KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 歴史
  • 配信
  • 芸術
  • 伝統文化
  • 風景
  • 博物館
  • 時代

「中国文化」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17,903
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
17,903
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    China: Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history (CE 220–280).

    Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history. He is often recognised as the greatest and most accomplished strategist of his era. Often depicted wearing a robe and holding a fan made of crane feathers, Zhuge was not only an important military strategist and statesman; he was also an accomplished scholar and inventor. His reputation as an intelligent and learned scholar grew even while he was living in relative seclusion, earning him the nickname Wolong (literally Crouching Dragon). Zhuge is an uncommon two-character compound family name. His name ? even his surname alone ? has become synonymous with intelligence and tactics in Chinese culture. (Newscom TagID: pfhphotos002519.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401616

  • -
    MAP OF NORTH-EAST CHINA, SHOWING THE GULF OF PECHILI, THE TIEN-TSIN (PEIHO) RIVER, AND THE APPROACHES TO PEKIN, BEIJING,

    MAP OF NORTH-EAST CHINA, SHOWING THE GULF OF PECHILI, THE TIEN-TSIN (PEIHO) RIVER, AND THE APPROACHES TO PEKIN, BEIJING, 1860 engraving.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020060508434

  • -
    Chinese cultural revolution era poster

    Chinese cultural revolution era poster showing Chairman Mao above an adoring crowd of red guards soldiers and workers、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019040302511

  • -
    REMAINS OF THE BRITISH MILITARY CEMETERY AT TIENTSIN, PEIHO RIVER, CHINA, 1876.

    REMAINS OF THE BRITISH MILITARY CEMETERY AT TIENTSIN, PEIHO RIVER, CHINA, 1876.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021112711724

  • -
    manifesto, Chinese cultural revolution

    manifesto, Chinese cultural revolution.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021091801633

  • -
    Historical drawing from the 19th Century

    Historical drawing from the 19th Century, traditional Tay-miao orchestra from Ancient China、クレジット:imageBROKER.com/H.-D. Falkenstein/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020111201589

  • -
    China: Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history (CE 220–280).

    Zhuge Liang (CE 181-234) was Chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history. He is often recognised as the greatest and most accomplished strategist of his era. Often depicted wearing a robe and holding a fan made of crane feathers, Zhuge was not only an important military strategist and statesman; he was also an accomplished scholar and inventor. His reputation as an intelligent and learned scholar grew even while he was living in relative seclusion, earning him the nickname Wolong (literally Crouching Dragon). Zhuge is an uncommon two-character compound family name. His name ? even his surname alone ? has become synonymous with intelligence and tactics in Chinese culture. (Newscom TagID: pfhphotos002518.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401602

  • -
    Propaganda from the Chinese Cultural Revolution.

    Propaganda from the Chinese Cultural Revolution. The Great Proletarian Cultural Revolution was a social-political movement that took place in the People‘s Republic of China. Set into motion by Mao Zedong, then Chairman of the Communist Party of China, its stated goal was to enforce communism in the country by removing capitalist, traditional and cultural elements from Chinese society, and to impose Maoist orthodoxy within the Party. The movement paralyzed China politically and significantly affected the country economically and socially.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019032904817

  • -
    OPENING OF THE GREAT EXHIBITION, THE CHINESE MANDARIN, LONDON, UK, 1851 engraving.

    OPENING OF THE GREAT EXHIBITION, THE CHINESE MANDARIN, LONDON, UK, 1851 engraving.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020071408323

  • -
    WHARF AT CANTON, WHERE THE RIOTING BEGAN, AND FROM WHICH A CHINESE PORTER FELL INTO THE WATER AND WAS DROWNED, CHINA,

    WHARF AT CANTON, WHERE THE RIOTING BEGAN, AND FROM WHICH A CHINESE PORTER FELL INTO THE WATER AND WAS DROWNED, CHINA, 1883.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021112712262

  • -
    H.M.S. “GROWLER“ FROZEN IN AT TIENTSIN, PEIHO RIVER, CHINA, 1876.

