 2010, offers the opportunity for an exchange of experiences in international climate policy. Poland will be a co-organiser of the Dialogue. The UN Climate Conference takes place in December in Poland‘s Katovice. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908479

  • 2013年04月17日
    Petersberg Climate Dialogue

    18 June 2018, Germany, Berlin: WWF environmental activists protesting for a change in environmental policy with a 3D image of a lignite mine before the meeting location of the Petersberg Climate Dialogue. The meeting, which takes place every year since 2010, offers the opportunity for an exchange of experiences in international climate policy. Poland will be a co-organiser of the Dialogue. The UN Climate Conference takes place in December in Poland‘s Katovice. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908599

  • 2013年07月12日
    山岸尚之氏 米に変化、合意へ好機

    インタビューに答えるWWFジャパンの山岸尚之氏=東京都港区

    商品コード: 2013071200585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月18日
    リープ事務局長 象牙取引は安全保障問題

    世界自然保護基金のジェームズ・リープ事務局長(共同)

    商品コード: 2014021800435

  • 2014年06月24日
    食べ残しの持ち帰り容器 日本は年800万トンも

    環境保護団体の世界自然保護基金(WWF)が作製、販売している食べ残し食品の持ち帰り容器「ドギーバッグ」=東京都内

    商品コード: 2014062400573

  • 2014年08月05日
    温暖化対策1位はソニー

    電気機器業界の地球温暖化対策ランキング

    商品コード: 2014080500363

  • 2014年08月05日
    温暖化対策1位はソニー

    電気機器業界の地球温暖化対策ランキング

    商品コード: 2014080500366

  • 2015年03月28日
    ウキウキ

    世界自然保護基金(WWF)のイベントのため、ロンドンに現れたパンダの着ぐるみ。隣の男女も楽しそう。(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2015032800194

  • 2015年09月24日
    海洋生物、40年余で半減

    世界自然保護基金がまとめた海洋生物調査報告

    商品コード: 2015092400682

  • 2015年09月24日
    海洋生物、40年余で半減

    世界自然保護基金がまとめた海洋生物調査報告

    商品コード: 2015092400683

  • 2015年09月24日
    海洋生物、40年余で半減

    世界自然保護基金がまとめた海洋生物調査報告

    商品コード: 2015092400684

  • 2015年09月24日
    海洋生物、40年余で半減

    世界自然保護基金がまとめた海洋生物調査報告

    商品コード: 2015092400685

  • 2015年11月12日
    ランベルティーニ氏 消費と生産、見直しが急務

    世界自然保護基金(WWF)インターナショナル事務局長 マルコ・ランベルティーニ

    商品コード: 2015111200140

  • 2016年11月08日
    What happens when tigers kill people - and how to prevent it

    HANDOUT - 08 November 2016, Nepal, ---: Bhadai Tharu, a Nepali tiger preservationist, works in a field. He lost an eye after being attacked by a tiger 16 years ago but still works to protect the animals from poachers. Photo: Hariyo Ban Program/WWF Nepal/dpa - ACHTUNG: Nur zur redaktionellen Verwendung im Zusammenhang mit der aktuellen Berichterstattung und nur mit vollst舅diger Nennung des vorstehenden Credits、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042200623

  • 2017年09月22日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    生の南五味子(左)と干した南五味子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/世界自然保護基金提供)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:世界自然保護基金提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019164

  • 2017年12月18日
    EU at energy crossroads protest in Brussels

    Group of environmental activists from WWF, Greenpeace, Friend of Earth and Climate Action Network hold the protest in front of European Council headquarters in Brussels, Belgium on 18.12.2017 European ministers for energy are expected to finalize their position on the Clean Energy Package. Protestors demand form EU to choose the path in the direction renewable energy. by Wiktor Dabkowski | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083025386

  • 2017年12月19日
    WWFの山岸尚之さん 勇気づけられる動きも

    世界自然保護基金(WWF)の山岸尚之さん

    商品コード: 2017121900427

  • 2018年03月23日
    羽田空港で注意喚起 「その象牙、違法です」

    象牙製品の海外持ち出しは違法と注意喚起するWWFジャパン(左)と税関の担当者=23日午前、羽田空港

    商品コード: 2018032300251

  • 2018年03月24日
    電気を消して環境保全の意思示す「アースアワー」開催

    24日、「アースアワー」に参加する河北省邢台市経済開発区河会社区(地域コミュニティ)の住民。世界自然保護基金(WWF)による世界各地で同時刻に消灯し地球温暖化の防止と環境保全の意思を示す「アースアワー」イベントが24日、中国各地で行われた。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032601010

