KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 文化
  • 記者
  • 指定
  • 三国志
  • 遺物
  • 人々
  • 位置
  • 祠堂
  • 三国時代

「丞相」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
128
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
128
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2002年03月15日
    忠義と悲劇、別れ痛切に

    菅丞相の人形を持つ吉田玉男=大阪府藤井寺市の道明寺

    商品コード: 2002031500162

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県習文郷靳彭村にあるイブキの古木。曹操がかつて馬をつないだとされる。(2007年9月8日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    曹操がかつて馬をつないだ木とされるイブキの古木。(2007年資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ碑廊。(2011年11月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園。(2011年11月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2012年8月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある鄴城博物館。(2012年9月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月25日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ石碑。(2013年5月25日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月05日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    雪の中にひっそりとたたずむ建安文学館。(2014年2月5日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、その一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2014(平成26)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103504

  • 2014年04月18日
    国貞の浮世絵復刻 失われた江戸の美を復活

    立原の浮世絵復刻の代表作、歌川国貞「大当狂言」7枚のうち「菅丞相」。激しい怒りを燃えたぎる「赤」で表現した=京都市内の自宅工房(撮影・萩原達也)

    商品コード: 2014041800301

  • 2015年11月22日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    白帝城にある白帝廟門で記念撮影する観光客。(2015年11月22日撮影)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2015(平成27)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004103

  • 2015年11月22日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    白帝城内にある托孤堂(たっこどう)を見学する観光客。(2015年11月22日撮影)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2015(平成27)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003887

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月16日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2016年2月16日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月07日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    仏像を専門に展示する全国初の博物館、臨漳仏造像博物館の内部。(2016年4月7日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103576

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2016年7月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100779

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800175

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800123

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800142

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府に立つ曹操像。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800140

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800163

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800115

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800146

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800119

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800173

  • 2016年09月24日
    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県の武侯墓に立つ墓碑。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005793

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004155

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城と長江三峡の瞿塘峡の入り口。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004166

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城と長江三峡の瞿塘峡の入り口。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003932

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004018

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004158

  • 2016年12月08日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    上空から見た白帝城。(2016年12月8日撮影、小型無人機から)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/劉潺)=2016(平成28)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年05月28日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2017年5月28日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2017(平成29)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103560

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の武将廊の先頭にある趙雲像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625203

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の正門。武侯祠はもともと劉備の陵墓だったことから正門の扁額には「漢昭烈廟」と書かれている。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624984

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の武将廊にある蜀漢の名将、姜維(きょう・い)の像。姜維は諸葛亮に重用され、諸葛亮の死後は軍権を預かり魏への北伐を継続した。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625158

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都市武侯祠の静遠堂にある諸葛亮像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625063

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の武将廊にある蜀漢の名将、馬超の像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625032

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の文臣廊の先頭にある蜀漢の軍師、龐統(ほうとう)の像。龐統は諸葛亮と並ぶ名軍師と称された。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624968

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠にかかる「武侯祠」の扁額。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625199

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都市武侯祠にある張飛像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625205

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の武将廊にある蜀漢の名将、黄忠(こう・ちゅう)の像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624981

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都市武侯祠にある関羽像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625008

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都市武侯祠にある劉備像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625080

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠にある劉備の陵墓。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625255

  • 2019年06月20日
    三国志の舞台「白帝城」、劉備が遺児を託した地

    白帝城にある托孤堂(たっこどう)の内部。(資料写真)「三国志」や李白の詩で日本でも良く知られる白帝城は、中国重慶市奉節県の東部、長江瞿塘(くとう)峡入口の北岸に位置する白帝山の山頂にある。長江三峡の有名な観光名所の一つとされる。白帝城は、1世紀前半の前漢から後漢にかけての混乱期に蜀(主に現在の四川省)を治めた公孫述(こうそんじゅつ)が築城した。元の名を子陽城といい、公孫述が後に白帝と称したことから白帝城と名が改められた。3世紀の三国時代、東呉討伐の軍を起こした蜀漢皇帝の劉備は、夷陵(いりょう)の戦いに敗れると白帝城へ逃れた。臨終の際には同地で丞相の諸葛亮に息子の劉禅を託した。白帝城は長江三峡の第一峡、瞿塘峡の起点であり、元々は水面から160メートルの高さがあったが、三峡ダムが完成すると水位は山の中腹の102メートルまで上昇。半島から孤島へと姿を変えた。周囲を三峡の峰々に囲まれ、穏やかな湖面にたたずむ姿はとても美しい。(重慶=新華社記者/肖芸九)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004104

  • 01:03.27
    2019年06月26日
    「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。最も目立つ場所に置かれているのは劉備とその義兄弟の関羽と張飛、そして諸葛亮の塑像。劉備殿の両側の廊下にはそれぞれ武将と文官が並んでおり、武将の最前列は日本でも人気の高い趙雲、文官の最前列は諸葛亮に並ぶ軍師として称えられた龐統(ほう・とう)となっている。武侯祠では8日から10月31日まで「2019成都武侯祠三国志フェア」が開催されており「三国志」愛好家は文化展示や三国書院、クリエイティブ・マーケット、文化クリエイティブ・コンテストなど十数項目の「三国志」関連イベントを楽しむことができる。(記者/陳健)<映像内容>「三国志」の登場人物の塑像など成都武侯祠の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625283

