KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 国際交流
  • 平成
  • 研究
  • 会場
  • 参加
  • 影響
  • 専門家
  • 北京

「中国と日本」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
659
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
659
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    主人と従者たち

    ヴィルヘルム・ブルガー製作のステレオカード「中国と日本」のフランス向けシリーズの中の1枚。大傘の下で下駄を片足脱いで床机の上にくつろぐ主人とそれに付き添う従者と思われる人たちが地面に侍っている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:ヴィルヘルム・ブルガー、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐23‐0]

    商品コード: 2017082301121

  • -
    1837, Malte-Brun Map of China and Japan

    1837, Malte-Brun Map of China and Japan.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019122403529

  • -
    海岸を散歩する外国人

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。アルバムの所有者と思われるが、人物は未詳。場所は現在の長崎市茂木町茂木郵便局前。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐61‐0]

    商品コード: 2017080902869

  • -
    弟を背負う兄と妹

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。長崎市茂木町の茂木街道「河平橋」の手前と思われる。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐58‐0]

    商品コード: 2017080902885

  • -
    八坂神社

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真が、1枚物やそれをアルバムにして販売されたのに対して、個人アルバムは貴重である。全て、鮮やかな彩色がされている。長崎市鍛冶屋町の八坂神社。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐57‐0]

    商品コード: 2017080902855

  • -
    1837, Malte-Brun Map of China and Japan

    1837, Malte-Brun Map of China and Japan.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021100413695

  • -
    罪人の取り調べ

    ヴィルヘルム・ブルガー(Wilhelm Burger)のステレオカード「中国と日本」(CHINA UND JAPAN)シリーズの中の1枚。ドイツ語のキャプションには「日本の裁判情景」と解説されている。明治初年にバーガーが「女殺し」の裁判の演劇をスタディオで演出撮影したもの。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:ウィルヘルム・ブルガー、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐19‐0]

    商品コード: 2017082301080

  • -
    御神輿を担ぐ子供たち

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内の祭りの風景を撮影したものであろう。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐63‐0]

    商品コード: 2017080902754

  • -
    海上の伝馬船

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。女神から見た稲佐山方面。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐54‐0]

    商品コード: 2017080902907

  • -
    メリケン波止場と人力車

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。横浜のバンドの風景と思われる。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐191‐0]

    商品コード: 2017080903066

  • -
    港の風景

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市港と思われる。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐62‐0]

    商品コード: 2017080902887

  • -
    木挽風景

    B.K.なるパリの出版社が販売した「中国と日本」と題するステレオ写真のシリーズの1枚。フランス人シャンピオン(Paul Champion)が慶応元年(1865)から翌年にかけての滞日中に撮影したもの。同じ場所で撮った「横浜での日本人の食事風景」という別のカットの写真が存在する。=1865~1866年、横浜、撮影者:ポール・シャンピオン、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐16‐0]

    商品コード: 2017082301120

  • -
    伊豆の海

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。海岸の風景であるが、場所未詳。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐188‐0]

    商品コード: 2017080903104

  • -
    鳥居

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。場所未詳。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐55‐0]

    商品コード: 2017080902825

  • -
    オリエンタルホテル

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸外国人居留地80番に建設されたオリエンタルホテルである。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐66‐0]

    商品コード: 2017080902911

  • -
    神戸港

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。海からみた神戸港と外国人居留地。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐64‐0]

    商品コード: 2017080902889

  • -
    島と灯台

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。瀬戸内海と灯台が撮影されているが、場所は未詳。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐52‐0]

    商品コード: 2017080902751

  • -
    目抜き通り

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内と思われる。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐65‐0]

    商品コード: 2017080902894

  • -
    山間の水車小屋

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。長崎市茂木町の河平川岸。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐56‐0]

    商品コード: 2017080902750

  • -
    山腹から望む港町

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真が、1枚物やそれをアルバムにして販売されたのに対して、個人アルバムは貴重である。全て、鮮やかな彩色がされている。撮影地は長崎市桜木町の弥生が丘バス停付近と思われる。\r\n=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐59‐0]

    商品コード: 2017080902824

  • -
    町の子供たち

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内の子供達を撮影したもの。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐68‐0]

    商品コード: 2017080902856

  • -
    祭りの風景

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内の祭りの風景を撮影したもの。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐67‐0]

    商品コード: 2017080902908

  • -
    漁村の風景

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。撮影地は長崎市茂木町の茂木郵便局前。\r\n=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐60‐0]

    商品コード: 2017080902853

  • -
    目抜き通り

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人アルバムである。神戸市内と思われる。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐53‐0]

    商品コード: 2017080902747

  • -
    海岸の風景

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。磯の風景であるが、場所未詳。=撮影年月日不明、神奈川、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐178‐0]