  • 2018年03月24日
    電気を消して環境保全の意思示す「アースアワー」開催

    24日、河北省香河県の文化芸術センターの消灯前後の組み合わせ写真。世界自然保護基金(WWF)による世界各地で同時刻に消灯し地球温暖化の防止と環境保全の意思を示す「アースアワー」イベントが24日、中国各地で行われた。(香河=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032601008

  • 2018年03月24日
    電気を消して環境保全の意思示す「アースアワー」開催

    24日、香港のビクトリアハーバーにある一部建物の消灯前後の組み合わせ写真。世界自然保護基金(WWF)による世界各地で同時刻に消灯し地球温暖化の防止と環境保全の意思を示す「アースアワー」イベントが24日、中国各地で行われた。(香港=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032600965

  • 2018年03月24日
    電気を消して環境保全の意思示す「アースアワー」開催

    24日、上海の東方明珠電視塔、上海センターと陸家嘴にある建物の消灯前後の組み合わせ写真。世界自然保護基金(WWF)による世界各地で同時刻に消灯し地球温暖化の防止と環境保全の意思を示す「アースアワー」イベントが24日、中国各地で行われた。(上海=新華社記者/劉穎)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032601011

  • 2018年06月19日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    6月19日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたターキン。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年6月19日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019070

  • 2018年07月10日
    1600体のパンダ、バンクーバーに登場

    10日、バンクーバー市内のショッピングモールで展示された張り子のパンダを抱える女の子。世界自然保護基金(WWF)とフランスの著名アーティスト、パウロ・グランジオン氏とのコラボレーション企画として世界を巡回している「1600パンダ世界ツアー(1600PandasWorldTour)」が10日、カナダのバンクーバーに登場した。グランジオン氏は回収された古紙と卵の殻を利用しポーズや大きさ、表情の異なる張り子のパンダ1600体を制作、世界の都市を回りながら環境と野生動物の保護を訴えている。(バンクーバー=新華社記者/梁森)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200737

  • 2018年07月10日
    1600体のパンダ、バンクーバーに登場

    10日、バンクーバー市内のショッピングモールに展示された張り子のパンダ。世界自然保護基金(WWF)とフランスの著名アーティスト、パウロ・グランジオン氏とのコラボレーション企画として世界を巡回している「1600パンダ世界ツアー(1600PandasWorldTour)」が10日、カナダのバンクーバーに登場した。グランジオン氏は回収された古紙と卵の殻を利用しポーズや大きさ、表情の異なる張り子のパンダ1600体を制作、世界の都市を回りながら環境と野生動物の保護を訴えている。(バンクーバー=新華社記者/梁森)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200713

  • 2018年07月10日
    1600体のパンダ、バンクーバーに登場

    10日、バンクーバー市内のショッピングモールに展示された張り子のパンダ。世界自然保護基金(WWF)とフランスの著名アーティスト、パウロ・グランジオン氏とのコラボレーション企画として世界を巡回している「1600パンダ世界ツアー(1600PandasWorldTour)」が10日、カナダのバンクーバーに登場した。グランジオン氏は回収された古紙と卵の殻を利用しポーズや大きさ、表情の異なる張り子のパンダ1600体を制作、世界の都市を回りながら環境と野生動物の保護を訴えている。(バンクーバー=新華社記者/梁森)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200752

  • 2018年07月10日
    1600体のパンダ、バンクーバーに登場

    10日、バンクーバー市内のショッピングモールに展示された張り子のパンダ。世界自然保護基金(WWF)とフランスの著名アーティスト、パウロ・グランジオン氏とのコラボレーション企画として世界を巡回している「1600パンダ世界ツアー(1600PandasWorldTour)」が10日、カナダのバンクーバーに登場した。グランジオン氏は回収された古紙と卵の殻を利用しポーズや大きさ、表情の異なる張り子のパンダ1600体を制作、世界の都市を回りながら環境と野生動物の保護を訴えている。(バンクーバー=新華社記者/梁森)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200742

