KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 中国福建省
  • 民族文化
  • 国際交流
  • 文化交流
  • 中国河北省
  • 中国陝西省
  • 中国山西省
  • 中国河南省
  • 中国浙江省

「中国文化」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
17,295
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
17,295
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.80
    2021年04月05日
    「新華社」新疆ウイグル自治区南部で石窟寺院の特別調査

    中国新疆ウイグル自治区キジル石窟研究所が主導し、同自治区南部の各文物局と共同で設立した南疆地域石窟寺院現状調査チームは2020年10月以降、同地域の石窟群に対する特別調査を進めてきた。チームのメンバーは、同自治区アクス地区、コルラ市、ホータン地区、カシュガル地区などで調査を実施。距離約1万キロにわたり、既存の測量、座標取得、撮影、3Dスキャンなどの方法で各石窟のデータを可能な限り収集した。作業はすでに一段落している。同自治区の広い範囲に分布する大規模で多彩な石窟寺院は、重要な文化遺産としてシルクロードでの東西文化の融合を示すとともに、さまざまな宗教が共存する多元一体の中国文化の新疆における歴史の証拠にもなっている。(記者/潘瑩) =配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月04日
    HK Celebrates Ching Ming Festival 2021

    April 4, 2021, HONG KONG, CHINA: A Chinese family attending their ancestral grave behind the bamboo trees on the day of Ching Ming Festival. Ching Ming, one of most important day in a year for all Chinese, to remember and pay respect to the ancestral spirits in the Spring time, a long tradition which can be dated back to more than 2,000 years ago in ancient China. Chinese culture is an unique culture which put enormous importance on honouring ancestral spirits instead of worshipping monoethical ‘gods‘ such as in Christian and Islamic cultural sphere. For this reason, Chinese have nurtured a long tradition of respecting ancestors. The sweeping of graveyard in the Spring time is an important event which all Chinese must observe, so that Chinese believe that the ancestral spirits are comforted, safeguarding their posterities .Apr-4,2021Hong Kong.ZUMA/Liau Chung-ren (Credit Image: © Liau Chung-ren/ZUMA Wire)、クレジット:©Liau Chung-ren/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:36.82
    2021年02月14日
    「新華社」横浜中華街に春節を祝うランタンが登場

    奈川県横浜市中区の中華街付近の公園で、中国文化をテーマにしたランタンの展示イベントが12日から開かれており、街は春節(旧正月)のお祝いムードに包まれている。会場を彩る京劇のお面や「西遊記」をモチーフにしたランタンオブジェは、重慶市の職人が中華街のために作ったという。大きなものは高さが5メートルあり、夜になると幻想的な雰囲気を醸し出す。(記者/鄧敏、周琳) =配信日: 2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.70
    2021年02月08日
    「新華社」フィジー、丑年の郵便切手の発行記念イベント開催

    南太平洋の島国フィジーは8日、中国の旧暦丑年に合わせた十二支記念切手と初日カバー(記念切手を貼り、発行当日の消印を押した封筒)の発行イベントを開催した。2021年丑年の郵便切手セットと初日カバーは、フィジー中国文化センターと同国郵政部門「ポスト・フィジー」が共同で発行した。同センターの孫傑(そん・けつ)主任はあいさつで、センターはこの6年、ポスト・フィジーと協力し人気の十二支記念切手を発行してきたが、今年は初めて双方が共同でフィジーの地元コミュニティーに向けて丑年記念切手をアピールしたと説明。こうしたイベントは、フィジー中国文化センターと地元コミュニティーの間に友好の懸け橋を築き、両国間の文化交流と友好関係の強化に役立つだろうと期待を寄せた。(記者/張永興)=配信日:2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    HK Prepare for Reopening of Chinese New Year Flower Market

    February 4, 2021, Hong Kong, CHINA: Mandarin Oranges, symbol of ‘wealth‘ in Chinese culture is brought in ready for sale at the Victoria Park, an annual venue for Lunar New Year Flower Market. Hong Kong government decided to go ahead with reopening of Flower Market during Chinese New Year under strict coronavirus control.Feb-4,2021Hong Kong.ZUMA/Liau Chung-ren (Credit Image: © Liau Chung-ren/ZUMA Wire)、クレジット:©Liau Chung-ren/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Hong Kong Prepare for Reopening of Annual Chinese New Year Flower Market

