KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • モンゴル
  • ウジムチン
  • ウラガイ
  • ソニド右旗
  • ハクチョウ
  • パトロール
  • 国境管理
  • 森林公安
  • 民族文化
  • 管理支隊

「中国内モンゴル自治区シリンゴル盟」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.31
    2020年12月10日
    「新華社」珍しいアルガリの群れが出現内モンゴル自治区シリンゴル盟

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗のモンゴルとの国境付近にこのほど、数多くのアルガリが出現、最も多い時で50頭余りが確認された。通報を受けた森林公安人民警察がすぐに現場に出動、アルガリが体力を回復し、安全に生息できるよう、現れそうな場所に飼料や塩の固まりを置いた。地元の牧畜民によると、今回のようにアルガリが群れで現れるのは非常に珍しいという。以前、餌になる草地の干ばつや退化、人的要因などにより、アルガリの個体数が減少したことを受け、同旗は2018年、牧畜民からなる生態パトロール隊を結成し、草原生態系の保護や、野生動物の狩猟など違法行為の防止に取り組んでいる。(記者/葉紫嫣)<映像内容>アルガリの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.07
    2020年12月04日
    「新華社」太陽が三つ?極寒の空に「幻日」現る内モンゴル自治区

    氷点下23度の冷え込みとなった中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のシリンホト市とドロンノール県で4日午前8時半ごろ、太陽が三つあるように見える「幻日(げんじつ)」が観測された。幻日は太陽の横に明るい光が見える大気光学現象の一種で、上空に浮かぶ氷晶(氷の粒)によって太陽光が屈折・反射されて起こる。(記者/哈麗娜)<映像内容>太陽が三つあるように見える幻日の様子、撮影日:2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.40
    2020年05月15日
    「新華社」西ウジムチンの草原にアオサギが飛来内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟西ウジムチン旗の好日木図湖では、気温の上昇とともにアオサギなどの鳥が続々と飛来、静かな草原ににぎわいが生まれている。同旗は近年、生態系の保護を強力に推し進めており、多くの湖がハクチョウやアオサギなど数種類の鳥が羽を休め生息する「渡り鳥のオアシス」となっている。渡り鳥の種類と数は、年々増加している。(記者/葉紫嫣)<映像内容>西ウジムチンの草原に飛来した鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:32.42
    2020年05月11日
    「新華社」内モンゴル自治区の警察、第2次世界大戦時の不発弾を処理

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟の辺境管理支隊「満都胡宝拉格」派出所の警察官がこのほど、管轄区の「乃林高勒」一帯で砲弾とみられる不発弾2個を発見した。警察は直ちに警戒区域を設置。周辺住民や牧畜民の家畜を避難させ、24時間態勢で現場の警戒監視を行った。辺境管理に携わる警官は11日、治安大隊の警官と合同で砲弾とみられる不発弾の処理を行った。鑑定の結果、この不発弾は第2次世界大戦中の遺物であることが分かった。長い年月を経ているが、今でも爆発する恐れがあるという。(記者/劉懿德、賈立君)<映像内容>不発弾2個を爆破処理、撮影日:2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.40
    2020年04月09日
    「新華社」国境管理大隊騎馬隊、入隊する黄驃馬の訓練内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟東ウジムチン旗国境管理大隊の騎馬隊はこのほど、入隊する馬8頭の調教を行った。今回の8頭はいずれも地元固有種のウジムチン黄驃馬。10日間の訓練を経て、ならされた馬は正式に入隊する。(記者/哈麗娜、魏婧宇)<映像内容>騎馬隊に入隊する馬の訓練、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:00.02
    2020年04月02日
    「新華社」馬を訓練する草原の勇者内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ウラガイ管理区の国境管理大隊では、騎馬隊に数頭の馬が入隊し、隊員が地元の牧畜民と共に馬の調教を行っている。こうした訓練は非常に難しく、失敗や困難も伴うが、隊員の中にはすぐに成功し、騎乗して草原を駆け回る「腕利きの勇者」も存在した。(記者/劉懿徳)<映像内容>馬の調教の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.95
    2020年03月08日
    「新華社」辺境警察が牧畜民の生産と生活を支援内モンゴル自治区