    H.M.S. “GROWLER“ FROZEN IN AT TIENTSIN, PEIHO RIVER, CHINA, 1876.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021112712696

  • -
    A STREET STORYTELLER, CHINA, 1881.

    A STREET STORYTELLER, CHINA, 1881.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022010708765

  • -
    Chinese Rag Alley Residents

    San Francisco, California c. 1890 Two Chinese residents of “Rag Alley“ in a photograph by SF photographer Isaiah Taber.Underwood Archives / The Image Works.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111403369

  • -
    THE THREATENED WAR BETWEEN FRANCE AND CHINA, 1883: A FIELD BATTERY OF THE “GREEN TURBANS,“ OR FOREIGN-DRILLED CHINESE TR

    THE THREATENED WAR BETWEEN FRANCE AND CHINA, 1883: A FIELD BATTERY OF THE “GREEN TURBANS,“ OR FOREIGN-DRILLED CHINESE TROOPS.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021113002503

  • 1903年12月31日
    Chinatown Family

    San Francisco, California: c. 1903 A photochrome by the Detroit Publishing Company of a Chinese mother and her four children.Underwood Archives / The Image Works.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111403386

  • 1920年12月31日
    Pagoda Entrance Arch

    Suzhou, China: c. 1920 The entrance arch to the Confucian Temple of Souchow.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702877

  • 1925年12月01日
    General Feng Yuxiang Calvary

    China: December 1, 1925 The calvary in the army of General Feng Yuxiang fighting against the Manchurian forces. He brought Sun Yat-Sen to Beijing, and then became the “Christian General“ and joined the Nationalist Party (KMT), supported the Northern Expedition, and became blood brothers with Chiang Kai-Shek.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011004983

  • 1931年07月21日
    Japanese Rescue Chinese

    Pingvang, Korea: July 21, 1931 Japanese gendarmes put on bullet proof vests prior to going to the rescue of Chinese shopkeepers who were targeted by Koreans who had been angered by reports from Manchuria that a number of Koreans had been badly beaten by a Chinese mob.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122403146

  • 1936年12月31日
    Chinese Women Soldiers

    Canton, China: c. 1936 Chinese women soldiers camouflaged in a field fighting against the Japanese.l.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122403255

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口の作業風景。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519558

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口で乗車券を買い求める人々。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519365

  • 1961年11月20日
    中国文化友好代表来日

    羽田空港に着いた中国文化友好代表団一行。先頭は楚図南団長=1961(昭和36)年11月20日(36年内地5676)

    商品コード: 2011121500130

  • 1971年04月24日
    乾杯する趙団長ら 日中卓球団が交歓会

    乾杯する(左から)藤山愛一郎・日中国交回復議員連盟会長、中島健蔵・日中国交回復国民会議議長、趙正洪団長、飛鳥田一雄・横浜市長、西園寺公一・日本中国文化交流協会常務理事の各氏=1971(昭和46)年4月24日、横浜市内のホテル

    商品コード: 2013012200116

  • 1978年05月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    1978年、曾侯乙編鐘の出土した様子。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=1978(昭和53)年5月、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517360

  • 1979年12月06日
    文化交流協定書を交換 大平首相が訪中

    大平正芳首相(左)と華国鋒中国首相らが見守るなか、文化交流協定書を交換する大来佐武郎外相(左)と黄鎮中国文化相=1979(昭和54)年12月6日、北京・人民大会堂(共同)

    商品コード: 2015111100131

  • 1979年12月31日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    1970年代の羅湖橋。(資料写真)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社配信)=1979(昭和54)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711098

  • 1980年12月31日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    羅湖橋を渡って深圳と香港を往復する旅客。(1980年代初頭に撮影)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社記者/李長永)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711472