    商品コード: 2017080902960

  • -
    伊豆の海岸と豆相人車鉄道

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。海岸の風景であるが、場所未詳。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐189‐0]

    商品コード: 2017080903106

  • -
    豆相人車鉄道

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。場所未詳。=撮影年月日不明、静岡、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐187‐0]

    商品コード: 2017080903010

  • -
    海岸の民家と房総半島

    整理番号46番台の写真は、中国と日本を撮影した個人アルバムの写真である。この時代の多くの写真は、1枚物やそれをアルバムにしているのに対して、個人の写真である。海岸の風景であるが、場所未詳。=撮影年月日不明、千葉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐179‐0]

    商品コード: 2017080902972

  • 1909年12月31日
    [After the Capture of the Taku Forts], 1860, Albumen silver print from glass negative,

    [After the Capture of the Taku Forts], 1860, Albumen silver print from glass negative, Image: 26 x 29.9 cm (10 1/4 x 11 3/4 in.), Photographs, Felice Beato (British (born Italy), Venice 1832–1909 Luxor, Egypt), One of the first professional photographers to create an extensive documentation of China and Japan, Felice Beato was also a pioneer war photographer, reporting on scenes of massacre and devastation with a graphic matter-of-factness unknown prior to his images.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100608018

  • 1909年12月31日
    [After the Capture of the Taku Forts], 1860, Albumen silver print from glass negative,

    [After the Capture of the Taku Forts], 1860, Albumen silver print from glass negative, Image: 26 x 29.9 cm (10 1/4 x 11 3/4 in.), Photographs, Felice Beato (British (born Italy), Venice 1832–1909 Luxor, Egypt), One of the first professional photographers to create an extensive documentation of China and Japan, Felice Beato was also a pioneer war photographer, reporting on scenes of massacre and devastation with a graphic matter-of-factness unknown prior to his images.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100609270

  • 1913年12月31日
    Tanabata‘ SUMMARY: Japanese woman carrying lantern across bridge.

    Tanabata‘ SUMMARY: Japanese woman carrying lantern across bridge. woodcut by Bartha Lum (1869-1954) c 1913, American Artist based in China and Japan.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019031401750

  • 1978年10月28日
    珍しい金魚のプレゼント

    北京動物園から上野動物園に珍しい金魚が贈られてきた。金魚の原産地である中国と日本とは戦後、金魚の交流がなかったため好みの違う品種改良が続いた。写真は東錦に似た五花帽子(ウ ホア マオ ツー)=1978(昭和53)年10月28日、上野動物園

    商品コード: 2004060800114

  • 2002年03月24日
    ボール追う日中の少年たち 横浜で外国人とフットサル

    フットサル大会でボールを追う、中国と日本の少年たち=24日午後、横浜市のみなとみらい市民サッカーパーク

    商品コード: 2002032400052

  • 2002年09月30日
    小沢さんと浅利さん 中国と日本、芸術の友達に

    日中国交正常化30周年記念のオペラ「蝶々夫人」北京上演の記者会見で、握手する小沢征爾さん(左)と浅利慶太さん=9月30日、北京の天橋劇場(共同)(小澤征爾)

    商品コード: 2002093000252

  • 2008年08月12日
    跳馬でミス2人の日本

    体操男子団体総合決勝 中国と日本の得点

    商品コード: 2008081200412

  • 2008年08月12日
    跳馬でミス2人の日本

    体操男子団体総合決勝 中国と日本の得点

    商品コード: 2008081200413

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月31日
    南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」

    左上、右上、左下:1997年、母親と中国を観光する吉川淳子さん。右下:2010年、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を見学する吉川淳子さん。(組み合わせ写真、資料写真)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/邱氷清)=2010(平成22)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年06月06日
    トミー・コーさん 世界に国開きよみがえれ

    「いつの日か、中国と日本、日本と韓国、中国とインドの間では戦争なんてまったくありえない、と言えるようになりたい」と語るトミー・コーさん=シンガポール外務省(共同)

    商品コード: 2012060600218

  • 2013年12月26日
    「修復困難」「マイナス」

    中国と日本・相手国に対する印象

    商品コード: 2013122600769

  • 2013年12月26日
    「修復困難」「マイナス」

    中国と日本・相手国に対する印象

    商品コード: 2013122600770

  • 2014年03月11日
    A Chinese construction worker stands in the sun in Beijing

    March 11, 2014, BEIJING, CHINA: A Chinese construction worker stands in the sun on a construction site in Beijing on March 11, 2014. U.S. stocks slipped on Monday as weak economic data from both China and Japan raised questions about the growth outlook in Asia. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030612413

