KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 中元
  • 令和
  • 記者
  • 推進
  • 融合
  • アムール川
  • ウスリー川
  • 中国の少数民族
  • 人口
  • 天候

「中元節」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  台湾のお盆
    2001年09月02日
    台湾のお盆

    激しい炎を上げる灯ろうを、男性が懸命に荒れる海へと押し出そうとしている。台湾北部の港町での、日本のお盆に当たる「中元節」の一こまだ。灯ろうは海で漁をしていて命を落とした先祖の霊を慰めるためのもの。満月の下、大きな灯ろうがいくつも沖へと流れて行った。(ロイター=共同)

    商品コード: 2001090200034

  •  「新華社」清明節を前に、古式に則り先祖の慰霊福建省福州市
    01:56.63
    2019年03月27日
    「新華社」清明節を前に、古式に則り先祖の慰霊福建省福州市

    中国福建省福州市の三山人文記念園で27日、2019年福州市「私たちの祝日・清明節」文化ウイークが開幕した。同時開催された「己亥年中華百家姓春季公祭大典」(2019年春の合同慰霊祭)では、伝統民俗と現代文明を融合させた方法で丁重な慰霊を行い、革命に命を捧げた烈士をしのび、祖先を敬い、孝行を広めた。中国では春分の15日後に当たる清明節には先祖の墓参りをする習慣がある。合同慰霊祭は、線香を上げ、酒を地面にまき、果物を供え、祭文を奉読し、拝礼するといった順番で古式に則って行われ、福州市の各界から招かれた数百人が厳粛で盛大な儀式に参加した。慰霊祭の儀式終了後、人々は順に花を供えた。清明節は中国で最も重要な八つの節句(注)の一つで、中華民族の持つ孝恩敬祖(親に孝行し祖先を敬うこと)や慎終追遠、孝行を広める心構えが集中的に表される。ここ数年、福州各地では古い風俗習慣を親しみやすく改めた清明節の過ご方や文明的な墓参りという新たな風俗の提唱を全力で推進している。主催者は、清明節文化ウイークの活動は、中華民族の伝統である清明節の文化のある種の感情的体験であると同時に、精神と魂の面での育成と昇華を促すものだと表明した。(記者/林凱)注:「時年八節」と呼ばれ、春節(旧正月)、元宵節(旧暦1月15日)、清明節(春分の15日後)、端午節(旧暦5月5日)、中元節(旧暦7月15日)、中秋節(旧暦8月15日)、冬至節(2019年は12月22日)、除夕(旧暦の大晦日)を指す。<映像内容>中国の春の合同慰霊祭の様子、撮影日:2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402042

  •  「新華社」バスケの試合で「農村経済」を活性化貴州省
    01:29.46
    2022年08月25日
    「新華社」バスケの試合で「農村経済」を活性化貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県革一鎮革一村はこのほど、中国の伝統行事「七月半(中元節のこと、旧暦7月15日、今年は8月12日)」に合わせてバスケットボールの試合を開催した。大勢の観客が周辺の村から昼夜を問わず押し寄せ、人気を集めた。村民は露店を出し、おいしい食べ物や飲み物、地元の特産品などを販売していた。同省安順市平壩区楽平鎮大屯村は、このほど行われたバスケットボールの試合で、入場料やライブ配信など50万元(1元=約20円)余りの収入を得た。試合の運営費に充てたほか、「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」を活性化し、村民の増収にも貢献した。(記者/羅羽) =配信日: 2022(令和4)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082510208

  •  (5)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (5)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    花火が夜空を彩る中、川を漂う灯籠。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109332

  •  (3)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (3)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    川面に灯籠を浮かべる女の子。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109316

  •  「新華社」ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    00:57.68
    2023年09月01日
    「新華社」ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(記者/謝剣飛、石楓) =配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109169

  •  (4)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (4)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川に流された灯籠と花火。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109164

  •  (1)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (1)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    広西チワン族自治区桂林市資源県の資江を流れる灯籠。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109293

  •  (10)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (10)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、四排ホーチョ族郷で行われた河灯文化節のパフォーマンス。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109175

  •  (8)ウスリー川で灯籠流し、漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (8)ウスリー川で灯籠流し、漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、灯籠に火をつけるホーチョ族の人。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/石楓)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109176

  •  (1)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (1)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川に流された灯籠。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/石楓)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109166

  •  (4)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (4)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    広西チワン族自治区桂林市資源県の資江を流れる灯籠。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109317

  •  (2)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (2)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川に流された灯籠。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109165

  •  (5)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (5)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川で灯籠流しの準備をするホーチョ族の人。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109167

  •  (6)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (6)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川で灯籠流しの準備をするホーチョ族の人。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109160

  •  (3)ウスリー川で灯籠流し豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (3)ウスリー川で灯籠流し豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川で灯籠を流すホーチョ族の人々。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109168

  •  (2)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (2)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    広西チワン族自治区桂林市資源県の資江を流れる灯籠。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109319

  •  (9)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (9)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、四排ホーチョ族郷で行われた河灯文化節のパフォーマンス。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109171

  •  (7)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省
    2023年09月01日
    (7)ウスリー川で灯籠流し、豊漁と幸福を祈願黒竜江省

    8月30日、ウスリー川で灯籠流しの準備をするホーチョ族の人。中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県四排ホーチョ(赫哲)族郷で8月30日、第11回河灯文化節が開催された。民族色豊かな景勝地と地元の特色あるブランドの構築を後押しし、ホーチョ族の農業・観光・文化の融合的発展を推進する。中国の少数民族の中でも比較的人口が少ない民族であるホーチョ族は、東部の黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)、松花江の流域に居住することから「太陽を見守る民族」と呼ばれる。毎年旧暦7月15日の「中元節」(今年は8月30日)に灯籠流しをする習俗があり、自然への尊敬と崇拝を表し、天候が順調であることや豊漁、幸福を祈願する。(饒河=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109173

  •  (6)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県
    2023年09月01日
    (6)願い込め資江で灯籠流し広西チワン族自治区資源県

    広西チワン族自治区桂林市資源県で資江に灯籠を流す人々。(資料写真)中国広西チワン族自治区桂林市資源県でこのほど、第27回伝統民俗灯籠流し祭りが開かれた。住民や観光客が資江のほとりに集まり、願いを込めて灯籠を流した。祭りは資江の水運を起源とする中元節の行事で、県政府が1995年に1回目の灯籠流し祭りを実施して以降、先祖供養や開運祈願、商業、娯楽などの要素を持つ地域の祭りへと変化。2014年に国家級無形文化遺産に指定された。(桂林=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023090109330

  • 1