KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 登録
  • 作品
  • 国家
  • 職人
  • 芸術
  • 技法
  • 彫刻

「中国四大」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
312
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
312
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年05月21日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    2016年に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品「ダビンチ自画像」。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2016(平成28)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401768

  • 2016年07月16日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407030

  • 2016年07月16日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    出来上がったばかりの朱仙鎮木版年画を整理する年画職人。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407069

  • 2016年08月13日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石鉱区の古い採掘跡。(2016年8月13日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2016(平成28)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120688

  • 2016年08月13日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    露出した歙石の鉱床。(2016年8月16日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2016(平成28)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120689

  • 2017年04月14日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石の鉱区で野外測量作業をする322地質隊隊員。(2017年4月14日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120672

  • 2017年04月15日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石鉱区の様子。(2017年4月15日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120615

  • 2017年12月04日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    発見された歙石鉱石のサンプル。(2017年12月4日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120620

  • 2018年05月09日
    中国農業銀行、ハノイに支店設立ベトナムの経済発展を助力

    9日、中国農業銀行ハノイ支店の開業式に出席した来賓。中国四大商業銀行の一つ、中国農業銀行がベトナムの首都ハノイに開設した支店が9日、正式に営業を開始した。同支店は今後、中国とベトナム両国間のインフラ建設や経済貿易往来、生産能力連携、クロスボーダー経済連携区、農業など重点分野の協力プロジェクトで総合的な金融サービスを提供していく。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100626

  • 2018年05月17日
    チワン族の織物「壮錦」に魅せられた若手デザイナー

    壮錦を使用した作品を縫製する范麗華さん。(5月17日撮影)中国少数民族のチワン族の織物「壮錦(そうきん)」は中国四大織物の一つとされ、色濃く鮮やかな色彩と複雑かつ生き生きとした模様にその特徴がある。壮錦は荒々しく重厚で、その多くは負紐(おいひも)やシーツ、布団カバーなどに使われている。広西チワン族自治区の桂林市出身で1990年代生まれの范麗華(はん・れいか)さんはチワン族ではないが、民族工芸を愛し、幼少の頃から壮錦に夢中になってきた。范さんは2016年、大学で服飾デザインを学んだ際、壮錦の要素を取り入れたオリジナルの作品を制作し、大学の展示会に参加した。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420710

  • 2018年05月17日
    チワン族の織物「壮錦」に魅せられた若手デザイナー

    伝統的な機織り機で壮錦を織る范麗華さん。(5月17日撮影)中国少数民族のチワン族の織物「壮錦(そうきん)」は中国四大織物の一つとされ、色濃く鮮やかな色彩と複雑かつ生き生きとした模様にその特徴がある。壮錦は荒々しく重厚で、その多くは負紐(おいひも)やシーツ、布団カバーなどに使われている。広西チワン族自治区の桂林市出身で1990年代生まれの范麗華(はん・れいか)さんはチワン族ではないが、民族工芸を愛し、幼少の頃から壮錦に夢中になってきた。范さんは2016年、大学で服飾デザインを学んだ際、壮錦の要素を取り入れたオリジナルの作品を制作し、大学の展示会に参加した。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420609

  • 2018年05月17日
    チワン族の織物「壮錦」に魅せられた若手デザイナー

    壮錦職人・譚湘光(だん・しょうこう)さんの指導の下、伝統的な機織り機で壮錦を織る范麗華さん(右)。(5月17日撮影)中国少数民族のチワン族の織物「壮錦(そうきん)」は中国四大織物の一つとされ、色濃く鮮やかな色彩と複雑かつ生き生きとした模様にその特徴がある。壮錦は荒々しく重厚で、その多くは負紐(おいひも)やシーツ、布団カバーなどに使われている。広西チワン族自治区の桂林市出身で1990年代生まれの范麗華(はん・れいか)さんはチワン族ではないが、民族工芸を愛し、幼少の頃から壮錦に夢中になってきた。范さんは2016年、大学で服飾デザインを学んだ際、壮錦の要素を取り入れたオリジナルの作品を制作し、大学の展示会に参加した。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420708