  • 2014年03月11日
    A Chinese construction worker stands in the sun in Beijing

    March 11, 2014, BEIJING, CHINA: A Chinese construction worker stands in the sun on a construction site in Beijing on March 11, 2014. U.S. stocks slipped on Monday as weak economic data from both China and Japan raised questions about the growth outlook in Asia. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030611850

  • 2015年07月25日
    Japanese flag flies in Beijing

    April 30, 2009, BEIJING, CHINA: Both Chinese and Japanese national flags fly on Tiananmen Square during Japanese Prime Minister state visit to Beijing on April 30, 2009. The pair pledged Wednesday to establish a stronger foundation for cooperation between the historic Asian rivals amid global economic and health crises. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030508392

  • 2015年07月25日
    Japanese flag flies in Beijing

    April 30, 2009, BEIJING, CHINA: Both Chinese and Japanese national flags fly in front the Great Hall of the People during Japanese Prime Minister state visit Beijing on April 30, 2009. The pair pledged Wednesday to establish a stronger foundation for cooperation between the historic Asian rivals amid global economic and health crises. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030505298

  • 2017年01月24日
    披露された写真パネル 「中国と日本の懸け橋に」

    中部空港の国際線到着ロビーに設置された写真パネルと中野良子さん(右から2人目)=24日午後、愛知県常滑市

    商品コード: 2017012400583

  • 2017年10月28日
    GDP世界一も射程に

    中国と日本、米国の名目GDPの推移

    商品コード: 2017102800360

  • 2017年10月28日
    GDP世界一も射程に

    中国と日本、米国の名目GDPの推移

    商品コード: 2017102800359

  • 2017年11月11日
    シュリーマン初版本

    シュリーマンの旅行記「中国と日本」の初版本

    商品コード: 2017111100201

  • 2018年02月23日
    大阪で中日関係改善呼びかける大会 程永華、二階俊博両氏が出席

    23日、日本の大阪市で開催された第2回西日本地区中日友好交流大会で基調演説を行う日本自民党の二階俊博幹事長。在大阪中国総領事館と大阪府日中友好協会が共催する第2回西日本地区中日友好交流大会が23日、大阪市で開かれた。大会では中国と日本の政界、ビジネス界、学界の代表は、各界の人々がチャンスをとらえ、中日の平和友好関係をさらにしっかりと守り、発展させるよう呼びかけた。(大阪=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600546

  • 2018年02月23日
    大阪で中日関係改善呼びかける大会 程永華、二階俊博両氏が出席

    23日、日本の大阪市で第2回西日本地区中日友好交流大会が開かれた。在大阪中国総領事館と大阪府日中友好協会が共催する第2回西日本地区中日友好交流大会が23日、大阪市で開かれた。大会では中国と日本の政界、ビジネス界、学界の代表は、各界の人々がチャンスをとらえ、中日の平和友好関係をさらにしっかりと守り、発展させるよう呼びかけた。(大阪=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600552

  • 2018年02月23日
    大阪で中日関係改善呼びかける大会 程永華、二階俊博両氏が出席

    23日、日本の大阪市で開催された第2回西日本地区中日友好交流大会で基調演説を行う中国の程永華駐日大使。在大阪中国総領事館と大阪府日中友好協会が共催する第2回西日本地区中日友好交流大会が23日、大阪市で開かれた。大会では中国と日本の政界、ビジネス界、学界の代表は、各界の人々がチャンスをとらえ、中日の平和友好関係をさらにしっかりと守り、発展させるよう呼びかけた。(大阪=新華社記者/彭純)=2018(平成30)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600542

  • 2018年05月19日
    中日両国の学生が手話で友好交流南京市

    19日、南京市ろう学校で記念撮影をする中国と日本の学生。中日両国の民間友好交流促進の一環として、両国の学生による手話友好交流会が19日、中国江蘇省南京市に行われた。北京に留学している日本人大学生10名が南京市ろう学校を訪れ、同校の学生や南京市の大学生と共に、手話交流懇親会を行った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100614

  • 2018年06月20日
    すり抜ける力持つ言葉

    「外地の日本語雑誌は中国と日本の接触の最前線。文化的、歴史的に検証する価値がある」と話す秦剛さん

    商品コード: 2018062000462

  • 2018年07月12日
    中日税関1日からAEO相互承認実施両国の輸出企業に恩恵

    広州税関の職員に自社製品を説明するAEO認定企業の担当者。(資料写真)中国と日本の税関当局は6月1日から、認定事業者(AEO)制度の相互承認を実施する。中国の税関当局が認証した企業は、日本の税関における通関手続きの利便性が向上する。中国企業が日本のAEO認定企業から輸入した貨物を中国で申告をする際も同様に通関簡素化の便宜が受けられる。広州税関の管轄区内では昨年以降、登録企業4166社が日本と貿易し、うち246社が中国の企業信用管理制度で最上位の「高級認証企業」だった。年間約441億元(1元=約16円)の輸出貨物が恩恵を受ける見込み。(広州=新華社配信/広州税関提供)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:広州税関/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402989