  • 1984年06月15日
    中曽根首相、朱・中国文化部長と会談

    朱穆之・中国文化部長(左)と握手する中曽根康弘首相=1984(昭和59)年6月15日、首相官邸

    商品コード: 1984061500021

  • 1984年06月15日
    中曽根首相、朱・中国文化部長と会談

    朱穆之・中国文化部長(左)と会談する中曽根康弘首相=1984(昭和59)年6月15日、首相官邸

    商品コード: 1984061500022

  • 1984年06月15日
    中曽根首相、朱・中国文化部長と会談

    朱穆之・中国文化部長=1984(昭和59)年6月15日、首相官邸

    商品コード: 1984061500023

  • 1988年06月30日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    羅湖橋を歩く旅客。(1988年6月撮影)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社記者/陳小波)=1988(昭和63)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711523

  • 1989年08月23日
    Tea ceremony in China

    8120990 22.08.1989 The People‘s Republic of China. Chinese tea ceremonies are a special art and ritual. Everything is important here, including tea-brewing methods, tableware and accessories, as well as the occasion for holding the tea party. Vladimir Vyatkin、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030811361

  • 1994年12月31日
    西アフリカの中医学博士、中国で農村医育成20年で5千人

    1994年に撮影されたディアッラ氏が成都中医薬大学の中医学博士号を取得した時の記念写真。中国北京市で4日に閉幕した中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットに参加したアフリカ52カ国および世界やアフリカ地区の27機構の代表には、特別な経歴を持つ1人の男性が含まれていた。彼の名はブバカール・ディアッラ。西アフリカのマリ出身で今年55歳。外国人として中国で初めて中医学(中国伝統医学)の博士号を取得したディアッラ氏は、中国で20年以上中医学医師として働き、西南部の複数の省で5千人を超える農村医を指導してきた。彼にとって中医学は長い歴史を持つ中華文明古来の至宝であり、アフリカの人々に幸せをもたらす良き処方せんでもある。(昆明=新華社記者/王迪)=1994(平成6)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090615319

  • 1997年01月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    ウルムチ駅では30年余り続いた手作業で乗車情報を加えた乗車券の販売を終え、コンピューターで印字された乗車券の販売が始まった。(1997年1月撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/艾尼瓦爾)=1997(平成9)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518110

  • 1997年12月17日
    “愛国心”教育の一環 国宝―中国文化精華展

    中国への主権返還後の香港で、住民の“愛国心”教育の一環として始まった「国宝―中国文物精華展」に出品された西漢時代の「死装束」。約2500枚のひすい片を金糸でつなぎ合わせている。中国国内の32の博物館から国宝級の文物163点(時価約200億円)を集めた大規模な展覧会は16日の開幕以来、連日の盛況。香港芸術館で来年3月1日まで開かれている(共同)

    商品コード: 1997121700079

  • 1997年12月31日
    西アフリカの中医学博士、中国で農村医育成20年で5千人

    1997年に撮影されたディアッラ氏と妻の楊梅(よう・ばい)さんの新婚当時の写真。中国には閙洞房(とうどうぼう:新婚初夜に友人や親族が新郎新婦にいたずらをする)の風習があり、ディアッラ氏は妻を背負いアパートの1階から7階まで上らされた。中国北京市で4日に閉幕した中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットに参加したアフリカ52カ国および世界やアフリカ地区の27機構の代表には、特別な経歴を持つ1人の男性が含まれていた。彼の名はブバカール・ディアッラ。西アフリカのマリ出身で今年55歳。外国人として中国で初めて中医学(中国伝統医学)の博士号を取得したディアッラ氏は、中国で20年以上中医学医師として働き、西南部の複数の省で5千人を超える農村医を指導してきた。彼にとって中医学は長い歴史を持つ中華文明古来の至宝であり、アフリカの人々に幸せをもたらす良き処方せんでもある。(昆明=新華社記者/王迪)=1997(平成9)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090615301