  • 2018年05月19日
    チワン族の織物「壮錦」に魅せられた若手デザイナー

    広西南寧国際会議展覧センターで、譚湘光(だん・しょうこう)さんと共同制作した作品を来場者に紹介する范麗華さん(右)。(5月19日撮影)中国少数民族のチワン族の織物「壮錦(そうきん)」は中国四大織物の一つとされ、色濃く鮮やかな色彩と複雑かつ生き生きとした模様にその特徴がある。壮錦は荒々しく重厚で、その多くは負紐(おいひも)やシーツ、布団カバーなどに使われている。広西チワン族自治区の桂林市出身で1990年代生まれの范麗華(はん・れいか)さんはチワン族ではないが、民族工芸を愛し、幼少の頃から壮錦に夢中になってきた。范さんは2016年、大学で服飾デザインを学んだ際、壮錦の要素を取り入れたオリジナルの作品を制作し、大学の展示会に参加した。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420680

  • 2018年07月31日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    7月31日、陝西省楡林市靖辺県東坑鎮新建村の緑に囲まれた農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900498

  • 2018年07月31日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    7月31日、ニンジンを選別する陝西省楡林市靖辺県の永国野菜栽培農業専門合作社の農民たち。靖辺県は砂地の条件を生かし、野菜生産に力を入れて農民の増収を図っている。中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900525

  • 2018年08月01日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    1日、ムウス砂漠を貫く楡靖(楡林-靖辺)高速道路を走行する自動車。同高速は中国で初めて砂漠に建設された高速道路でもある。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900513

  • 2018年08月02日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    2日、陝西省楡林市楡陽区の楡渓河公園。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900500

  • 2018年08月04日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    4日、楡林市横山区、砂漠化対策の進んだ地区と未着手地区の境界線上の道路。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900503

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111510

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で絵付けされる坭興陶。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111645

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で、従業員に坭興陶製品の製造法の指導をする広西坭興陶陶芸師の張伝瑞(ちょう・でんずい)氏(中央)。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111647

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111466

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111526

  • 01:56.99
    2018年11月23日
    「新華社」活版印刷体験館、幅広い層の人気集める遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市にある活版印刷体験館。館長の李宗英(り・そうえい)氏は熟練の手つきで文選、植字、紙乗せ、印刷の各工程をこなし、レトロ感あふれる作品を仕上げる。設立から半年余りの体験館には、懐かしさを求めるさまざまな世代の人が、自らの手で中国の伝統文化の真髄を体験しようと訪れる。古代中国四大発明の1つとされる印刷術は、世界文明の歩みと人類文化の発展に大きな影響をもたらした。北宋時代(960−1127年)に発明された活版印刷は印刷史上の偉大な技術革命の一つだが、印刷技術の発展につれ次第に人びとの目に触れることはなくなった。その活版印刷が今、再度の脚光を浴びている。多くの人の注目を集め、愛好者も増えてきた。人びとは往時を懐かしむとともに、昔の人びとの才気と知恵に感銘を受ける。昔の書籍がどのように印刷されていたかを見せようと、子どもを伴い来館する人も多い。子どもの親は、活版印刷の体験が子供の手を使う能力を養うとても良い機会であり、伝統文化に対する理解と興味を深める助けにもなると語った。<映像内容>活版印刷体験館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616070

  • 2018年12月09日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    9日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)の作品を眺める子ども。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400511

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを楽しむ子どもたち。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400500

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを学ぶ親子。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400502

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、陶器用粘土で作品づくりを楽しむ女の子。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400374

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを学ぶ親子。同市の「坭興陶」は悠久な歴史を持つ、中国四大名陶の一つで、その焼成(しょうせい)技術は国家級無形文化遺産に登録されている。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400416

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    清代・門字形端硯。(広東省肇慶市で作られる端硯は中国四大名硯の一つ、上海松江博物館蔵)。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717700