  • 2018年07月18日
    「茉莉花」と「さくらさくら」の融合遼寧省で中日交流音楽会が開催

    18日、友好交流音楽会で「茉莉花」と「さくらさくら」を融合した「ジャスミンと桜」を演奏する、左から高橋涼氏(ピアノ)、徐賀氏(琵琶)、金子朋沐枝氏(尺八)、竹内秀一氏(小鼓)。「茉莉花」(モーリーファ)と「さくらさくら」。中国と日本を代表する2曲の民謡が両国の演奏家によって見事に融合した。中国遼寧省と日本神奈川県の友好提携35周年を記念した友好交流音楽会が18日、遼寧省の瀋陽音楽学院で開かれ、中国と日本の400人近い聴衆が、両国の情緒溢れる音楽の宴を楽しんだ。(瀋陽=新華社配信/瀋陽音楽学院・劉昶提供)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:瀋陽音楽学院・劉昶提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072301206

  • 2018年07月18日
    「茉莉花」と「さくらさくら」の融合遼寧省で中日交流音楽会が開催

    18日、友好交流音楽会で「春夏秋冬」を小鼓で演奏する竹内秀一氏。「茉莉花」(モーリーファ)と「さくらさくら」。中国と日本を代表する2曲の民謡が両国の演奏家によって見事に融合した。中国遼寧省と日本神奈川県の友好提携35周年を記念した友好交流音楽会が18日、遼寧省の瀋陽音楽学院で開かれ、中国と日本の400人近い聴衆が、両国の情緒溢れる音楽の宴を楽しんだ。(瀋陽=新華社配信/瀋陽音楽学院・劉昶提供)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:瀋陽音楽学院・劉昶提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072301208

  • 2018年07月18日
    「茉莉花」と「さくらさくら」の融合遼寧省で中日交流音楽会が開催

    18日、友好交流音楽会で「春が来た」を演奏する、左から王琳氏(高胡)、戦威氏(ダルシマー)、陳窈氏(古箏)。「茉莉花」(モーリーファ)と「さくらさくら」。中国と日本を代表する2曲の民謡が両国の演奏家によって見事に融合した。中国遼寧省と日本神奈川県の友好提携35周年を記念した友好交流音楽会が18日、遼寧省の瀋陽音楽学院で開かれ、中国と日本の400人近い聴衆が、両国の情緒溢れる音楽の宴を楽しんだ。(瀋陽=新華社配信/瀋陽音楽学院・劉昶提供)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072301207

  • 2018年07月18日
    「茉莉花」と「さくらさくら」の融合遼寧省で中日交流音楽会が開催

    18日、友好交流音楽会で古箏の名曲「楓橋夜泊」を演奏する賈暁莉氏(右)とピアノ伴奏の馬駿氏。「茉莉花」(モーリーファ)と「さくらさくら」。中国と日本を代表する2曲の民謡が両国の演奏家によって見事に融合した。中国遼寧省と日本神奈川県の友好提携35周年を記念した友好交流音楽会が18日、遼寧省の瀋陽音楽学院で開かれ、中国と日本の400人近い聴衆が、両国の情緒溢れる音楽の宴を楽しんだ。(瀋陽=新華社配信/瀋陽音楽学院・劉昶提供)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:瀋陽音楽学院・劉昶提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072301205

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の中国の何氷嬌。シングルスで日本の奥原希望と対戦した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/李響)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317556

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の日本の山口茜。シングルスで中国の陳雨菲と対戦した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317473

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の日本の福島由紀・広田彩花(右)組。ダブルスで中国の陳清晨・賈一凡組と対戦した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/李響)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317565

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の中国の陳清晨・賈一凡(右)組。ダブルスでの試合は0‐2で日本の福島由紀・広田彩花組に敗れた。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/李響)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317558

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の日本の奥原希望。シングルスで中国の何氷嬌と対戦した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317337

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合後、勝利を祝う日本の福島由紀(右)・広田彩花組。ダブルスでの試合で2‐0で中国の陳清晨・賈一凡組を下した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317314

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合後、日本の山口茜と握手する中国の陳雨菲(左)。シングルスでの試合は陳が2‐0で山口を下した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/李響)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317462