  • 1998年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    昼休みを利用して河北化工学校(現在の河北化工医薬職業技術学院)を訪れ、千人近い学生に乗車券を届ける石家荘駅の職員。(1998年1月7日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるのかもしれない。(北京=新華社記者/周文広)=1998(平成10)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年12月31日
    西アフリカの中医学博士、中国で農村医育成20年で5千人

    1998年に撮影された湖北省の洪水被害救援活動時の写真。ディアッラ氏は当時「国境なき医師団」のボランティア医師として活動に参加していた。中国北京市で4日に閉幕した中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットに参加したアフリカ52カ国および世界やアフリカ地区の27機構の代表には、特別な経歴を持つ1人の男性が含まれていた。彼の名はブバカール・ディアッラ。西アフリカのマリ出身で今年55歳。外国人として中国で初めて中医学(中国伝統医学)の博士号を取得したディアッラ氏は、中国で20年以上中医学医師として働き、西南部の複数の省で5千人を超える農村医を指導してきた。彼にとって中医学は長い歴史を持つ中華文明古来の至宝であり、アフリカの人々に幸せをもたらす良き処方せんでもある。(昆明=新華社記者/王迪)=1998(平成10)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090615324

  • 1999年01月08日
    中国文化財ホームページ インターネットで遺跡巡り

    パソコンの画面に文化財が映し出される中国国家文物局のインターネット博物館=北京(共同)

    商品コード: 1999010800110

  • 2003年01月22日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広東省東莞市の三和塑膠製品有限公司で、南昌鉄路局「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)サービスグループから届けられた春節後の復路乗車券を手に笑顔を見せる江西省上饒市出身の張雲英(ちょう・うんえい)さん(手前左)。(2003年1月22日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳春園)=2003(平成15)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518348

  • 2003年06月14日
    瀋陽故宮で皇帝愛用「文房四宝」展乾隆帝の書斎を再現

    瀋陽故宮が所蔵する「白玉蟠夔竜(ばんきりゅう)長方墨床」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で18日、清朝の皇帝がかつて使用した「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)や鑑賞品100点近くを展示する「乾隆帝の盛京書斎-瀋陽故宮所蔵清朝宮廷の書斎用品展」が開幕した。清王朝が最も栄えた時期の宮廷で使用された書斎用品の種類の豊富さや精巧かつ上品な美しさを来場者に伝える。(瀋陽=新華社配信/瀋陽故宮博物館提供)=2003(平成15)年6月14日、クレジット:瀋陽故宮博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600241

  • 2003年06月16日
    瀋陽故宮で皇帝愛用「文房四宝」展乾隆帝の書斎を再現

    瀋陽故宮が所蔵する「乾隆款瑪瑙(めのう)印盒」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で18日、清朝の皇帝がかつて使用した「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)や鑑賞品100点近くを展示する「乾隆帝の盛京書斎-瀋陽故宮所蔵清朝宮廷の書斎用品展」が開幕した。清王朝が最も栄えた時期の宮廷で使用された書斎用品の種類の豊富さや精巧かつ上品な美しさを来場者に伝える。(瀋陽=新華社配信/瀋陽故宮博物館提供)=2003(平成15)年6月16日、クレジット:瀋陽故宮博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600228

  • 2003年08月22日
    瀋陽故宮で皇帝愛用「文房四宝」展乾隆帝の書斎を再現

    瀋陽故宮が所蔵する「水晶筆架」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮(瀋陽故宮博物館)で18日、清朝の皇帝がかつて使用した「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)や鑑賞品100点近くを展示する「乾隆帝の盛京書斎-瀋陽故宮所蔵清朝宮廷の書斎用品展」が開幕した。清王朝が最も栄えた時期の宮廷で使用された書斎用品の種類の豊富さや精巧かつ上品な美しさを来場者に伝える。(瀋陽=新華社配信/瀋陽故宮博物館提供)=2003(平成15)年8月22日、クレジット:瀋陽故宮博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600280

  • 2004年04月01日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の出土時の様子。(複製写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2004(平成16)年4月1日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708741