  • 2018年07月10日
    1600体のパンダ、バンクーバーに登場

    10日、バンクーバー市内のショッピングモールに展示された張り子のパンダ。世界自然保護基金(WWF)とフランスの著名アーティスト、パウロ・グランジオン氏とのコラボレーション企画として世界を巡回している「1600パンダ世界ツアー(1600PandasWorldTour)」が10日、カナダのバンクーバーに登場した。グランジオン氏は回収された古紙と卵の殻を利用しポーズや大きさ、表情の異なる張り子のパンダ1600体を制作、世界の都市を回りながら環境と野生動物の保護を訴えている。(バンクーバー=新華社記者/梁森)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200711

  • 2018年09月13日
    WWF campaign “Earth Hour“ - Kiel

    13 September 2018, Schleswig-Holstein, Kiel: Before switching off the lighting of the town hall tower, the city centre of Kiel shines. During the worldwide campaign Earth Hour of the environmental organisation WWF, the lights on public buildings are switched off for one hour. Photo: Frank Molter/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040100376

  • 2018年10月19日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    10月19日、平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村で、同村の養蜂合作社の李芯鋭(り・しんえい)理事長(右)と村人が村に「パンダ要素」を添える。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/李芯鋭提供)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:李芯鋭提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019064

  • 02:16.74
    2018年10月26日
    「新華社」WWF、世界初のパンダフレンドリー認証を発表

    世界初のパンダフレンドリー認証(PandaFriendlyCertification)が26日、中国四川省成都市で発表された。この制度はFSC(森林管理協議会)の森林認証やMSC(海洋管理協議会)の漁業認証など世界で適用されている認証制度に続き、世界自然保護基金(WWF)が中国の生産者とパンダを保護するために設けた持続可能な製品を認証する制度だ。「パンダフレンドリー認証」は、WWFが長年のパンダ保護の経験に基づいて実施した革新的な試み。「パンダフレンドリー認証」の取得に必要な条件は、パンダが生息する地域のもので、パンダ保護と地域社会の財政に計測可能な貢献をしており、持続可能な利用の条件を満たす品質の高い農産物だという。(記者/楊進)<映像内容>世界初のパンダフレンドリー認証の様子、撮影日:2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925710

  • 2018年11月05日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    11月5日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたアジアゴールデンキャット。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019205

  • 2018年11月20日
    末吉竹二郎さん

    世界自然保護基金の日本事務所会長に就任した末吉竹二郎(すえよし・たけじろう)さん

    商品コード: 2018112017781

  • 2018年11月23日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    四川省平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村の様子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社記者/楊迪)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112530

  • 2018年11月27日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    世界自然保護基金(WWF)が日本語で出版したパンダ写真集の裏表紙に掲載されている若いころの金勗琪さんの写真(左)。同書には金さんが撮影したパンダの写真が数多く使われている。(11月27日撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022350

  • 01:48.80
    2018年11月29日
    「新華社」森林で活動するパンダの撮影に成功四川省都江堰市

    中国四川省都江堰(とこうえん)市国有林場は11月下旬、森林資源保護管理の年間計画に基づき、同市竜池鎮の国有林で冬季の森林巡回活動を実施した。その際、職員がジャイアントパンダの活動の様子が映像に記録されているのを発見した。今年夏に続いて冬季も、同一区域におけるジャイアントパンダの活動の記録に成功した。同市国有林場の職員によると、映像が見つかったのは、森林公園の斑鳩窩から落池塘へのルートに設けられた赤外線カメラのモニタリング地点3カ所で、ジャイアントパンダが10月から11月にかけて複数回、昼間に餌を探す様子が記録されていた。これまでの経験から、この区域では1頭あるいは2頭のジャイアントパンダが活動しており、斑鳩窩から落池塘までの区域はパンダの主な縄張りになっていることが推測できるという。都江堰市国有林場はここ数年、世界自然保護基金(WWF)との協力を強化し、ジャイアントパンダ保護プロジェクトの支援を受けている。職員は訓練を通して、森林管理や監視、巡回、赤外線カメラのモニタリングに関する技術を一段と向上させている。(記者/蕭永航)<映像内容>森林で活動するパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113004558

  • 2018年12月05日
    Indigenious Amazon People COP 24

    Mrs. Analia Madalena Tucha, DGM Brasil (from left), Richard Rubio, vicepresident of AIDESEP, Juan Carlos Jintiach, president of COICA (speaks) and Manuel Pulgar Vidal leader of the Climate and Energy Practice of WWF International on the discussion panel: Indigenous Amazon People walk the talk into the Talanoa Dialogue, which took place December 5 during COP24 in Katowice. (CTK Photo/Grzegorz Klatka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121115965