  • 2018年08月22日
    第18回アジア大会バドミントン女子団体決勝中国‐日本戦

    22日、試合中の日本の福島由紀・広田彩花(右)組。ダブルスで中国の陳清晨・賈一凡組と対戦した。インドネシアのジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会は22日、バドミントン女子団体決勝で中国と日本が対戦した。(ジャカルタ=新華社記者/李響)=2018(平成30)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317398

  • 2018年09月13日
    中国と日本の友情の証し、重慶モノレール

    重慶の高層マンションを通り抜けるモノレール。(9月13日撮影)丘陵や山地が多く「山城」とも呼ばれる中国重慶市では、山や川を越え市街地を走り抜けるモノレールは市民の重要な交通手段だ。同モノレールが現在、人気の観光スポットとなり、世界各地から観光客を集めている。重慶市は2000年、当時モノレール技術が最も成熟していた日本と協力し、中国初の跨座式モノレールを採用した市内初の軌道交通路線である2号線の計画と建設を正式に開始した。同路線は2004年、正式運用が始まった。(重慶=新華社記者/趙宇飛)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522837

  • 2018年09月13日
    中国と日本の友情の証し、重慶モノレール

    重慶の高層マンションを通り抜けるモノレール。(9月13日撮影)丘陵や山地が多く「山城」とも呼ばれる中国重慶市では、山や川を越え市街地を走り抜けるモノレールは市民の重要な交通手段だ。同モノレールが現在、人気の観光スポットとなり、世界各地から観光客を集めている。重慶市は2000年、当時モノレール技術が最も成熟していた日本と協力し、中国初の跨座式モノレールを採用した市内初の軌道交通路線である2号線の計画と建設を正式に開始した。同路線は2004年、正式運用が始まった。(重慶=新華社記者/趙宇飛)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522957

  • 05:17.56
    2018年10月11日
    「新華社」中国と日本の友情の証し、重慶モノレール

    丘陵や山地が多く「山城」とも呼ばれる中国重慶市では、山や川を越え市街地を走り抜けるモノレールは市民の重要な交通手段だ。同モノレールが現在、人気の観光スポットとなり、世界各地から観光客を集めている。だが、この人気モノレールに中国と日本の友好協力の物語があることはあまり知られていない。重慶市は2000年、当時モノレール技術が最も成熟していた日本と協力し、中国初の跨座式モノレールを採用した市内初の軌道交通路線である2号線の計画と建設を正式に開始した。2号線の中核技術、建設基準や規格は全て日本の日立製作所から導入し、建設の過程で日立は専門のエンジニアを重慶に派遣して技術指導を行った。重慶軌道交通2号線は2004年、正式運用を開始し「山城」重慶には軌道交通を建設できないとした「予言」を打ち破った。同路線の仏図関駅近くには現在、建設に参加した両国のエンジニアらの手形が刻まれた壁が残されている。(記者/趙宇飛、李愛斌)<映像内容>重慶モノレールが走っている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522784

  • 2018年10月11日
    中国と日本の友情の証し、重慶モノレール

    重慶軌道交通2号線の仏図関駅近くに残る建設に参加した両国のエンジニアらの手形が刻まれた壁。丘陵や山地が多く「山城」とも呼ばれる中国重慶市では、山や川を越え市街地を走り抜けるモノレールは市民の重要な交通手段だ。同モノレールが現在、人気の観光スポットとなり、世界各地から観光客を集めている。重慶市は2000年、当時モノレール技術が最も成熟していた日本と協力し、中国初の跨座式モノレールを採用した市内初の軌道交通路線である2号線の計画と建設を正式に開始した。同路線は2004年、正式運用が始まった。(重慶=新華社記者/李愛斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522908

  • 2018年10月11日
    中国と日本の友情の証し、重慶モノレール

    重慶軌道交通2号線の仏図関駅近くに残る建設に参加した両国のエンジニアらの手形が刻まれた壁に残された日本の民間考察団員のサイン。丘陵や山地が多く「山城」とも呼ばれる中国重慶市では、山や川を越え市街地を走り抜けるモノレールは市民の重要な交通手段だ。同モノレールが現在、人気の観光スポットとなり、世界各地から観光客を集めている。重慶市は2000年、当時モノレール技術が最も成熟していた日本と協力し、中国初の跨座式モノレールを採用した市内初の軌道交通路線である2号線の計画と建設を正式に開始した。同路線は2004年、正式運用が始まった。(重慶=新華社記者/李愛斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101522872

  • 2018年10月16日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京市新街口(しんがいこう)の自身が経営する焼肉店で中国人シェフ(中)や日本人シェフ(右)とコミュニケーションを取る兎沢和広さん。(10月16日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615944

  • 2018年10月16日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京市新街口(しんがいこう)の自身が経営する焼肉店で地方から取材に訪れた大学生と談笑する兎沢和広さん。(10月16日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615957

