KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 重要文化財
  • 小型無人機
  • 山西省大同市
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 山西省臨
  • 山西博物
  • 平遥古城
  • 世界文化遺産

「中国山西省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,142
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,142
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:28.54
    2021年01月22日
    「新華社」神頭泉水域に渡り鳥1万羽山西省朔州市

    中国山西省朔州市にある神頭泉の水域では、渡り鳥約1万羽が飛来し、北辺の高原に活気をもたらしている。地元では鳥たちが安全に越冬できるよう、環境整備を進めている。(記者/徐偉) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.00
    2021年01月19日
    「新華社」鉄道職員がトンネルのつらら除去山西省

    中国山西省の風坪嶺鉄道トンネルは呂梁山東麓に位置し、同省太原市と呂梁市興県を結ぶ太興鉄道が通っている。風坪嶺の豊富な地下水はトンネル内にも染み出ることがあり、冬には一夜にして長さ数十センチのつららができてしまうため、つらら除去が最も重要な業務となっている。太興鉄道太原工務区間の古東橋隧道監視所が管轄する30本余りのトンネルでは、結氷による潜在的な危険箇所が200余りに上っており、毎日厳重な検査と処置を実施している。2000年からこの仕事を始めた王偉(おう・い)さんは、同僚らと共に3800立方メートル余りのつららを除去し、列車の安全運行を確保している。(記者/宋育沢) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の階段にある窓。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている日本の鉄道切符をモチーフにした金属プレート。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の一角。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の一角。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅の情景展示。鉄道技術者が討論している。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅に残る日本製の電気メーター。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている英国製のブリキの蒸気機関車。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅に残る日本製のマルチメーター。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている三菱製の扇風機。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)百年前の日本式住宅が博物館に山西省太原市

    14日、教場巷日本式住宅で展示されている米国製蓄音機。中国山西省太原市にある教場巷日本式住宅は、民国初期に建てられた日本式の洋館で、かつて同省で鉄道建設に従事した外国人技術者や鉄道建設専門家、技術者の住居として使われた。太原市人民政府は2009年、同住宅を歴史的建造物に指定し、2013年から修復に着手。7年間の工事を経て博物館として一般開放した。修復された建物と物品展示を通じ、同省の初期鉄道建設の様子を紹介している。(太原=新華社記者/王皓)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.31
    2021年01月15日
    「新華社」山西省晋中市楡次区で無料の全員核酸検査を実施

    中国山西省晋中市では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認された。これを受け同市は管理制御措置を強化、13日から楡次(ゆじ)区の全住民を対象とした無料の核酸検査を実施している。(記者/韓依格、馬志異) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.67
    2021年01月14日
    「新華社」黄河壺口瀑布、下流の水位上昇で落差「消失」

    中国山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではこのところ、落差がほぼ消失し、通常とは異なる光景が広がっている。下流で川の水が数十キロにわたって凍り、川幅の狭い場所も氷に覆われたことで上流の水位が上昇し、同瀑布に変化をもたらした。黄河は晋陜大峡谷を経て山西省吉県内に入ると、300~400メートルあった川幅が約50メートルに狭まる。瀑布は30メートル余りの高さから大量の水が岩の間に落ち、巨大な壺に水を注いでいるように見えることから、壺口瀑布と呼ばれるようになった。(記者/馬志異)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.90
    2021年01月12日
    「新華社」寒波の下、電力供給を確保山西省大同市

    中国山西省の多くの地域はここ数日、強い寒波に襲われ、大同市では最低気温氷点下21度を記録した。電力供給の安定、暖房施設の電力供給確保のため、送配電大手、国家電網傘下の大同供電のスタッフは速やかに送変電設備の強化や送電線ルートの運用監視、特別巡視を行った。同時に熱供給ルートや石炭からの転換送電ルートなど、市民生活に直結するポイントについての管理監督を強化した。(記者/宋育沢、韓依格) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.20
    2021年01月09日
    「新華社」アワの栽培で貧困脱却山西省石楼県