  • 2019年07月10日
    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005815

  • 02:10.53
    2019年07月17日
    「新華社」邢台市で唐代の古碑見つかる1200年の歴史河北省

    中国河北省邢台市南和県でこのほど、文化財保護担当者が閆里(えんり)郷宋台(そうだい)村で古碑を発見した。鑑定の結果、唐の貞元10年(794年)3月に建立されたものであることが分かった。1225年の歴史を持つという。石碑は碑首と碑身、台石の3部分からなり、青石製の碑身は縦216センチ、横80センチ、幅22センチ。二つに折れており、上半分は欠けた部分があったが、下半分はほぼ完全に残っていた。台石の保存状態は良く、四面に美しい模様が刻まれている。碑首は既に失われていた。両面に文字が刻まれており、字体は楷書体で刻字ははっきりしている。銘文は1300字余りあり、宋台村が唐の宰相、宋璟(そう・けい)の故郷であることや当時の行政区画、古い廟の再建過程などが詳細に記されていた。宋璟(663年‐737年)は、現在の邢台市南和県の生まれで、唐の開元17年(729年)に尚書右丞相となり、当時の玄宗皇帝が「開元の治」をもたらすのを補佐した。房玄齢(ぼう・げんれい)や杜如晦(と・じょかい)、姚崇(よう・すう)とともに唐の四大賢相と呼ばれている。同県文化財保護所の要雅潔(よう・がけつ)所長は、石碑が宋璟や行政区画の沿革、宗教の伝承を研究する上で高い史料価値を持つと語った。(記者/李継偉)<映像内容>唐代の古碑発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707075

  • 2021年04月04日
    南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵前に立つ「深圳市重点文物保護単位」標識碑の裏面。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040705883

  • 2021年04月06日
    (10)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の祭祀場の裏側から見た陵園。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610730

  • 2021年04月06日
    (11)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵で焼香する参観者。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610747

  • 2021年04月06日
    (3)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵入り口に立つ石碑の刻字。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610413

  • 2021年04月06日
    (2)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の入り口。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610415

  • 2021年04月06日
    (14)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵前に立つ「深圳市重点文物保護単位」標識碑。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610753

  • 2021年04月06日
    (6)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の牌坊(はいぼう)。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610404

  • 2021年04月06日
    (5)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の参道に埋め込まれた銘刻。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610406

  • 2021年04月06日
    (7)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の祭祀(さいし)場。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610409

  • 2021年04月06日
    (4)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の入り口から望む陵園の全景。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610410

  • 2021年04月06日
    (8)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵の香炉と焼香塔。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610412

  • 2021年04月06日
    (9)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、幼帝を背負い海に身を投げる陸秀夫の像。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610416

  • 2021年04月06日
    (12)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、崖山の戦いの歴史が刻まれた石碑。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610749

  • 2021年04月06日
    (13)南宋最後の皇帝が眠る宋少帝陵を訪ねて広東省深圳市

    4日、宋少帝陵周辺の様子。中国広東省深圳市南山区の招商街道赤湾村少帝路、赤湾公園付近に、南宋最後の皇帝少帝・趙昺(ちょう・へい)が眠る宋少帝陵がある。同省にある唯一の宋皇帝陵で、同市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に登録されている。南宋末期、宋軍が崖山の戦いで元軍に敗れると、左丞相の陸秀夫(りく・しゅうふ)は幼帝趙昺を抱いて海に身を投げた。その後、赤湾に流れ着いた幼帝の遺体を小南山麓の古寺の老僧が見つけ、同山の南麓に手厚く埋葬したという。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040610751