  • 2005年03月16日
    三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省

    空から見た三星堆遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=2005(平成17)年3月16日、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082603745

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 2006年10月19日
    会見する王毅大使 シンボルマークはきんと雲

    在日中国大使館で開いた記者会見で、「中国文化フェスティバル」のシンボルマークを披露する王毅駐日大使=19日午後、東京都港区

    商品コード: 2006101900267

  • 2006年11月18日
    講演する中国文化相 日中相互理解に努力必要

    18日午後、東京都内で講演する中国の孫家正文化相

    商品コード: 2006111800178

  • 2007年01月25日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第2組5つ目の甬鐘のつり下げ部分の猿の顔と竜の体をした装飾。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517189

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第1組3つ目の甬鐘(ようしょう)のつり下げ部分の猿の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517375

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    曾侯乙編鐘の音階の銘文「宮角」(音名はE)。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517114

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段第1組3つ目の編鐘正面に金工象嵌(ぞうがん)された銘文。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517357

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月06日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    出稼ぎ労働者の団体予約を受け、済南高新区の建設現場で乗車券を手渡す済南駅の職員(右端)。(2007年2月6日)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/徐速絵)=2007(平成19)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518108

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517758

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517679

  • 2007年03月05日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の銘文。(2007年3月5日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2007(平成19)年3月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708754

  • 2007年07月22日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「鹿首歩揺冠」(北魏・内蒙古博物院蔵):鹿の頭をかたどった女性の装飾具。頭につけて歩くと揺れることからその名がつけられた。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2007(平成19)年7月22日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316479

  • 2007年08月25日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「鎏金摩羯魚三足架銀塩台」(唐・法門寺博物館蔵):金メッキが施された塩を入れる銀製の容器。摩羯魚はインド神話の怪魚(竜の頭と魚の体を持つ)「マカラ」のこと。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2007(平成19)年8月25日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316269

  • 2007年08月25日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「曽侯乙雲紋金盞」(戦国・湖北省博物館蔵):戦国時代の曽国の君主の墓から出土した黄金の器。雲の模様が入っている。秦代以前の出土金器のうち最も大きく、最も重い。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2007(平成19)年8月25日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090317048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県習文郷靳彭村にあるイブキの古木。曹操がかつて馬をつないだとされる。(2007年9月8日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    曹操がかつて馬をつないだ木とされるイブキの古木。(2007年資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 2007年09月18日
    薬王山に中医文化を訪ねて陝西省銅川市

    薬王山の摩崖彫像。(資料写真)中国陝西省銅川市に位置する薬王山は、唐代の名医、孫思邈(そん・しばく)にちなんで名付けられた山で、広大な中医薬(中国伝統医薬)文化の宝庫でもある。孫思邈は唐代の京兆郡華原県(現在の陝西省銅川市耀州区)出身で、高尚な医者としての徳性を持ち、医術に深く通じ、後世の人は尊敬の念を込めて「薬王」と呼ぶ。(銅川=新華社配信)=2007(平成19)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060907986

  • 2008年01月28日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    鄭州駅のプラットホームで、ほかほかのご飯とおかずを買い求める乗客。(2008年1月28日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(鄭州=新華社記者/陶明)=2008(平成20)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217982

  • 2008年07月18日
    北京五輪公式ポスター 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委員会が発表した、大会マーク入りの公式ポスター(共同)

    商品コード: 2008071800301

  • 2008年07月18日
    市民を描いたポスター 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委が発表した、市民や京劇役者を題材とした公式ポスター(共同)

    商品コード: 2008071800306

  • 2008年07月18日
    北京五輪公式ポスター3種 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委員会が発表した3種の公式ポスター。(左から)故宮と国家体育場、大会マーク、世界遺産「天壇」と国家水泳センターがそれぞれ描かれている(共同)

    商品コード: 2008071800307

  • 2008年07月18日
    天壇と水泳会場のポスター 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委が発表した公式ポスター。世界遺産「天壇」と国家水泳センターが描かれている(共同)