    中国山西省呂梁市石楼県は黄土高原に位置し、日照が多く雨量が少ない厳しい気候条件により、かつては貧困に苦しんでいた。同県では2016年、アワの栽培で貧困脱却を後押しする貧困扶助グループが活動を開始。現代的な農業技術を導入し、水不足で収量が上がらない問題を克服した。革新的な農場とセレンを豊富に含む土壌のおかげで高品質のアワが育つようになり、同県は20年に貧困指定から外れた。(記者/李雨沢) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、面塑の作り方を学ぶ生徒。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、面塑を制作する無形文化遺産伝承者の劉麗麗(りゅう・れいれい)さん。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、生徒に面塑の技術を教える無形文化遺産伝承者の袁建花(えん・けんか)さん(左)。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (6)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、面塑の作り方を学ぶ生徒が制作した作品。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、制作した面塑を見せる生徒。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (5)「面塑」作りの伝承で増収を後押し山西省嵐県

    嵐県県城(県政府所在地)にある面塑通りで、面塑の作り方を学ぶ生徒。(2020年12月30日撮影)中国山西省呂梁市嵐県は面塑(しん粉細工)作りの長い歴史を持ち、2014年には嵐県面塑が国家級無形文化遺産リストに登録された。地元ではここ数年、面塑産業を無形文化遺産による貧困扶助の主要事業と位置付け、伝承者が技術研修を実施して面塑文化を伝承するとともに、貧困層を安定的な増収へと導いている。(嵐県=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.51
    2021年01月06日
    「新華社」結氷した湿地でハクチョウに餌やり山西省平陸県

    最低気温が氷点下14度まで下がった中国山西省運城市平陸県では、三湾黄河湿地の結氷によりハクチョウの餌場が縮小している。同県はハクチョウが極寒の中でも食べ物を得られるよう、餌やりの場所と量を増やし、パトロールを強化している。(記者/徐偉) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (7)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の敷地内に植えられている樹齢900年のエンジュ。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (6)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    茶の製造工程を説明するコーナー(一部)。(2020年12月28日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    1日、山西督軍府旧址の正門。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の自省堂に掛かる扁額。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    晋商博物院で、晋商が茶を運ぶために切り拓いた道「万里茶路」にまつわる展示品を見つめる来場者。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (1)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園を訪れた観光客。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (4)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある狄梁公祠の前院正殿。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (2)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある唐槐(唐代のエンジュ)。後ろに見えるのは狄公故居。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    (3)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園の正門。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(平成33)年01月03日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (1)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、山西博物院所蔵の傅山作品、「哭子詩(こくしし)」画帖(がじょう)。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (5)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、山西博物院所蔵の傅山の草書作品、王之渙(おう・しかん)の「登鸛雀楼」(鸛雀楼に登る)詩軸。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (4)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、上海博物館所蔵の傅山の行書作品、「曹碩公六十歳寿序」十二条屏。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (2)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、蘇州博物館所蔵の傅山が行書で書いた処方箋。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (3)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、山西博物院所蔵の傅山の行書作品、李白「秋登宣城謝朓北楼」(秋、宣城の謝朓北楼に登る)詩軸。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    (6)傅山の生涯や思想を読み解く展覧会が開幕山西省太原市

    29日、綿陽市博物館所蔵の傅山作品の四体書、左思(さ・し)の「詠史八首(えいしはっしゅ)」十条屏。中国山西省太原市の山西博物院で29日、「霜満龕紅-傅山(ふ・ざん)の生涯・思想・学術展」が開幕した。山西博物院主催、上海博物館と河南博物院、蘇州博物館、綿陽市博物館が共催し、各博物館(院)が所蔵する傅山の作品が展示された。傅山は山西省太原市出身で、明末清初の著名な思想家であり書道家、医学者でもある。展覧会は書道作品の展示を通じ、生涯や文学、思想、歴史、医学などさまざまな側面から傅山を読み解く。会期は来年3月29日まで。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の緝虎営(しゅうこえい)駅から出た市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の大南門駅で改札機に切符を投入する市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市で開業した地下鉄2号線に乗車する市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の開化寺街駅の改札で切符を投入する市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の開化寺街駅で地下鉄を待つ市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (7)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の大南門駅で路線図を撮影する市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の大南門駅で地下鉄を待つ市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)山西省初の地下鉄が開業