    February 4, 2021, Hong Kong, CHINA: Pots of Mandarin Oranges symbolizing ‘wealth‘ in Chinese culture is brought into Victoria Park for sale. Hong Kong prepare for reopening of annual Chinese New Year Flower Market under strict control to avoid coronavirus infections by drastically reducing numbers of participating flower vendors.Feb-4,2021Hong Kong.ZUMA/Liau Chung-ren (Credit Image: © Liau Chung-ren/ZUMA Wire)、クレジット:©Liau Chung-ren/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (4)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の文学者・李東陽(り・とうよう)の行書詩冊。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (3)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で囲碁を打つ明代文人を再現した展示。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (9)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の文人・董其昌(とう・きしょう)の行書冊。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (12)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で琴を奏でる明代文人を再現した展示。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。簡潔で奥深く、高尚でおおらかな中国文化の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (2)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の磁器。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (8)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の白玉玉蘭杯(右)と青釉暗花葵口盤。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (6)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代徳化窯の白釉貼花荷葉口杯。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (5)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代竜泉窯の青釉杯。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (7)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の書画家・張応召(ちょう・おうしょう)の絵画作品。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (16)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で囲碁を打つ明代文人を再現した展示。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (1)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で伝統的な香文化を体験する来館者。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (14)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された1971年に明魯王朱檀墓(山東省鄒城市)で出土した碁石。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (13)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の画家・陳遵(ちん・じゅん)の山水画(右)と書道家・杜大中(と・だいちゅう)の題字。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    (11)山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で茶芸を体験する来館者。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で人形劇を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (7)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で家族写真を撮る来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (1)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で伝統影絵劇を体験する女の子。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (5)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で旧正月に飾る縁起物の絵、「年画」を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (6)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で伝統影絵劇の人形を操作する女の子。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (4)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で人形劇を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (8)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館であめ細工を手にする子ども。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (3)年越し文化を体験できる展覧会開幕上海市

    30日、上海市群衆芸術館で春節にまつわる展示品を鑑賞する来館者。中国の上海市群衆芸術館で30日、春節(旧正月)にまつわる民俗文化を紹介する「第15回海上年俗文化展」が開幕した。来館者は春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)を受け取り、伝統影絵劇を楽しんだり、家族写真を撮ったりして中国文化を味わうことができる。また、無形文化遺産に指定されている刺しゅう「絨綉(じゅうしゅう)」や切り紙、あめ細工、しん粉細工などを体験し、年越しムードを満喫している。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターに展示された中国の工芸品。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーで始まった中国無形文化展の開幕式で踊りを披露する出演者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)豪シドニーで中国文化展江蘇省の無形文化遺産を紹介

    27日、シドニーの中国文化センターで無形文化展を鑑賞する来場者。オーストラリアのシドニーにある中国文化センターで27日、中国江蘇省の無形文化遺産をテーマにした展覧会が開かれた。2月の春節(旧正月)を前に、中国文化に親しめる内容となっている。同展では桃花塢(とうかう)木版年画、手織り工芸の南京雲錦、蘇州刺しゅう、金陵剪紙(切り絵)など、江蘇省を代表する七つの無形文化遺産の技法を紹介するとともに、精緻な工芸品の数々を展示している。(シドニー=新華社記者/白雪飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で展示された明代の書道作品。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)=配信日:2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    山東博物館、明代文人の優雅な生活を再現

    1月29日、「山静日長-明代文人風雅録展」で伝統的な香文化を実演するスタッフ。中国山東省済南市の山東博物館で「山静日長-明代文人風雅録展」が開催されている。同博物館が所蔵する明代の書画や陶磁器、文房具など40点余りを展示するほか、琴や碁、書画、茶、酒、花、香などの要素を取り入れ、明代の文人の優雅な生活スタイルを再現。中国文化独特の審美観と品格を伝えている。(済南=新華社記者/朱崢)=配信日:2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.91
    2021年01月28日
    「新華社」かわいいパンダの絵画展、カンボジア・プノンペンで開幕