  • 01:36.00
    2019年04月19日
    「新華社」長沙博物館で古玉の展覧会湖南省

    中国湖南省の長沙博物館で19日、河南省南西部の南陽地域で出土した有史以前から後漢時代にかけての貴重な古玉(こぎょく、中国古代の玉で作られた工芸品)を集めた展覧会が開かれた。湖南省で古玉を主役にした特別展が開かれるのはおよそ20年ぶり。同展で展示される169点(組)の玉器は、美しい文様や生き生きとした造形を持つさまざまな種類があり、自然のたまものであるとともに人為的な美しさを併せ持つ。階級や権力を象徴する玉鏟(ぎょくさん)、玉鉞(ぎょくえつ)、玉牙璋(ぎょくがしょう)や、文様が極めて優れている竜鳳紋玉竜(りゅうほうもんぎょくりゅう)、つややかできめ細かい素材の竜紋玉柄(りゅうもんぎょくへい)、なめらかで変化に富んだラインを持つ黒玉製の煤精獣(ばいせいじゅう)などが目玉となっている。これら展示品は中国の玉文化発展の過程を示すと同時に、当時の人々の生活習慣や宗教・信仰、儀礼制度、道徳・信条といった歴史的、文化的情報をさまざまな側面から反映している。南陽地域から出土した精巧で美しい古玉を観賞することで、中国の古玉文化の奥深さと長い歴史を感じることができるだろう。南陽地域中部の独山で豊富に産出される玉は「独山玉」と呼ばれ、中国四大名玉の一つ。昔の人は同地で集めた材料で生産を行ったため、南陽地域は有史以前の玉文化の中心となっていた。方氏は、これまでに出土した大量の精巧で美しい古代の玉器は、中国の古代玉文化を研究する上で非常に重要な意義を持つと指摘した。(記者/丁春雨、程済安)<映像内容>中国古代の工芸品、古玉の展覧会の様子、撮影日:2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401135

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903034

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された雲南省の「建水紫陶」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903039

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された宋代の通景画を模した小口水滴瓶。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903145

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された欽州「坭興陶」の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903149

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された坭興陶「福寿大葫芦」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903010

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903070

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、広西チワン族自治区認定の工芸美術大師、劉明洲(りゅう・めいしゅう)氏が彫刻を施した「道徳真経」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903158

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、欽州市で行われた第2回中国四大名陶展の開幕式。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903127

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401727

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日、刺しゅう作品を指し示し、技法を説明する姚恵芬さん。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401828

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401825

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401833

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401804

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401812

  • 2019年05月29日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    5月29日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401823

  • 03:06.83
    2019年05月30日
    「新華社」第2回中国(福州)世界金魚大会「国寿王」と総合優勝決まる

    中国福建省福州市で5月30日午前、第2回中国(福州)世界金魚大会の表彰式が行われた。大会では、総合優勝と「国寿王」(中国ランチュウ王)が選出されたほか、さまざまな品種の美しい金魚が多くの来場者の目を楽しませた。同大会には、中国四大流派および世界の重要産地の金魚養殖企業が参加。中国産、日本産、タイ産のランチュウや、リュウキン、チョウビ、チンシュリンなど中国内外の一流品種が集まり、全18部門の賞を競い合った。総合優勝は福州市閩候県にある潘氏養殖場の蝶尾竜眼(ちょうびりゅうがん)が獲得した。この金魚は第1回大会でも部門優勝を遂げている。同大会は現在、中国で開催される国際的な金魚コンテストの中で最大規模を誇り、金魚の品種、数ともに最多で、参加地域が最も広い。今大会に参加した金魚は昨年の第1回大会よりも質が高く、訪れる人々の目を引いた。(記者/郭圻)<映像内容>第2回中国(福州)世界金魚大会の様子、金魚の展示や表彰式など、撮影日:2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060404907