    26日、山西省太原市軌道交通2号線の開化寺街駅で記念撮影する市民。中国山西省で26日、同省初となる地下鉄、太原市軌道交通2号線の第1期プロジェクトが正式に運行を開始した。同路線は太原市を南北に貫き、全長23・647キロ、駅数23駅となっている。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    「山西督軍府旧址」が晋商博物院に変身山西省太原市

    山西督軍府旧址の淵誼堂。(2020年12月23日撮影)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている中国山西省太原市の「山西督軍府旧址」がこのほど、一般開放され、中庭の奥深くにたたずむ中華民国時代の建筑群が、晋商(山西商人)の歴史を紹介する「晋商博物院」に生まれ変わった。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された銀製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された金製の舎利容器。(後方から撮影)中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、石製の舎利容器に施された文字。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された木製の舎利容器。本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された石製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、会場に展示された銅製の舎利容器。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体部分は複製だが、上部の金銅飾りは実際の出土品になるという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (7)山西省の太山竜泉寺、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開

    17日、唐代の仏塔跡の地下にある地宮(地下宝物庫)。中国山西省太原市の太山竜泉寺はこのほど、唐代の「五重の仏舎利容器」を一般公開した。石、木、銅、銀、金でできた五つの容器が入れ子状になっている。木製容器は修復中のため本体は複製品で、上部の金銅飾りだけが実際の出土品になっている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (2)流氷期を迎えた黄河山西省河津市

    12日、河津市禹門口区間の黄河で観測された流氷。中国山西省河津市では、ここ数日の強い寒気の影響で、市内を30キロメートル余り流れる黄河で流氷が観測された。水面を漂うハスの花のようにも見え、冬の黄河に幻想的な美しさを添えている。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (4)流氷期を迎えた黄河山西省河津市

    12日、河津市禹門口区間の黄河で観測された流氷。中国山西省河津市では、ここ数日の強い寒気の影響で、市内を30キロメートル余り流れる黄河で流氷が観測された。水面を漂うハスの花のようにも見え、冬の黄河に幻想的な美しさを添えている。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (1)流氷期を迎えた黄河山西省河津市

    12日、河津市禹門口区間の黄河で観測された流氷。中国山西省河津市では、ここ数日の強い寒気の影響で、市内を30キロメートル余り流れる黄河で流氷が観測された。水面を漂うハスの花のようにも見え、冬の黄河に幻想的な美しさを添えている。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (3)流氷期を迎えた黄河山西省河津市

    12日、河津市禹門口区間の黄河で観測された流氷。中国山西省河津市では、ここ数日の強い寒気の影響で、市内を30キロメートル余り流れる黄河で流氷が観測された。水面を漂うハスの花のようにも見え、冬の黄河に幻想的な美しさを添えている。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.84
    2020年12月14日
    「新華社」冬の奇観「氷のチョウ」が人々を魅了山西省臨汾市

    中国山西省臨汾市が管轄する侯馬市の上馬街道闘竜溝村南部の池では冬の間、気温や湿度、風速などの条件がそろうと、枯れ草にさまざまな形の透き通った氷片が付着し、まるで「氷のチョウ」が飛んでいるように見える。毎年多くの観光客や写真愛好家が珍しい光景を目当てに池を訪れ、一帯は「チョウの谷」という美しい名前で呼ばれるようになった。(記者/趙陽)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (1)宋代玉皇廟の修繕で地宮を発見山西省長治市

    修繕を終えた上党長春玉皇廟の宋代建築。(資料写真)中国山西省長治市上党区の長春村にある玉皇廟(中国道教の最高神、玉皇大帝を祭る廟)でこのほど、2年にわたる修繕工事が完了した。今回の工事では、これまで存在が知られていなかった「地宮(地下室)」が前殿内で見つかった。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (2)宋代玉皇廟の修繕で地宮を発見山西省長治市

