KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 平成
  • 農業
  • マーク
  • レベル
  • 土壌
  • 小麦粉
  • 承認
  • 日照
  • 期待
  • 条件

「中国国家知識産権局」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月09日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で実った小麦。(2017年9月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403406

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月10日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で、トラクターで小麦を運ぶ農民。(2017年9月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月10日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で、コンバインで小麦の刈り取り作業をする農民。(2017年9月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403431

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月10日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で、トラクターを運転する農民。(2017年9月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403399

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月10日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で、コンバインで小麦の刈り取り作業をする農民。(2017年9月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403409

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月10日
    知識産権局、優良食糧ブランド「新疆麺粉」を承認

    新疆ウイグル自治区の江布拉克景勝地で、小麦の収穫に忙しい農民。(2017年9月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区が打ち出した「新疆麺粉(小麦粉)」というマークがこのほど、中国国家知識産権局の審査で承認された。恵まれた水や土壌、日照、温度という条件と良質な小麦資源を有する同自治区が高レベルの優良地域食糧ブランド「新疆麺粉」を確立したことは、地元食糧生産者や加工企業が進める市場開拓の大きな後押しになると期待されている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2017(平成29)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403513

  •  上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み
    2018年07月12日
    上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み

    水稲の生育に重要な季節、夏を迎えた崇明島の水田。(2018年7月12日撮影)世界知的所有権の日(4月26日)を前に、中国上海市崇明(すうめい)区はこのほど、同市崇明緑色食品生産販売連合会が申請していた「崇明大米」の地理的表示(GI)証明商標が登録され、中国国家知識産権局発行の商標登録証を正式に取得したと発表した。崇明島で最も作付面積が広いのは米で、栽培の歴史は長く唐代までさかのぼることができる。四方を水に囲まれた自然環境も、良質な米の生産を支えている。(上海=新華社配信)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709266

  •  上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み
    2018年08月25日
    上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み

    水稻の生育に重要な季節、夏を迎えた崇明島の水田。(2018年8月25日撮影)世界知的所有権の日(4月26日)を前に、中国上海市崇明(すうめい)区はこのほど、同市崇明緑色食品生産販売連合会が申請していた「崇明大米」の地理的表示(GI)証明商標が登録され、中国国家知識産権局発行の商標登録証を正式に取得したと発表した。崇明島で最も作付面積が広いのは米で、栽培の歴史は長く唐代までさかのぼることができる。四方を水に囲まれた自然環境も、良質な米の生産を支えている。(上海=新華社配信)=2018(平成30)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709272

  •  上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み
    2018年09月14日
    上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み

    崇明島で豊作となった水稲の収穫作業。(2018年9月14日撮影)世界知的所有権の日(4月26日)を前に、中国上海市崇明(すうめい)区はこのほど、同市崇明緑色食品生産販売連合会が申請していた「崇明大米」の地理的表示(GI)証明商標が登録され、中国国家知識産権局発行の商標登録証を正式に取得したと発表した。崇明島で最も作付面積が広いのは米で、栽培の歴史は長く唐代までさかのぼることができる。四方を水に囲まれた自然環境も、良質な米の生産を支えている。(上海=新華社配信)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709281

  •  上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み
    2018年10月09日
    上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み

    秋に豊作となった崇明の水稲。(2018年10月9日撮影)世界知的所有権の日(4月26日)を前に、中国上海市崇明(すうめい)区はこのほど、同市崇明緑色食品生産販売連合会が申請していた「崇明大米」の地理的表示(GI)証明商標が登録され、中国国家知識産権局発行の商標登録証を正式に取得したと発表した。崇明島で最も作付面積が広いのは米で、栽培の歴史は長く唐代までさかのぼることができる。四方を水に囲まれた自然環境も、良質な米の生産を支えている。(上海=新華社配信)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709332

  •  上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み
    2018年11月17日
    上海市の「崇明大米」、地理的表示認められるブランド化戦略に弾み

    炊き上がった「崇明大米」のご飯。(2018年11月17日撮影)世界知的所有権の日(4月26日)を前に、中国上海市崇明(すうめい)区はこのほど、同市崇明緑色食品生産販売連合会が申請していた「崇明大米」の地理的表示(GI)証明商標が登録され、中国国家知識産権局発行の商標登録証を正式に取得したと発表した。崇明島で最も作付面積が広いのは米で、栽培の歴史は長く唐代までさかのぼることができる。四方を水に囲まれた自然環境も、良質な米の生産を支えている。(上海=新華社配信)=2018(平成30)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709276