    中国のかわいいジャイアントパンダ」をテーマにした絵画展が25日午後、カンボジアの首都プノンペンで始まり、多くの来場者が訪れている。会場となった「中国文化の家」では、希少動物であるパンダの生活を描いた絵画や彫刻が数十点展示されており、来場者がパンダの模型にペイントしたりする体験コーナーも設けられている。会期は10日間。 =配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 00:43.32
    2021年01月26日
    「新華社」スターバックスの「中国スピード」と「中国テイスト」

    スターバックスは1999年に中国北京市に1号店をオープンして以来、2020年末までに中国本土の200都市に4800以上の店舗を展開。開放が進む中国市場を見つめながら、中国文化に向き合い、徐々に溶け込んできた。中国では中所得世帯の割合が高まり、消費能力が大幅に向上し、都市部の街角ではカフェが多く見られるようになった。同社のケビン・ジョンソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、2019年にメディアの取材に応じた際、中国人のコーヒーに対する需要は高まり続けており、スターバックスは平均15時間に1店舗のペースで新店がオープンしていると説明した。2020年に開いたグローバル投資家交流会で、スターバックスは同年第4四半期(10~12月)に中国本土市場に新たに259店舗をオープンし、21年には600店舗をオープンする予定だと発表した。中国の有名な産業情報プラットフォーム、中国諮詢投資網が発表した報告書によると、中国のコーヒー消費量は毎年15~20%の成長を遂げている。スターバックスの全世界の店舗数3万2千店のうち、約15%に当たる4800店が中国にある。スターバックスは中国の伝統的な祭日、中秋節や端午節などの文化的要素を取り入れた中国限定のオリジナル商品を発売し、その「国際的」スタイルに鮮明な「中国テイスト」を添えている。2012年、この米国企業は雲南省普洱(ふじ)市にコーヒー生産者支援センターを設立。同センターで承認されたコーヒー生豆を買い付けるようになった。2020年9月現在、スターバックス雲南特選コーヒーの栽培は、雲南省の1600カ所以上のコーヒー農園に広まっている。同社グローバルエグゼクティブバイスプレジデントで中国董事長兼CEOの王静瑛(おう・せいえい)氏は、スターバックス中国コーヒーイノベーション産業パークの起工式で「当社は中国市場の強大な活力と強靭さに大きな自信を持っている。引き続き投資を深化させ、『中国スピード』を発揮して、中国の高級コーヒー産業の振興に一層貢献していきたい」と述べた。(記者/汪海月、劉方強) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)スターバックスの「中国スピード」と「中国テイスト」

    19日、安徽省合肥市にあるスターバックスで、コーヒーを楽しむ人たち。スターバックスは1999年に中国北京市に1号店をオープンして以来、2020年末までに中国本土の200都市に4800以上の店舗を展開。開放が進む中国市場を見つめながら、中国文化に向き合い、徐々に溶け込んできた。(合肥=新華社記者/劉方強)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (1)スターバックスの「中国スピード」と「中国テイスト」

    19日、安徽省合肥市にあるスターバックスで、コーヒーを入れる従業員。スターバックスは1999年に中国北京市に1号店をオープンして以来、2020年末までに中国本土の200都市に4800以上の店舗を展開。開放が進む中国市場を見つめながら、中国文化に向き合い、徐々に溶け込んできた。(合肥=新華社記者/劉方強)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (8)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (4)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (12)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (2)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (9)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (10)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (1)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (7)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (5)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    (3)上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)=配信日:2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月03日
    上海市でニューメディア芸術展中国文化を表現

    3日、「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展を鑑賞する来場者。中国上海市の宝竜美術館で開催中の「公園前202号」漢風美学ニューメディア芸術展では、中国の伝統文化の要素を再構成し、最新技術を使って表現した作品が若者の間で注目を集めている。(上海=新華社記者/張建松)=配信日:2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    南京図書館蔵の宋代科挙参考書が「古書の国宝」に