    上党長春玉皇廟で見つかった地宮。(資料写真)中国山西省長治市上党区の長春村にある玉皇廟(中国道教の最高神、玉皇大帝を祭る廟)でこのほど、2年にわたる修繕工事が完了した。今回の工事では、これまで存在が知られていなかった「地宮(地下室)」が前殿内で見つかった。(太原=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅車。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝(ほくはくが)墓地で今年発掘された遺構の分布状況。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅盒(どうごう、盛食器)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅の編鐘(へんしょう)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅簋(どうき、盛食器)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地で見つかった大型墓の墓室と出土品。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した「匽姫(えんき)」の銘文のある銅甗(どうげん、煮沸器)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅鋪(どうほ、盛食器)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地で見つかった大型墓の墓室と出土品。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    9日、北白鵝墓地から出土した銅盒(どうごう、盛食器)。中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    9日、北白鵝墓地から出土した双耳銅罐(そうじどうかん)。中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    9日、北白鵝墓地から出土した銅簋(どうき、盛食器)の内側に刻まれた銘文。中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    9日、北白鵝墓地から出土した銅盒(どうごう、盛食器)の装飾文様。中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.00
    2020年12月02日
    「新華社」科学技術を使った循環農業が新たな原動力に山西省晋中市

    中国山西省晋中市楡次区の「農業創客(メイカー、起業家)」周磊(しゅう・らい)さん(33)が手掛ける「アクアポニックス」循環農業プロジェクトが、多くの人の注目を集めている。「アクアポニックス」は水産養殖と水耕栽培を組み合わせた次世代型農業モデルで、同プロジェクトでは養魚池の水をろ過して「栄養液」として野菜に送り、野菜に吸収された後の水を再び養魚池へ戻して魚の成長に利用する。周さんは2009年に西安科技大学を卒業した後、故郷の楡次区に戻った。さまざまな研究の末、16年には大学で学んだ化学を生かし、同プロジェクトを整備することを決意。19年にプロジェクトは暫定的な成功を収めた。プロジェクトの現場を見ると、温室内には高密度の養殖池があり、池のそばではレタスやセロリ、トマトなどの野菜が無土壌栽培され、栄養分が養魚池の水から供給されている。中国北部の内陸地域では珍しい種類の魚が養殖されており、昨年、1回の養殖サイクルで、養殖池1面当たりの売上高が約70万元(1元=約16円)に達した。周さんは次のステップとして、新たな魚の品種を増やし、自身の農業ブランドを作るとともに、コスト削減にも努め、新しい農業プロジェクトをさらに拡大させたいと考えている。(記者/徐偉)<映像内容>「アクアポニックス」循環農業プロジェクトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「兎尊(とそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「嵌緑松石花格剣(かんりょくしょうせきかかくけん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている銅馬。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「晋叔家父方壺(しんしゅくかふほうこ)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「雀鳥薫炉(じゃくちょうくんろ)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「亀鶴座博山炉(きかくざはくさんろ)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「義尊(ぎそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている銅剣。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「虎形竈(こけいそう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている銅鏡。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている銅鏡。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.82
    2020年12月01日
    「新華社」山西省で大雪、除雪作業で鉄道の安全を確保

    中国山西省は1日、各地で大雪に見舞われ、列車の運行に支障を来す恐れが生じた。凍結すると分岐器の開通方向が表示されず、列車が指定のホームに到達できなくなる。鉄道の正常運行と利用客の安全を確保するため、中国鉄路太原局集団の太原南工務段(保線区)の作業員は吹雪の中、夜を徹して分岐器の除雪作業を行い、凍結を防いだ。<映像内容>分岐器の除雪作業の様子、撮影日:2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている爵(しゃく、酒器)。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「敄父方觚(ぶふほうこ)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている銅竈(どうそう)。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200件余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている甬鐘(ようしょう、古代の楽器)。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている鳥形の銅製建築部材。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「立鳥形灯(りっちょうけいとう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている鑾鈴(らんれい、馬車の装飾品)。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「人形銅灯(ひとがたどうとう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている弩(ど)の発射装置「弩機」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「鳥尊(ちょうそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている「雁魚灯(がんぎょとう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    太原市の山西青銅博物館を訪ねて

    1日、山西青銅博物館に展示されている磬(けい、古代の楽器)。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、中国で初めて設立された青銅器をテーマとする省級博物館。1万1千平方メートルの展示面積に2200点余りを展示する。省内の発掘調査で出土した青銅器の多くを収蔵している。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...