  • 2018年10月16日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京市新街口(しんがいこう)の自身が経営する焼肉店で来店客に日本料理を紹介する兎沢和広さん。(10月16日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616027

  • 2018年10月16日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京市新街口(しんがいこう)の自身が経営する焼肉店の入口に立つ兎沢さん。(10月16日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615940

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、魯迅逝去82周年公式慰霊祭の様子。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407087

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、上海で行われた第1回魯迅文化週間開幕式に出席し、あいさつを述べ、内山家と魯迅との深い友情を振り返る東京内山書店の内山籬(まがき)社長。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407051

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、「狂人100」中国版画傑作展に出展された魯迅像のカラー版画作品。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406837

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、魯迅文化週間関連イベント「狂人100」中国版画傑作展の会場。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406886

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、上海市虹口(こうこう)区にある魯迅の墓で逝去82周年公式慰霊祭が行われた。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406959

  • 2018年10月19日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    19日、魯迅の墓に深く頭を下げる魯迅の孫で魯迅文化基金会会長の周令飛(しゅう・れいひ)氏。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406984

  • 2018年10月20日
    第1回魯迅文化週間が上海で開幕中日文化交流を促進

    20日、上海市虹口(こうこう)区の上海海派文化センターで行われた「狂人100」中国版画傑作展開幕式に出席し、テープカットする東京内山書店の内山籬(まがき)社長(左から3番目)。中国文学の巨匠、魯迅(ろ・じん)の逝去82周年に当たる19日、上海で第1回魯迅文化週間が開幕した。先人をしのび、魯迅に敬意を表し、また中国と日本の文化交流の促進を図ることを目的に、25日まで行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407136

  • 2018年10月22日
    未来に向けた友好関係を構築日本青年中国派遣団が壮行会

    22日、壮行会であいさつする笹島誉行団長。中国と日本の青年による相互理解と友好増進を目的に、日本・中国青年親善交流事業の一環として行われる第40回日本青年中国派遣団の壮行会が22日、東京で行われた。同事業は、中日両国政府が平和友好条約締結を受け、その翌年の1979年から共同事業として行っている。今年は日本全国から選ばれた青少年20人が約2週間にわたり北京や西安、成都などを訪問し、企業見学やホームステイ、学生交流などを行う。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406882

  • 2018年10月22日
    未来に向けた友好関係を構築日本青年中国派遣団が壮行会

    22日、壮行会で決意表明する団員の福田寛矩(左)さん。中国と日本の青年による相互理解と友好増進を目的に、日本・中国青年親善交流事業の一環として行われる第40回日本青年中国派遣団の壮行会が22日、東京で行われた。同事業は、中日両国政府が平和友好条約締結を受け、その翌年の1979年から共同事業として行っている。今年は日本全国から選ばれた青少年20人が約2週間にわたり北京や西安、成都などを訪問し、企業見学やホームステイ、学生交流などを行う。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407065

  • 2018年10月22日
    未来に向けた友好関係を構築日本青年中国派遣団が壮行会

    22日、壮行会で記念撮影する日本青年中国派遣団。中国と日本の青年による相互理解と友好増進を目的に、日本・中国青年親善交流事業の一環として行われる第40回日本青年中国派遣団の壮行会が22日、東京で行われた。同事業は、中日両国政府が平和友好条約締結を受け、その翌年の1979年から共同事業として行っている。今年は日本全国から選ばれた青少年20人が約2週間にわたり北京や西安、成都などを訪問し、企業見学やホームステイ、学生交流などを行う。(東京=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102406956

  • 2018年10月30日
    引き継がれる「緑のバトン」中日両国が協力した黄土高原の緑化

    2005年から2008年に実施された「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」で造成された隰県の保全モデル林。(10月30日撮影)中国と日本の共同プロジェクト「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」が正式に開始されたのは2003年10月8日。公式記録によれば、プロジェクトは黄土高原に「緑化の手本」を作り出すことを目的に、黄河支流の昕水河(きんすいが)流域でも特に生態環境が脆弱(ぜいじゃく)な吉(きつ)県や大寧(だいねい)県、蒲(ほ)県、隰(しつ)県の4県を選び実施された。日本政府が約17億円の無償援助を行い、2008年のプロジェクト修了までに計4900ヘクタールの高水準な生態系保全モデル林を造成した。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009514