    南京図書館が収蔵する北宋の刻本「礼部韻略」。(資料写真)中国文化・観光部はこのほど、第6次国家希少古書リストを発表した。同リストは「古書の国宝」とも呼ばれており、今回は全国から752部が選ばれた。南京図書館の蔵書からも107部が選定された。同館から選ばれた古書はその数もさることながら、多様な希少版本が多く含まれている。中でも北宋の刻本で科挙の参考書に相当する「礼部韻略(れいぶいんりゃく)」はその代表格といえる。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (5)若手陶芸家、アクセサリーとして楽しむ「チャイナ」を提案

    3日、江西省景徳鎮市の陶渓川文創街区にある店舗で、顧客に陶磁器アクセサリーについて説明する周雄昊さん(左端)。青緑色の「ヒョウタン」や深紅の「柿」、色とりどりの雲紋(中国伝統文様)ペンダントなど、中国の伝統文化のシンボルを取り入れた美しいアクセサリーの数々。これらは全て陶磁器で作られたもので、中国の焼き物の街、江西省景徳鎮市出身の若手陶芸家、周雄昊(しゅう・ゆうこう)さん(31)が手掛けている。景徳鎮陶瓷大学の彫塑専攻を卒業した後、同市で陶磁器アクセサリーのブランド「凡華造物」を立ち上げた周さんは「陶磁器は単なる素材ではない。『チャイナ』であり、中国の文化的言語そのものなので、湯飲みや皿にするだけでなく、身に着けることもできる。ファッショナブルな方法で、より多くの人に中国文化を受け入れ、楽しんでもらいたい」と語る。周さんの会社は現在、30人余りの従業員を擁し、年間売上高は500万元(1元=約16円)を上回るという。(景德鎮=新華社記者/万象)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)若手陶芸家、アクセサリーとして楽しむ「チャイナ」を提案

    3日、江西省景徳鎮市浮梁県(ふりょう)県にある会社の展示ホールで、陶磁器アクセサリーを並べる周雄昊さん。青緑色の「ヒョウタン」や深紅の「柿」、色とりどりの雲紋(中国伝統文様)ペンダントなど、中国の伝統文化のシンボルを取り入れた美しいアクセサリーの数々。これらは全て陶磁器で作られたもので、中国の焼き物の街、江西省景徳鎮市出身の若手陶芸家、周雄昊(しゅう・ゆうこう)さん(31)が手掛けている。景徳鎮陶瓷大学の彫塑専攻を卒業した後、同市で陶磁器アクセサリーのブランド「凡華造物」を立ち上げた周さんは「陶磁器は単なる素材ではない。『チャイナ』であり、中国の文化的言語そのものなので、湯飲みや皿にするだけでなく、身に着けることもできる。ファッショナブルな方法で、より多くの人に中国文化を受け入れ、楽しんでもらいたい」と語る。周さんの会社は現在、30人余りの従業員を擁し、年間売上高は500万元(1元=約16円)を上回るという。(景德鎮=新華社記者/万象)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (2)若手陶芸家、アクセサリーとして楽しむ「チャイナ」を提案

    3日、江西省景徳鎮市浮梁県(ふりょう)県にある会社のデザイン室で、陶磁器アクセサリーのデザイン作業をする周雄昊さん。青緑色の「ヒョウタン」や深紅の「柿」、色とりどりの雲紋(中国伝統文様)ペンダントなど、中国の伝統文化のシンボルを取り入れた美しいアクセサリーの数々。これらは全て陶磁器で作られたもので、中国の焼き物の街、江西省景徳鎮市出身の若手陶芸家、周雄昊(しゅう・ゆうこう)さん(31)が手掛けている。景徳鎮陶瓷大学の彫塑専攻を卒業した後、同市で陶磁器アクセサリーのブランド「凡華造物」を立ち上げた周さんは「陶磁器は単なる素材ではない。『チャイナ』であり、中国の文化的言語そのものなので、湯飲みや皿にするだけでなく、身に着けることもできる。ファッショナブルな方法で、より多くの人に中国文化を受け入れ、楽しんでもらいたい」と語る。周さんの会社は現在、30人余りの従業員を擁し、年間売上高は500万元(1元=約16円)を上回るという。(景德鎮=新華社記者/万象)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)若手陶芸家、アクセサリーとして楽しむ「チャイナ」を提案