    春を迎えた中国内モンゴル自治区シリンゴル盟では、牧畜民がヒツジやヤギの出産に立ち会う忙しい時期を迎えている。ヤギの出産は牧畜業発展の重要なプロセスで、牧畜民が生産と収入を増やす重要な方法でもある。シリンゴル盟の辺境管理支隊の警察は、管轄地域の牧畜民に対し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染検査を実施するとともに、飼料の代理購入や輸送など、彼らの生産と生活を手伝っている。(記者/葉紫嫣)<映像内容>ヒツジやヤギの様子、赤ちゃんにミルクをあげる様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.88
    2020年02月25日
    「新華社」国家1級保護動物のイヌワシ、自然に戻る内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗森林公安の警察官が2月25日、保護していたイヌワシ1羽を放した。イヌワシは国家1級保護動物。保護された個体は地元の人民公安に勤務する警察官がパトロール中に発見した。発見時に外傷はなかったが、飢えて体力を失っていた。警察官が派出所に連れ帰って手厚い世話をしたところ、数日間で体力を回復し、自然に戻っていった。(記者/劉懿徳)<映像内容>イヌワシを保護、自然に戻す様子、撮影日:2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.07
    2019年10月23日
    「新華社」大草原の中の「白鳥の湖」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟の西ウジムチン旗ではこのところ、草原にある湖に群れを成したハクチョウが集まっている。同旗はここ数年、生態構築と野生動物保護に力を入れ続けており、渡りの時期には大小さまざまな湖が美しい「渡り鳥の宿」となる。飛来する鳥の数や種類は増え続けており、人と自然が調和し共存する力強く美しい光景が広がっている。(記者/葉紫嫣)<映像内容>西ウジムチン旗の湖に集まるハクチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.23
    2019年08月08日
    「新華社」シリンゴルの草原で夏の祭典「ナーダム」開催内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟で3~8日、「広大な草原・シリンゴル賛歌」と題した夏の祭典「ナーダム」が開かれた。今回のナーダムでは伝統アーチェリーの試合やモンゴル相撲「ブフ」などの催しが行われた。(記者/劉懿徳、魏婧宇)<映像内容>内モンゴル自治区で夏の祭典「ナーダム」開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.23
    2019年07月29日
    「新華社」霧に包まれた別天地内モンゴル自治区ウラガイ草原

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原は7月29日、雨上がりに霧に包まれ、別天地の趣を見せた。(記者/劉懿徳、魏婧宇)<映像内容>モンゴル自治区ウラガイ草原の風景、撮影日:2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.60
    2019年07月23日
    「新華社」見頃迎えるキンレンカ内モンゴル自治区ショローン・フフ旗

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フフ旗(正藍旗)の金蓮川草原で、キンレンカ祭りが18日から21日の日程で開かれ、各地から大勢の観光客が集まっている。金蓮川草原は、ショローン・フフ旗の最も代表的な草原生態系の観光地で、毎年7、8月にキンレンカが見頃を迎える。(ショローン・フフ旗党委員会宣伝部提供)<映像内容>中国内モンゴル自治区のキンレンカ祭りの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:ショローン・フフ旗党委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.74
    2019年07月23日
    「新華社」内モンゴルの大草原でオボー祭り開催

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)でこのほど、オボー祭りが開かれた。華やかに着飾った数百人の人々がハタ(チベット族が祝賀や尊敬のしるしとして贈る帯状の絹布)や乳酒などの品をオボー(モンゴル族の遊牧民が草原に作る石積み)に捧げ、オボーの周りを左から右に3周し、草原が天候に恵まれ、家畜が繁栄し、国家と人民の暮らしが平穏であるよう共に祈った。「オボー祭り」はモンゴル族にとって年に一度の盛大な祝日であり、伝統民族文化の集いでもある。彼らは水や草木が豊かで美しいこの季節に一同に会し、豊作を祈願し、喜びを表す。(記者/劉懿徳)<映像内容>モンゴル族のオボー祭りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1