  • 2018年10月30日
    引き継がれる「緑のバトン」中日両国が協力した黄土高原の緑化

    2005年から2008年に実施された「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」で造成された隰県の保全モデル林。(10月30日撮影)中国と日本の共同プロジェクト「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」が正式に開始されたのは2003年10月8日。公式記録によれば、プロジェクトは黄土高原に「緑化の手本」を作り出すことを目的に、黄河支流の昕水河(きんすいが)流域でも特に生態環境が脆弱(ぜいじゃく)な吉(きつ)県や大寧(だいねい)県、蒲(ほ)県、隰(しつ)県の4県を選び実施された。日本政府が約17億円の無償援助を行い、2008年のプロジェクト修了までに計4900ヘクタールの高水準な生態系保全モデル林を造成した。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009527

  • 2018年10月30日
    引き継がれる「緑のバトン」中日両国が協力した黄土高原の緑化

    2005年から2008年に実施された「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」で造成された隰県の保全モデル林。(10月30日撮影)中国と日本の共同プロジェクト「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」が正式に開始されたのは2003年10月8日。公式記録によれば、プロジェクトは黄土高原に「緑化の手本」を作り出すことを目的に、黄河支流の昕水河(きんすいが)流域でも特に生態環境が脆弱(ぜいじゃく)な吉(きつ)県や大寧(だいねい)県、蒲(ほ)県、隰(しつ)県の4県を選び実施された。日本政府が約17億円の無償援助を行い、2008年のプロジェクト修了までに計4900ヘクタールの高水準な生態系保全モデル林を造成した。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009693

  • 2018年10月30日
    引き継がれる「緑のバトン」中日両国が協力した黄土高原の緑化

    2005年から2008年に実施された「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」で造成された隰県の保全モデル林。(10月30日撮影)中国と日本の共同プロジェクト「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」が正式に開始されたのは2003年10月8日。公式記録によれば、プロジェクトは黄土高原に「緑化の手本」を作り出すことを目的に、黄河支流の昕水河(きんすいが)流域でも特に生態環境が脆弱(ぜいじゃく)な吉(きつ)県や大寧(だいねい)県、蒲(ほ)県、隰(しつ)県の4県を選び実施された。日本政府が約17億円の無償援助を行い、2008年のプロジェクト修了までに計4900ヘクタールの高水準な生態系保全モデル林を造成した。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009679

  • 2018年11月14日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京博物院で展示品を眺める兎沢和広さん。(11月14日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615960

  • 2018年11月14日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京市の夫子廟(ふうしびょう)で、中国の文房四宝(筆、墨、紙、硯)を試す兎沢和広さん。(11月14日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616034

  • 2018年11月14日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京博物院で数十年来の友人とお茶を飲みながら談笑する兎沢和広さん。(11月14日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615718

  • 2018年11月14日
    「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎沢和広さん

    南京博物院で日本に留学経験のあるスタッフと会話を交わす兎沢和広さん。(11月14日撮影)中国江蘇省南京市で焼肉店を営む日本の大阪府出身の兎沢和広(とざわ・かずひろ)さん(45)は、南京日本人会の会長も務める。1996年に南京に来て以降、この地で22年の歳月を過ごしている。兎沢さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎沢さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎沢さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615752

  • 01:07.39
    2018年11月19日
    「新華社」引き継がれる「緑のバトン」中日両国が協力した黄土高原の緑化

    中国と日本の共同プロジェクト「中日協力第2次黄河中流域保全林造成計画」が正式に開始されたのは2003年10月8日。公式記録によれば、プロジェクトは黄土高原に「緑化の手本」を作り出すことを目的に、黄河支流の昕水河(きんすいが)流域でも特に生態環境が脆弱(ぜいじゃく)な吉(きつ)県や大寧(だいねい)県、蒲(ほ)県、隰(しつ)県の4県を選び実施された。日本政府が約17億円の無償援助を行い、2008年のプロジェクト修了までに計4900ヘクタールの高水準な生態系保全モデル林を造成した。植林当時は数十センチだった木の苗も10年が経ち、一面の林に成長した。最も背丈が高いものは6メートルに達する。生態的効果は明らかだ。中日平和友好条約が締結されてから40年、両国が協力して黄土高原に植えた一面のアブラマツやコノテガシワも多くの協力成果の一つと言える。中国は今後、大規模な国土緑化計画を進めることになる。中日両国の生態環境分野での協力もさらに大きな協力の余地が得られるだろう。(記者/呂夢琦、陳昊佺)<映像内容>日中が協力した黄土高原緑化の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009749

  • 01:55.03
    2018年11月27日
    「新華社」「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎澤和広さん