    3日、江西省景徳鎮市浮梁県(ふりょう)県にある会社の展示ホールで、陶磁器アクセサリーを並べる周雄昊さん。青緑色の「ヒョウタン」や深紅の「柿」、色とりどりの雲紋(中国伝統文様)ペンダントなど、中国の伝統文化のシンボルを取り入れた美しいアクセサリーの数々。これらは全て陶磁器で作られたもので、中国の焼き物の街、江西省景徳鎮市出身の若手陶芸家、周雄昊(しゅう・ゆうこう)さん(31)が手掛けている。景徳鎮陶瓷大学の彫塑専攻を卒業した後、同市で陶磁器アクセサリーのブランド「凡華造物」を立ち上げた周さんは「陶磁器は単なる素材ではない。『チャイナ』であり、中国の文化的言語そのものなので、湯飲みや皿にするだけでなく、身に着けることもできる。ファッショナブルな方法で、より多くの人に中国文化を受け入れ、楽しんでもらいたい」と語る。周さんの会社は現在、30人余りの従業員を擁し、年間売上高は500万元(1元=約16円)を上回るという。(景德鎮=新華社記者/万象)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)若手陶芸家、アクセサリーとして楽しむ「チャイナ」を提案

    3日、江西省景徳鎮市の陶渓川文創街区にある店舗で、陶磁器アクセサリーを見つめる周雄昊さん。青緑色の「ヒョウタン」や深紅の「柿」、色とりどりの雲紋(中国伝統文様)ペンダントなど、中国の伝統文化のシンボルを取り入れた美しいアクセサリーの数々。これらは全て陶磁器で作られたもので、中国の焼き物の街、江西省景徳鎮市出身の若手陶芸家、周雄昊(しゅう・ゆうこう)さん(31)が手掛けている。景徳鎮陶瓷大学の彫塑専攻を卒業した後、同市で陶磁器アクセサリーのブランド「凡華造物」を立ち上げた周さんは「陶磁器は単なる素材ではない。『チャイナ』であり、中国の文化的言語そのものなので、湯飲みや皿にするだけでなく、身に着けることもできる。ファッショナブルな方法で、より多くの人に中国文化を受け入れ、楽しんでもらいたい」と語る。周さんの会社は現在、30人余りの従業員を擁し、年間売上高は500万元(1元=約16円)を上回るという。(景德鎮=新華社記者/万象)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)中日青少年修学旅行交流セミナー開催陝西省西安市

    11日、中日青少年修学旅行交流セミナーであいさつする中国文化・観光部の張旭(ちょう・きょく)副部長。中国陝西省西安市で11日、中日青少年修学旅行交流セミナーが開催された。青少年の修学旅行に携わる中日両国の代表者が対話・交流し、経験を共有して、今後の取り組みと協力関係の強化について展望した。(西安=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.65
    2020年12月11日
    「新華社」受け継がれ進化する徐水獅子舞河北省保定市

    中国河北省保定市徐水区の獅子舞演技団体、北里獅子会は1925年に創設され、数十年の間にほえる、跳ねる、寝そべるなど40種類以上の独特な動きを編み出し、獅子舞に関係する世界では「北方獅子舞の宗家」と呼ばれている。心と体が一つとなり、独特の魅力を醸し出す演技は、国外の多くの文化交流イベントでも披露されてきた。(記者/駱学峰)<映像内容>北里獅子会による獅子舞の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている三国時代の標識用の木札。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    石家荘市で「唐代碑刻名品拓本展」開催河北省

    6日、「唐代碑刻名品拓本展」で作品を鑑賞する来場者。中国河北省石家荘市の河北省図書館で6日、「唐代碑刻名品拓本展」が開幕した。30点余りの展示作品を通じ、唐代石刻書道の発展の流れと芸術の風格を紹介する。同館と河北正定中学による共催で、会期は12日まで。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている簡牘。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている後漢の簡牘と出土品。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    中国‐中東欧諸国協力「新春晩会」開催江蘇省蘇州市

