KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 中国輸入
  • スタッフ
  • 中国上海
  • 国際交流
  • 浦東新区
  • 日本企業
  • 展示ブース
  • コンベンションセンター
  • 国家エキシビション

「中国上海市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,458
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,458
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月28日
    (2)中国最大のスタバで元宵節祝うイベント上海市

    春節(旧正月)に当たる12日、スターバックス・リザーブ・ロースタリー上海の店内のスクリーンに表示された丑年(牛)にちなんだ四字熟語「牛気衝天」。米コーヒーチェーン大手のスターバックスが中国上海市で運営する国内最大規模の店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー上海」で26日、伝統的な祝日「元宵節」(旧暦1月15日)を祝うイベントが開かれた。来店客はコーヒーを飲みながら、ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び「猜灯謎」やもち米などで作った団子「湯円」を楽しんだ。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    第4回輸入博で「バイオ医薬特別エリア」設置へ

    25日、「医療機器・医薬保健展示エリア」誘致説明会の会場。中国上海市の国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で25日、第4回中国国際輸入博覧会「医療機器・医薬保健展示エリア」誘致説明会が開催され、第4回輸入博では初めて「バイオ医薬特別エリア」が設置されることが明らかになった。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)中国最大のスタバで元宵節祝うイベント上海市

    26日、来店客に「猜灯謎」について説明する店員。米コーヒーチェーン大手のスターバックスが中国上海市で運営する国内最大規模の店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー上海」で26日、伝統的な祝日「元宵節」(旧暦1月15日)を祝うイベントが開かれた。来店客はコーヒーを飲みながら、ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び「猜灯謎」やもち米などで作った団子「湯円」を楽しんだ。(上海=新華社記者/許暁青)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で、ゴマフアザラシの赤ちゃんを抱き上げる飼育員。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    24日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で佐藤氏が手掛けたロゴを鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、寧波湯団店で、出来たての湯円を購入しようと列を作る客。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、黒ゴマ湯円を包む寧波湯団店の職人。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)元宵節のちょうちんを買う市民上海市

    24日、ちょうちんを選ぶ子供。中国上海市では旧暦1月15日の「元宵節」を控え、多くの市民が豫園(よえん)でちょうちんを買い、祝日を迎える準備をしている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から、パノラマ写真)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (9)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式に東京からオンラインで出席した佐藤可士和氏。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、独特な角のある形をした寧波湯団店の看板商品「蟹と豚肉入り湯円」。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、寧波湯団店の店内で湯円を味わう客。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)元宵節のちょうちんを買う市民上海市

    24日、伝統的な手作りのウサギをかたどったちょうちんを手に取る子ども。中国上海市では旧暦1月15日の「元宵節」を控え、多くの市民が豫園(よえん)でちょうちんを買い、祝日を迎える準備をしている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)元宵節のちょうちんを買う市民上海市

    24日、ちょうちんを選ぶ市民。中国上海市では旧暦1月15日の「元宵節」を控え、多くの市民が豫園(よえん)でちょうちんを買い、祝日を迎える準備をしている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)元宵節のちょうちんを買う市民上海市

    24日、金色のウサギのちょうちんを撮影する市民。中国上海市では旧暦1月15日の「元宵節」を控え、多くの市民が豫園(よえん)でちょうちんを買い、祝日を迎える準備をしている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、ガラス越しに湯円を包む様子を見せる寧波湯団店の職人。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で佐藤氏が手掛けた作品を鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、上海市の8号橋創意園区で開幕した「佐藤可士和展上海平行精華展」。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で、東京の国立新美術館の展示模型を鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で展示された、佐藤可士和氏がプロデュース、自ら絵付けもした新手法による有田焼の作品。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式典で来賓に展示作品を紹介するスタッフ。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で、佐藤氏がディレクションを手掛けた日本の物流プラットフォームを鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    上海市、新型コロナの輸入症例は累計1412人

    24日に行われた「2021年上海商務情況通報会」。中国上海市の宗明(そう・めい)副市長は24日、同市のビジネス・投資に関する説明会「2021年上海商務情況通報会」に出席し、常住人口2400万人以上の超大都市・上海で報告された新型コロナウイルス感染者(確定診断症例)の輸入症例は22日時点で累計1412人、治癒者は1358人だったと発表した。一方、本土症例は累計371人、治癒者は352人だった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)1日の販売個数7万個超上海の老舗湯円店、元宵節前に大忙し

    24日、寧波湯団店で出来たての湯円をケースに詰める職人。中国上海市の観光スポット、豫園(よえん)にある寧波湯団店では、旧暦1月15日の元宵節(今年2月26日)を前に、一年で最も忙しい時期を迎えている。1945年から続くこの老舗の名店は、伝統的な手作り湯円(タンユェン、もち米で作った団子)が有名で、常に客足が絶えない。ここ数日は、毎日7万個を超える湯円が売れており、うち7割以上が冷凍ではない生の湯円となっている。元宵節当日の販売量は8万個を超える見込み。同店の店員20人余りは、全員が出勤して交替で湯円作りに当たり、顧客の需要に応えている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (8)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、ウエアラブルスマート端末の展示ブース前で足を止める来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    「佐藤可士和展」、上海と東京で並行開催