  • 2018年12月06日
    プルガルビダル氏 排出減へ「ルール合意を」

    インタビューに応じるWWFのマヌエル・プルガルビダル氏=ポーランド・カトウィツェ(共同)

    商品コード: 2018120600012

  • 2018年12月11日
    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み

    11日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影された野生のパンダ。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019232

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: A veterinarian from WWF Indonesia explains the theories of handling stranded marine mammals during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303888

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice the technique of handling a stranded marine mammal dummy during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112304026

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice the technique of handling a stranded marine mammal dummy during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112304027

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice the technique of handling a stranded marine mammal dummy during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303954

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice the technique of handling a stranded marine mammal dummy during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112304040

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice the technique of handling a stranded marine mammal dummy during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112304044

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice relocating a dummy of a stranded marine mammal by a stretcher during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303845

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice relocating a dummy of a stranded marine mammal by a stretcher during a training session of rescuing marine mammals..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303955

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice rescuing a marine mammal bycatch using a fishing net on a dummy marine mammal..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303837

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice rescuing a marine mammal bycatch using a fishing net on a dummy marine mammal..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112304010

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice rescuing a marine mammal bycatch using a fishing net on a dummy marine mammal..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303820

  • 2019年01月11日
    Training Session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques in Alor, Indonesia - 17 Nov 2021

    January 11, 2019, Alor, East Nusa Tenggara, Indonesia: Volunteers practice rescuing a marine mammal bycatch using a fishing net on a dummy marine mammal..World Wide Fund for Nature (WWF) Indonesia and local authorization organised a training session for Stranded Marine Mammals Handling Techniques for the ‘‘First Responder‘‘ at Maimol beach, Alor. First Responder is the term used for those who are able to respond and rescue any stranding marine mammals quickly and make a report for further advance handling. According to the WWF Indonesia database, since 2017, there are 31 stranded cases for both single or group marine mammals stranding at East Nusa Tenggara waters. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303971

  • 2019年02月12日
    Pedro Morales Passes Away At Age 76 ペドロ・モラレス氏死去

    ***FILE PHOTO*** Former WWF Champion Pedro Morales Passes Away At Age 76 Pedro Morales pictured at Madison Square Garden in New York City. CAP/MPI/GNA ゥGNA/MPI/Capital Pictures. 12 Feb 2019 Pictured: Pedro Morales. Photo credit: GNA/MPI/Capital Pictures / MEGA TheMegaAgency.com +1 888 505 6342 (Newscom TagID: maphotosfour871676.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:MEGA/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409396

  • 2019年02月12日
    Pedro Morales Passes Away At Age 76 ペドロ・モラレス氏死去

    ***FILE PHOTO*** Former WWF Champion Pedro Morales Passes Away At Age 76 Pedro Morales pictured at Madison Square Garden in New York City. CAP/MPI/GNA ゥGNA/MPI/Capital Pictures. 12 Feb 2019 Pictured: Pedro Morales. Photo credit: GNA/MPI/Capital Pictures / MEGA TheMegaAgency.com +1 888 505 6342 (Newscom TagID: maphotosfour871678.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:MEGA/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409395

  • 00:33.43
    2019年02月25日
    「新華社」絶滅危惧種のユキヒョウ、甘粛省塩池湾国家級自然保護区に頻繁に出現

    中国の祁連山(きれんざん)西側の甘粛塩池湾国家級自然保護区に設置された赤外線カメラに、絶滅危惧IB類に属するユキヒョウが頻繁に映っていた。同保護区管理局の塩池湾保護ステーション責任者の烏力吉(ウリジ)氏は、標高3千メートル以上の魚児紅区域に昨年下半期に設置していた赤外線カメラ50台を回収し、確認したところ、ユキヒョウが60回映っており、ユキヒョウはすべて単独行動で、尻尾を立て岩にマーキングをするものや、雨にぬれている姿が映っていた。世界自然保護基金(WWF)は昨年4月、同管理局と協力し、ユキヒョウ保護プロジェクトを実施しており、今回のユキヒョウ調査も合同で行われた。(記者/張玉潔、馬莎)<映像内容>赤外線カメラに映ったユキヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604091

  • 2019年02月25日
    草刈秀紀さん 保護の実効、上がっていない

    世界自然保護基金(WWF)ジャパンの草刈秀紀さん

    商品コード: 2019022501237

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6