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    6月11日に撮影した姚恵芬さんが制作している、猫をモチーフにした両面の色が異なる刺しゅう作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401818

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    11日、両面刺しゅうの作品を制作する姚恵芬さん。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401714

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    6月11日に撮影した姚恵芬さんの刺しゅう作品「万里江山図」の一部。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401792

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    6月11日に撮影した姚恵芬さんの蘇繍作品。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401784

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    11日、工房で刺しゅう作品を制作する姚恵芬さん。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401854

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    6月11日に撮影した姚恵芬さんと職人チームの蘇繍作品「骷髏幻戯図」。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/李響)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401751

  • 2019年06月11日
    蘇州刺しゅう伝承者、一針一針に思いを込めて

    6月11日に撮影した姚恵芬さんの制作中の作品「聴琴図」の一部。中国江蘇省蘇州市の蘇繍(そしゅう)は、2千年余りの歴史を持ち、四川省の蜀繍(しょくしゅう)、湖南省の湘繍(しょうしゅう)、広東省の粤繍(えつしゅう)と並び、中国四大刺しゅうの一つとされている。蘇繍は秀麗な図案や巧みな構図、緻密な針さばき、生き生きとした表現、上品な色彩で国内外に名をはせ、2006年に中国の無形文化遺産リストに登録された。蘇繍の国家級無形文化遺産伝承者、姚恵芬(よう・けいふん)さんが制作した作品は国の表彰を何度も受けている。姚さんはこの十数年、刺繍による中国の水墨画や肖像画の表現を大胆かつ詳細に探求し、高い芸術性と創造性を持つ一連の作品を作り上げてきた。(南京=新華社記者/楊磊)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401763

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「双子弥勒(そうしみろく)」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408574

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「山水擺件」の一部分。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408565

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ツゲの莆田木彫作品「挙鉢羅漢」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408602

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「山水擺件」の一部拡大写真。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408596

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ツゲの莆田木彫作品「劉海戯蟾(りゅうかいぎせん)」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408547

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ツゲの莆田木彫作品「観音」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408557

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「山水擺件」の細部。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408544

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「自在観音」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408545

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ジンコウ(沈香)の莆田木彫作品「山水擺件」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408510

  • 2019年07月22日
    その緻密さにびっくり!福建省莆田市の木彫工芸

    22日、ツゲの莆田木彫作品「烹茶」。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫は、同省の伝統民間芸術の一つ。唐から宋にかけて生まれ、明から清にかけて隆盛を迎え、独特の風格を持ち、自ら流派を形成した。その技法は「精微透彫」として知られ、浙江省の東陽木彫と楽清(がくせい)黄楊木彫、広東省の潮州(ちょうしゅう)木彫と並び「中国四大木彫」と称されている。国内では莆田市や台湾地区、海外では日本の長崎県や鹿児島県などにある媽祖廟(天后宮)には、今でも明代の木彫媽祖像や扁額(へんがく)、屏風(びょうぶ)、祭具などの文物が残されている。「莆田木彫」は2012年12月、中国文化部の承認を得て、第4次国家級無形文化遺産に登録された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072408597

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402437

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402421

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402377

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402417

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402489

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園で展示されている発酵中の高粱(コウリャン)のかめ。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402404

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、儀式に参加し、伝統文化を体感する社会各界の人々。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社記者/謝桜)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102052

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日撮影した岳麓書院内の孔子像。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社記者/謝桜)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102056

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、岳麓書院で行われた「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社配信/黄沅玲)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102016

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、儒家経典を朗誦する500名余りの参列者ら。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社記者/謝桜)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102032

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、岳麓書院文廟で行われた伝統音楽の演奏。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社配信/黄沅玲)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102004

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、祭孔大典で三礼する参列者ら。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社配信/黄沅玲)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102061

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、儒家経典と「岳麓書院学規」を朗誦する参列者ら。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社配信/黄沅玲)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102018