  • 00:38.96
    2021年06月01日
    「新華社」セミの羽のように軽い服、「素紗単衣」の謎に迫る湖南省

    中国湖南省長沙市の湖南省博物館には、国宝級の貴重な所蔵品「素紗単衣(すしゃひたんい)」が保管されている。最も良好な状態で現存する最古の衣服で、最も精巧でセミの羽のように軽く薄い貴重な逸品とされる。同省長沙市の東郊外にある馬王堆(ばおうたい)で1972年~74年に行われた発掘調査で、考古学者らが前漢時代の墓葬3基を発見した。墓からは精巧な作りの遺物数千点や保存状態のよい漢代の女性の遺体が出土。中国ひいては世界にとって20世紀最大の考古学的発見の一つとなった。素紗単衣は、馬王堆漢墓の1号墓から出土した。史料によると、墓の被葬者は前漢の長沙国で丞相を務めた利蒼(りそう)の妻、辛追(しんつい)。今から2200年以上も前の時代に生きた女性で、50歳くらいで亡くなったとされる。素紗単衣は比較的簡単な作りをしており、同墓からは直裾(ちょくきょ、裾が直線状のもの)と曲裾(きょくきょ、裾が曲折した形のもの)が1枚ずつ出土した。いずれも左の衽(おくみ)を右の上に重ねる着方(右衽、うじん)になっている。直裾は1枚の重さが49グラム、衣の長さが128センチ。曲裾の重さは48グラム、衣の長さは160センチ。素紗単衣は前漢時代の織物の最高峰で、現存する最も古くて薄く、軽い衣服とされる。同博物館は2019年、中国伝統の手織り工芸品「南京雲錦」を研究する南京雲錦研究所と共同で、2年の歳月をかけて49グラムの素紗単衣の模造品を完成させた。出土から40年余りを経て、政府の認可や博物館の専門家らによる鑑定を受けた、初の再現模造品となっている。素紗単衣は2002年に、国外持ち出し禁止の最初の文化財の一つに指定された。(記者/張玉潔) =配信日: 2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060104874

  • 2021年09月17日
    (17)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706603

  • 2021年09月17日
    (13)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706515

  • 2021年09月17日
    (3)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    北京文丞相祠の大門。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706043

  • 2021年09月17日
    (7)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706094

  • 2021年09月17日
    (9)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化財に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706384

  • 2021年09月17日
    (14)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706533

  • 2021年09月17日
    (16)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706514

  • 2021年09月17日
    (11)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭壁面にある「正気歌」の碑刻。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706389

  • 2021年09月17日
    (15)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内部の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706605

  • 2021年09月17日
    (12)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋の入り口。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706506

  • 2021年09月17日
    (8)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706128

  • 2021年09月17日
    (6)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706082

  • 2021年09月17日
    (1)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    敷地内から見た大門(裏側)。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化財に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706013

  • 2021年09月17日
    (5)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁内の展示品。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706045

  • 2021年09月17日
    (2)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    大門から見た過庁の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706053

  • 2021年09月17日
    (4)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    北京文丞相祠の過庁内部。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706055

  • 2021年09月17日
    (10)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    過庁の中庭に立つ「宋丞相信国文公像」碑刻。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091706387

  • 2021年09月27日
    (18)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋内の文丞相像。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708324

  • 2021年09月27日
    (20)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋前にある文天祥手植のナツメの古木。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708527

  • 2021年09月27日
    (19)南宋の宰相文天祥を祭る「文丞相祠」北京市

    堂屋前の中庭。(6月23日撮影)中国北京市東城区府学胡同にある北京文丞相祠は、南宋時代の政治家・詩人、文天祥(ぶん・てんしょう、1236~1283年)を記念して建てられた。明の洪武9(1376)年に建立され、永楽6(1408)年に国の祭祀(さいし)体系に組み込まれた。明清時代から中華民国時代の各時代で修繕が実施された。祠堂は南向きに建ち、大門と過庁(広間)、堂屋(本堂)の3部分からなる。面積は約600平方メートルで、過庁には文天祥の生涯に関する展示があり、堂屋には旧祠堂の遺物や文天祥の書跡などを陳列している。中庭のナツメの古木は、文天祥が自ら植えたと伝えられている。文丞相祠は1979年、北京市文物保護単位(重要文化材に相当)に指定され、改修を経た84年10月に一般公開された。95年には文氏子孫の寄付を受け、再度改修が行われた。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092708525

  • 2021年10月06日
    (14)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)の外椁(ひつぎを囲う外棺)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703118

  • 2021年10月06日
    (8)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の漆絵陶鼎(漆塗りの陶製のかなえ)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704903

  • 2021年10月06日
    (24)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている「君幸食」耳杯(じはい、持ち手付きの杯)。1号墓(辛追墓)と3号墓(利豨墓)から100個余り出土した。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704790

  • 2021年10月06日
    (20)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の七弦琴。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704779

  • 2021年10月06日
    (18)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の竹笛。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704780

  • 2021年10月06日
    (4)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の彩絵陶鐎(しょう)。鐎は煮沸具の1種。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704841

  • 2021年10月06日
    (16)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている2号墓(利蒼墓)出土の玳瑁樽(たいまいそん、べっ甲製の盛酒器、右)と嵌玉銅樽(かんぎょくどうそん、玉を象眼した銅製盛酒器)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703452

  • 2021年10月06日
    (11)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の陶製貨幣「半両銭」(手前)と竹籠。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704899

  • 2021年10月06日
    (10)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の冠人俑。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704901

  • 2021年10月06日
    (22)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の「軑侯家」雲竜文漆盆。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704904

  • 2021年10月06日
    (12)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている1号墓(辛追墓)出土の陶製貨幣「郢称(えいしょう)」(左半分)と陶金餅(とうきんぺい、金貨の模造品)。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100703103

  • 2021年10月06日
    (21)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の木製編鐘。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704778

  • 1
  • 2