    5日、江蘇省で開催された中国‐中東欧諸国協力「新春晩会」の様子。中国江蘇省蘇州市が管轄する昆山市で5日、「中国‐中東欧諸国(CEEC)協力新春晩会(ニューイヤー・ガーラ)」が行われた。歌や舞踏、楽器演奏などにより、中国や各国の古典、現代芸術の精華を集め、地元の伝統的戯曲、崑曲などの文化的要素を加え、異文化融合パフォーマンスを観客に披露した。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の基本動作を練習する河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、児童らに動作の手本を見せる万全打棍伝承者の楊宝忠(よう・ほうちゅう)さん(中央)。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、児童らに動作の手本を見せる万全打棍伝承者の楊宝忠(よう・ほうちゅう)さん(中央)。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍を踊る河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童ら。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、遼寧省博物館で、展示品を見つめる来館者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、「唐宋八大家」ゆかりの品を展示する遼寧省博物館を見学する来場者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の練習をする河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、児童らに動作の手本を見せる万全打棍伝承者の楊宝忠(よう・ほうちゅう)さん(中央)。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、遼寧省博物館で、展示品を見つめる来館者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、遼寧省博物館で、展示品を見つめる来館者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の練習をする河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍を踊る河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、遼寧省博物館で、展示品を見つめる来館者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    「唐宋八大家」ゆかりの品を展示遼寧省博物館

    4日、遼寧省博物館で、「唐宋八大家」を紹介したパネルを見つめる来館者。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、唐(618~907年)から宋(960~1279年)にかけて活躍した名文家8人を指す「唐宋八大家」をテーマにした展覧会「山高水長-唐宋八大家文物展」が2日から開かれている。「唐宋八大家」ゆかりの書画や碑文、拓本、古文書など115点を展示している。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の練習をする河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童ら。(小型無人機から)中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の練習をする河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    農村の小学生が無形文化遺産「万全打棍」を継承河北省張家口市

    4日、万全打棍の衣装に着替える河北省張家口市万全区鄒家荘小学校の児童ら。中国河北省張家口市万全区に伝わる民間舞踊で150年余りの歴史を持つ「万全打棍」は、同省の無形文化遺産リストに登録されている。同区の鄒家荘小学校は2016年、「万全打棍」を課外活動に導入。無形文化遺産伝承者を定期的に招いて授業を行ってもらうことで、児童らが伝統文化に親しみ、発展と継承に寄与する機会を作り出している。(張家口=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で武漢熱乾麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、楊鳳岩さんの「毛猴」作品。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で山西刀削麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で蘭州牛肉麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で鎮江鍋蓋麺を買い求める来場者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、自作の「毛猴」を見せる楊鳳岩さん。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、楊鳳岩さんの「毛猴」作品。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、「毛猴」を制作する楊鳳岩さん。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、自宅で「毛猴」を制作する楊鳳岩さん。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で蘭州牛肉麺の調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    第1回中国麺食博覧会開幕甘粛省蘭州市

    1日、中国麺食博覧会の会場で油そばの調理実演をする出展者。2020第1回中国麺食博覧会が1日、甘粛省蘭州市で開催された。中国料理協会が主催する同博覧会には、22の省・自治区・直轄市から麺食関連企業50社余りが出展。会場では蘭州牛肉麺や北京ジャージャン麺、武漢熱乾麺など伝統的麺料理の調理実演が行われた。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、楊鳳岩さんの「毛猴」作品。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、「毛猴」の材料を選ぶ楊鳳岩さん。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、楊鳳岩さんの「毛猴」作品。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    工芸品「毛猴」、市井文化を反映山東省済南市

    1日、楊鳳岩さんの「毛猴」作品。中国山東省済南市に住む楊鳳岩(よう・ほうがん)さんは、伝統工芸品「毛猴(もうこう)」作りの名手で「毛猴の楊」の異名を持つ。毛猴は手の指ほどの大きさの生き生きとしたかわいらしいサルの置物。ハクモクレンのつぼみとセミの抜け殻から作られ、起源は清代後期にさかのぼる。楊さんの作品には済南古来の市井文化が見事に投影されている。楊さんはより真に迫った作品を仕上げるため、30年余りかけてしん粉細工や微細彫刻などの技術を磨いてきた。2018年に済南市の無形文化遺産継承者に指定された後も、研さんを続けている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...