    24日、「佐藤可士和展上海平行精華展」で佐藤氏が手掛けたロゴ作品を鑑賞する来場者。日本を代表するクリエーティブ・ディレクターで、ユニクロなどのロゴデザインを手掛けてきた佐藤可士和氏の約30年にわたる活動の軌跡を紹介する「佐藤可士和展上海平行精華展」の開幕式が24日、中国上海市の8号橋創意園区で行われた。同展は東京の国立新美術館で開催中の「佐藤可士和展」のサテライト展示で、このほど並行開催が実現した。(上海=新華社記者/任瓏)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)上海のスタバ、聴覚障害者らの雇用で地域の公益に寄与

    店内でバリスタの実務研修に参加する住民。(10日撮影)中国上海市徐匯区に新たにオープンした米コーヒーチェーン大手スターバックスでは、聴覚障害者の雇用枠を設けたほか、大学生に就業体験の機会を提供している。現在は聴覚障害者1人と大学生のアルバイト2人が働いている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)上海のスタバ、聴覚障害者らの雇用で地域の公益に寄与

    店内で談笑する近隣の高齢者。(2月10日撮影)中国上海市徐匯区に新たにオープンした米コーヒーチェーン大手スターバックスでは、聴覚障害者の雇用枠を設けたほか、大学生に就業体験の機会を提供している。現在は聴覚障害者1人と大学生のアルバイト2人が働いている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)上海のスタバ、聴覚障害者らの雇用で地域の公益に寄与

    店内で実施された実務研修に参加した住民と店員。(2月10日撮影)中国上海市徐匯区に新たにオープンした米コーヒーチェーン大手スターバックスでは、聴覚障害者の雇用枠を設けたほか、大学生に就業体験の機会を提供している。現在は聴覚障害者1人と大学生のアルバイト2人が働いている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、5G設備メーカーのブース前で話をする来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、今年の干支(えと)の丑(うし)にちなんだ牛型4足ロボットをスマートフォンで撮影する来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、展示品のスマートフォンやタブレット端末を手に取る来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)元宵節のちょうちんを買う市民 上海市

    24日、ちょうちんを見て回る市民。中国上海市では旧暦1月15日の「元宵節」を控え、多くの市民が豫園(よえん)でちょうちんを買い、祝日を迎える準備をしている。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)上海のスタバ、聴覚障害者らの雇用で地域の公益に寄与

    手話で接客する聴覚障害者の従業員、許暁瑛(きょ・ぎょうえい)さん。(2月10日撮影)中国上海市徐匯区に新たにオープンした米コーヒーチェーン大手スターバックスでは、聴覚障害者の雇用枠を設けたほか、大学生に就業体験の機会を提供している。現在は聴覚障害者1人と大学生のアルバイト2人が働いている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、展示品に見入る来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    World Mobile Conference Opens in Shanghai World Mobile Conference Opens in Shanghai

    Photo taken on February 23, 2021 shows Huawei‘s new fold-screen flagship phone Mate X2 at the Shanghai Mobile World Congress (MWC) in Shanghai, China.=2021(令和3)年2月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月23日
    (7)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、春の日差しの下、蘇州河畔でくつろぐ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の1年生の教室で授業を受ける児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の教室に入る児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    19日、上海市浦東新区の濱江大道に咲き誇るモクレンの花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市の閔行体育公園を彩る花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    19日、上海市浦東新区の濱江大道に咲き誇るモクレンの花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    19日、上海市浦東新区の濱江大道に咲き誇るモクレンの花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングをする人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、MWC上海2021の会場。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、ロボットが入れたコーヒーを試飲する来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、スマートグラスを試す来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市の閔行体育公園を彩る花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でジョギングする市民。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングや散策を楽しむ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングをする人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、春節(旧正月)の装飾が施された上海市黄浦区の盧湾第二中心小学校の教室。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の3年生の教室で、国旗掲揚式に参加する児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市顧村公園の福桜林で、桜を撮影する観光客。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    19日、上海市浦東新区の濱江大道に咲き誇るモクレンの花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市の閔行体育公園を彩る花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔を散策する人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔を散策する人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔でサイクリングや散策を楽しむ人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、明るい木漏れ日が差す蘇州河畔の歩道。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区の盧湾第二中心小学校で登校の際に消毒液を使用する児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校に登校する児童。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)上海市の小中学校で新学期スタート