  • 2019年09月28日
    孔子生誕2570周年記念「祭孔大典」開催湖南大学岳麓書院

    28日、岳麓書院で孔子生誕2570周年を記念して行われた祭孔大典。中国四大書院の一つで、湖南省長沙市の湖南大学が管理する岳麓書院で28日、孔子生誕2570周年を記念する「己亥(つちのとい、2019年の干支)年祭孔大典」が行われた。今年は孔子を祭る「孔廟祭礼」の中で最も格式の高い「釈奠(せきてん)礼」にのっとって行われ、終了後にその場で経典が朗読された。参列者らは「大学」「中庸」「論語」「孟子」などの儒家経典の一部や「岳麓書院学規」を朗誦し、共に孔子と同書院の教育の伝統に敬意を払い、中国の伝統文化の素晴らしさを感じ取った。(長沙=新華社配信/黄沅玲)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101986

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:53.04
    2019年11月08日
    「新華社」美しい塔川村の秋景色安徽省黄山市

    中国安徽省南部にある塔川(とうせん)村の秋景色は、四川省の九寨溝、新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)、北京市の香山と共に中国四大秋景色に数えられる。塔川村は「塔上」とも呼ばれ、黄山市黟(い)県宏村(こうそん)鎮に位置する。秋の森はキャンバスのように鮮やかな色に染まり、黄金色を基調として、緑色や赤色が所々浮かび上がって目を引く。村の入口や周辺にはナンキンハゼの木が多く植えられ、空高くそびえ立っている。秋になると山を覆う木々の葉が色彩豊かに変化し、住居の白壁や黒い瓦がその中に映え、美しい景色が広がり、多くの撮影愛好家にとってはずせない目的地になっている。(記者/白斌)<映像内容>中国四大秋景色に数えられる塔川村の秋景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104541

  • 02:58.78
    2019年11月19日
    「新華社」無形文化遺産の実演を鑑賞安徽省の古城で文化の祭典

    中国四大古城の一つである安徽省黄山市歙(きゅう)県で17~19日、第1回「黄炎培杯」中華職業教育無形文化遺産革新大会および無形文化遺産職業教育成果展が開かれた。多くの民族の無形文化遺産が一堂に会し、来場者を楽しませた。今回のイベントでは無形文化遺産のプロジェクトを軸に、無形文化遺産の要素を取り入れた革新的な作品、無形文化遺産技術の披露や無形文化遺産職業教育の展示が重点的に行われた。(記者/白斌)<映像内容>安徽省の古城で無形文化遺産の制作実演や作品展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201016

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901690

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901658

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901675

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、雪がやんだ後の麦積山石窟。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901729

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901654

  • 2019年12月26日
    雪晴れの麦積山石窟甘粛省天水市

    26日、麦積山石窟の仏像。(小型無人機から)中国甘粛省天水市で降り続いた雪がやみ、市内の麦積山石窟が晴れ渡った空を背景に一層壮大で美しい姿を見せた。麦積山石窟は山の形が積みわらのように見えることから名付けられた。221の石窟・仏龕(ぶつがん)が現存し、同省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟、河南省洛陽市の竜門石窟とともに中国四大石窟に数えられている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901682

  • 2020年02月25日
    ムウス砂漠がオアシスにたゆまぬ努力でよみがえる自然

    ムウス砂漠から見て黄河下流に位置する壺口瀑布は、透明度が上昇傾向にある。耕地や荒れ地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトや放牧の禁止、エネルギー構造の変化などにより黄土高原の植生が回復し、黄河に流入する土砂が大幅に減少した。(2月25日、小型無人機から)ムウス(毛烏素)砂漠は中国四大砂漠の一つで、総面積4万2200平方キロの3分の1は陝西省楡林(ゆりん)市の万里の長城沿いに広がっている。市民の世代を超えた努力により、同市が管轄する860万ムー(約57万3千ヘクタール)の流沙に効果的な対策が施され、奇跡的に森林が増加し、砂漠化が緩和された。4月22日に同省林業局が発表したデータによると、同市の砂漠緑化率は93・24%。これはムウス砂漠が陝西省域内から消失しようとしていることを意味するとともに、陝西省北部地域が不毛の地から「塞上のオアシス」へと転じたことを示している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112058