    商品コード: 2008071800308

  • 2008年07月18日
    故宮と国家体育場 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委が発表した公式ポスター。故宮と国家体育場が描かれている(共同)

    商品コード: 2008071800309

  • 2008年07月18日
    パラリンピックポスター 中国文化などを象徴

    北京五輪組織委が発表した、パラリンピックの公式ポスター(共同)

    商品コード: 2008071800314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年07月21日
    習近平主席の全ロシア児童センター「オケアン」訪問記

    全ロシア児童センター「オケアン」で、折り紙の授業の先生と記念撮影をする2人の中国人の女の子。(2008年7月21日撮影)中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は12日夜、ロシア・ウラジオストクで第4回東方経済フォーラム(EEF)全体会合に出席後、ロシアのプーチン大統領と全ロシア児童センター「オケアン」を訪れ、かつてここで療養した四川大地震の被災学生の代表と当時彼らの世話をしたロシア人教師を見舞った。(ウラジオストク=新華社記者/鄭悦)=2008(平成20)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423136

  • 2008年07月28日
    木彫の「鳥の巣」 中国文化を一堂に

    広東省の木彫り細工職人が仕上げた精巧な「鳥の巣」=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800138

  • 2008年07月28日
    重慶のあめ細工 中国文化を一堂に

    重慶の職人が作った、鳳凰(ほうおう)のような形をしたあめ細工=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800139

  • 2008年07月28日
    山西省の切り紙細工 中国文化を一堂に

    山西省の女性が作る切り紙細工。はさみ1本で見る見る間に仕上げていく=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800141

  • 2008年07月28日
    湖北省の武術 中国文化を一堂に

    湖北省の武術の実演。ゆったりとした柔軟な動きが見る人を魅了する=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800142

  • 2008年07月28日
    雲南省の中国茶道 中国文化を一堂に

    雲南省の少数民族による中国茶道の実演。名物のプーアル茶はほんのりした甘味がおいしい=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800143

  • 2008年07月28日
    陝西省の紙づくり 中国文化を一堂に

    陝西省の紙づくり。きねを使い、木の繊維を気長にのばしていく=北京市内の五輪公園(共同)

    商品コード: 2008072800144

  • 2008年11月11日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    楚式漆器の制作技術を披露する職人。(2008年11月11日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2008(平成20)年11月11日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600179

  • 2009年02月10日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    「犀皮黄口羽觴」(1級文化財)。酒器。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年2月10日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625731

  • 2009年02月12日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    「青磁羊」(1級文化財)。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年2月12日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625579

  • 2009年02月13日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    「環状神獣銅鏡」(2級文化財)。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年2月13日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625896

  • 2009年07月18日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    「貴族生活図漆盤」(3級文化財)。描かれている12人は3層に分かれ、上段は宴席、中段には囲碁の対局、下段は外出の様子とみられる。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年7月18日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625669

  • 2009年07月21日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    青磁の丸型酒壺(3級文化財)。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年7月21日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625782

  • 2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  • 2009年10月30日
    戦国時代の「美酒」が里帰り中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

    「戦国時代の美酒」が入っていた青銅製の扁壺。(2009年10月30日撮影)中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に作られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏(ほうけい)市眉県(びけん)の教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院は、内部に残されていた液体が中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺が戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2009(平成21)年10月30日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600338

  • 2009年10月30日
    戦国時代の「美酒」が里帰り中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

    戦国時代の青銅製の扁壺を発見した薛紅旗(せつ・こうき)さん。(2009年10月30日撮影)中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に作られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏(ほうけい)市眉県(びけん)の教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院は、内部に残されていた液体が中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺が戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2009(平成21)年10月30日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600396

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年12月14日
    中国文化センター開所式 習近平副主席が来日

    中国文化センターの開所式に出席した中国の習近平国家副主席(右)。左は横路衆院議長=14日午後、東京都港区 (横路孝弘)