    日本の大阪府出身の兎澤和広(とざわ・かずひろ)さん(45)に初めて会ったのは、中国江蘇省南京市新街口(しんがいこう)にある日本式の焼肉店。話し方や振る舞いは中国人そのもので、老子の「道法自然」(中国道教の哲学思想)を語り始めると話が止まらなくなる。南京市で焼肉店を営む兎澤さんは、南京日本人会の会長も務める。幼少時からアトピー性皮膚炎を患っていた兎澤さんは1996年、中国伝統医学に治療法を求め同市の中国薬科大学に留学した。以来この地で22年の歳月を過ごしている。兎澤さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の山も水もある環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。多くの友人も得たと語る。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎澤さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎澤さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。南京という街、人びとの寛容性の高さ、そしてこの街の食べ物が好きだという兎澤さんは、将来について「以前は南京を第二の故郷だと言っていたが、今では本当の故郷だと思っている。一生この街で暮らしていきたい」と語ってくれた。(記者/季春鵬)<映像内容>南京日本人会会長インタビューの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112928619

  • 2018年11月30日
    中日両国の大学生、東京で交流イベント開催

    30日、東京で行われた交流イベントで、伝統楽器の演奏を披露する日本人大学生。中国と日本の大学およそ50校から集まった大学生500人が11月30日、東京で中日平和友好条約締結40周年を記念する交流イベントを行った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310709

  • 2018年11月30日
    中日両国の大学生、東京で交流イベント開催

    11月30日、東京で行われた中日両国の大学生による交流イベントの様子。中国と日本の大学およそ50校から集まった大学生500人が11月30日、東京で中日平和友好条約締結40周年を記念する交流イベントを行った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310419

  • 2018年11月30日
    中日両国の大学生、東京で交流イベント開催

    30日、東京で行われた交流イベントで熱唱する中国人大学生の代表。中国と日本の大学およそ50校から集まった大学生500人が11月30日、東京で中日平和友好条約締結40周年を記念する交流イベントを行った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310499

  • 04:18.11
    2018年12月04日
    「新華社」中国の改革開放40年を見守った「真由美」と中国との絆

    1978年に中国で公開された日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」(中国語名「追捕」)は大きな反響を巻き起こした。同作品、そして出演した高倉健さんと中野良子さんの素晴らしい演技を通じて、中国の観衆は人間の中にある真実と美しさを肌で感じた。ヒロインの「真由美」を演じた中野さんは、同作品により中国との特別な絆を得て多くの中国人に愛された。中国は1978年、改革開放を開始した。中日両国が平和友好条約を締結したのもこの年だ。中野さんは中国と日本のこの40年間を見守った者の一人として時代を振り返る。中国で同作品が公開されてからちょうど40年後の東京で、当時中国で一世を風靡した「真由美」はカメラの前に現れ、中国語で中国の友人に向けあいさつした。映画の撮影から40年以上の歳月を経ても、彼女の澄んだ瞳と優雅な物腰には当時の美しく勇敢な「真由美」の面影が残る。作品が中国で大きな反響を巻き起こしたことで、中野さんは中国と分かちがたい絆を結び、そして40年にわたる中国との絆は中野さんの人生を変えた。彼女は中国の改革開放と中日友好交流の「歴史の証人」となった。初めて訪中した時のことに話しが及ぶと、中野さんは、当時の中国が改革開放を始めたばかりだとは知らなかったが、中国の人びとの瞳が輝き、社会が巨大な発展の活力に溢れているとはっきり感じたと率直に語った。初めての訪中以降、中野さんは平均して毎年2回、中国側の招待または日本側の委託を受けて訪中している。中日友好イベントや各地で行われたファンとの交流会へ参加し、戦争犠牲者記念館の見学や戦争経験者の証言に耳を傾けることもあった。また、中国の公益活動への参加やテレビ番組の司会、中日合作映画への出演などもした。これらの活動を通じ、中野さんは中国の発展と変化を見守り続けた。中野さんは自身が「中日民間友好の使者」と呼ばれていることついて、自分ではそのような意識はなく、中国訪問や中日交流活動の一つ一つが「学びのチャンス」だと考えてきたと謙虚に笑いながら語った。中野さんは90年代、200万円を寄附し地元政府と共同で河北省秦皇島市に「中野良子希望小学校」を建設している。(記者/楊汀、鄧敏)<映像内容>中野良子さんと中国の絆、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506191

  • 2018年12月27日
    中日漆芸の巨匠、「髹飾」テーマに交流福建省福州市

    27日、スピーチする中国美術家協会漆画芸術委員会の唐明修(とう・めいしゅう)副主任。「2018福州国際漆芸ビエンナーレ」に参加した中国と日本の漆芸家が27日、中国福建省福州市の螺洲(らしゅう)鎮で、「髹飾(きゅうしょく、うるし塗りの技を指す)」をテーマに、漆芸(しつげい、うるしを用いた工芸の総称)の巨匠による対話を繰り広げた。漆芸家らは中日両国の漆芸技術とその文化、伝承および伝統工芸学科(漆芸)の教育面などについて、研究討議と交流を行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400479

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6