  • 2020年03月13日
    中国銀行のロゴマーク

    キーワード:中国銀行、Bank of Chaina、中国四大商業銀行、金融業、銀行業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年3月13日、横浜市中区本町の中国銀行横浜支店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、岡山県に本店を置く、日本の地方銀行ではない。

    商品コード: 2020032302995

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    広東省潮州市の韓江にかかる広済橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800837

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    木造船18隻をつなぎ合わせた広済橋中間部分の浮橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800948

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    中国伝統建築の特色を備えた広済橋の亭(あずまや)。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800862

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    橋脚と石梁、亭(あずまや)からなる広済橋の梁橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800910

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    木造船18隻をつなぎ合わせた広済橋中間部分の浮橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801028

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    船舶を通行させるため一定時間ごとに外される広済橋の浮橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800954

  • 2020年04月07日
    世界最初の可動橋「広済橋」広東省潮州市

    広東省潮州市の韓江にかかる広済橋。(4月7日撮影、小型無人機から)広東省潮州市の古城東門外にある広済橋(湘子橋)は、南宋時代の乾道7(1171)年に建造された世界で最初の可動橋。全長は518メートルで、東西部分は石梁橋、中間部が浮き橋になっている。浮き橋は木造船18隻を横につなぎ合わせており、一部を外すことで船舶が航行できる。梁橋(はりばし)と浮き橋、アーチ橋が一体になった橋は中国でも他に例はなく、趙州橋、洛陽橋、盧溝橋と並び中国四大古橋と呼ばれている。1988年3月に全国重点文物保護単位に指定された。(潮州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801027

  • 01:00.20
    2020年05月02日
    「新華社」中ロ国境の興凱湖で漁解禁

    中国黒竜江省のロシアとの国境地帯にある興凱湖(ハンカ湖)がこのほど、漁期に入った。漁師らは待ちに待った最初の漁に出た。興凱湖はアジアで最大の面積を持つ国境に位置する淡水湖で、水域面積は4380平方キロに及び、魚類資源が非常に豊富で、漁業は地元住民の重要な収入源となっている。同湖特産のコイ科のパイユは肉質が柔らかく美味で、中国四大淡水魚の一つとされる。ほかにもケツギョやフナ、エビなどが生息している。(記者/李建平、劉赫垚)<映像内容>ハンカ湖で漁解禁、撮影日:2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302706

  • 2020年05月06日
    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く

    6日、倪雪さんの新作「梁山英豪」。中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の表情が生き生きと描き出されている。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402423

  • 2020年05月06日
    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く

    6日、倪雪さんが3年半をかけて完成した作品「梁山英豪」。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402513

  • 2020年05月06日
    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く

    6日、刺しゅう作品の制作に没頭する95年代生まれの倪雪さん。中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402514

  • 2020年05月12日
    中国の刺しゅう作家、3年半をかけ水滸伝の108人の豪傑を描く

    倪雪さんの錫繡作品。(資料写真)中国江蘇省無錫市に住む倪雪(げい・せつ)さんは、20代前半にしてすでに中国工芸美術最高賞の受賞経験を持つ刺しゅう作家。倪さんはこのほど、新作「梁山英豪」を完成させた。長さ1メートル、幅35センチの屏風に、中国四大名著の一つ「水滸伝」に登場する108人の豪傑を、一人一人の表情まで刺しゅうで生き生きと表現した。作品は680色以上の刺しゅう糸を使い、3年半を費やして制作したという。江蘇省無錫市に伝わる刺しゅうは「錫繡」と略され、数千年の歴史を有する。「無錫精微繡」は蘇繡(蘇州の伝統的な刺しゅう)の一種として、2008年に中国の第2次国家無形文化遺産リストに登録された。(無錫=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402504

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4