    商品コード: 2009121400428

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年12月14日
    中国文化センター開所式 習近平副主席が来日

    中国文化センター開所式で展示品を鑑賞する中国の習近平国家副主席(中央)=14日午後、東京都港区

    商品コード: 2009121400436

  • 2010年01月30日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    左:2003年1月23日、福建省福州市から重慶市へ向かうL28号列車の11号車で、荷物棚に荷物を詰め込む乗車直後の乗客。(福州=新華社記者/姜克紅)右:2010年1月30日、湖北省武漢市と広東省広州市を結ぶ武広高速鉄道の車内で、乗客の荷物が安全に収納されているかを点検する車掌の姜飛(きょう・ひ)さん。(武漢=新華社記者/李明放)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2010(平成22)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412080

  • 2010年02月19日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    旧正月の6日目、安徽省の亳州(はくしゅう)駅で、仕事で上海に向かう息子とそのお嫁さんに窓越しに別れを惜しむ60代の陳鐘晨(ちん・しょうしん)さん。(2010年2月19日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(亳州=新華社配信/張延林)=2010(平成22)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217582

  • 2010年03月01日
    戦国時代の「美酒」が里帰り中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

    扁壺から液体を吸い出す陝西省考古研究院のスタッフ。(2010年3月1日撮影)中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に作られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏(ほうけい)市眉県(びけん)の教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院は、内部に残されていた液体が中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺が戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2010(平成22)年3月1日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600371

  • 2010年03月10日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    貴陽駅で、乗客に無料でお湯を提供している乗務員。(2010年3月10日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(貴陽=新華社記者/楊俊江)=2010(平成22)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217419

  • 2010年03月10日
    戦国時代の「美酒」が里帰り中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

    さびが落とされた扁壺のふた。(2010年3月10日撮影)中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に作られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏(ほうけい)市眉県(びけん)の教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院は、内部に残されていた液体が中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺が戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2010(平成22)年3月10日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600399

  • 2010年03月11日
    戦国時代の「美酒」が里帰り中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

    青銅製の扁壺を修復する陝西省考古研究院のスタッフ。(2010年3月11日撮影)中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に作られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏(ほうけい)市眉県(びけん)の教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院は、内部に残されていた液体が中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺が戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2010(平成22)年3月11日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600359

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年04月26日
    蘇るいにしえの道「千山共色−シルクロード文明特別展」開催北京市

    新疆ウイグル自治区トルファン市安楽古城にある南仏塔遺跡から出土した西晋時代(265年~316年)の「三国志・呉書・孫権伝」の写本残巻。(新疆ウイグル自治区博物館蔵、資料写真)中国北京市の北京大学サックラー考古学・芸術博物館で、2019年11月1日~2020年2月28日、中華人民共和国成立70周年を祝い、北京大学と新疆ウイグル自治区文物局が共催するシルクロード各地から出土した貴重な文物を集めた「千山共色−シルクロード文明特別展」が開かれている。また、北京フォーラムも1日に開幕した。同展には北京ではめったに見ることができない中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県ロプノールの小河墓地から出土した女性ミイラ「小河の王女」や同自治州ロプノール県営盤墓地から出土した男性の遺体「営盤男子」が身につけていた衣服・装飾品および「三国志・呉書・孫権伝」の写本の断片などを含む新疆ウイグル自治区博物館、新疆ウイグル自治区文物考古研究所、トルファン博物館およびMウッズ美術館など11の博物館が所蔵する貴重な文物計70点(組)が展示されている。(北京=新華社配信)=2010(平成22)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104576

  • 2010年05月06日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「金獣」(前漢・南京博物院蔵):獣をかたどった金器。中国でこれまでに発見された金器の中でも最も重い。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2010(平成22)年5月6日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316302

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最後を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625247

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵で関羽を祭る観光客。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625250

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最後を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624940

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵に祭られている関羽像。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624912

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...