    22日、上海市黄浦区にある盧湾第二中心小学校の校門で、登校する児童を迎える教師。中国上海市の小中学校は22日、2021年春の新学期が始まり、児童生徒150万人以上が登校した。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市顧村公園の福桜林に咲き誇る「早咲き桜」。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)上海に春の訪れ花々が見頃迎える

    21日、上海市の閔行体育公園を彩る花。中国上海市はこのところ、天気が良く、暖かい日が続いており、レジャーなどに出かける人たちが増えている。また、さまざまな花が見頃を迎え、一足早い春の雰囲気に包まれている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    蘇州河畔で春を満喫上海市

    21日、蘇州河畔を散策する人々。中国上海市ではこのところ気温が上昇し、多くの市民や観光客が屋外で日差しを浴びたり、花見を楽しんだりして春を満喫している。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (2)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    佘山天文台。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (3)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    佘山天文台。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (5)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    佘山天文台の「大望遠鏡室」。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (1)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    佘山天文台で行われた科学普及イベントに参加した来場者。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (8)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    英語やフランス語、ロシア語、ラテン語など外国語の天文学書籍を所蔵する佘山天文台の蔵書室。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (7)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    40センチ口径双眼屈折望遠鏡。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月19日
    (4)「百年の眼」再び星空を見上げる上海佘山天文台、3月に大規模修繕

    佘山天文台の入り口。(2月2日撮影)中国上海市の南西部郊外にあり、120年の歴史を持つ佘山(しゃざん)天文台は3月、大規模な修繕を予定している。同天文台は中国で初めて天体観測ドームと大型天体望遠鏡を併せ持った近代天文台で、中国近代天文学の重要な発祥地の一つとされている。今回の修繕により、100年以上の歴史を持つ天体望遠鏡が再び星空を見上げることになる。(上海=新華社配信/袁婧)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (1)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    12日、上海市の観光名所「上海新天地」で漢民族の伝統衣装を着て楽しむ「国風漢服春節新春ツアー」に参加した漢服愛好家。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (3)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    10日、上海の食品小売りチェーン「上海第一食品商店」で臘肉(ラーロウ、干し豚肉)製品を購入する消費者。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    10日、上海南京路で年越し用品を購入する消費者。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    17日、上海市の観光スポット、豫園(よえん)で灯籠祭りを楽しむ観光客。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    17日、上海市の観光スポット、豫園(よえん)を散策する観光客。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (7)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    17日、上海市の観光スポット、豫園(よえん)を散策する観光客。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)上海市、帰省自粛で春節期間の消費が好調

    17日、上海市の観光スポット、豫園(よえん)を楽しむ観光客。中国上海市の関係部門が18日に発表した情報によると、2021年の春節連休(11~17日)期間中、市が受け入れた観光客は延べ492万1600人で、2019年の春節連休(2月4~10日)の96%まで回復、うち地元の観光客が81・6%を占めた。観光収入は56億6500万元(1元=約16円)に達した。同市の重点調査対象に指定する小売企業390社の売上高は76億1千万元で、前年同期の2・2倍になった。(上海=新華社記者/陳飛)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (1)上海市、初の有害ごみスマート分別センター稼働

    上海市初の有害ごみスマート分別センター内にある使用済み電池を分別する機械。(資料写真)中国上海市でこのほど、同市初の有害ごみスマート分別センターが稼働した。同センターは上海城投環境虎林生活ごみ中継センター内にあり、建築面積は600平方メートル。2019年12月に着工し、20年12月に設備検査を終え、試運転を始めた。センターには有害ごみ収集所17カ所のごみが運ばれ、1日当たりの処理量は現在、3・85トンとなっている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (2)上海市、初の有害ごみスマート分別センター稼働

    上海市初の有害ごみスマート分別センター。(資料写真)中国上海市でこのほど、同市初の有害ごみスマート分別センターが稼働した。同センターは上海城投環境虎林生活ごみ中継センター内にあり、建築面積は600平方メートル。2019年12月に着工し、20年12月に設備検査を終え、試運転を始めた。センターには有害ごみ収集所17カ所のごみが運ばれ、1日当たりの処理量は現在、3・85トンとなっている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (3)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農副産物卸売市場で、友人と魚介類を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(中央)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (4)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、ギターを演奏する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (8)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、大学が実施した新年文化イベントで切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (5)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農業副産物卸売市場で果物を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (6)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、近隣の中国人家庭で、「紅灯籠」(赤いちょうちん)をつるすのを手伝う英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (2)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、友人とギョーザ作りを体験する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(左端)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (9)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (7)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で春巻揚げ体験をする英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)春節迎えた上海の仏教・道教寺院、今年はオンライン配信も

    10日、秩序を保って参拝する信徒。丑(うし)年の春節(旧正月)を迎えた中国上海市では、仏教や道教の各寺院が新型コロナウイルス感染予防のためのさまざまな措置を講じている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...