  •  ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局
    2019年05月25日
    ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局

    25日、第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式であいさつする中国国家知識産権局の申長雨局長。中国国家知識産権局の申長雨(しん・ちょうう)局長は25日、江蘇省無錫市で開幕した第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式で、意匠の国際登録に関するハーグ協定への加盟について、世界知的所有権機関(WIPO)と協議中であることを明らかにした。また、ハーグ協定加盟は中国企業が海外で意匠保護をより便利に獲得する助けとなり、中国の創意工夫やデザイン、製造の世界進出を後押しすると表明した。(無錫=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700623

  •  ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局
    2019年05月25日
    ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局

    25日、第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式の様子。中国国家知識産権局の申長雨(しん・ちょうう)局長は25日、江蘇省無錫市で開幕した第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式で、意匠の国際登録に関するハーグ協定への加盟について、世界知的所有権機関(WIPO)と協議中であることを明らかにした。また、ハーグ協定加盟は中国企業が海外で意匠保護をより便利に獲得する助けとなり、中国の創意工夫やデザイン、製造の世界進出を後押しすると表明した。(無錫=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700626

  •  ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局
    2019年05月25日
    ハーグ協定加盟についてWIPOと協議中国国家知識産権局

    25日、第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式の様子。中国国家知識産権局の申長雨(しん・ちょうう)局長は25日、江蘇省無錫市で開幕した第15回中国(無錫)国際デザイン博覧会の開幕式で、意匠の国際登録に関するハーグ協定への加盟について、世界知的所有権機関(WIPO)と協議中であることを明らかにした。また、ハーグ協定加盟は中国企業が海外で意匠保護をより便利に獲得する助けとなり、中国の創意工夫やデザイン、製造の世界進出を後押しすると表明した。(無錫=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700625

  •  SWITZERLAND-GENEVA-CHINA-WIPO-COOPERATION-50TH ANNIVERSARY
    2023年07月07日
    SWITZERLAND-GENEVA-CHINA-WIPO-COOPERATION-50TH ANNIVERSARY

    (230707) -- GENEVA, July 7, 2023 (Xinhua) -- Shen Changyu, director of China National Intellectual Property Administration, speaks during an activity marking the 50th anniversary of cooperation between China and the World Intellectual Property Organization (WIPO) in Geneva, Switzerland, on July 6, 2023. A series of activities marking the 50th anniversary of cooperation between China and the WIPO was held Thursday in Geneva. (Xinhua/Lian Yi)= 配信日: 2023(令和5)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070713151

  •  中国、世界トップ100の科学技術クラスター数で初の1位
    2023年11月13日
    中国、世界トップ100の科学技術クラスター数で初の1位

    中国国家知識産権局の申長雨(しん・ちょうう)局長はこのほど、国務院新聞(報道)弁公室が開いた定例記者会見で、中国は世界知的所有権機関(WIPO)発表の「グローバル・イノベーション・インデックス(GII)」2023年版で12位だったほか、「世界トップ100の科学技術クラスター」にランク入りした科学技術クラスター数で初めて世界1位となり、知的財産権大国の地位が確かになっていると明らかにした。申氏によると、中国は23年9月現在、有効な発明特許(特許に相当)の保有量が480万5千件、商標保有数は4512万2千件に上る。22年の著作権の登録件数は635万3千件に達した。特許協力条約(PCT)に基づく国際特許の出願件数は4年連続で世界トップを誇る。また、中国は知財権の運用も強化している。今年10月には「専利(特許、意匠権、実用新案)の実用・運用特別行動案(2023~25年)」を発表し、専利の開放・認可などに関する制度の導入を急いでいる。専利集約型産業と著作権産業の増加値(付加価値額)の対GDP(国内総生産)比はそれぞれ12・4%、7・4%に上り、経済の質の高い発展を力強く促進している。申氏は、今後も知財権強国の確立を一段と加速させ、イノベーション主導の発展を支えていくと表明した。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023111310941

  • 1